英国オーラソーマ社公認・JAA日本アロマコーディネーター協会加盟校

My feelings flow out

食事の見直ししませんか

秋は、気温もだんだん下がりはじめ、氣も静穏化していくので感情的には、寂しさや落ち込みを感じやすくなります。
そして、「悲しさ」は肺と関連していて、氣が落ちすぎると風邪をひきやすくなったり、気管に影響を及ぼすそうです。

そんな時期、久々に熱をだし体調不良だったのでが、回復してから入ってくる情報が、メディカルファスティングや、末期がんを食事で克服した方や、沖縄で食事の見直しで病気を治す鍼灸院の先生のお話しなど、どれも食事と病気に関したものばかり。
これは、食生活の見直しをしてくださいというサインでしかありませんよね。

今回の体調不良は、睡眠不足と過食によるところが大きいと自覚しているのですが、症状が重い時には、何も食べたくなり、薬を飲むために少しおかゆを口にする程度。
お陰様で、体重は体調が良かった時の体重にもどり、体もすっきりしました。
(薬も普段は飲むことがないのですが、今回はさすがに飲まざるを得ませんでした。)

メディカルファスティングを実施している 海風診療所(山口県)の看護師長のお話しでは、「白砂糖などの甘いものは、腸壁を傷つけ、そこから身体に必要のないものを吸収してしまったり、傷から癌化したりする」ということ。
末期がんを食事で克服なさった方のお話しでは、「甘いものは、がん細胞の栄養になるので、砂糖、炭水化物などは避ける」と。
そして、沖縄の鍼灸院の先生 は、パワーテスト(筋反射テスト)で、その人の身体に合うものと合わないものを見分けて(先生は、実際にエネルギーも感じられるそうです)、免疫系の働きを助け、体調を元に戻すことをなさっています。

石油系の添加物や白砂糖が混合されている食品や調味料は、私たちの身体に必要のないもので、摂取することで、免疫系に影響を与えて身体に必要のないものを外に出さそうと症状が出るとのこと。
風邪をひいている時に、菌やウィルスは体内(腸内)にあっても身体に必要のないものを摂らなければ、症状としては出てこないとのこと。
身体に必要なものは、身体が取り込むが、そうではない、身体に必要のないものはウィルスや菌などのエサとなり、活性化するので症状がでて悪化したりするそうです。

市販の飴を公園に置いていても、アリも避けて通る実験の画像も別の会社の実験でしたが拝見しました。(添加物たっぷりですものね)
アリが集まってきていた時代の飴は、自然のものしか使われていなかった時代の話しです。
ガンになった身体は、自分の身体に合うか合わないか分からなくなって排出力も弱くなっている状態。
元気な身体は、活性化した菌やウィルスを殺すために高熱をだせて、子供の熱が高くでるのは、エネルギーを沢山もって元気だから。

風邪は、ウィルスだけでなく腸内細菌でもなるそうで、個人的に持っている腸内細菌が甘いものなどによってできる腸壁の傷から血管に入ってしまうことで、歪があった場所に炎症が起こる病気。 この場合は、人には移らないそうです。

血液には菌は入らないといわれていましたが、カビなども混入していたりするそうで、今までの常識は常識ではなくなりそうです。
脳は、「おいしい」と騙されやすくてバカだけど、身体(細胞)は正直とおっしゃっていました。
(研究で、腸内細菌が脳に指令を送ってコントロールしていることがわかって、私が食べたいと思っているけど、実は、腸内細菌が食べたいって思っているってことです)

子供のころに嫌いな食べ物や受け付けなかったものは、自分の体に合わないと感じて必要のない食物なので、無理に食べる必要はないとも。

本当に、身体は正直だと実感しました。
調子が悪くなる前はむしょうに食べたかったものを、体調が悪くなると食べたくなくなり、回復しても食べたいと思わないのです。
その他、身体の免疫系の機能と、食事などについて書けば長くなるので省略しますが、人間だけが、大量生産でつくられた見せかけの「おいしさ」に騙されて、自分たちの健康を害して首を絞めているのかもしれませんね。

アトピーやアレルギー、その他何か症状のある方だけでなく、経済中心の社会からより自然と調和し、より軽やかに、循環の中で生活をしていくことが求められる今、食事や食材の見直しをする良いタイミングかもしれませんね。
“食養生”大事ですね。

始めの一歩

先月のエッセンシャルズプレゼンターコースもお蔭様で無事に終わりました。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。
そして、ご参加ありがとうございました。
やはり、みんなで共に学び合うのは楽しいですね!

新たなシステムに切り替わり、色々な始めの一歩を踏み出された方も多いことでしょう。
それぞれの一歩を踏み出された方々をこれまでと違った形でも今後もサポートできるようにします!
今後、随時アナウンス致します。

それから、こちらの ブログ も更新しました。
気づきや、人生の選択のヒントになるような内容を綴っていこうと思います。

身体と心を整える

久々の書き込みです。
夏の酷暑から、急に肌寒くなり気温差が激しい時期、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

季節の変わり目で体調を崩していらっしゃいませんか?

激しい運動は身体の負担になりますが、適度な運動は心身のバランスを適切に保つのに重要になります。
特に頭(思考)を使うことの多い方は、身体を動かすことで上方にたまったエネルギーを下におろすことができるので、バランスがとりやすくなります。
始めは重く感じた身体も、終わるころになると、なんだか気持ちも身体もスッキリしますよ。
(熱がある時は、何もしないでゆっくり休みましょう!)

適度な運動と呼吸法は、自律神経のバランスも整えて、活性化した交感神経を緩め、副交感神経優位にします。
そのため、心も穏やかに落ち着けてくれるので、自分の内側と繋がりやすくなります。
普段、睡眠不足の方や眠りの浅い方はゆっくり眠れるようになります。
精神的な疲労や脳疲労の方には質の良い睡眠をとれるようになるので特におすすめです。

なにより、身体を動かすとエネルギーも動きだし循環しはじめます。
涼しくなって過ごしやすくなったと同時に夏の疲れも出やすい時期です。
今こそ身体と心を整えませんか。
一緒に、心身を整えましょう!

人生がうまくいかないとき

2017年もあとわずかになりました。
皆さんにとって2017年はどのような年だったでしょうか。

さて、少し前に目にした記事。
美輪明宏さんの人生相談の回答 https://feely.jp/20947/

この世は、宇宙の法則に従って成り立っていて、プラスとマイナス、光と闇、陰と陽など二元性でなりたち、そのどちらも必要で、二つで一セットのようなものです。
その中で私たちはバランスを取り、そして二元性を超えた領域のものの見方や捉え方が必要になってきますね。

私たちの思考が働く時、どちらかと言えばネガティブな方に傾きます。それは、生存本能から「いざ!」という時のために備えるように、ある程度は必要なことです。
しかし、性質的なことも影響を受けますが、多くは、ネガティブなことを考えるとどんどんそちらに引き込まれて、切り替えができなくなるのですよね。
しかも、その心配や不安は取り越し苦労となることが多く、エネルギーも余分に使われるために本人は疲れてなおさらポジティブになれなくなってしまいます。

クライアントさんによくお話しすることは、何かうまくいかなくなった時、ピンチと思えるようなことがやってきたとき、それは、「今まではそれでよかったけれど、これからはそのままでは違うかも」と言うサイン。 成長や飛躍する前兆のサイン。
 そして、自分の内側と向き合って得た“気づき”が、成長や飛躍をもたらします。何かうまくいかなくなった時、スランプの時、ピンチと思う時がやってきたのは、自分が成長できる地点までたどり着いたってことでもあります。うまくいかない外側の現実だけをみるだけでなく、意識を自分の内側に向けて自分を磨くチャンスでもありますね。

 感情や状況に振り回されずに、自分の内側に意識を向けて進めたらいいですね!

2017年、ありがとうございました。
2018年があなたにとって素晴らしい年になりますように。
あなたらしい花を咲かせられますように。

過去の記事を見る 1 2

奈良・和歌山訪問 その④玉置神社・丹生都比売神社

いよいよ玉置神社に参拝です。

ツアー客の方々の入れ替わりのタイミングだったようで、静かにお参りすることが出来ました。

一緒にお参りしたお二人に案内して頂きながら、お話しもしたのですが、何故か残っている記憶は、静寂に包まれた静かな音の無い世界なのです。

吹く風の心地よさ、手水舎のお水の流れる音、冷たさなどは感じていたのですが、すべてが無音の世界。

そして、御朱印をお願いした時の宮司様の笑顔と、帰る時にもお会いしたので会釈をした時の笑顔が無音の世界と共に深く印象に残っています。

何だか不思議な感覚でした。

玉置神社の境内には、巨木が沢山あり、日本でも珍しいそうですが、そのうちのひとつである夫婦杉。

人と比べると杉の大きさが分かり易いですね。

こちらは、神代杉。
樹齢3000年と推定されています。

ごつごつとして、パワーを感じる姿です。

このような大杉がいたるところに生えているのですから、この場所のエネルギーが強く生命力に溢れているのがわかります。

本当に神秘的な世界でした。

原稿を書きながら、写真を見ていても、不思議な感覚が呼び起こされます。

日常で自然のエネルギーに触れることって重要ですね。
何、とはいえませんが、何かが確実に内側で動いているのを感じます。

この後、山を下りて、谷瀬の吊り橋の見えるカフェでランチ♪
住民の方が生活道として利用している吊り橋ですが、観光客でにぎわっていました。

そして、夕方に丹生都比売神社に到着。
9月23日秋分の日、ライトアップされ雅楽演奏と巫女舞の奉納のイベントがありました。
デザイナーの方に依頼されたそうで、『女神の杜』という名の通りの、優しい雰囲気を感じさせるライトアップのデザイン。
夜の神社は、賑やかなお祭りの時にしか足を踏み入れられませんが、今回は、めったに経験できない夜の静かな時間の参拝。
開始時間の18:30頃になると、すっかり辺りは暗くなりその中に優しい光に照らされた神社が浮かび上がり神秘的な雰囲気になりました。
まずは、参列者全員のお祓いをして、そのあと雅楽の演奏と演奏に合わせて巫女舞が奉納されました。

丹生都比売神社はこの時期キンモクセイの甘い良い香りに包まれていてそれだけでも幸せなのに、さらに、雅楽に合わせて優雅な巫女舞まで拝見できるなんて!!

見惚れてしまって、あっという間に時間が過ぎていきました。

引き込まれちゃって、写真も取るのも忘れたというか、目が離せなかったのです。
雅楽と巫女舞が始まると平安時代にタイムスリップしたような不思議な感覚になりました。

何よりもイベントを開催していることに驚き、そして、参列するのに奉賛金も必要なく、お参りしただけなのに「ご自由にどうぞ」と案内して頂いたのでさらに驚きました。
とっても贅沢な時間を過ごさせていただきました。
有り難いことです。

巫女舞の奉納が終わったあとに、ちょっとだけ撮影。
素敵な狩衣ですよね。

この後も穏やかな静かな時間が過ぎていきました。

今回、同行くださったメンバーみなさん、それぞれとっても意義のある参拝になって、かなり濃密な時間を過ごしました。

本当に出会いは必然ですね。
ベストタイミングでお互いにそれぞれに影響を与え合っています。
出会いに、そしてご縁に感謝です。

玉置神社にも丹生都比売神社にも、また、参拝に訪れたいと思います。

奈良・和歌山訪問 その③玉置神社

先日の雨はすっかり止んで、23日は朝から晴れになりました。
朝、8:00に待ち合わせをして、早速、玉置神社に向かいます。
玉置神社は、聖地・熊野三山の奥の宮といわれているだけあって、奈良の十津川村の先の狭い道を抜けた先の玉置山山頂付近にあります。

最近、道案内の看板が立ち分かりやすくなっていますが、彩華さんも初めてお参りする時には、たどり着くまでに8時間もかかり、神様に試されているとしか思えなかったそうです。
現在は、バスも運行されているので初めての方は、バス利用での参拝も良いかもしれません。

十津川は、エメラルドグリーンの綺麗な流れの川で、道の駅で休憩中に眺めているだけでも自然を感じられます。

十津川村の道の駅を出発してからしばらくして、きれいな滝が出現します。
八大竜王姫松明神の奥にある猫又の滝と言うそうです。

湧水なのかとても澄んで清らかな水で、水しぶきが周囲の木々の葉を潤し、水滴が太陽の光りに反射して美しく輝いていました。

手水場の水も湧水なのでしょうね。
勢いが良すぎて、右端の小さな柄杓では跳ねてしまって溜まらないので、金色の大きな柄杓で溜めるようです^m^

とても冷たくて気持ちの良い水でした。

その後、くねくねと曲がる狭い道を登って、ついに玉置神社に到着です!
駐車場のすぐ近くに鳥居があるのですが、そのすぐ脇にある旧参道からお参りします。
鳥居の参道は、駐車場が出来たときに作られたそうです。

この階段の先は、自然の遊歩道のような参道になっています。
私たち以外、通る人がいなくて、落ちているどんぐりや落ち葉の柔らかさ、澄み切った空気の美味しさと爽やかさを感じながら山道を歩いていきます。

山頂にでると、一気に視界が開けました。
遠く熊野灘が眼下に広がります。
空と海がつながり境目が分からないほどの素晴らしい景色でした。

そして、山頂から、玉石社へと向かいます。
途中には、このような大きな杉の木が沢山で静けさと力強さを感じながら山をくだります。

この3本の巨木の間に、白い大きな丸く見えている石をお祀りしています。

見ている部分は一部で、その下に大部分が埋まっているそうです。

そして、こちらの玉石社をお参りした後に玉置神社をお参りするのが本来のお参りの仕方とのことです。

この後、傾斜が急な階段状に整備された道をさらに下って、玉置神社に向かいます。

途中、三柱社にお参りして、お神酒を頂きました。

奈良・和歌山訪問 その②興福寺

鹿児島を出発した時は、大雨洪水警報が出されるほどの土砂降りでしたが、奈良はお陰様で小降りで、明日の神社訪問の前に程よい浄化の雨模様。

荷物をホテルにおいて、歩いて興福寺まで10分。

雨の日でも鹿さんは観光客からお煎餅を貰っていました。
ちゃんと鹿煎餅売り場付近で待機している賢い鹿さんや、気ままに散歩中の鹿さんも^m^

興福寺は、耐震改修のために見学出来る建物や、仏像などが変更になったり、出張展示でお留守になることもあるので、事前に確認をお勧めします。

撮影できないのでポスターの阿修羅像と鹿さんを撮影してみました^m^

今回は阿修羅様もしっかり展示してありました!
平日だったのもあるのか、あまり混雑せずにゆっくりとご対面することが出来て静かな時間を過ごせました。

仏様の顔を拝見していると、同じお顔なのに表情が変化して、その時の自分の心の変化に伴って様々な表情になりますね。私たちの心の鏡になっているのですね。

帰りは、猿沢の池を回って町を散策しながらホテルに戻りました。

猿沢の池の畔からの五重塔

自動車が写り込んでいますが、タイムスリップしたような、不思議な感覚になります。

少し路地を入ると、この様な昔の面影を残す町並みが広がっています。

すぐ近くに新しいホテルもありましたが、街並みに溶け込むような雰囲気に作ってあり、景観を大事にしていることが伺えます。

この路地は、通学路になっているようで、小学生が数人歩いていましたが、近所のお店のおばさまと、新しく親に買ってもらった服の話している女の子たちもいて、なんだかほのぼのとする懐かしい雰囲気が今もしっかりと残っています。

このあと、近鉄奈良駅のお土産売り場でお買い物をしたのですが、そこの店員さんとお話ししていると、ご出身が福岡の北九州市ということで、奈良で九州のお話しをするという^m^

店員さん「奈良って田舎でしょ~、近くにいっぱいお寺もあるけど、いつでも行けるって思ったらね、あんまり行かないのよ~。(笑)」 「しかも、歳を取ってくると福岡に帰りたくなってきてね~」
「結婚でこっちに来たんだけど、よく来たよね~!(笑)」 ですって。
でも、別れ際に「また奈良に来てね~!!」って。
やっぱり奈良も好きでしょ^m^

奈良・和歌山訪問 その①出発前

2016年9月30日~10月2日の高野山と奈良の神社参拝から約一年。
今年の9月に入ってから2日連続で神社参拝の夢をみて、スイッチ入りました(^^ゞ
ということでまたこの時期に、奈良・和歌山訪問決定!!

去年訪れた高野山の宿坊のスタッフの方に、玉置神社と丹生都比売神社を教えて頂いてからずっと理由は分からないけれど心に引っかかっていて、そして、またまた理由は分からないけれど9月中にお参りしたほうが良いような気がして、やっと参拝が実現できました。
(夢でみた神社は何処の神社かわからなかったのですが、4つの連なったお社と大きな夫婦杉が印象的な夢で、実際に行ってみたところ、どうやらこの2社だったようです)

この2社、特に玉置神社は、交通の便がかなり不便な場所で参拝を諦めかけていたのですが、凄いタイミングで、しかも神社までの案内と説明はするけど、良い意味でそれ以外は何もしない(場や人のエネルギーを意図的に触れずに、自然に任せてくださること。)という私の条件までピッタリなツアーを組んでいらっしゃる方を発見して、即申し込みしました!

そして、掲載されていたプランは、玉置神社と天河大弁財天社でしたが、23日の秋分の日の夕方に偶然にも丹生都比売神社でライトアップと雅楽・巫女舞の奉納があるということで、ご厚意で玉置神社と丹生都比売神社に変更してくださいました。
それも1週間前の近々で、初めてお会いする方に大胆に申し込んでの行き先変更(^^ゞ
有り難いことです。 天河大弁財天社は、改めて伺いたいと思います。

23日の日程に16日に申込み、そこから新幹線も空席残り数席でギリギリセーフの予約と奈良市内のホテルも便の良いところを奇跡的に予約でき、あっという間に準備が整いました。奈良市内はホテルの数が少なくて、気候のよいこの時期にすぐに予約できるなんて本当に奇跡。
タイミングが合っているときは、本当にすんなりと進みますね。

こんな、無謀な申し込みをする初対面の私を快く受け入れ、しかも参拝先の神社もご厚意で変更してくださった彩華さんに感謝です。

楽より楽しい♪

朝晩やっと涼しさを感じられるようになり、秋の気配がし始めましたね。
聞こえるのもセミの声から、虫の声に変わりました。

さて、宇宙のエネルギーは、新しい始まりのための変革の時期で、皆さんも様々な選択の場面に出会っていることでしょう。
そんな現状の中、先日耳にした言葉が「楽より楽しい」でした。

 楽(らく)は、良い状態ではないけれど、なれているから楽(らく)なのです。
イクイリブリアムボトルをなぜ50mlをお薦めするかというと、今のバランスが取れていない状況は、良い状況とはいえないけれども慣れているから楽(らく)な状況で、バランスが取れた状況に定着させるために50mlサイズが必要と言うことでした。これと同じで、現状は、これまで成長してきた自分にはもうふさわしくない状態や、次にステップに進むために手放しが必要な状況がやってきていて、だけど、慣れているから楽(らく)なのです。
でも、この現状にとどまる以上、成長は見込めません。たぶん、そのような状況の場合、何か選択することが必要な場面が起こっているはずです。それは、自分で“変えたい”と思っていることもあるし、自分はそうは思っていなくてもそういうお話しがやってきたりと・・・。

 では、どうやって選択をするか。 その基準が「楽(らく)よりも楽しい」です。
あなたが選ぶことが、チャレンジになると楽(らく)とは言えないでしょう。でも、大変な中にも充実感を感じられたり、なにより“楽しい!”と思えるのならば、迷わず、“楽しい!”と感じられる方を選択しましょう。 “楽しい”と感じられるものは、あなたの質や、あなたの人生にふさわしいものです。

 そして、楽しくない状況や関係性は、手放すこともありますが、あなたが楽むことで、楽しめる状況や関係性に変えていくこともできることもあります。“手放す”か“自分が変容することで状況を変化させていくか”は、自分の内側に聞いてくださいね。自分の内側の声を聴くと、どの選択が自分に適切かはしっかりと感じられるはずです(^_-)-☆

 ただ、注意が必要なのは、表面的な楽しさではなくて、大変だけども自分らしくいられて、充実感を感じられたり、やりがいを感じられたり、自分の内側がわくわくしている“楽しさ”が、選択する際の“楽しさ”ですから、お間違えなく(*^_^*)

調和

 コンサルテーションでは、色々な調和を見せて頂いています。

 ある例は、親子関係。親子のシナジーリーディングでは、子供が幼いうちは特に親の状態が子供に強く影響していることが多く、親御さんが気づきを得てバランスが取れてくると、それに比例してお子さんの状態が落ち着いてきて、親子間のコミュニケーションがとりやすくなり、関係性も調和が取れてきます。子は特に親にとって一番身近な鏡となりますが、宇宙の法則の共鳴作用が分かりやすい関係性です。

 また、別の例は、先日、ここ2・3年遠ざかっていたクライアントが久しぶりに再来することが続きました。現状確認したところ、過去とても大変だった状況を見事にクリアして、当時はとても難しいと思われたことにも逃げずに臨んだ状況で一生懸命に役目を果たし、さらに自分を高めるまでに成長をしていて、生命力の強さと、魂の力を見させて頂きました。
また、自分の役目を受け入れて、持てる才能を使い、その役目を果たそうとする美しい姿を見せてくださいました。

 過去の経験を自分の成長の糧にする素晴らしさ。
そして、そこから学んだら、過去の事にはこだわらずに手放し、学んだことを基にさらに磨きをかけていこうとする姿勢は、魂の成長に最適な方法。
大変な状況を経験しても希望を失わずに夢を実現して、さらに磨きをかけ成長を続ける素晴らしいクライアントの方々は、宇宙の大きな流れに調和して、これからも役目を果たしていかれることでしょう。

 調和は、一番身近な確認しやすいところでは、親子、友達と言った人間関係に見られ、大きな視点では自分の人生や宇宙との調和もあります。

 あなたは、調和が取れていますか?
全体と調和を図るためには、まずは自分自身のバランス、自分自身と調和をとることが重要ですね。

これからは、本物が残る時期に入ると言われています。
あなたがあなたらしくバランスがとれ、本当の意味で調和が取れているのならば、本物が残り、そうでないものが手放されていくでしょう。
今は、あらゆるバランスの回復調整時期。
自分の状態確認してみましょう。(*^_^*)

過去の記事を見る 1 2

後悔しない

7月は、鹿児島で久しぶりに震度5クラスの地震発生がありましたが、みなさん防災・減災対策はお済みでしょうか。お天気も異変続きで、各地で水害が発生し、多くの被害が出ました。
 被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
 お亡くなりになられた方が、どうか新しい世界に速やかに移行できますようお祈りいたします。
今年の7月以降、色々な場面で移行の変化が激しくなっているようですが、特に2020年頃までは、腹を据えて、しっかり自分を持って行きましょう!(年に関係なく、毎日がそうなのですが)

東日本大震災で、明日が来ることは当たり前ではないことを私たちは経験し、当たり前がどんなに有り難いものかを経験しました。

今日があることに感謝をし、自分のなすことを精一杯なし、楽しく過ごしましょう。

あなたは、愛する人に想いを伝えていますか。
あなたは、感謝の言葉を伝えられていますか。
大切な人と共に時間を過ごせていますか。
他人の目を気にして、自分を抑えて生きていませんか。
他人と比べて生きていませんか。
チャレンジしていますか。
未来を心配して今を楽しめなくなっていませんか。
自分の内側の声に従って行動できていますか。
今、この瞬間を楽しんでいますか。
周囲の人に、思いやりと暖かさをもって接していますか。
自分を大切にできていますか。(自分を大切にすることが本当の意味で周囲の人を大切にすることに繋がります。)

あなたが、後悔しそうと思うことは、今この瞬間から行動してみましょう。
私たちが、多くのことを体験して気づきを得て成長できるのは、生きている時だけです。
今、この瞬間は、人生で一度きりです。

夏越しの参拝

今年も、照国神社の六月燈開催期間中のお昼に、参拝して茅輪をくぐってきました。
くぐるときも、無限大のマークになるようにくぐるし、いろいろと興味深いです^m^
拝殿で参拝して、拝殿左脇から末社の保食神社へ参拝、すぐ左脇の御神水は城山からの湧水で、とても冷たくて夏の蒸し暑さのなか心地よかったです。

その後、さらに奥の水宮へ参拝。 橋の手前には邪鬼もいる珍しい場所^m^
照国神社に参拝にいらっしゃる方は多いのですが(この日も、お宮参りの2組ご祈祷中でした)、奥の保食神社と水宮にお参りなさる方は少ないようで、足を踏み入れた途端に、足元からサワサワと、何とも心地よいくすぐったいような感覚が全身に広がりました。

水宮で、ご挨拶と日頃の感謝をお伝えして戻り道、橋の上にはロイヤルブルーにエメラルドグリーンの模様の美しいトンボが停まっていました。あまりにも美しい色で見入ってる間もじっとしたまま、橋を渡るのに近づいても逃げなくて、私が少し離れ気味にして渡りました^^; 

過去には、黒猫さんや黒アゲハ蝶がお出ましで、生き物遭遇の確立高いです^m^
そして、ここはいつも参拝終わって戻るときに遭遇。

自然の生き物の模様って、デザイン性高いですよね。
色も美しいし、繊細で巧妙で自然って凄い!!と、ことあるごとに感動しています。
自然の摂理に添うと、美しい姿になるのでしょうね。

そして、22日、23日は祇園祭りのお神輿を担ぐ威勢のよい掛け声が響きわたった天文館。

災害の多い状況ですが、小難無難に変わりますように。

過去の記事を見る 1 2

息を整える

あっという間に5月(・o・)
新緑の美しい季節になりましたね。

4月1日に行われた、目標設定のためのワークショップは、自分の夢や目標に向かって第一歩を踏み出す機会になりました。
自分の中のブロックを解放するワークなど、色々チャレンジしながら楽しい有意義な時間となりました。参加者の方からも、次回の開催のリクエストがあるので、2回目以降はご希望日程での自由ご参加でも構いませんが、今後も継続開催しますね。

OGEDのご参加の皆さんもお疲れ様でした!
色彩の言語を探求することで、自分の傾向、自分の本質などを知ることが出来た機会になったことでしょう。
色の繋がりは、私たちの可能性の無限性を教えてくれますね!

さて、ネットで清田益章さんと言う方のお話しを拝見?拝聴しました。
その方が、息(呼吸)についてお話しなさっていました。

思い・・・

田に心で、これは、「夜は何を食べよう?」と、思ってすぐに消えていく「点」で表さられる

想い・・・

誰かのことを想う。と言う様に、相手となる対象があって、その人と繋がりができ、エネルギーのやり取りがあり線になり、「継続性」「繋がり」が生まれる。

願い・・・

自分の希望や夢など、具体性を持っていて、「面」となる。

念・・・・

今この瞬間の心。今は、「毎瞬毎瞬、継続」していきますから、「継続的」なものになります。願いを毎瞬毎瞬、心に持って継続しているもの。

この時、心が純粋であることが大切で、雑念があると、その分だけ思い描いた事柄が現象として現れるのに時間がかかることになると。

そして、今の心とかく「念」を純粋に保つには、「息」が重要。
「息」は、「自」と「心」がひとつになった文字、「自分の心」。
これを整えることが大切です。
「怒り」は、息荒い状態
「不安」や「心配」は、息が浅い状態
呼吸に意識を向けて、吐く息と一緒に自分の心配や不安、怒りなどを吐きだして、太陽の暖かな光(特に朝日)を心に取り入れましょう。

そして、日本は、和暦(旧暦)で、動いていたものが、明治維新で、太陽暦に変更されました。
旧暦と言われる和暦は、月(宇宙)の動きと連動していたものでした。
和暦(旧暦)は、太陽暦の今使われているカレンダーより、ほぼ1カ月遅れています。
5月5日は、端午の節句ですが、本来は、和暦で行っていたもので、今の太陽歴のカレンダーではずれています。なので、何かがずれているのでしょう。

このような内容のお話しでした。興味がある方は、検索なさってみてください。
すぐに見つかると思います。その他にも、宇宙の真理や神秘について語られていました。

旧暦・和暦は、太陰暦です。太陰暦=月の動きと連動しているってことですね(*^_^*)
社会生活は太陽暦のカレンダーで動いていますが、本来の人間の身体のリズムは太陰暦(月)のリズムで動いていますね。バランスを取るなら、太陽暦の今のカレンダーだけでなく、太陰暦の月のカレンダーでの動きも必要になりますね。太陽が社会的で、月は個人的レベルと置き換えればよいですね。陰と陽のバランスです。

オーラソーマケアシステムでは、瞑想時や、日常で呼吸に意識を向けることが重要だと、ずっと言われてきていますが、これは、宇宙の真理・真実・法則なので、ヨーガもシステムは違えど、呼吸に意識を向けることを重要視していますし、彼のように、個人レベルで宇宙の真理を悟った人も、同じことを言っていますね。

「過去」は、現在が過ぎ去ったもの、「未来」は、毎瞬毎瞬「今」の継続で、その地点に到達するもので、「今」に焦点を当てていれば、「未来」は「今この瞬間」になります。
「今」不安であれば、「未来」も不安でしょう。
「息」(呼吸)を整え、自分の中心に定まりましょう。

ブッダも残したように、「幸せ」はこの瞬間瞬間の道そのものであり、未来に幸せがあるというわけではありませんでしたね。

呼吸(息)に意識を向けて整え、心穏やかに過ごしましょう♪

幕引き幕開け

3月20日は春分の日。
宇宙の新年を迎えますね。
3月20日の春分の日を境に、アストロロジー(占星術)では、牡羊座で1年をスタートします。

その日を前に、住環境、感情、魂の浄化は済みましたでしょうか。

先日、生徒さんから同じ日に連続で、
「先生お元気ですか?」
「3月以降のスケジュールはどうなってますか?」
とのメールが届きました。
HPを確認してみると、昨年2016年の12月で、更新が止まっているではありませんか!
1月からコースは開催していて、すっかりスケジュールも更新したものと思っていましたが、
HPに更新するのを忘れていたという次第(~_~;)
ご心配くださった皆さん、ありがとうございました。

スケジュール更新していなかった3ケ月でしたが、その間のクライアントさんは、B58を選ぶ方が多かったこと!(・o・)
確かに、去年から引き続き、社会全体をみても、移行期にいることは実感していたのですが、個人レベルでもそのエネルギーをキャッチしている方が多いようです。

お話しを伺ってみると、皆さん変わり目、変化の時を迎えていらっしゃいました。
選んだ(選ばれた)他のボトルとの関連もあるし、その方がどの様な質を持ち、
どの様な経験をなさっているかによってボトルの解釈は様々な側面を持っていますので、
B58を選ぶと、「変わり目」「変化」となるのかと言うと、
毎回そうとはいえないのですが今回は、全体的にそのような感じでした。

それも、それまでの環境が辛いから逃げ出したとかということではなく、
その場でしっかりと関わり卒業、プロジェクトの終わりと始まりと言うような変化。
そして、その方の人生に沿った必要なタイミングでの変化。
ステップアップのための変化。

B58に関する変化は待っていただけでは起こりません。
自分で動いて、経験して、成長していくことで、そのタイミングを迎えることが出来る変化です。

春分の日からスタートする1年、心軽やかに楽しい1年にしていきましょう。

高野山・奈良 その④

今回が、高野山・奈良の旅の最終回(*^_^*)

高野山奥の院参拝後、通りのお香やさんでお線香やお香を購入したり散策しながら歩いて宿坊へ。帰りも気持ちよく対応なさってくださる宿坊のスタッフの方々です。

高野山を後にして、奈良橿原市に向かいました。
橿原市神宮駅前のホテルに着いてゆっくりしていると、またまた土砂降りの雨が・・・。
そして、またもや朝には雨も上がり、霧のかかった橿原神宮へ。
着いて参拝するころには、お日様が顔を出しました。

まずは規模の大きさに驚きました。
鳥居と石灯籠を画面に入れると、人がとっても小さくなります(^_^;)

鳥居は、白木でできていて、鳥居の下の横木には、スズメが沢山休んでいました。
可愛かったですよ~。

そしてこの広い参道を進み右に曲がると拝殿があります。
拝殿も外拝殿と内拝殿があり、その距離がとても離れているのです。

外拝殿から内拝殿を望むとこんな感じ。

翌日の記念式典のために、準備がなされていましたが、テントを張ってもこの広さ(^_^;)
凄すぎます。


参拝後、御朱印を頂いていると、パタッって音がしたので、音の方を見ると緑の大きなカマキリ!
カマキリどうも苦手なのです。でも、今回は鎌ももたげずに背を向けて静かに待っていてくれました。
こんなに涼しい時期にカマキリっているのかしら?
鹿児島では、夏にしか見たことなかったので不思議でした~。
このカマキリとの遭遇は、ここだけではなかったのです(^_^;)

その後向かったのは、桜井市にある大神神社(おおみわじんじゃ)。
この神社も境内マップをご覧頂くと分かるのですが、とてつもなく広い!
そして、結婚式やら、狭井神社 (さいじんじゃ)の御神水を頂きにいらっしゃる大勢の方でにぎわっていて、駐車場に入るのに並んで待ちました。

摂社や末社が沢山あって、お参りするのに体力必要です。
結構歩きますよ。

何重にも結界が張ってあるのか、この鳥居をくぐって階段を登り切った先にもしめ縄が張られていました。

画像は、大神神社の鳥居と拝殿

この後、摂社と末社をまわりながら狭井神社 (さいじんじゃ)に向かいました。

病気平癒の神様として知られている狭井神社の御神水。

蛇口のついた御神水汲み場が作ってありました。

清浄の音
御神水が地下で滴る音が聞けるようにしてあります。
滴が落ちるとても澄み切った綺麗な音は、聞いているだけで心が穏やかになり、浄化されていきます。
「水琴窟の音」と説明にあるように、鉄琴の音に近い感じの少し高い音でした。
ずっと聞いていたい音です。


この先に桧原神社があるのですが、徒歩20分とあり、時間の都合もあり今回は諦めることに。

と、思っていたのですが、車で石上神宮に向かう途中に、桧原神社(ひばら神社)への道案内が出現!
行く必要があったようです(^_^;)

とは言え、とってもわかりにくくて、どんどん進むと民家や畑の先は山の中。
そして、不安になったところに、たまたま住民の方と話しをなさっていた警察官が2人。


桧原神社への道を尋ねると、「目の前の道(ほぼ180度の折り返し)を曲がって、細い道をまっすぐ行くと、突然広いところにでるから、そこが桧原神社の駐車場だよ」と教えてくださいました。
聞かなきゃ、絶対に通り過ぎていた道です。
どう見ても、畑の作業道にしかみえないのです。
そして、無事に到着!
あのタイミングでなければ、人に出会うこともなかったかも。
今回は高野山からずっと見守られている感じです。安心できて有り難いことですね^m^

この神社は白木の三つ鳥居が美しく、優しくも凛とした清らかな雰囲気を感じます。

観光案内のボランティアの方もいらっしゃったので、時間があればお話し聞きたかったです。

そして、次に向かったのは、石上神宮(いそのかみ神宮)。
楼門の美しい神社です。

ここは、饒速日命(にぎはやひのみこと)と御縁のある神社。

参拝を終えて、駐車場に戻ってくると、またまたカマキリ!
スタートの橿原神宮でカマキリに遭遇し、ゴールの石上神宮でもカマキリに遭遇。
やはり奈良の参拝を見守ってくださっていたみたいですね。


他には、参拝中にカラス、シラサギ、モンキチョウと、色々な生き物にも出会いました。
カマキリ苦手と言いましたが、それでも生き物は美しいです。
自然と調和するということは、神性さと調和すること、自分の内在神と繋がることなのかもしれませんね。

この後、奈良市内に移動して帰路につきました。
奈良市内でも色々と興味深いことがあったのですが、またの機会に。
お付き合い、ありがとうございました(*^_^*)

高野山・奈良 その③

宿坊は、とっても綺麗で、木の香りが漂い優しい雰囲気です。
宿坊に入る前に塗香でお清め。
金剛峰寺のお土産販売所で、御守り用と浄化用の塗香がありましたが、香りにそれぞれ特徴があり、ポマンダーと一緒なのだと納得^m^

スタッフの方が、宿坊での過ごし方の説明をしてくださり、明日の旅程のアドバイスもしてくださいました。

床の間の上に貼っている和紙の切り絵。
しめ飾なのだそうです。
「寿」「宝珠」「その年の干支」の3点セットで、年末になると販売されるとか。
高野山は、お米がとれなかったので藁はとても貴重でしめ縄が作れなかったそうです。
その代りに作られたのが和紙の切り絵。

私たちのお部屋は、「宝珠」の切り絵でした。
来年は酉年。
どんなデザインになるのかしら(*^_^*)

そんなお話しをしていると、お食事が運ばれて来ました。

左は夜ごはん。 右は朝ご飯。
夜ごはんは凄いボリュームで、お腹いっぱいになったのに、朝ご飯も全部頂きました。
小食な私が、朝晩続けて全部頂けるのは珍しいこと^m^
調理に色々な工夫がなされていて、味も見た目も楽しめたうえに、調理に使われた智慧と創造性に感動しながらの食事でした。

翌朝は、6:30から朝勤行。
お経を聴きながら瞑想していたら、不思議な感覚に。
自分がなくなり、意識が広がり全ては一つという感覚はこういう感覚?というような感覚に^m^
言葉にするのが難しい感覚でしたが、とても清々しい朝となりました。

翌日の奈良の時も夜の間は土砂降りで、活動を開始すると晴れてくるという、恵まれたお天気。
参拝するにあたり、浄化をしてくださったかのようでした。

この後、浪切不動尊へ
入口天上の浪切龍、迫力ありますね。
この龍の目の下辺りで手を叩くと音が共鳴して響くので鳴龍と寺務所の方が教えてくださいました。

そして、「御堂に入っても良いですよ」と言ってくださったので、中で参拝をさせていただき暫く静かな時間を過ごしました。

いよいよ次は奥ノ院。
バスもタイミングよくすぐに来ました!
奥の院には、観光バスでいらっしゃる方も沢山いらして賑やかなので静寂とは程遠い環境でしたが、朝の雨で空気はきれいで、気持ちよく自分の内側は静かに参拝させていただきました。
勿論、四国88箇所巡りもしっかりと(*^_^*)

秋でも蚊が多かったので、夏場に行かれる方は、虫よけ対策なさってお出かけくださいね!

四国88箇所霊場の場所は、メインの通路から少し外れていて、毎日新聞社の創設者の方のお墓と、毎日新聞社の記念碑を目印にして、そこから右の筋に入っていきます。

参道沿いに、歴史の教科書で出てくる有名なお名前の方のお墓や、供養塔、各藩主の供養塔などが並んでいて、それまではどこかはるか遠い昔の方というイメージだったものが、急に近い存在に感じられる不思議。実在した方々なのよね~という感覚。

現世で色々あっても魂は平等。 そんなことも感じながらのお参りでした。
全ての存在に平和を。
全ての存在が健やかで、幸せで、恐れから自由でありますように。
訪れることが出来たことにも感謝

高野山・奈良 その②

いよいよ師走。
今年の締めくくりは着々と進んでいらっしゃいますか?

レベル1養成講座が終わり、気が付くと12月に突入していました(~_~;)
養成講座があると1カ月があっという間に終わってしまいます(>_<)

高野山・奈良は9月末から10月初めの出来事・・・。
『流石にこちらも今年の締めくくりに取り掛からねば!』ということで連続掲載します。

宿坊の一乗院さんに荷物を預かっていただいて、金剛峰寺
翌日の10月1日から3日までは結縁潅頂があるので、予定に入れていたのですが、金剛峰寺で御朱印を頂くときに確認したら、8時から受付だけど、前の日から並んでいらっしゃる方もいらっしゃるようで、何時の回にご参加いただけるか分かりかねるとのこと。
10月1日~3日 午前8時 結縁潅頂(けちえんかんじょう)
10月1日~3日 午後7時 奥之院萬燈会(おくのいんまんどうえ)
ということで、今回は、このあと奈良の予定もあるので、次回にご縁を頂くことにしました。
結縁潅頂は、5月と10月の年2回で
5月3日~5日に「胎蔵界結縁潅頂」
10月1日~3日に「金剛界結縁潅頂」 があります。

『学校の教科書に載っている金剛峰寺!』なぁんて、変なところに感激しながら境内へ。

蟠龍底(ばんりゅうてい)と言われる石庭

この石庭、観ているととっても落ち着くのです。
時間が経つのも忘れて、ずっと眺めていました。目を閉じずに瞑想しやすいお庭です。

次に金剛峰寺を出て、壇上伽藍へ向かいます。
その途中にある、六時の鐘の基盤の石垣の隙間に石川五右衛門が隠したと言われる鎹(かすがい)があります。

触ると夫婦の絆が強まるとのこと。
御利益は分かりかねますが、多くの方が触れるので、周辺はつやつやと光っていました。

とりあえず、私も触ってきました(笑)
色々な絆が強まったかと^m^

石川五右衛門が隠したかどうかも定かではないということですが歴史とロマンがありますよね~。

そしていよいよ壇上伽藍へ 一番左側(奥)が、根本大塔です。

この画像のすぐ手前に手水舎があります。
そして、そのすぐ裏に小さな池(阿字池)の畔にお社があります。
清龍権現社です。
色々経緯があって、現代にはいってから、この地でお祀りされるようになりました。
ですが、このお社は、少し目立たない場所にあるので、参拝者が少なく、悲しい思いをなさっているようですので、高野山を訪れた際には、是非こちらにもお参りなさってくださいね。
手水舎のすぐ裏手にひっそりとあるお社です。

そして、根本大塔でお賽銭の5円玉を立てて参拝。
http://foromonetiza.com/archives/63140175.html
写真を撮影できないので、こちらのサイトをご覧くださいませ^m^

六角経蔵や、三鈷の松などを巡り、宿坊のチェックインの時間が来たので宿坊へ
にわか雨が上がった後の澄んだ空気の中をのんびり歩いて向かいました。

高野山~奈良 その①

10月もあっという間に月末に(・o・)
9月末から10月2日に高野山、奈良と訪れて、その後、レベル2、レベル1のコースがはじまり、なんだか気づけばもう月末!
キンモクセイとギンモクセイの良い香りに包まれていましたが、すっかり秋本番の気温に。

9月末の高野山もキンモクセイの香に包まれてとろけそうな幸せ~な気持ちのまま過ごしました。
朝6:52発の新幹線で新大阪まで行き、そこから待ち合わせていた、ちなみちゃんと御堂筋線で難波まで移動。
御堂筋線の難波駅直結の南海電鉄難波駅で、とってもお得な「高野山・世界遺産きっぷ」を購入。
連日2日間有効で、山内バス(南海りんかんバス)乗り放題チケット、拝観料割引チケット、往復電車代もセットになっているのでお薦めです!
山内バス乗り放題は、本当に助かりました。
想像していたよりもバス代が高かったのと、乗る度に小銭の準備をしなくて済むのが便利!!
山内も、循環する道が3パターンあって、バスのタイミングさえ合えば、短時間で移動できます。

歩いても問題なく移動できる距離なのですが、2日間しかないので、出来るだけ沢山回って、尚且つ、ゆっくり雰囲気を感じたいとなれば、移動の時間は短くしたいのです^m^
でも、歩いている間も、キンモクセイの香りを感じ、山内の雰囲気も感じながらと素敵な移動なのですよ。

極楽橋駅に着く途中では、今「真田丸」で盛り上がっている九度山も通りました^m^
大坂在住の友人の話しでは、途中で、仁徳天皇陵の前方後円墳の一部も見えるらしいですが、緑の山と仁徳天皇陵と見分けがつきませんでした~(^^ゞ

極楽橋駅からは、ケーブルカーで移動。
一気に高野山を登ります。  ケーブルカー自体が凄い傾斜です(・o・)
階段も、ケーブルカーの中の階段も急なので、気を付けてくださいね。

ケーブルカーに乗って約5分で、あっという間に高野山駅に到着!
高野山駅からは、清らかな滝が見えて、水の音が涼やかです。

鹿児島で準備しているときに、高野山の気温を色々と調べて服装を考えましたが、前日は雨で冷え込んだものの、9月末のこの日は、長袖のブラウス1枚や、半袖のシャツにカーディガンを羽織る程度で、過ごしやすい気温でした。

こちらは、1泊お世話になった、
宿坊の一乗院さん。
スタッフの皆さん優しく、丁寧で、色々とお話しをしてくださいました。
和歌山・奈良のお薦めの神社も教えて頂きました。
今回は、参拝できませんでしたが、是非とも参拝したい神社で、必要なタイミングでお参りすることになるのでしょう(*^_^*)

先に荷物を預かって頂いてから、早速、すぐ裏手にある金剛峰寺に向かいました。

高野山MAP 高野山宿坊協会

笑う門には幸い来る。

昨日、引いたおみくじに書かれていた言葉の一部。
「笑う門には幸い来る。天の岩戸は笑いで開けた。笑う門には福が来る。」

9月9日から幸運と拡大のエネルギーを持つと言われる木星が、てんびん座に移動します。
てんびん座のキーワードは、バランス。 2つの間でのバランス。 自分と他者とのバランス。プライベートとオフィシャルのバランス。パートナーシップ(プライベートやビジネス)も含まれます。 多くの場面で、関係性の変革や拡大がありそうですね。
2016年9月9日~2017年10月10日までは、てんびん座に木星があります。

新しい世界の幕開けは、もうすぐです。
笑顔は、周囲に安らぎと幸せと暖かさをもたらし、広がっていきます。
楽しいから笑うのではなく、笑顔をつくることで楽しくなると言われています。

毎日、笑顔で過ごし、わくわくと楽しく新しい世界に踏み出しましょう!

始まりの為の終わり

今年は、熊本の震災もあったことから以前いらしていたクライアントの方が久しぶりにお見えになったり、2.3年コンサルテーションから離れていた方がお見えになったりと、ご無沙汰になっていたクライアントの方や生徒さんの復活が見られるかと思うと、勉強会などでは、手放しや浄化の話しがでたりと、人や物事の出入りの流れが激しくなっているようです。
また、友人ティーチャーもクライアントさんの入れ替わりが激しく切り替わりが起こっているとのこと。

個人的にも去年から人間関係の出入りも激しく、流されないようにセンタリングするのに必死です。といっても、感情があるので時には、すんなりとはいかないこともありますが、オーラソーマ製品を駆使して助けをもらいながらも前に進む日々。

既に環境が大きく変わった方もいらっしゃるようですし、9月に入りその流れがさらに加速しているようです。もうすぐ新しい世界の幕開けですね。

負担になっているものや、もうお役目を終えて必要のなくなった物事を手放して、心軽やかに新しい世界をスタートさせましょう。
“去る者は追わず”で手放しましょう。お互いの成長に必要な人や物事はちゃんと残るし、未来の発展のために思い切って手放したほうが、新しい自分にふさわしい物事がやってきたり、新しい人間関係が始まります。 もうすでに始まっていることを実感なさっている方も多いことでしょう。

そういえば、今年に入って、ちょこちょこと教室(見えない部分(笑))の整理をしてきたりしていましたが、なんと、ここ10年ほど、どうしても「あとこれだけ落としたい!」と思っても落ちなかった体重が、なんとすんなり落ちちゃうという嬉しい手放しも(笑)
お陰様で、身体も軽やかに(*^_^*)
内側の変化は、身体に直結してますから、素早い反応ですね!
そして、これは12年に一度の星回りなので、経験していることから、12年に一度の変化の時期に経験する過去のパターンも見えたり(^_^;)
そんなパターンも手放す良い機会!!

地球環境も社会情勢も何かと変化が激しいですが、心軽やかに新しい世界に羽ばたきましょう!

<この時期に特に助けになるオーラソーマサポート製品>

  • あなたの選んだボトルの基本的には2本目(状況によります)
  • 自己ケアのために
    • ポマンダーのピンク、コーラル、マゼンタ、グリーン(ハートのケア)
    • エーテルレスキュー(身体の左半身とお腹から腰に掛けて一周)
  • 幕引き幕開けのサポート
    • クイントエッセンスのオリオン&アンジェリカ
  • あなたの使命・役割のサポート
    • 各個人に対応するアークエンジェロイエッセンス
  • その他、選んだボトルに対応する製品各種(必要と感じたもの)
過去の記事を見る 1 2

オルゴナイトを作ってみようの会

生徒さんからのリクエストで、オルゴナイト作成会を開催します。
と、いっても随時開催です。

基材(レジン)をお持ちの方は、レジンをお持ち頂いての作成も可能です。その際は、お申し込みの際にお知らせくださいませ。

インテリアとしてもキラキラとして綺麗ですので、左脳の直感と創造力と、みなさんの創造性を発揮して“お気に入り”を作ってみましょう!
まずは、わくわく楽しむことで私たちがポジティブな状態になりましょう(*^_^*)

今まで使っていたクリスタルのブレスレットで使わなくなってしまったものがあれば、使えますのでお持ちくださいね。再利用して活かしましょう!
こちらでは、基本資材以外の材料は、アメジスト、ローズクオーツ、ペリドット、ターコイズ、アベンチュリン、ルチルクオーツ、ラピスラズリを準備しております。

今回は、ピラミッド型とフラワー型での作成が可能です。
ピラミッド型は、お一人様1回で3個まで作成できます。
乾燥に1日~2日程要しますので、仕上げ工程(磨き&光沢剤塗布3回程度)を致しまして出来上がり次第、一週間以内に発送いたします。
完成時にご来校くださりお受け取りをご希望の方は、お知らせくださいませ。

お申込み

ご希望日の3日前までに電話はメールでお申込みください。
・ご希望の日程、お名前、連絡先
・基材のご持参有り・無し
・希望作成個数

料金:1個につき3,500円。 2個目以降は、3,000円。(何れも資材代・送料込み)
ピラミッド型:縦:8.5㎝×横8.5㎝×高さ約7㎝
フラワー形:一番長い直径約6㎝×高さ約4㎝
このサイズよりも小さく作成することも可能です。
その場合、若干割引価格になります。
基材(レジン)をご持参の方は、料金は1,500円となります。
所要時間:約1時間(デザインによって異なります)

※ご注意 デザインによっては、1日でできないものも有ります。
お申し込み時にご相談くださいませ。


参考写真のように、上部にも石を入れるタイプは、一度にデザインできます。

上と下

スピリチュアルという言葉が一般的に広がりだしたのはここ10年ほど。
スピリチュアルってなんでしょう?
辞書には、「精神的な。霊的な。宗教的な。」とあります。
言葉は、最近になってよく耳にするようになってきた感じがあるので、何か特別なもののような感じがするかもしれませんが、ある意味、日本は昔からスピリチュアルな生活を送ってきました。

自然のすべてのものに宿る八百万の神がいらっしゃり、私たちの住む家にも神々がお住まいになり、そして、言葉にも波長があり力があることを知っていました。
昔から、目に見えないものの中に大切なものがあることを知っていて、日々、生活と共にありました。今よりも、ずっとスピリチュアルな生活を送っていますね。

それが、高度経済成長期になり、物質的なことばかりに目が行くようになり、いつしか目に見えないものの存在を忘れるようになりました。

そして、今現在、新たな感覚として“スピリチュアル”なことに意識を向けるようになったのかもしれませんが、真のスピリチュアルは、現実世界の中に統合されていることが必要になります。

ヴィッキーさんもおっしゃっていました。
「あまり上に行き過ぎないように」と。

私たちは、現実社会・物質社会の中で生きていますから、上に行き過ぎると、私たち自身の人生の使命を果たすことが難しくなります。
私たちは、現実社会・物質社会に私たちの役目を根付かせる、下ろすためにやってきました。
その役目は、自分たちで見つけていくことが必要ですが、現実社会・物質社会のなかでの関わりによって、それを見出していく(思い出していく)ことが出来ます。

オーラソーマカラーケアシステムには、色と光のシステムです。
宗教とは関係ありませんから、違う観点から見てみましょう。

現在では、目に見えない世界のことも見えるようになってきています。
それは、量子・エネルギーの世界です。量子は、粒子としても波長としても振る舞います。光と色も粒子(素粒子)・波長のエネルギーの世界です。
詳しく書くとかなり長文になるので、今回はとっても簡単に書きますが、量子・エネルギーの世界の動きは早くて、私たちの目にはプロセスが見えないので結果として見ています。そして、結果として見えたものを「物」として認識しています(思い込んでいます)。
その結果を決定づける唯一のものが、人間の意識です。
あなたの意識・思考が、現実を創り出します。

私たちは、何か特別なことをしなくても、意識して生活をしているならば、既にある意味スピリチュアルな生活を送っています。
ただ、何を意識するか、何を意図設定するかは重要になりますが(*^_^*)

あなたの目に映る地球は、どんな世界になっていますか?

OGEDご報告

24日、25日の、OGEDにご参加の皆さんお疲れ様でした。
楽しく充実した有意義な時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございます。
皆さんは、楽しめましたでしょうか。
お土産をくださった生徒さんもいらして、皆さんとシェアすることができ、ありがとうございました<(_ _)> とっても美味しく頂きました♪

今回は、24日金曜日はマゼンタ系チーム、25日土曜日はブルー系チームとメンバーカラーがくっきり分かれていました。 シンクロニシティが驚くほどしっかり発生。
皆さんそれぞれがお互いに鏡となって、メンバー同士を映していました。
学んだことを体験しながら同時に学べる分かりやすい機会になったようで幸いでした。

24日チームのみなさんも、「またこのメンバーで集まったらどう変化しているのかしら」とコース中に話しがでるほど。
25日は、ワークの度にボトルを選択し、コースの中でも、皆さんどんどん変化していく様子が各自で確認でき、最終的には潜在意識に眠っていた資質が目覚めてきた様子。

まだまだ、沢山の才能が皆さんの潜在意識の中にありますね!
これからも日常生活を通して、そして、選んだ色を通して、自分やクライアントの方々のギフトとタレントを見出す機会を思うだけでもわくわくしてきますね。

エネルギーをポジティブに使って、楽しく成長していきましょう\(~o~)/

25日ご参加の皆さん
(24日の皆さん、写真撮っていなくてごめんなさい(汗))

ペンダントキャップ&チェーンの復活方法

大雨の被害が各地で出て心が痛みますが、皆さんのお住まいの地方では被害ありませんでしょうか。
皆さん、お気をつけてお過ごしくださいね。

さて先日、生徒さんより、「ボトルペンダントのシルバーキャップとチェーンが黒く変色してしまってどうにかなりませんか?」とのご質問がありましたので、復活方法を記載しておきますね。
72の天使のペンダントキャップとチェーンにも使える方法です。

材料

お鍋
化学変化を利用するので専用の鍋にした方が良いかもしれません。
ガスコンロに乗る大きさで小さ目のアルミ鍋(100円均一ショップなどにあります。)
重曹
掃除用の重曹でも可
お水
適量(水道水・お湯でも可)

方法

  • ① 鍋の内側にアルミホイルを敷きます。そして、水道水を底から5~6㎝位入れます。
    そのまま火にかけて、お湯を沸騰させます。
  • ② ボトル部分を外したキャップとチェーンを重なる部分が無いように①の中に入れます。
    注意
    ボトルは入れないでくださいね!!
    この時、キャップとチェーンは外しても良いですが、引き上げる時に大変そうでしたら、繋いだままで構いません。
  • ③ キャップとチェーンの上に、重曹を振りかけていきます。
    この時、あまり火力が強いと重曹がキャップやチェーンの上に落ちないので、火を弱めて火力調節してくださいね。(ごく弱火でOK)
    お湯の温度は、反応のスピードを促進するためで、温度が低いと綺麗になるのに時間がかかることになりますが、ぐつぐつと煮立っている必要はありません。
  • ④ しばらくすると、重曹とキャップやチェーンのシルバーが反応し始めて、小さな泡が立ち始めます。(気の抜けた炭酸飲料の泡のような感じ)
  • ⑤ それでも、変色が取れない場合は、再度重曹を足してください。
    ①の段階で水を沢山入れすぎると重曹の量は多く必要になりますが、沸騰状態を維持するので、水は蒸発していきますから途中で水が少なくなったら水を足して加減してください。
    注意
    化学変化によるものなので、換気をよくして④で発生した気体を吸い込まないようにしてください。
    また、溶液には直接触れないでください。割り箸などで取り入れ取り出しを行うと良いですよ。
  • ⑥ 取り出したペンダントキャップとチェーンは、水できれいにすすいだ後、水気をしっかりと拭きとってから乾かします。
  • ⑦ 長期間使わないものであれば、料理保存に使用するラップなどで包んで、空気に触れないようにして保管しましょう。
    普段、頻繁に使用するものであれば、チャック付きのポリエチレン袋に入れて保管しておけば、酸化(変色)する時間は緩やかになります。

くすんだくらいのものは、鍋を火にかけなくても、ポットの中のお湯をアルミを敷いた紙コップにいれて重曹を入れただけでも落ちますよ。

注意
シルバーアクセサリーの変色に対応する方法ですが、天然石がついているものは、天然石が化学変化を起こすものもありますので、この方法の使用は避けてください。
また、メッキ加工などのものも使用は避けてください。

以上、ご参考までに記載しておきますね。
自己責任において、加減してトライなさってみてくださいね!

満月と夏至

レベル1が無事に楽しく終了し、あっという間の6月も下旬。
もうすぐ、夏越の大祓ですね。
その前に、20日の20:02 に、いて座で満月を迎えました。
そして、翌日21日07:34に蟹座に太陽が移動し夏至を迎えました。

レベル2で学んだ占星術を思い出しながら、チャートをちょっと見てみましょう。

オーラソーマシステムでは、蟹座は、ゴールドに対応し、感情・共感・感受性がキーワードです。

ボトルはB13クリア-/グリーンのボトルが対応

太陽のすぐ近くに金星があります。金星は、愛と美の女神ヴィーナスと関連しています。

太陽は、現在意識、自我と関連。

統合すると、私たち自身に愛をもたらすことで、自分自身の内側で手放しが行われると新しいスペースが生まれ、私たちの新たな方向性を見出し、新しい始まりを迎えるタイミングかもしれませんね。
太陽のちょうど向かい側にやぎ座に位置する月があります。月は私たちの潜在意識と関連し、やぎ座は土星と関連していました。私たちの内側に隠しているパターンから解放することが出来るチャンスがやってきているのかもしれませんね。
そして、私たちの周囲の人たちにも愛と思いやりを持って接する事で、共感や分かち合いが拡大し、穏やかな世界が広がっていく可能性。

オーラソーマカラーケアシステムでは、「何をするかよりも、することをどのようにするか」ということに意識を向けています。
私たちがすることに、どのように私たちの質をもたらしていくのか。
現状は、何かと大変な状況が続いていますが、これからの新しい始まりに、わくわくしますね!

みなさんは、どんなふうに感じていますか?

熊本大分地震、震災サポート

余震が続いていますが、皆さん体調お変わりありませんでしょうか。
熊本では、ボランティアの受け付けも開始されましたが、自分にできるサポートを行っていきましょう。
現地にボランティアに赴くことが難しい状況のかたは、義援金や支援物資の提供などがありますね。
以下に義援金の受付窓口を記載いたします。

http://ichiokuen-wo.jp/saving/9457#28-2
熊本県と日本赤十字社のゆうちょ銀行口座は、窓口で手続きすると送金手数料が免除されます。(多くの受付窓口が掲載してありました)NPO法人でも税制上の措置(控除)が可能な団体もあります。

http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15416.html
確定申告をすることで、税制上の措置(控除)が受けられます。(熊本県のHP)

http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php
ふるさと納税サイト(南阿蘇村、菊池市)

http://www.pref.oita.jp/soshiki/12030/h28-415kumamoto.html
大分県義援金受付案内(大分県HP)

以上

他にもあるかもしれませんが、主要なものを記載しました。
届けたい地自体や団体や用途を選択して対応くださいませ。

祈り

熊本・大分地震でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。
また、怪我をなさった方の早期のご回復と、被害に遭われた方の早い復旧をお祈りいたします。
揺れが少し収まってきたとはいえ、大きな揺れを経験したあとは、小さな揺れでもかなりのストレスになります。どうか、少しでも心が穏やかに過ごせる時間がありますように。

熊本・大分にご家族、親せき、ご友人がいらっしゃる方も心配だったことでしょう。
友人が熊本と大分にいましたが無事を確認できて安心しました。
遠く離れた県外の友人達からは、鹿児島の私にまで心配してメールを頂きました。
思っていてくれる人がいることは、とても有り難いですね。
この2・3日前には、生徒さんからブログ止まっているけど大丈夫ですか?の連絡も頂いていました。 感謝です。

14日の夜7時過ぎ頃から、原因不明のお腹の痛みと調子がおかしくなりそれから約2時間後の発震。16日も、前日の夜から、胸の圧迫感と変な痛みがあり、肩こりがひどくなった?と思っていた矢先にM7.3の発震でした。胸の圧迫感と痛みは、被災地震の可能性が高いようですね。あの痛みは地球の痛みだったのですね…。

17日は、照国神社に詣で、裏手にある稲荷神社にご挨拶と、水神様には日ごろの感謝と被災地の平穏、地球が癒されるようにお祈りをしました。
「始まった…」という感覚の今回の地震です。

祈りのエネルギーは、とても美しい光を伴いとても早いスピードで相手に届くと言われています。

亡くなられた方のご冥福を祈り致します。ご遺族の方の心が少しでも癒えますように。
被災なさった方が、少しでも避難生活を無事に過ごせますように。
地球が癒されますように。
どうか、これから先、大難が小難になり、小難が無難になりますように。

これから地球の動きはさらに活発になると言われています。
防災・減災意識を高めて過ごしましょう。
まずは、自分の命を自分で守れるように物質的に準備して心も落ち着けましょう。
そして、分かち合い助け合いましょう。

多くの方が感謝とともに祈りをささげ、生かされている命を大切に毎日を生きることが、これから先の未来を変えることに繋がることでしょう。

切り替わり

節分の翌日は、立春を迎え、新しい季節・新しい年になりました。
また、春分の日を境に宇宙新年とも言われていますね。
2016年は、2+0+1+6=9で、新しいための終わりの年になります。
社会的にも、これまでのシステムが切り替わったり、隠していたものが表に出てきて変更(修正)を余儀なくされたりと賑やかになっています。

既に、昨年からその流れを感じていらっしゃる方も多いようで、自発的に変化している場合や、思いかげず終わりを迎えたり、人間関係の出入りが激しくなったりと、何等かのそれまでの状況とは違う流れになって、望むと望まざるとに関わらず、やはり終わりと始まりを迎えていらっしゃる方が多いようです。 知人もしっかり影響を受けていましたし、クライエントの方々もその傾向が強まっています。これからの展開が楽しみですね!
しかも、その変化のスピードも速くて、その波にうまく乗るためにも
自分の芯をしっかりともち、バランスをとることが今年は特に大事なのでしょうね。

色々と切り替わりの多い年になりそうですよ。

実際、私も年明け早々、喉風邪で声が出なくなり、内省の時間をたっぷりと頂きました。
外に働きかける前に、内側に働きかけて整理の時間 (^^ゞ

そして2月8日の深夜は、みずがめ座の新月。
こちらも、浄化と手放しのベストタイミング。
満月を迎えるまでの約2週間の間に、整理してみましょう!

まずは、心の鏡と言われる部屋の整理や模様替えからでしょうか ^m^

自分を知る

1月31日に、鹿児島市精神保健福祉交流センター“はーと・ぱーく”で開催されたワークショップに、22名のご参加を頂き、ありがとうございました。

インフルエンザも流行っている時期での開催で、当日、体調不良でキャンサルなさった方も、またの機会に、是非ご参加くださいませ。
中には、前回に引き続きご参加くださった方もいらっしゃり、とても嬉しく思います。

今回も、みなさん様々な思いで臨まれて、いろいろなことを感じ取って頂けたようで幸いです。
質問の時間も、多くのご質問を頂き、熱心な姿に修了予定時間を30分ほど延長となったにも関わらず、最後までお付き合いくださりありがとうございました。

みなさんからご希望のあった、ワークショップや、勉強会も今後随時、当校でも開催していく予定ですので、その際は是非ご参加くださいませ。

色を通して自分を知ることや、自分の可能性を開いていくことが出来ると楽しいですよね。
頭でする勉強も大事ですが、経験を通しての勉強はさらに大事で、頭と心と身体を繋げる助けになります。

誰かにしてもらうのではなく、自分で自分を認識して、自分で自分をケアしたり、バランスを回復したり・・・、と、「自分で」という所が重要で、達成感を感じることで自分に自信が持てるようになったり、あるがままの自分を受け入れることが出来るようになるのです。

これからも楽しく、一緒に成長していきましょう!

キアヌ・リーブスの壮絶な人生と6つの格言

キアヌ・リーブスのファンクラブFacebookに掲載された、本人へのインタビューなどのコメントを引用して記事にしたものがありましたのでシェアしたいと思います。

キアヌ・リーブスの壮絶な人生と6つの格言

『自分の人生は価値がある。』『意味がある。』と自分で思い込むだけでも寿命が7.1年伸びるという研究もあるようです。 この時代に生まれてきただけで、きっと何かの意味があるのだと思います。 それは、生きているときに感じられる人もいるでしょうし、次の世界に移行するときに分かる人もいることでしょう。 でも、宇宙の法則からいうと、意味のないことは起こらないということは確か。

そして、この世から以降するときは、物質的なものは何も持っていけないということ。 何を持っているかは、この世である程度、自分自身を分かりやすくするために役に立つかもしれませんが、次の世界では必要のないもの。

“生きる”とは、相手を思いやり、自分の身体を使って出来ることを行い、今ここにいることを楽しむことの連続でできているのかもしれませんね。 その中で、自然に魂が成長して、磨かれていく。

心理学の研究で、幸せな人は、幸せの香りがするそうです。 そして、その香りは人に伝染する・周囲の人に伝わるそうです。

あなたも、幸せの香りを広げる人になりませんか。

チャレンジ!

話しは、年末に戻ります。

新しい時代へと移行の最中に、新しい年を迎えるための準備として、しめ飾りを作成。 興味深いことに、『不器用なんだけど、作りたい!』とおっしゃる方々がチャレンジ^m^ それなりに、試行錯誤はしますが、それでも、それぞれご自分の満足のいく作品に仕上がりました! “自分らしさ”がちゃんと出てるんですよ^m^

『不器用なんだけど、チャレンジしたい』という想いは、オーラソーマコンサルテーションでいうと2本目のボトルのメッセージにも関連しているでしょうね。 “器用さ”ということに関してというよりも、チャレンジすること、 行動すること全体のなかにあるメッセージや気づき。 作成することの全体性の中の何かに惹かれたから『チャレンジしたい』って反応が起こって、 行動に移しました。 途中で、疲れちゃって、諦めそうになりながらも、最後まで取り組みました。 それぞれの方が手にしたもの(もともと持っているものですが)に気づかれたかしら(*^_^*)

それに、出来上がったときの満足感『やった~! できた~\(^o^)/』という感覚は、 とても重要です。 小さな成功体験を積み重ねることで、 自分自身に『やればできる!』という自信をつけていくことが出来ます。 そして、完成後は、私も一緒に拍手して喜びます^m^ なんだか私も嬉しくなるんです♪ 大人になると、誰かから褒めてもらえることは少なくなるので、 楽しみつつも頑張った参加者の皆さんを褒めます!!

『出来ない』と思い込んでいることを手放すのに最適な方法。 チャレンジする勇気や行動力もしっかり持っているってことですね(^_-)-☆

自分で作ったしめ飾りで迎えるお正月、いかがだったのでしょうか(*^_^*)

2016年スタート!

明けましておめでとうございます。
皆さん、お正月をいかがお過ごしなさいましたでしょうか。
旧年中は、沢山のことをシェア頂き、ありがとうございました。
「パートナーとの関係性が良くなった」「自分の気持ちに素直に進めるようになった」「両親との関係性が改善された」などのご報告を頂き、そのたびに有り難く、取り組まれた皆さんの素晴らしさに感動させていただきました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

旧年の年末は、なんだかこれまでの年末とは違う感じを受けた方が多いようで「なんだか年末らしい感じがしないですね」という会話を何度も交わしました。
暖冬という影響だけでなく、地球のエネルギーが変化していて、経過する時間のスピードもかなり速くなっているし、なんとなくでも沢山の方がエネルギーの変化を感じていらっしゃるようですね。

旧年の年末は、なんだかこれまでの年末とは違う感じを受けた方が多いようで「なんだか年末らしい感じがしないですね」という会話を何度も交わしました。
暖冬という影響だけでなく、地球のエネルギーが変化していて、経過する時間のスピードもかなり速くなっているし、なんとなくでも沢山の方がエネルギーの変化を感じていらっしゃるようですね。

実際、天体では、21日の満月、22日の冬至で大きな動きがありました。
冬至図に見る宇宙からのメッセージ(「Keiko的、占星術な毎日」より)

※自分の中心にしっかりと定まり、建設的な情報の取り扱いを行ってくださいね。
情報に振り回されると本末転倒なので!

そして、1月10日の新月も大きな変化を促します。
Keikoの占星講座|1月10日「人生がガラリと変わる」山羊座新月編
変化・再生のチャンス!
でも、行動しないと変わりませんよね。
まずは、行動してみましょう。

2016年は、数秘では9の年。
9は、完結・手放しの年。新しい始まりのための手放し。
ボトルは、ターコイズ/グリーン。バランスと調和。そして、統合。
クリスタルケーブ。 私たちの内側にある宝物を見つけましょう。
私たちの内側に在るものを統合・合一し、その宝物(才能や能力)を活かして人生を豊かにしてきましょう。
私たち自分の内側にある真実を軽やかに自由に表現していくときです。

平成28年は、数秘では10→1の年。
自分の人生に責任をもって生きる。スタートの年。
ホロスコープでも、「変化・再生」がキーワードでしたが、まさに、これまで「誰かに敷かれたレールを歩く人生」や「自分で思い込んでしまって本来の自分とは違う人生」を歩んできた方たちは、真の自分の人生を歩むチャンス。

みなさんが、こころ軽やかに、今を大切に自分の人生を生きることができますように (^o^)丿

クリスマスリース

話しは約1カ月前に遡りますが(^^ゞ
今年の梅雨時期の湿気でお気に入りだったクリスマスリースがダメになってしまった生徒さんから、作り直したいとのお申し出で、クリスマスリースの作成をしました。

始めて、プリザーブドフラワーアレンジメントにチャレンジした時は、イメージは浮かぶものの、どうやってそれを形にしたらよいかが分からず、思った通りにできなかったご様子でしたが、回を重ねるごとに、イメージに沿った作品を作成することが、だんだんとできるようになってきました。

これは、私たちが思っていることやインスピレーションを受けたものを具現化するということと同じ作業。そして、そこに使うのは、自分の質。自分の質をどのようにもたらすかは、花材とどのように使っていくのかということと同じこと。

花材の向きや性質、色や花のつき方をよく観察して、適切なところに使用していきます。
花材を観察するように、私たち自身も自分でよく観察してみましょう!

自分を観察すればするほど、美しい作品=納得のいく自分らしい人生になっていく可能性が高くなっていきます。

クリスマスは目前ですが、クリスマスリースに限らずリースを作成なさってみたい方は、ご連絡くださいね。

作品は、ユーカリとティーツリーで作成された、シックな雰囲気のクリスマスリースです。
ユーカリのレッドがアクセント。
空気清浄と、ハートのバランスを取りつつ、前に踏み出そうというエネルギーをもったリースです(*^_^*)
両側に広がる花材が翼のようです。

オンゴーイングエデュケーションデイ

12月4日、5日と開催されたOGED。
今回は、ティッシュソルトと色と身体についての探求でした。
参加者お一人ずつの現在のエネルギーフィールドを確認して現状把握。
オーラ写真とは違い、自分自身のエネルギーフィールドの全体像を目視するので、自分では普段認識できないものを確認することが出来ます。
綺麗な形の方もいれば、エーテル体のギャップの状態、ハートを中心に上半身、下半身と大きく逆方向にずれていたり、全体的に、右左と交互にずれていたりと多くの場合、様々な状況です。

私たちは、「普段自分ではバランスが取れている」「過去のショックは落ち着いた」と思っていても、エネルギーレベルでは、過去のショックを記憶してバランスが取れていないままであったり、普段の日常生活で経験しているストレスが影響していたりと、私たちが思わぬところでストレスにさらされていることが確認できました。

アンバランスな状況でも、その時に選んだボトルや必要なバイオケミックソルトを持って再度チェックすると、驚くほど見事にバランスが取れている形に変化!
そして、エネルギーフィールドも大きく拡散されるように変化しています(・o・)!

オーラソーマシステムやバイオケミックソルトを生み出したヴィッキーとシュスラー博士に感謝です。

バイオケミックソルトは、一般のサプリメントとは全く違い、不足を補い貯蓄もできるという優れもの。

このエネルギーフィールドの視覚化は、これまで曖昧だったものがはっきりと見えた瞬間でもあり、とってもワクワクする出来事でした。 本当に感動的でした!!
参加者の皆さん、夜遅くまでの受講、お疲れ様でした。
そして、同じ時間を共有できたこと、シェアくださったことに感謝いたします。
ありがとうございます。

コンサルテーションを受けた時や、自分に必要なバイオケミックソルトを知りたい時に、エネルギーフィールドチェックをなさりたい方は、お気軽にお申し出くださいませ。

*これは、治療や診断をするものではありませんので、病気の症状がある方は、まずは専門医に行かれてくださいませね。

学び

大学の多くの科目の学習を進めていくたびに感じることは、オーラソーマカラーケアシステムは、膨大な心理学の科目のそれぞれの重要なエッセンスをピックアップしてまとめてある興味深いシステムだということ。
しかも、それを分かりやすくしてあるシステムだということ。

そして、クライエントと向き合う際に必要な自己ケアや、そのために何が大切なのかということも基本コース内でフォローしてあること。(それが出来るようになるには、訓練というか練習が必要なのですが。)

足りないと感じていたものを補うつもりで始めた学びが、既に知っている知識の幅を広げ、理解を深めていることに、「学びって面白い!」ということを実感中。
今の学びは、足りないものを補うのではなくて、根本を学ぶといった感覚です。(オーラソーマシステムに根本がないというわけではありませんので、誤解なさらないでくださいね。)
あ~、試験はそれなりに大変ですが(T_T)

迷っていたのなら、もっと早く始めれば良かったと時々思いつつも、「いやいや、今がタイミングだったのよね」と自分に言っていますが、どちらにしても、必要だったことには変わりありませんでした。

それに、学ぶという同じ目的を持って出会う大切な仲間にも出会えました。
もう10年前にオーラソーマレベル1を受講した時に出会った友人とも、今もしっかり繋がっていますが、今回も、刺激を受けたり、助けて頂いたり、励まし合ったり、相談できる仲間。
それに、ステキな教授陣とも出会いがあり、とっても楽しい学生生活^m^
社会人になってからの学生生活は、また違った楽しさや面白さがありますね。

皆さんも、興味あるけど・・・と迷っているなら、区切りのよい時期ですし、何かをスタートするには最適かもしれませんね。

新たな年に、新たなチャレンジをして、成長していきませんか\(^o^)/

普通

10月31日は、精神保健福祉交流センターにおいて、ワークショップの開催でした。
多くの方々のご参加、ありがとうございました。

皆さん、言葉にするのは難しいけれど、表現したいこと、感じていることは沢山あることを感じました。
そして、コラージュセラピーの作品も様々で、皆さんの創造性と感受性の豊かさに驚きました。

ワークショップが終わってから、『普通ってなんだろう?』とずっと感じています。
今まで行ってきた日常生活ができなくなったり、周りと同じ行動が出来なくなったりすること、もしくは生まれつき「普通じゃない」と判断されたり、「精神的な病気・障害」と判断されたりします。
勿論、適切な医療機関や専門機関にかかることが必要なのですが、魂の観点からは、しっかりと才能を持ってきているのですよね。

ここ数年前からやっと、アスペルガー症候群の方達の才能を活かすことができる企業が出てきたり社会的に取り組み始めた感じはありますが、まだまだな状況ですね。

有名なお話しですが、発明王と言われているトーマス・エジソンも今でいうと、アスペルガー症候群や、ADHD(注意欠陥/多動性障害)や学習障害を持っていただろうと言われています。
また、現在TVに出演しているモデルさんやアーティストの方の中にも、発達障害や学習障害を持っている方もいらっしゃいます。

エジソンが一般的な「普通」の状況では、きっと発明王にはなっていなかったでしょうね。
発明に至る発想は、無理ではありませんが、きっと難しいとお思います。「みんなと同じ」「普通」の思考回路、発想、一般的な努力や根気強さでは、到達は難しかっただろうと・・・。

モデルやアーティストの方も、その方独自のものの見方、視点をもっているから、「普通」と言われる方達が気づかないことに気づき表現できる。

この方たちの活躍は、本人の努力も勿論ですが、取り巻く環境(サポーター)の影響も大きいのでしょうね。
家族や周囲の方々は「普通」に当てはめるのではなくて、各個人独自の個性として才能を引き出して成長をサポートなさってきたことでしょう。

そして、違う視点から見ると、私たちは、自分で出来ることは「普通」と思ってしまいます。
人と比べて、自分の欠点と思えるような事には気が付きやすいのに、「出来て当たり前」と思っていることが、「他の人には難しいこと」だとは思いもしないのです。

あなたが「普通」と思っていること、実は、
あなたの才能である可能性も有ります。
あなたの「普通」は、「普通」じゃないかも!
あなたの「普通じゃない探し」してみませんか。

発想の自由

金木犀の良い香りが漂う時期になりましたね。
ふわぁっと、どこからともなくよい香りが風にのって届けられるたびに、なんだかほんわかとした幸せな気持ちになります。
10月の運動会&体育祭シーズも落ち着いて、スポーツの秋から、しっとりと芸術の秋や食欲の秋に移行しつつある雰囲気ですが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか。

写真は、10月に入って帰省した友人から頂いたお土産の名古屋の小倉トーストから発想されたお菓子。
小倉トーストをお菓子にしようと思うなんて!
約4㎝角のラングドシャで甘さ控えめの小豆あん風味のホワイトチョコがサンドしてありました。
勿論、有り難く美味しく頂きました(^^ゞ

小倉トーストなるものを初めて知ったとき、「う~ん」と思ったものですが、あんぱんもあることですし、ほぼ形状が異なるだけなんですよね。
ですから、味は、美味しいことが予想されます。
でも、肥りそうなので、家ではしませんが・・・(^_^;)

こういった、地域ならではの食材の組み合わせや料理などを知ると、それを一番最初に考えて食した方はどんな方なんだろうといつも思います。

発想が自由で、固定概念にとらわれていない創造力豊かな方が、ふとしたことからチャレンジしてみたのかもしれませんし、有るタイミングで他に食材がなくて、何とかしようと組み合わせてみたのが始まりなのかもしれませんし、どのような経緯から誕生したのか興味がわきます。

また、10月の3連休が終わり、仕事も落ち着いたところで、出かけてきた長崎のハウステンボスで開催中の世界のフラワーショーでも、固定概念にとらわれずに花材や資材をうまく活かして作成された見事な作品が沢山ありました。
長靴を鉢に見立ててお花を植えて飾ったり、テーブルアレンジでも、テーブルに飾るアレンジメントということだけはなく、テーブル自体をすっぽり包んでしまうような大掛かりなテーブルアレンジなどもあり、とても自由な発想で既成概念や固定概念も超えたところで作成された作品が沢山有り、沢山の刺激を受けてきました。
(画像は、個人で撮影した画像も公に出す際は使用許可が必要なので、作品の画像などは、ハウステンボスのHPからご覧くださいませ。)

私たちは、普段は何も疑わずに、お店に並んでいる商品などを、それ専用のものとして使用していたりしますが、そうでなくても良いものも本当は沢山あるのですよね。

誰かが提案した使用方法や組み合わせを鵜呑みにして、それが全てと勘違いして固定化されていくものがどんなに多いものか・・・。○○イコール○○のような、単純化された思い込み&刷り込み。
私たちは、どれだけパターンに嵌った思考回路や、概念にとらわれてしまっているのか、囚われやすいのか。それは、私たちの創造性や柔軟性、頭の回転の速さを制限するものになります。
創意工夫を普段の生活に取り入れて、自由な発想で可能性を広げていきたいものですね。

「幸せ」について

先のレベル3コースで「幸せ」をテーマにしたマインドマップを作成します。
改めて自分の「幸せ」について向き合ってみると、『すんなり出てくる人』『そうでない人』様々ななかで、さらに、『表面的な楽しみを幸せと思っていた』『沢山出てきたけど、結局はその中の共通している質は全部同じ』などと、色々と気づくことができたりします。
普段、自分にとっての「幸せ」って何かなんて考える機会はそんなにないですものね。
たまには、自分にとっての「幸せ」について、自分自身とコミュニケーションとってみませんか。

ブッダは、「幸せは未来にはない」「道そのものが幸せだ」というようなことを言っています。
未来に「幸せ」を求めるのではなく、今現在に「幸せ」を感じていくこと。
今「幸せ」を感じることが難しいのであれば、未来になっても「幸せ」を感じることは難しいということです。
「幸せ」は、未来にではなく、「今この瞬間にあるもの」

あなたにとって、「幸せ」とはなんでしょうか?

興味深い本がありましたので、紹介しておきます。
「幸せ」について、多くの視点からデータと共に検討している「幸福学」の書籍です。

「幸せ」について知っておきたい5つのこと

NHK「幸福学」白熱教室

エリザベス・ダン

ロバート・ビスワス=ディーナー

発行所:KADOKAWA

編 集:中経出版     価格:1500円+税

近況報告

先月のお話しになりますが、8月8日からレベル3がスタートしました。
レベル3のコース中、参加なさった生徒さんは、それぞれに気づきがあり、コースが進むに従って深い部分の気づきも起こってきました。
許可を頂いた生徒さんの感想を一部紹介します。

「6日間のレベル3のコース。
これまでのコースとは違い、自分の中で確信できることが多くありました。奉仕の意味も理解でき、その素敵なシンクロニシティに感動しました。
自分で自分の人生を生きにくくしているのは私自身なら、生きやすくする(できる)のも私自身なんですよね(´∀`)

自然体でいることは簡単なようで難しく、難しいようで簡単。
常に頭でっかちの状態から、3つの器のバランスがとれている状態へ、ごく自然にそれができるようになりたいです。
そして、どんな自分へもOKを出し、受け入れる。

ゆっくりとしたスピードではあるかもしれませんが、気づき、学び、自分の成長へと繋げていこうと思います。」

コースがスタートした日、スピリチュアルな世界では、8月8日は、ライオンゲートポータルが開かれた日ということらしいです。(詳しく知りたい方は、ネットで検索してみてくださいね(^^ゞ)
オーラソーマカラーケアシステムでも、「8」という数字は、特に関連のある数字でした。
「ハートの軽やかさ」
ハートの軽やかさは、自分のしていることに愛を注ぐことが出来ているかどうか、自分のブループリント(使命目的・人生の設計図)に沿っているかどうかによっても違いが起こります。

そして、レベル3で学ぶ生命の樹は、自分の内側にあるガーデン・天国を見出す地図、すべてはひとつであるという感覚に戻るための地図でもありました。
感想に書いてくださったように、きっと、これまでよりも心軽やかに、自分の人生を生きることがしやすくなることでしょう。
感想をくださり、ありがとうございます(*^_^*)
今月9月19日からはレベル1スタートします。
また、楽しく学んで成長していきましょう!

フラワーアレンジメントセラピーも8月でStep2が終了し、9月からはStep3のスタートです。
こちらも、回を重ねるごとに作品が自分らしくなり、花材や色を通して自分を知ることが楽しくなっているご様子。 ワクワクしながら一生懸命に取り組んでいる姿は、拝見していると、こちらまで楽しくなってきます。 完成した時は、私もとっても嬉しくって^m^

皆さんが心軽やかに、自分の人生を生きることが出来ますように。

Step3で作成した生徒さんの作品秋のイメージで落ち着いた色味のオレンジとピンク系になっていますが、使用した花材のエネルギーは、とっても前向きで元気なのです。
ひとつのことが終わり、また新しい方向に踏み出す準備中のようです。

刺激

毎日暑い日が続いていますが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか。

さて、先日、数名の異業種の仲間と気楽にお話しをする機会がありました。
仕事の上で、クライアントの方々のお話しを聞かせて頂いても多くの気づきがあり、刺激を受けたりしますが、動機や理由は様々でも同じ目標を持った仲間との話しは、また違った多くの気づきがあります。
何れにしましても、自分とは全く違う環境で多くの経験をし、違う価値観やものの見方をなさる方達との話しは、とても刺激的です。

さて、刺激は、強すぎると一瞬混乱を起こしますが、混乱は、『沢山の情報を得て整理が必要ですよ』というサイン。次第に整理されて落ち着いてくると新しいものの見方が出来るようになり、前進するためのエネルギーに変換されます。
新しい方々との繋がりは、視野が広がり、新しい風を通し、私たちが持っている質の違う側面に光をもたらします。
自分を成長させることが出来る繋がりを作っていきたいものですね。

そして、繋がることで、それぞれの可能性に光をもたらすことが出来、自分だけでなく、みんなでより良い環境を創造する広がりを持つことが出来ますように・・・。

祇園祭(おぎおんさぁ)

18日、19日と祇園祭(おぎおんさぁ)でしたね。
教室から、お神輿を担ぐ声が聞こえてきたので、仕事の合間に、少しだけ見に行ってきました!

祇園祭について
http://www.kagojinjacho.or.jp/birthplace/post-17.html

現場でお神輿を担ぐ「ヨイサ~」の威勢のよい掛け声を聞いたら、なんだかワクワクサワサワと、身体の内側と周囲を取り巻くエネルギーが動くのを感じました(*^_^*)
体感する波動って、やっぱり影響大きいですよね。

10時に八坂神社でご神事のあと、鹿児島市の繁華街を練り歩きます。
どのお神輿も立派です。

15時からのご神幸行列の先頭を行く、神々の誘導役として天狗面をけた猿田彦命もおいででした。
カメラを構えたら、正面を向いてくださいました!
ありがとうございます(*^_^*)

高下駄で、練り歩くの大変そうです・・・。(ついつい現実的な部分に目がいっちゃう(^^ゞ)

ご神事をなさる知人が、「神を祀ることは、地域社会の秩序を維持することになるし、肩書きや職業、年齢の垣根を越えて、人々の心をひとつにし、地域の結束力を増すことに繋がるので素晴らしいものです。神と人がひとつになれる祭りは、大切にしたいものです。」と、教えてくださいました。

ここでも、統合ですね。
今、私たちを取り巻く環境で、大きく多くの変化が起こっていますが、手放しと統合が同時進行しています。
私たちも、それぞれ自分の内側に在るインナーマスター、神聖なるものと統合していきましょう。

皆さんが健やかで、幸せで、恐れから自由でありますように。
全ての存在に平和を・・・。

成長できる時間

やっと梅雨明けしましたね。
今年は、降水量が平年の2.7倍程でしたが、がけ崩れは発生したものの小難になり幸いでした。
先週は、雨が上がったとの2日間ほど、とても空気がきれいに澄んでいたようで、桜島の緑や沢までくっきりと綺麗に見えました。
気温もどんどん高くなっていますので、皆さん体調管理に気を付けてお過ごしくださいね。

さて、先日の勉強会にいらした生徒さん方から、HPやブログの更新が止まると、『長期海外出張か?それとも何かあったのかしら?』と、心配するとのお話しありました。
気にかけてくださり感謝です(T_T)  ありがとうございます<(_ _)>
で、「まめに更新します(^^ゞ」とお返事したので、早速更新しようと思い、HPやブログの前回更新日を確認すると6月30日(・o・)
なんだか、そんなに時間経った気がしていないのですが・・・。 
感覚的には、つい最近、更新したような記憶が(~_~;)
いや、確かに、スケジュールをこなしているので、日にちは過ぎているんですよね・・・。

子供のころは、夏休みや冬休み、運動会、遠足と、待ち遠しいことが次から次にやってきて、『早く来ないかな~』なんて、思って過ごすと、時間の過ぎるのがなんと遅いこと!
小学校の6年間が1番1年を長く感じた頃かもしれません。
中学・高校・大学と年齢が上がるにつれて、段々と時間の流れを早く感じるようになりました。

20代くらいまでは、緩やかに感じていた時間の流れが、40代の今は、あっという間(・o・)
70代の母曰く、「これからどんどん時間が過ぎるの早く感じるよ」「何にもしていないのに、あっという間に1年終わる!」ですって(^_^;)
1日は、のんびりゆっくり過ごしていても、1年単位でみると、感覚が変わるのですよね。人間には、寿命があるので、どこを基準にして1年を見るかで、随分と感覚は変わりますね。

私たちは、生きている間しか肉体と魂、インナーマスター(内側の神聖なる存在)と統合できませんよね。あの世には、肉体を持っていけませんし。しかし、成長は、このような統合されている状況でしかできないのです。本来人間は、生まれたときには統合されている状態ですが、一般的には、それに気づけないことが多いのです。
オーラソーマカラーケアシステムは、統合すること、統合されていることに気づくことをを助けてくれます。

向こう側の世界では、肉体と魂が分離してしまうし、インナーマスターも肉体の中に存在していましたので、やはり、分離した状況になります。
そうなると、気づきが起こらなくなるのですね。
やはり、生まれてきたのは、魂の成長の為ですね。
そして、何度も転生しているのは、生きている時しか、成長できないし、魂を磨けないからですね。

魂レベルの時間からすると、私たちの人格を持った人生は、ほんの一瞬ですが、
「今ここ」で、一生懸命取り組みましょう。

コース色々ご報告

6月16日からレベル1の平日コースがスタートしました。
16日は、ふたご座の新月。
水星の見かけ上の逆行も抜け出したところですし、なんだか、ステキなタイミングでのスタートとなりました。

前回のOGEDからまだエネルギーは続いているようで、生徒さんだけでなく、それを取り巻く環境的にも様々なレベルの手放しが大きなテーマの中でのコースとなりました。

レベル1のテキストも新しく変わっていますし、再受講することで、新たな気づきや新しい経験がやってきますね。
始めて受講する生徒さんは、オーラソーマカラーケアシステムに触れながら自分自身の新たな可能性を知る第一歩となります。
このタイミングで手放しをすることにより、何か新しいものもやってくるでしょう。

そして、フラワーアレンジセラピーの生徒さんも、3月からスタートして今月からStep2に進みました。
回を重ねるごとに、花材の質(自分の質)をうまく使うことが出来るようになり、作品も素敵に仕上げています。
そして、段々と少しずつ自分の質も分かるようになっていくことを楽しんでいらっしゃるようで幸いです。 仕上がった作品を見て、達成感と満足感を感じることで、自己受容も進んでいるようです(*^_^*)
植物に触れる機会は、私たちを自然体にもどしてくれ、そのものの中にある美しさ、かわいらしさ、一生懸命さなど、色々な質を教えてくれます。
毎日忙しくて、自分のスペースが無くなったときは、特に助けになりますね。

まだまだ梅雨は続きそうですが、雨の日は、静かに自分と向き合う良い機会です(*^_^*)

OGED終了②♪

随分と間が空いてしまいましたが、OGEDの続きです。
コース中、ポマンダー、クイントエッセンス、エーテルレスキューなどを使い、ワークを沢山体験しましたが、それぞれ、気づきがあったようですね。

頭で考えたり、理解しようとするところを超えた部分での変化、手放した状態での変化が、私たちに気づきをもたらしましたね。
それは、なぜそうなったかということを説明することはできませんが、私たちの内側で何かが変化した結果、起こったことです。

生徒さんから、参加して経験したフィードバックを頂きました。
ありがとうございます(*^_^*)

今までなんとなく理解していたことが腑に落ちてすっきりしたり、遠い過去の記憶を思い出し繋ぐことができたり、自分の状況を確認することができたりと、それぞれ必要なことが起こったようで幸いでした!

私たちは、まずは頭で理解しようとすることがこれまでの経験上からしても一般的なことですが、私たちが知らないところで、理解できない領域でも多くのことが宇宙の法則に従って動いていて、その中で、私たちは多くのことを知ったつもりになっています。

私たちは、頭で理解しようとしなくても、宇宙の法則のなかで既に生きているのに、何かに捕らわれるとコントロールが始まり、宇宙の法則、自然の法則から外れていくことに・・・。

ポマンダー、クイントエッセンス、エーテルレスキューを使ってワークしていた時の心地よさは、手放した状態で“今ここ”“今この瞬間”に身を置いたときの心地よさです。
身体はしっかりと記憶したでしょうか。
忘れてしまいそうになった時は、また子供さんやパートナーと一緒に、ワークしてみてくださいね。
心地よさを共有、共感することができることは幸せですよね。

私も、平日コースで皆さんと一緒にワークを体験したことで、遠い記憶が繋がり、今の在り方に対する確認ができたり、興味深いでき事の発生が加速してます^m^

そろそろ動き出さなきゃ、また神様にお尻をチョンってされそうですので、皆さん同様楽しく歩みを進めたいと思います♪

OGED終了①♪

5月31日、6月3日と、オンゴーイングエデュケーションデイでした。
今回は、両日ともに、それぞれちょこちょことお顔を拝見出来る方達が多いメンバー構成で、そのちょこちょこの間に、様々な変化を迎えていらっしゃるようで、まさに新しい流れにのるための統合と手放しのプロセスを経過中でした。

特に3日のコースは、朝からかなりの雨模様でしたが、きっと浄化&手放しを助ける雨だったのでしょうね。そして、翌日の4日はすっきり晴れて、皆さんの状態も共鳴してスッキリ爽やかだと幸いです。リラックスできていますか~(*^_^*)

3日のランチは、1年越しのリクエストにお応えして、ワゴンデザートが目的のガスライトへ。

「好きなデザートを3種類選べる!」
ボリューミーなメインディッシュの後でも、デザートは、きっちり頂きます。
デザートのことを考慮して、スタートのサラダバーから、頂く量の調節をしてます。

(携帯で撮影したので、ライト調整微妙です)

みなさんの姿を拝見しながら、「人生は、毎瞬毎瞬、選択の連続ですが、デザートを選ぶ時のわくわくした楽しさは、一般的に人生の選択において感じることが少ないのはなぜか?」などと考えていました。

人生の選択になると未知のものに対する不安と恐れが湧きあがってきて、選択することに対して楽しさを感じることが難しくなるのでしょうね。
不安と恐れよりも、成功した時の満足感は、はるかに大きなものなのに、手前の不安と恐れでストップしてしまいがち。
その不安と恐れはどこからきているのか、しっかり向き合ってみるといいですね。

そして、このデザートのプレートの、フルーツソースのデザインは、各プレートごとに模様を変えてあります。
コース中、「何をするかということよりも、することにどのように質をもたらすかということが重要」ということを度々耳にするかと思いますが、まさにこのフルーツソースのデザインのことです。
何をするか(プレートにソースで描く)、どのように質をもたらすか(各プレートごとに、盛り付けの雰囲気などを考慮しながら、デザインを違えてサーバーのクリエイティブな質をもたらす。 相手を思ってということも考慮すると、思いやり・暖かさの質ももたらしていますね。その他にも沢山の質を使っているでしょう。)ということですね。
日常生活は、学びと気づきの場です(*^_^*)

夜の部~②

一通りある程度の説明が終わったところで、講演会に参加した全員で、退行の体験をしました。
『現在 → 過去の印象に残っている情景 → 母親の胎内回帰 → 過去世 → 再度、母親の胎内 → 再誕生』 といった順で、博士が誘導していきます。
博士ご自身は、過去世を見ることが出来るようになるのに約3ケ月かかったそうです。
すぐ見えるとは限らないし、見えないからと言って、ずっと見えないわけではなく、ある程度の練習も必要で、続けることで見えるようになるとのことでした。

私は、催眠状態になってはいたようですが(身体がサインをだしました)、あれが過去生だったのかどうかというよりも、胎内回帰したときに、宇宙空間から心地よく地球を眺めているような状況のままで、再誕生^m^
あら?過去生まで行っていない? ちなみちゃん曰く「それは戻り過ぎ!」ですって(^_^;)
首の痛くない椅子に座って、環境を整えた場所だと、また違ったかもしれませんね^m^

オーラソーマカラーケアシステムを学んだり、ボトルを使用して行く過程でインナーチャイルドヒーリングや、手放しのワークをすることもできますが、どのようなツールをつかってバランスを取り戻すかは、それぞれ各個人の質によっても違ってきますから、みんなが自分にあったツール(セラピー)を見つけられるといいですよね。

ヒプノセラピストのちなみちゃんから、色々とお話し聞けたし、今回の講演会&体験参加は、とっても有意義な時間を過ごせて、今後の参考まで得られてこの日も感謝の一日でした。

夜の部

夜の部~①

間が長く空いてしまいましたが、4月9日の夜の部のお話しです(^^ゞ
14年ぶりに来日した前世療法の第一人者のブライアン・ワイス博士の講演会が福岡で開催されました。
本当は、講演会のことは知らずにいたのですが、宗像大社参拝の計画を立てる段階で、ちなみちゃんが、福岡の講演会のあと、大阪・東京で開催されるワイス博士のワークショップにも参加するとのことで、調べたら、福岡の講演会はまだチケットがあったので、急遽申込みすることになったのです。

普段、ワイス博士の前世療法と未来世療法のお話しは、オーラソーマコンサルタント養成講座の中で、クイントエッセンスのセラピスベイの説明で少し触れているのですが、最近になって、ヒプノセラピーを受けて、その結果、「どうしてよいかわからない」「何とか解決したい」というような相談が続き、どういう状況でそうなったのか疑問だったところでしたので、直接ワイス博士のお話しを聞けるのは、本当に良い機会になりました!

ワイス博士は、現在70歳で、年齢的なものや忙しいこともあり、海外に出向くことはほとんどないが、今年は、3か国を巡るなかの1か国が日本ということで、今回はラッキーでした。

ワイス博士は、エール大学の精神科医として活動しながら研究や分析などを行っていく中で関わることになった、ある患者さんによって、人生が変わったそうです。
それまでの博士は、非科学的なことに関しては一切信用していなかったそうですが、患者さんが退行療法によって劇的な変化をしたことを目の当たりにしたことから4000人以上に過去世退行療法を実施して臨床的に確立したそうです。

特に、恐怖心や恐怖感に対して有用性のあるセラピーで、身体、感情、に対して働き掛けるとのことでした。

「クライアントもセラピストも過去生を思い出すことが治療につながると信じていなくても良いのです。」と、書籍に書かれていますが、信じるか信じないかなどとは別の次元の領域のもので、実際に体験した人しか感じることが出来ないことでしょう。

過去生を思い出している方は、先入観や思い込みや、有名な人物の過去生とは違い、とても多様性に富んでいます。
実際の過去生かどうかを証明する必要もなく、それを手放す事(受け入れること)や、何かの気づきを得る事で、現在が変わり、未来も変わっていきます。

興味のある方は、ブライアン・L・ワイス博士の書籍をご覧になってみてくださいね。

長くなったので、夜の部~②につづきます(*^_^*)

宗像大社参拝 ②

一回りしたので、社務所に置いてあるパンプレットを頂き、神宝館に向かう予定だったのです。
ところが、パンフレットの中に、『ここにお参りしたい!』という箇所が乗っていたので、巫女さんに尋ねたところ、

巫女さん
「それは、大島の中津宮になりますね」
私たち
「ありがとうございます。 あぁ残念。フェリーの時間もあるし、次回、朝早く来たときだね~。」

そして、諦めて、神宝館にむかい、入り口の階段を数段登って、

ちなみちゃん
「でも、まだ13:50のフェリーに乗れるよね」
「ここから神港まで、タクシーで行けば間に合うよね」
「帰りのフェリーは、いる?」
ちなみちゃん
「大丈夫間に合いそうだよ」
「じゃあ行こうか!」

って、ことで、行くことに決定。
実は、諦めてなかった二人 ^m^

二人とも、出張前には、ネットでしっかり下調べするタイプなのに、今回は、なんだか勢いというか、本当は行きたったのもあるけど、『なんとかなる』感じで決定。(^^ゞ
このあとは、ちなみちゃんの行動力で、さっさとフェリーの運航状況を確認して、タクシーでフェリー乗り場へ移動。

問い合わせ先:大島渡船ターミナル 0940-72-2535

神港は、「こうのみなと」と読むそうです。

お昼をまだ頂いていなくて、探したのですが、時間的に間に合わなそうだったので、おしゃべりして待つことに。
フェリーは、片道560円でした。
いよいよ乗船。
行きは、トラックも載せられる大きさのフェリー「おおしま」で25分かかります。
フェリーが出発して、ちょっと落ち着いていから、

「良く考えると、夜の予定に間に合うようにするには、帰りは14:40発に乗らないと間に合わなくない?」
「ターミナルから、中津神社まで歩くだろうし、もしかして、着いたら、このまま帰らないといけないかも・・・」 ← フェリー出発まで40分くらいあったのに、今頃気づく(^_^;)

焦った、ちなみちゃん。
またここから行動力を活かして、乗船中の地元の方に港から神社までの所要時間を聞いて回ったり、東郷駅から博多行きの電車の時刻を調べたりと、動き回ってくれました。

結論:
フェリー着いたら、ダッシュ!! あとは、神様にお任せしましょう。
お参りだから、大丈夫なようになるはず!

そして、もう一つ、思わぬ出来事が・・・。
二人とも、広島の廿日市から厳島までのフェリーや、桜島や垂水フェリーなどのような内海、湾内のゆったりしたスピードで進むフェリーにしか乗ったことがなかったのです。
玄界灘は流れがあるので、流されないようにフェリーのスピードが速くて、予想以上に揺れる~。
波のうねりがすごくて(たぶん、普段通りなのでしょうが)、25分以上乗ってると酔いそう・・・。
二人して「ご飯食べてなくて良かった~。」って、言いました。
食べないほうがいいから、食べることが出来ないようになってたのね~。

そんなこんなで、いよいよ到着!
大島に上陸した途端に、急ぎ足で歩きます。
結果3分で、中津宮にたどり着きました。  この時点で残り15分くらい。
織姫神社も、牽牛神社も階段の下からお参りして、中津宮のそびえる階段を一気に登り参拝。

浜津宮の第三宮にお留守だったのは、大島まで会いに行くようになってたのね。

急いているので、写真は、他には狛犬さんのものだけ。(^_^;)

参拝も終えて、またまたフェリー乗り場へ向かいます。

大島上陸、約15分。
次回は、ゆっくり参拝できるように準備します。
神社参拝は、特別なお祭りの日以外は、太陽登っている時間の午前10時から午後3時頃までの間に済ますようにするのが良いのですが、お参りも、その時間に済ませることができたし、感謝。

帰りは、旅客船「しおかぜ」
所要時間は15分。 「おおしま」よりも船体が小さく、来る時の船よりも、船体が軽くなるので揺れも大きくなる予想(^_^;)

イエローポマンダーつけてリラックスして出発~!
ちなみちゃんに、「船を自分で操縦しているつもりになるといいよ」って伝えたら笑われた~(^^ゞ
そして、『酔うかも』と心配すると余計に緊張して酔いやすくなるので、『大丈夫!』と思うと同時に、揺れを楽しむように切り替えると、本当にうねりが小さくなって、15分あっという間に経ちました。
今回の参拝は、修行だわ~。
緊張や不安は、恐れを増大させることも確認できたし、自分の気持ちの持ち方で、現実は変わることも確認。

神港について、バスの時刻を確認すると、ちょうど良い時間にバスがいました!

運転手さんに、東郷駅までの所要時間と、料金を確認して、事前に両替を済ませました。
『あとは、東郷駅に着くのを待つだけ~。』と思っていたのに、そうではなかった。

バスのアナウンスで「東郷駅入り口」とあり、私たち以外の乗客がみんな降りるので、『駅見当たらないけど、なんか違うけど、ここなんだろうな~』と思いながら、「ありがとうございます」って言って、料金を料金箱に入れようとしたら、

運転手さん
「ここでいいんですか?」
「えっ?」
ちなみちゃん
「まだ先があるんですか?」
運転手さん
「次が終点の東郷駅前です」
ちなみちゃんと私
「えっ。じゃあ、次で降ります! ありがとうございます!!」

で、出発するときに待ち合わした見たことある景色が見えてきて、無事に到着。
歩いても大した距離ではなかったけれど、でも、1個手前で降りていたら、電車に間に合わないところでした。
それに、駅まで着いたから、どこで降りようとしていたのか分かったけれど、あのまま降りていたら、どちら方向に行けばよいのか、道を尋ねないと迷う可能性もあったのです。

降りる時、運転手さんに、またまた笑われた~。(優しい笑顔です(*^_^*))

教訓:
「みんながするから」「みんながこっちに行くから」といって、
何も考えずに同調してはいけない。

迷える子羊ではなく、しっかりと意志をもった羊になること。
そのためには、自分の感覚を信頼すること、自分の内側の声を聴くこと。
助言も有り難いことです。

普段意識しているときは、大丈夫でも、油断していると同調してしまう可能性も。
自分の感覚で『違う』と感じる時は、やっぱり違う。
感覚を信頼すること。
確認すること。   大事です。

駅でチケット購入してからホームに降りて、1分もしないうちに電車が入ってきました。
色々あったけど、結果的にはすべてがスムーズに流れていき、ちなみちゃん曰く「歯車のかみ合わせがピッタリと合った感じ」でした。
時間に間に合うかどうかという、スリル満点の中津宮参拝になりましたが、無事に博多に着きました。
これからも、大事なことが待っているのに、もう、今日の予定は終わったような気分に(^^ゞ

夜の部に移ります。

宗像大社参拝 ①

去年の秋に、市杵島姫命様のお名前が気になりだして、その後、ご縁を頂いていることが分かって、『お参りしたいな~』と思っていたこのころ。
そんなところに、ちなみちゃんから連絡を頂いて、グッドタイミング!
話しをしたところ、ちなみちゃんも、ここ最近立て続けに宗像大社の名前を聞くことが続いていたようで、先日言ったばかりだけど、「いいよ~」とのことで、お参り決定!

雨ばかり続いていた週なのに、この日のお天気は晴れ、しかもPM2.5も少ない!!
福岡は、鹿児島よりも濃度高い日があるのです。
お陰様で最高のお参り日和となりました。
新幹線で福岡博多に向かい、そこから、最寄駅の東郷まで乗り換え。
東郷駅で、待ち合わせして、タクシーで、宗像神社に向かいました。
バスの時間が合えば、たぶん運賃は300円しないくらいかもしれません。
宗像・厳島の総本山なので、とっても広い神社です。

鳥居をくぐってすぐ左に手水舎。
柄杓がなくて水を溜めているところから、石をくりぬいた穴を通って、滝のように流れ落ちています。
その下には、竹の筒が置いてあり、とっても良い音を奏でていて、心が落ち着きます。

神門をくぐり、
まずは、市杵島姫命様にご挨拶。
日頃の感謝を申し上げました。

宗像大社の境内案内図

周囲にある末社にもお参りを済ませて、
次に向かったのは、
宗像三女神の降臨地と伝えられている、
髙宮祭場と言われる古代祭場。

ここに繋がる道を歩いていると、途中のある所から、急に足の方からエネルギーが登ってくる感じがして身体がとっても軽くなりました。
周辺と違う空気感。 雰囲気です。

お祈りしているときも、心地よい風が吹きわたり、清々しくもあり、なんだか嬉しい気持ちになりました。

祭壇に木漏れ日が差し込みスポットライトが当たっているようで輝いてみえました。

祭場から下る途中、登ったときと同じ、あるところまでたどり着くと、今度は足が地についた感じというか、重みを感じるようになりました(*^_^*)

そして、次は、第二宮と、第三宮
第二宮(ていにぐう)に沖津宮の田心姫神(長女)を、
第三宮(ていさんぐう)に中津宮の湍津姫神(次女)をお祀りしています。
沖津宮は、女人禁制の沖ノ島に祀られています。中津宮は、大島にあり、フェリーで渡ってお参りできます。
お社は、伊勢神宮から移設したものです。
宗像大社は、裏伊勢とも言われているようです。

こちらは、第二宮です。
第三宮も、一緒に昭和48年の伊勢神宮の第60回式年遷宮に際し、特別に下賜された別宮の古殿を移築再建したもののようです。
その時既に20年は経過しているので、半世紀以上も前のものなのに、白木が美しいお社です。

お隣の三宮もお参りしたのですが、
ちなみちゃんと
「なんだか、お留守みたいよね?」
「大島の、中津宮にお出かけしていて、今日は、こちらは田心姫神さまだけがお留守番かしら」
などと、話しをしました。

それが、まさか、この後の出来事に繋がるなんて思いもしないで・・・。

つづく

サイン!?

4月6日は、3月にフラワーアレンジメントセラピスト養成講座をスタートした生徒さんの2回目レッスン(レッスン内容は、まだHPを変更していませんが、新たな内容でスタートしています)。
無料ガイダンスの体験も含めると3回目なので、随分と慣れていらしたご様子。
講義の後に、アレンジメントに取り掛かりますが、一端作成に入ると集中しているので、エネルギーを沢山使い、終わると心地よい疲労感と達成感を感じます。
そこで、レッスンのまとめをしながら、ゆっくりとティータイム。
そんな時、窓が一面虹色になったので???
よ~く見ると、今までに見たことのない虹でした!

大きな二重の虹で、下の虹は、低い位置に幅広く、色もくっきり!
見惚れてしまいました。

生徒さんと一緒に、「きれい~」の連発^m^
虹って、不思議ですね。 みているとワクワクして、幸せな気持ちになります。

教室から見える、デパートの建物よりも前に色がかかっていたので、虹まで歩いて行ける距離!
でも、近づくと見えなくなるんですよね~。(*^_^*)

「幸せ」って、本当は、「今ここ」自分のいるところ、自分の内側にあるのに、幸せ(幸せと思い込んでいるもの)に近づこうとして、そこしか見えなくなったり&探しに行ってしまったりと、今の幸せな状況に気づけなくなることが多いのでしょうね。
チルチルとミチルの青い鳥も、自分の一番近くにいました。

窓から、穏やかな気持ちで、生徒さんと一緒に虹を見ることが出来ている状況が、とっても幸せ(*^_^*)

そして、この3日後に、とっても楽しみなことを予定していたので、その計画にもOKサインを頂いたようで、とっても嬉しい出来事でした。

過去の記事を見る 12

自分の中心と繋がる

最近、目にした言葉。
ミカエルは、「巳(巳=蛇)帰る」とも書くことが出来ると、ある方のブログ(サイトにリンクします)にありました。詳しい内容は、こちらをご覧くださいね。

オーラソーマでは、蛇と言えば、生命の樹のルシファーとも関係しますが、ヨガの見地では、クンダリーニの説明で蛇が出てきました。
タロットでは、ドラゴンが描かれていて、大天使ミカエルは大地を目覚めさせる天使でした。
これらは、本来の自分に目覚めることと関係しています。

B94大天使ミカエルのボトルは、生まれる時にしてきた約束である、本来の自分の使命と目的に協力するということが求められていて、それに従い生きるということが、自分の人生、道になる。
その約束が何かと、探すのではなく、それはありのままの自分自身でいることが出来ているときには、その約束を引き受けて生きることが出来ているとき。
B94に惹かれる時は、それができているのかどうか「己を省みる」時なのでしょう。
周りの状況や出来事に振り回されずに、自分の内側を向き、自分の内側としっかりと繋がっていく時。その時であることを教えてくれているのでしょう。

外側をみると、自分に自信がもてなくなったり不安になったりすることがあるかもしれません。
一生懸命取り組んでいるはずなのに、辛くて苦しくなって、楽な方に逃げたくなったり・・・と、私たちを惑わすものは沢山ありますよね。
ネガティブな場合だけでなく、であった出来事はポジティブさを装っている場合もあります。
ある意味、お試しですね。 本物を見極められるかどうかのお試し。
邪魔するエネルギーにとらわれることなく、内側に静けさと平和を見出し、もう一度、自分を取戻し、自分の中心と繋がり、本来の自分の生きる道を生きましょう。

そのために何が必要か、どのように自分の質を使っているのか、使っていくのかは、そのほかの選んだボトルの色との関連により変わりますから、各個人によって様々ですが、何にしろ、自分らしく一生懸命に生きることが、宇宙の法則に従うことに繋がります。

自分自身を、そして自分の可能性を信頼して、道を進めることが未来につながります。
真の自分としっかり繋がっていますか?

自分の中心と繋がる

答えは自分の中にある^m^

22日の勉強会のあとは、午後からフラワーアレンジのサンキャッチャー作成でした。
忙しくて時間が取れずに、やっといらっしゃることが出来たNちゃん。

午前中に選んだ、イクイリブリアムボトルの色には惹かれずに、ブルーとイエローでアレンジ。
お花は、ローズ以外に惹かれるお花を自由にセレクトできたのですが、ティーツリーのみ使用。

中心から光を放つかのように、綺麗な放射状にアレンジできました。
最初は、「見本がないと・・・」と言って、見本を参考にしようとしていましたが、自分の感覚でアレンジメントすることをお伝えすると、自然に手が動き出しました(*^_^*)

選んだイクイリブリアムボトル(オーラソーマシステムのカラーボトルの正式名称)と、アレンジメントで惹かれた色は違いましたが、そこにお花のメッセージも加わり、選んだイクイリブリアムボトルで認識したテーマに関連して、意識できなかったけれど、Nちゃんに対して、今大切なことをお花が話しかけていました。(といっても、Nちゃん自身がアレンジメントしたので、自分に自分が何が大事か伝えているってことですね(*^_^*))

完成した瞬間、一緒に拍手でお祝いです^m^ すてきな作品の出来上がりです!

そして、作品が目に入る度に、何が大事か思い出し、意識付けできることでしょう。 それに、自分が作成したものですから、それは、達成できるってサインでもあります。

自分で作成した作品と、完成できたことに満足できましたし、「きれい~」って、作品を褒めてましたから、自己受容もばっちりです(^_-)-☆

Nちゃんを、これからも明るい光が照らすことでしょう(*^_^*)

桜が開花!

3月21日(土)、生徒さんとランチタイムを取ったお店からでてくると、天文館の街中で、見事に咲いた桜に出会いました!(^^)!
他の桜は、まだ全然咲いていなかったので、生徒さんと「造花?」って疑っちゃいました(^^ゞ
近くでよく見ると、本物でした!!
見事なピンク色の美しい満開の桜。
その日は鹿児島の桜の開花宣言が午前中にあったのですね。
夜のニュースで知りました^m^

梅、木蓮、桃、桜、チューリップと次々と季節ごとに花が順番に咲いていますね。
その中でも、なぜか、桜が咲くと、わくわくするのです。
四季を感じられる日本、桜が沢山咲く日本に生まれてこられて良かったと・・・。
美しい景色を、美しい自然を、引き継ぎ続けられることを祈ります。

皆さんも、たまにはゆっくりのんびりお散歩しながら、風を、季節を感じてみませんか。

桜が開花

切り替えのタイミング!

今日20日の18:36頃 新月です。
新月は、これから新しいことを始めるのにベストタイミング。
そして、明日21日は、春分の日。
春分の日は、昼と夜の長さが同じになるだけでなく、長い冬を耐えてきた植物や生物が活動を盛んに始める時期でもあります。
そして、「自然をたたえ、生物を慈しむ日」として国民の祝日にもなっていますね。

2月19日も新月と旧暦のお正月が重なり、新しい始まりを迎えましたが、春分の日を境にさらに光が強くなります。

私たちが、今どのように自然と関わっているのか目を向け、そして宇宙の法則の中で生かされていることを感じてみましょう。

希望に向かい、気持ちを切り替えて、前進していきましょう♪

新しい始まり

大きな寒暖の差を繰り返しながら、春に確実に近づいていますね。
2月19日は、水瓶座と魚座の境目での新月で、旧暦のお正月とも重なり、色々なものが本格的に新しい流れに動き出した感じがします。
今まで隠れていた多くのものが、新たに世に出てきて、新しい世界が創られていくのでしょうね。

なんだか今年は、いつもの年と違う感じがして、厄年ではありませんが、節分の前に神社で今年の無事を願って祈願して頂きました。
今年1年をしっかりと地に足をつけて歩む準備OKです!

夜明け前の一番暗い時期が、今年からスタートするというようなエネルギーの流れもありますが、世界情勢も動きが激しく、まさに、今年からその時期に差し掛かったような雰囲気ですね。

そんな状況の中でも、私たちは、自分の人生の責任をしっかりと果たせるように、日々に感謝しつつも楽しく、地に足をつけて自分の人生を生きていきたいものです。

その流れを事前にキャッチなさっている方も多いようで、生徒さんからの報告からも確認できるのですが、人生の大きな節目を迎えていらっしゃる方も多く、これまでの成果をさらにより良い方向へと発展させるために動くときに来ているようです。

同時に、これまで、なんとなく感じつつも行動に移せずに、今までのパターンを繰り返していた方々は、新しい未来のために今動き出すことを実行なさっている方が多くいらっしゃいます。

そして、その流れのなかオーラソーマカラーケアコンサルタント養成講座レベル2が、節分を過ぎて早々にスタートしました。
再受講生の方は、新しいテキストで新たな気持ちで取り組み、さらなる成長に繋がっているようで、嬉しい限りです!!

私たちの思考が、私たちが目にする現実を作り出すということを、これからさらに確認する機会も増えることでしょう。
エネルギーは思考に従いますから、私たちが、どのように考えるのか、どのように自分の質を注ぐのか、さらに重要な時期にきているのでしょう。

そして、これまでのパターンを手放す絶好のチャンスでもあります。
新しい世界にむけて、自分の可能性を自由に活かし自分の霊性を高める時です。

周りの状況に流され巻き込まれるのではなく、しっかりと自分の内側の自分(魂、存在)と繋がり、自分の内側の声を聴いて行動していきましょう。

暖かく笑顔あふれる未来を創りましょう!

明けましておめでとうございます。

みなさん、お正月をいかがお過ごしでしたでしょうか。
今年も、よろしくお願いいたします。
皆様と共に楽しく学び成長していく年にしたいと思います。

さて、1月5日の13:53に満月で、その頃に合わせて、照国神社に初詣に向かいました。
気温も暖かく、落ち着いた雰囲気の中で参拝したあと、拝殿の左から奥に進み本殿の横に鎮座なさっている保食神社(うけもちじんじゃ)を参拝し、さらにその奥にある水宮も参拝しました。
水宮の鳥居をくぐった途端に、足元からサワサワと感じて、その後ハートが暖かくなってきました。 小道を進むと、一番奥に水神様を祀ってあります。
表はとっても賑わっているのに、保食神社と水宮を参拝なさる方はいらっしゃらなくて、とっても静かで、自然のエネルギーを感じられる場所です。
そして、本殿の裏には、太平洋戦争の時に照国神社のご神体をお守りするために掘られた壕跡と案内版がありました。
平和な日本に生まれてくることが出来たこと、そして、日々を恙なく過ごせることに感謝。
どうか、戦争のない穏やかな世の中になりますように。

そして、今年初めてのおみくじを引きました。
おみくじの番号は第7番で、書かれているメッセージは、B7ゲッセマネの園と似た内容。
そして、翌日参拝した神社で引いたおみくじも、全く同じ第7番のおみくじで、内容も同じ・・・。 もう、笑うしかありません。
こんなことは今までありませんでしたもの。
「はい、しかと、承りました」「腹くくって、前進します」としか言えません。
こうも同じ内容のメッセージを受け取ると、焦点は絞られているし、私の人生のプロセスにおいて、本筋の部分に関することだということもよくわかり、集中して進んでいく決心つきました。自分の選択がこのままでいいことも分かり、安心した部分も(*^_^*)

年末から、これまでの自分を振り返り、新たに目標を見直す流れがやってきていますが、あとは、余計なことは考えず、目の前の道を突き進みたいと思います。

明けましておめでとうございます

皆さんは、どんな年にしていくのでしょうか(*^_^*)
皆さんにとって、実り多き年になりますように。

思いやりと暖かさ

今年も、コース開催時には、生徒さんが庭に咲いていたお花や、お菓子などをくださったり、
コンサルテーションにいらしたクライアントさんが、メッセージカードを添えてお菓子をくださったり、
私のHP内のブログの更新が滞ると、「先生、元気にしてますか?」って、メッセージをくださったり、
コンサルテーション後に起こった変容や、多くの気づきをシェアしてくださったり、
旅行に行かれた際には、お土産をくださったりと、
まだまだ、書ききれないくらいの、沢山の思いやりと、優しさ、暖かさを頂きました。
いつも、ありがとうございます。
本当に、嬉しく思います。

私を支えてくださっている、繋がりのあるすべての方に感謝いたします。
いつも、どうもありがとうございます。

遠方に住む友人からのメールで元気になれるとき、目には見えないけれども、文章から伝わってくる暖かさと思いやりをしっかりと感じています。
物を頂くときも、そこに送り主の想いが乗っています。
ちゃんと、思いは伝わりますね。
何かをするとき、どんな思いでするか。 意図設定は、重要になりますね。
相手のことを想う。
沢山の、思いやりと、優しさ、暖かさを頂きながら、『過ぎず、足りなくないように適切にもたらす』という事に、今までになく意識が向いた年でした。
でも、これからも、重要なことで、確認事項の一つです(*^_^*)

来年が、皆さんにとって、暖かく幸せを感じられる年になりますように。

思いやりと暖かさ

愛と感謝をこめて。

今年のワークショップ納め

今年のワークショップ納め

27日、28日のワークショップで、今年のコースは締めくくり。
これまでの日程でご参加できなかった方のリクエストでの開催。

Yさん、初めての経験にチャレンジしながら、しめ飾りを綺麗に仕上げていました!(^^)!
ハーブティー&パックを作成した、YさんとNさん、体調管理とお肌のケアをしっかりなさって、ぴかぴかに磨きをかけて新年を迎える準備をなさるようです。^m^
天使のアクセサリーを作成なさった、Mさん、凄い集中力で、あっという間に仕上げてしまい、驚かせて頂きました!

ワークショップは、遊び感覚を持って取り組めるところが楽しいのですよね。
案内はまだ出していないのに、既に1月に予定しているワークショップのご予約をして帰られた方も2名 ^m^ 感性を磨きつつ、行動を通して自分を知ることが出来るワークショップは、作品を作る楽しさだけでなく、遊んで学べる最高の機会になります。

頭だけを使って学ぶよりも、感覚や、身体を使って学ぶ方が、理解が深まり気づきもこりやすくなりますね。
そして、何よりも、出来上がった喜びや、達成感は、これまでの自分の思い込みのパターンを手放し、ポジティブな人生を想像していくのに、とっても重要になります。

作品を仕上げて、晴れ晴れとした皆さんの様子を拝見させていただく度に、私も一緒に嬉しくなります♪
皆さん楽しんでくださって、ありがとうございます(*^_^*)

来年も、楽しく学びましょう(^o^)丿

あっという間の12月と朔旦冬至

5日、6日は、オンゴーイングエデュケーションデイで、生徒さん方と楽しく賑やかに過ごし、その後は、4月に出産なさった生徒さんとベビーと一緒にランチを楽しんだり、大学の講義に出席したりしている間に、12月もあと一週間に(・o・)

オンゴーイングエデュケーションデイでは、ケーキ選びの、じゃんけんが今年も開催されました^m^
じゃんけんで負けちゃった生徒さんも、みんな希望していたケーキを選べたという、とってもHappyな出来事。
(みかんは、生徒さんからのお土産です(^m^)
ティーブレイクで気分転換しながら、夜7時過ぎまで5日、6日両日ともに皆さん、一生懸命に学んで、探求して、シェアなさっていました。

最近は、今年の締めくくり&来年の目標設定のためにコンサルテーションにいらっしゃる生徒さん&クライアントの方々、大きな変化を迎えていらっしゃる方が多いようで、これまでのパターンを手放し、新たな方向にむかって歩みを進める姿を拝見していて、なんだかこちらまでワクワクしてきます。

きっと、朔旦冬至のことを知らなくても、太陽と月の動きに影響を受けて、軌道修正に入った方も多いことでしょう。

12月22日は、新月と冬至が重なる19年に1度の朔旦冬至(さくたんとうじ)。
冬至は、暦が確立する前は、一年の始まりでした。冬至を境に日照時間が長くなりますから太陽が復活する日として大事にされてきました。
そして、新月は、月がこれから満ちていくとき。
なので、朔旦冬至は、太陽の復活の冬至と、月の復活の朔日が重なる日なのですね。
なんてパワフルなんでしょう!!

自然と共にあることを感じ、日々の感謝と共に祈りたいと思います。

私は、来年2015年のナンバー8番のボトルを使い始めました^m^
B112の入荷も楽しみです♪

皆さんの、新しい始まりは何でしょう(*^_^*)

概念

ものの見方は、人ぞれぞれ違いますよね。
過去の経験から作られた価値観や学んだことを通して物事や人を見る。
親や、友達、学校の先生、読んだ本など自分が接した人や本などから取り込んだ、様々な価値観や概念、情報をもとに見る見方。
私たちは、自分の価値観を通して、物事を見ることになりますが、真の自分の目で見ているでしょうか。
過去の経験から生じた概念や価値観、自分以外の人の概念や価値観や、思い込みなどの、フィルターをかけてみてしまっていることが多いもの。
そうすると、現実は違ったものというか歪んだ世界が見えています。
本来自分が生きる領域ではない人生を歩んでいることも・・・。
実際に、脳は、私たちが見たものを、ありのままというよりも、脳内で画像処理して私たちに認識させています。それにより、発生するのが、錯覚でもあります。

ものごとをありのままに見るためには、過去の経験や自分以外の誰かの概念や価値観だけを通してではなく、フィルターを外すことが必要になります。
勿論、そうやって見た現実は、同じ状況を見ても、ひとりひとり解釈は違うし、違った世界が出来上がります。
でも、そうすることによって、本当に必要な気づきを得ることが出来たり、適切に対応することや、働きかけができるのです。

コミュニケーションのなかで、相手が発した言葉は、あなたが理解した言葉と同じもの、同じ状況を示しているのでしょうか。
もしかしたら、あなたが勝手に「そうだ」と思い込んでいるだけで「本当は違う」かもしれません。こうやって誤解が生まれていく一つの原因にもなります。
あなたは、自分自身をも誤解しているかもしれません。
人は、変化し続けています。
過去の経験から身に着けたフィルターは、今は必要なくなっていたり、役に立たなくなっているものもあります。

あなたが選んだイクイリブリアムボトルの色を通して、何が見えていますか?

あなたは、この画像を、どんな言葉を使って表現しますか?

自分では、「当たり前」「常識」と思っていることは、他の人からするとそうではなくて、「非常識」「常識知らず」なことかもしれません。

言葉は、コミュニ―ケーションを取る際に大切なツールの一つですが、人それぞれ受け取り方が違うことを知っておくことは、重要ですね。
そして、私たち各自が持つ、過去からの固定概念も手放して、新しい世界への一歩を踏み出しましょう。
私たちを取り巻くあらゆる世界は、刻一刻と変化し続けています。

循環

毎年12月になると急に寒くなって、11月中に窓ガラスや普段しない場所も含めて新しい年を迎えるための準備スタートしておけば良かったと思うので、今年は、11月の暖かいうちに、事務所の模様替えなどから取り掛かりました!
なんだか12月は、ハードなスケジュールになりそうな感じなので、何事も早め早めに心がけようと(^^ゞ
そして、片付けをするのが後回しになりがちだった理由は、粗品などの頂きものや、書籍など捨てるには勿体なくて、でもリサイクルショップや古本屋さんに持っていくには各お店との基準が合わなかったりと提供先が思い当らずにそのままにしておくから(^_^;)
そこで、寄付や、支援物資として提供できる場所はないか探してみました。

特定非営利活動法人NGO リサイクル環境組合
http://sky.geocities.jp/recycle12320002000/Contribution.htm

支援先にそぐわない提供品は、バザーなどで販売して収益金を支援に充ててくださいます。
洋服などは、季節を問わずに受けとってくださいます。

NPO法人青年活動ネットワーク
住民立民間 児童館「北名古屋市子どもセンター」

http://www.sknet2020.com/onegai.html

子供用品を主に募っています。

神戸のリサイクルショップ「オレンジスリフティー」
http://kobe-haberdashery.com/othriftyrokko/hurugicharity2.html

古着を販売し、収益金を動物保護のための活動資金に充てます。

ファイバーリサイクルネットワーク事務局
http://www.fiber.jp/news/individual.html?entry_id=5

着物・古着などを回収し、ウエス向上への売り上げや、リサイクルショップでの収益金を、国内外のNPO団体や災害支援資金に充てます。

キフボン・プロジェクト
http://www.kifubon.jp/

不要になった本を募っています。収益金は若者の自立・就労支援のための資金に活用されます。

ジョイセフ
http://www.joicfp.or.jp/jp/donation/private/

学用品、ランドセル、書き損じの葉書や切手など。 途上国の妊婦や女性や子供たちのサポートに充てられます。
使用済みの切手に関する案内 http://www.joicfp.or.jp/jp/donation/sending/stamp/

特定非営利活動法人WE21ジャパン
http://www.we21japan.org/donation/goods.html

活動目的と寄付をした物資の流れの詳細 http://www.we21japan.org/activities/reuse.html

他にも沢山支援団体があると思いますが、私が物資提供の際に分かりやすいと感じた団体を掲載してみました。
各団体で、古着もOK、新品や使用回数が少なくて、自分でも購入できる範囲と思われる状態のもののみ受け付け、など、募っている物品の条件や、配送する際の条件とうなど、詳しく各サイトに記載されていますので、せっかくの物資が無駄にならないように、各団体の基準を確認して、お送りくださいね。

また、使用済み切手があるけど、発送するまでの量には満たないという場合は、当校にご持参くださるか、送付してくだされば、みなさんのご提供分を、まとめてこちらから発送させていただきます。

自分の家にあれば眠っているだけの物品が、必要な方達へ必要な形で届くといいですよね。
手立てを知らなかった私には、有り難い活動をなさっている団体です。

みなさんの想いが、世界に広がっていきますように(*^_^*)

蒲生散策②

その後は、蒲生観光交流センターに寄ってから、すぐ近くの武家屋敷通りを散策。
蒲生観光交流センターで、パンプレットもいただけます。

まだ実際に住んでいらっしゃるお宅がほとんどで、中には、アトリエとして再生していたり、カフェとして利用されているお屋敷もありました。
あいらスィーツカフェ らびゅー姶良周遊観光バス あいらびゅー号
こちらのお店も、次回訪れたいお店です^m^

どのお宅も、庭木も綺麗に整えられているし、美しい石畳の道はすてきでした!
タイムスリップしたような感覚になります。
時間が、ゆっくりと流れて、いつもと違う感覚です。

そして、帰りは物産館(くすくす館)に寄りました。
鹿児島市内では、まだ銀杏の実はなっていないのですが、蒲生では、沢山実っていて物産館には、綺麗に処理された銀杏も販売されていましたので、お土産に購入しました。
ペンチか、金槌で叩いて少し割れ目を入れて、殻つきのままフライパンで焼くと出来上がり。
電子レンジでも出来るようですが、焼いた方が美味しく感じます^m^
栄養豊富なので、食べ過ぎに注意です!
もうひとつ、蒲生の農家さんが栽培して作った、無農薬の蒲生紅茶も購入しました。
とっても美味しいのです♪

姶良にお住いの生徒さんに他にもオススメな場所を教えて頂いたので、また次回、伺う予定で楽しみです♪
蒲生和紙ギャラリー
インテリア雑貨ショップAzakka
皆さんも、気候の良い時期、是非お出かけしてみてくださいね!(*^_^*)

蒲生散策①

10月10日の10:10のバスで、蒲生へ向けて鹿児島中央駅から出発!
台風接近中で、風は強かったものの、散策するには涼しくて、ちょうど良い気候でした。
今日は、お仕事お休みして、のんびりバス旅。1時間くらいで、バスは蒲生に到着。

まずは、ランチ予定のお店が混まないうちにと、着いて早々ランチタイム^m^
今回は、蒲生八幡神社近くのZenzaiという武家屋敷カフェへ。

曲げわっぱランチは、とってもきれいな盛り付けで、見た目でも味覚でもとても美味しく頂きました!
画像以外にもお吸い物とデザート&ドリンク付きです。
メインのおかずは、2種類の内から1つを選べました。
その日によって、メニューは変わるみたいですよ。

スィーツも充実していて、ティータイムにも利用してみたいお店です!ゆっくりと時間が流れていきます。
Facebook: 蒲生茶廊Zenzai
ブログ: http://kamousarouzenzai.blog45.fc2.com/

そして、次に向かったのは、蒲生八幡神社。
このすぐ隣に蒲生小学校があるのですが、そこは、昔、母が終戦後もしばらく落ち着くまでの間、疎開していた小学校。入学式や、進級した時の記念撮影は、大楠の前で撮影したそうです。
「蒲生小学校2年生の遠足で伊牟田池に行き、誤って落としたおにぎりが、コロコロ転がりながら、そのまま池に落ちてしまい、当時、食糧もあまりなかった時に、白米のおにぎりを作ってもらったのに、落としてしまったショックが大きくて泣いてしまったの。それが今でも強く心に残っているの。」という話しを、私が、小学校2年か3年の時の社会科見学で、蒲生八幡神社の大楠見学に訪れる時に話してくれて、それ以来、私の記憶にもずっと残っています。
母には、その時、担任だった先生が、お弁当を少し分けてくださったそうです。

そして、蒲生の中心地からさらに北に行ったところにある、漆地区には、親戚が住んでおり、子供のころはよく遊びに行っていました。
バスが川沿いを進んでいく美しい景色や、着いた先にはお寺があり、お寺の境内にある保育園の遊具で遊んだり、田んぼの横の用水路に、春になるとカエルが卵を産み、オタマジャクシが泳いているのを眺めたりして遊んだ記憶のある懐かしい場所です。
今では、午前中に漆地区に向かうバスもいないようで、車でしか行けなくなりました。

そんなことを思い出しながら、樹齢1500年といわれている大楠の前に立っていました。
大楠は、人間の寿命では想像もつかない年月を生き、色々な経験や出来事を刻み、見守ってきているのかと、壮大さを感じました。大楠からしてみると、私たちの思い出なんて、ほんの一瞬の出来事になるのですよね。でも、母の中にも私の中にもある思い出の大楠です。
そして、幾度と襲ってくる台風にも倒れない強さ。 自然の荘厳さに触れることが出来ます。

大楠は、今は保護のために空洞の中に入れなくなっていますが、8畳ほどの空洞があり、そこに小学生の社会科見学で訪れた時には、入ることが出来ました。中に入ると、真っ暗で、とても静かで、不思議な感覚になったのを今でも覚えています。
少しの恐怖と、大きな何かに包まれているような、暖かな感覚がありました。
それは、もしかしたら、自然そのもののエネルギーなのかもしれませんね。

蒲生八幡神社(公式サイト)
蒲生八幡神社(外部サイトにリンクします)

大楠だけでなく、他の木もとっても大きいのです。
木の根の部分は、2mほど盛土をしてありますので、本当は根の部分は、もっと大きいようです。
どの木も長生きしますように。

皆既月食

2011年の12月以来の皆既月食、皆さんはご覧になりましたか?
途中、時々雲に隠れながらも、神秘的な月の変化を見届けました。
月は、潜在意識、真実を映す鏡と言われています。
また、女性性のエネルギーと関係しているので、女性にとっては身近に感じることも多いですよね。

満月の時は、敏感な人は、イライラしたり、いつもと違う感じになりますから、無理をせずに、落ち着いて行動するように心がけましょう。

皆既月食の様子は、月が欠けていくというより、月に影が差して、暫くディープマゼンタ一色になったあと、今度は、光が差して、まさにB100大天使メタトロン(クリアー/ディープマゼンタ)のような月になりました。
今、世界中で起こっていることの隠されているものが表に出てくるときの始まりなのかもしれませんし、苦しみを解放することが出来るチャンスなのかもしれません。
苦しみの種も希望へと繋がる種も、私たちの深みという、同じところにあるのですよね。
手放しと再生。
今、変化の時ですね。

地球への感謝と、日々の感謝。
世界平和と、私たち人間の心が穏やかになるように祈りながら、月を眺めました。

あなたの内側にも光がもたらされますように。

皆既月食

新旧交代

コンサルテーションや、コースで毎回お世話になっている色鉛筆。
短くなってきているものも多くて、そろそろ新しい色鉛筆を用意するタイミングということで、交換用と新規参入の色鉛筆を購入してきました。
毎回、微妙な色合わせに、色鉛筆売場の前で長時間滞在(^^ゞ

では、「これからお世話になります<(_ _)>」って、挨拶しながら色鉛筆削ります!

新旧交代

短くなった色鉛筆には、「今までありがとうございました。
でも、まだまだこれからもお世話になります。
宜しくお願いします(*^_^*)」って、ご挨拶。

あっ、現役続行ということで、新旧交代ではなくなりました!
(表題が違ってきちゃいました(^^ゞ)

あなたが、あなたらしい色で、輝きますように。

キャンドルライト

10月5日の台風通過中、事務所の蛍光灯が点かなくなりました(^_^;)
どうやら、照明器具全体の故障のようで、新しいものが届くまで暗がりの中でのお仕事。
教室にあった、ヒマラヤピンク岩塩のキャンドルを灯して過ごしています。
ほんのり優しいピンク色、岩塩なので空気浄化&場のエネルギー浄化にもなって、落ち着きます。
時々、デスクライトも消して、瞑想したり、これもまた良い機会♪
楽しくなっちゃって、光りとも遊びました^m^
カメラでキャンドルを撮影すると、色々な光が現れて興味津津。
レンズの角度によって、見える光が変わりますが、メインで見える色は、ブル~ロイヤルブルー。
バイオレット。マゼンタ。ピンク。

キャンドルライト

キャンドルライト

下の2つには、マゼンタピンク光は小さなハート型にも見えました。
ふっと、B36バイオレット/ピンク、生命の木の火の要素の、ある側面が思い浮かびました。
「キャンドルの光りは、分かち合っても減らずに増えていく」
「思いやりと暖かさの質は、キャンドルの光りと似ているもの」
キャンドルの光りを眺めながら、そんなことを想っていました。

あなたが差し出した、思いやりと暖かさ、優しさは、あなたと、周囲の人のハートを暖めます。
そして、その暖かさは、また他の誰かに伝わって広がっていきます。
あなたの思いやりと暖かさを、必要としている人に必要な分だけ差し出しませんか。
求める前に、差し出してみましょう。
周囲の人のハートを暖めた、思いやりと優しさが、あなたにもちゃんと伝わってきますよ。
遠慮せずに、しっかり受け取ってくださいね(*^_^*)
エネルギーチャージできたら、また循環させていきましょう!

いよいよ10月!

9月もなんだか、あっという間に過ぎ去りました(^_^;)
夏休みが終わったら、近くの小学校から、応援団の練習の音と吹奏楽部の練習の音楽が、連日聞こえてくるようになります。
『あ~、運動会がもうすぐなんだなぁ。もう、そんな季節なのね。』と、遠い昔の感覚を^m^懐かしく思い出しながら過ごす9月。
そして、今月中旬ころから、おはら祭りの練習の音楽が聞こえたりします。

先月は、台風の接近で、日程も気になるところでしたが、予定通り9月23日には、レベル1コースも無事に6日間終了。

今回は、宮崎県と鹿児島県内遠方からの生徒さんでしたので、往復が気になっていましたが、滞りなく受講できるようになっていたようです(*^_^*)
タイミング、ちゃんと合っていたってことですね!
お疲れ様でした!!(そして、毎回写真を撮り忘れる私・・・。)
また、勉強会でお会いしましょう(^o^)丿

今日から衣替え。
10月のスタートです。
皆さんの毎日が、心穏やかに過ごせますように。
幸せを感じられる毎日になりますように(*^_^*)

友達

最近、遠方の友人から、嬉しいメールが続きます。

一人は、オーラソーマカラーケアシステムの勉強をスタートさせたときに知り合った、大分の友人。彼女は、二人の子供を育てながら、今はパートでお仕事して、オーラソーマコンサルテーションとフラワーセラピーはお休み中ですが、今後のために、出来ることからスタートさせたいと、勉強再開のお知らせと宣言(*^_^*)

もう一人の友人は、とあるボランティア活動で知り合った友人。
東日本大震災の現状を知りたいと、実際に訪れて現地の方からお話しを聞いて、自分が役に立てることは何かと考え、アロマセラピストとして活躍しているにもかかわらず、新たに専門学校に通い、途中、色々と困難な状況があったときも、諦めずに自分のペースで歩みを進め、ついに美容師の国家試験合格の連絡!
そして、「美容師としてボランティアに行けるように、頑張ります!」と、コメントできる彼女の精神性の高さと、意志の強さに頭が下がります。

それぞれ環境は違っても、頑張っている姿を見ると、自分もしっかりしなきゃ!と、勇気と元気をもらいます。
意志を強く持って、最後まで私も頑張らなきゃね。やり切りますよ~!(何をかは、いつかまた)

時々しか、連絡とらないけど、みんな一生懸命に前に進んでる。
見えないところで、いつも支えてくれる友人がいることに感謝。
見えないところで、いつも支えてくれる多くの存在に感謝。
いつも、ありがとうございます(*^_^*)

地球と、自然と調和する

パタゴニアで生活している、ある女性のお話しです。
http://vimeo.com/64116245 (動画です)

私たちは、自分たちで自然との調和を乱し、頂点にいるかのように、地球に存在する生き物、鉱物や植物を搾取し、自然を破壊し、自分たちで自分たちの周りの環境を悪化させてきました。
一見、便利に見えたり、暮らしやすく思いますが、全体性からみると、明らかに自然の調和からは外れた生き方。

鹿児島の、とある島で暮らす人々は、自分たちがその日食べる分の食材だけを海や山から頂いてきます。あるからと言って、余分には採ってはきません。
私たちは、自己中心的に物事を考えるとき、自分の欲するままに行動をしてしまいます。
私たちは、宇宙を構成している一員であるだけで、頂点に立っている訳ではではないことを思いだしましょう。

私たちが、意識を変えることが必要な時としては、既に間に合わないのかもしれないところに来ているのかもしれませんが、それでも、今からでも、意識を変え、地球に、そして日々の生活に感謝を捧げる生き方をしていきましょう。
私たちは、自然の法則、節理の中で生きています。

自然災害の発生しやすい時代(これから100年くらいは激しい地殻変動期に入ったといわれています。)です、地球や自然にもっと意識を向けて、生きましょう。

先日、御嶽山が水蒸気爆発し、大きな被害も発生しました。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
また、怪我や被害に合われた方、関係者の方々にお見舞い申し上げます。

日本には、世界の火山の7%も存在しています。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/gyomu/index92.html (日本の火山の分布(気象庁))
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/volinfo/kaisetsu.html (火山性微動のデータ)

自分たちで自然の声に耳を傾けていくことが必要ですね。
地下は、すべて繋がっています。
ここ数日、桜島の爆発回数も増加し活発化しています。
あなたは、自然災害に対する備え、ちゃんとできていますか?

備えを見直し、準備を整えたら、あとは、この瞬間を生きましょう。

今を生きる。

先々週、同じ日に3度目にした言葉。
「今を生きましょう」
オーラソーマカラーケアシステムの中でも何度も耳にする言葉。

マイクのコースで「手放しの7つのレベル」というコースがありますが、その中で、手放しに関連するあらゆる側面でとても助けになるとされているB13、B26、B39、B52、B65、B78、B91のセットがあります。

教室に置いてあるボトルを浄化していると、そのセットの中に含まれているB91オリーブ/オリーブのボトルの下層部の色が、変容しているのに気づきました。

その言葉を目にしたのは、とっても惹かれて、使い始めて、暫く経ったある日でした。

そして、同じ日にさらに目にした「繰り返す日々にも希望はあるぞ」
と、いう言葉。

本当は、恙なく過ごせる毎日がどんなに有り難いものなのか、大変な時期を乗り越えて、穏やかになってきたら、そのことをとても実感できるのに、穏やかな毎日が続くと、今度は何も変化・成長していないのではないかと漠然とした不安を感じたりしてしまいます。

でも、見えていないところ、気づいていない部分で小さな変化は確実に起こっていて、同じ毎日は存在しないもの。
不安や恐れを手放して、希望を胸に今できることを行動していくことでしか、未来は開けないのですよね。ただ、立ち止まっていては、未来はやってきません。
どんな未来にするかも、今、どのように行動するか(自分の質をもたらすのか)で決まってきます。
自分の使命が何なのか、このままでいいのかなどと考えて動いていないのなら、今この瞬間に行動できることを行動することの方が大事。

「諦めずに自分の信念に従って、希望を持ち信頼して考えるよりも行動すること。
今この瞬間を生きること」
そんなメッセージを受け取ったB91でした。

過去の記事を見る 12

準備

お盆を過ぎた頃から朝晩が少し過ごしやすくなり、毎年、錦江湾の花火大会が終わると、なんだか『夏は、もう終わりだな~』と感じます。お昼はまだまだ暑いんですけどね(^_^;)

さて今回は、先日、ご予約をくださっていたフラワーアレンジメントのご購入にいらした生徒さんとのお話しを少しシェアします。
春頃、生徒さんから
「先生! 家のボトルのセットの○○番だけが、使っていないのに、減ってるんですけど?!?!?!どうしたのでしょうか?」
と連絡がありました。
ボトルのセットなので、同じ環境下に置いてあり、その場所に出入りするのは自分だけとのことで、考えられるのは、必要性があって、何か変容が起こっている可能性。
色が変わるのは、これまでにもよくある変容ですが、使っていないのに自然と溢れてくることはあっても減っていくほどの変容は私が問合せを頂いた中では初めてのことでした。
でも、生徒さんがこれまでに経験してきている環境や状況からすると、確かに必要性があるボトルでしたので、そのボトルを使うことをオススメしました。
そして、使い終わって次のセレクトボトルの中の2本目を使ってから今回いらっしゃいました。
そして、その時の感想は、
「なんだかスッキリして、落ち着きました。自分にとって大事なことは何かが分かったので、それに従ったら迷いもなくなり、今の状況も悪くないと思えてきました!」
とのことでした^m^
そして、生徒さんの人生の使命を果たすためにサポートしてくれている3人の天使を調べたら、まさに、その天使の中に減ったボトルと同じものが・・・(^_^;)
『ここで繋がっていたのね(^_^;)』という感じです!!
そして、いつもサポートしてくださっていたし、これからもサポートしてくださっていることが確認できました。
これからは、ギフトとして、自分の魅力にさらに磨きをかけて輝きを増していくことでしょう(*^_^*)

自分たちの人生で、思う様にうまくいかないことがあったり、なかなか変化がなくて焦ったり、辛く長く暗いトンネルの中に入り込んだような感じがするときがありますが、目に見えていなくても、変化は起こっていて、そして、その状況は、明るい出口にたどり着くまでの準備というかプロセスの一部。

その経験がないと、今の状況にたどりつけなかったり、答えは見つけられなかったり、もしくは気づきも起こらなかったかもしれません。

トンネルに入り込んでいるときは、出口がどこか探したり、どうやったら出口にたどり着けるのかと方法に囚われたりしますが、それは、さらに自分の方向感覚を失くしたり、自分で自分を困難にする状況をつくりだす可能性があります。

大事なことは、そこに入り込んだ状況をまずは受け入れて、自分の内側の声を聴きましょう。そして、その声に従って一生懸命に生きること。
日々を大切に過ごし、感謝しつつ精一杯生きることで、見えない変化は確実に起こっています。

今一生懸命に頑張っているあなたが、
これからも、光りに向かって歩みを進める
ことが出来ますように。

8月に思うこと

今年の夏は、台風や雨が多いために日照時間も少なく湿度が高くて、体調管理も難しいですね。
皆さんは、お元気にお過ごしでしょうか。

8月は、夏休みで、普段会えない人に会えたり、花火大会や夏祭りと楽しいことも目白押しで楽しい季節でもありますが、毎年8月になると深く思うことがあります。

8月6日広島の原爆投下、9日は広島に原爆投下、12日は日本航空墜落事故、13日~15日はお盆、そして15日は終戦記念日と、『命』に関する大きな出来事が続きます。
亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りいたします。
また、ご家族の皆さん、関係者の方々が少しでも癒されますようにお祈りいたします。
毎年、この時期になると、『命の大切さ』『平和の有難さ』を普段以上に強く感じます。
楽しいことが多いからこそ、対照的な出来事で、一層強く感じるのかもしれませんね。

8月だけでなく、内戦や紛争が世界で今も実際に起こっていて、毎日のようにニュースで報道され、本当に平和の有難さ、命の大切さ、人間の愚かさを感じる毎日です。
また、地球の変革期による世界中でも大規模な地震の発生も相次ぎ、多くの方が犠牲になられています。このような中で、私たちは生かされているのだということを実感します。
恙なく毎日が過ごせる幸せ。でも、その幸せも、いつもあるのではなく、毎瞬毎瞬が大切で、瞬間瞬間が愛おしいもの。

どなたがおっしゃっていたのか忘れてしまいましたが、「私たちは生まれて来たからには、いつかは嫌でも死んでいく」「そして、その時は、急がなくても必ずやってくる」と。
「だから、その時が来るまでは、精一杯生きてみよう」「そして、その責任がある」とも。

人生、自分の思った通りに行かないときもありますが、それも必要な時なのでしょう。
ただただ、自分の果たす責任を果たしていきましょう。
世界平和を願い祈るなら、まずは自分の内側の葛藤の解消・手放しが必要になりますね。

皆さんの命の光りが、精一杯生きることで光を増して輝きますように。

2つ動画を紹介します(*^_^*)
何を感じますか?

どうしてそんなに優しいの!? 魚に対してワンコが取った行動
http://buzzmag.jp/archives/9764

クマがカラスを華麗に救出
https://www.youtube.com/watch?v=gJ_3BN0m7S8&feature=youtu.be

気分転換♪

14日は、遠路はるばる、天使とハートのバッグチャーム作成にいらしてくださいました。
2月の案内だったのですが、超超ハードでお休みもなかなか取れずに、材料のお取り置き。
そして、お仕事頑張り続けて、やっととれたお休み。
そりゃあ、自分の好きなことして気分転換したくなりますよね。

やっぱり、お休みはとっても大事です!
同じことを続けていると、視野が狭くなって、思考も凝り固まってきてしまいます。
何か良いアイデアが浮かんだり、気づきが起こるときは、その物事から少し離れて距離をとって、全体を見たときや、全く関係のないことをしているときが多いもの。

一生懸命になり過ぎて、目の前の事しか見えなくなったら、ちょっと立ち止まって、一休みしましょう。違った視点から見ると、見えなかったものが見えたりします^m^
Breakthroughするには、余裕(スペース)も大事です(*^_^*)

悪戦苦闘しながら作った作品には、愛情がいっぱ詰まっていて、見ているだけでなんだかワクワク♪しますね!
出来上がった作品を、早速、バッグに下げてましたよ^m^

通勤途中に、作品眺めてにやけていそうな
・・・(~o~)  ナンテネ(^_-)-☆

作成途中に、次回の予定もお話ししながら、沢山笑いながら & お茶もしながらと、てんこ盛りで、心地よい疲労感(笑)
とっても沢山笑うので、腹筋が鍛えられます!

この後、一緒に六月燈の準備の整った照国神社参拝をして、日常生活に戻っていかれました。

まだ、お一方お取り置き中で、お会い出来る日を楽しみにしています♪

箱根神社参拝

先日、台風通過後の直後に箱根神社参拝を行ってきました。
台風の直後で浄化されて、空気もとても澄んで清々しい雰囲気でした。

少しだけ雪が残った富士山も美しく、緑も空もとても鮮やかな色です。
まさに、B3ハートボトルのカラーそのもの(*^_^*)

箱根神社の参道の杉並木は、清らかなエネルギーに溢れていました。
観光バスも立ち寄るので、参拝するときは、朝早い方がいいですね。参道は、気の通り道でもあって、参道を歩いていくうちにどんどん浄化されていきます。参道の途中には、祓戸神社もあります。

箱根神社の右隣には、九頭龍神社の新宮。 新宮の鳥居前左側に、竜神水が流れていて持ち帰りもできます。浄化のエネルギーの強い御神水です。

そして、次に向かったのは九頭龍神社
遊歩道を歩いている途中で、黒ネコちゃんがお出迎え(*^_^*)
少し一緒に歩きました。 そう言えば、新田神社にお参りした時も、三毛猫ちゃんがお出迎え。
猫ちゃんは、保食神(うけもちのかみ)様からの遣い。基本的には、食物・豊饒の神々からの遣いなので、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)様からの遣いであることも有り得ますとのことですよ。シリウス〜古代エジプト文明からの縁が深いということであれば、シリウスの神で猫頭を持つバステトさんからの遣いということもあるようです。

途中、九頭龍神社の手前にある、白龍神社に参拝
こじんまりとした感じですが、白い鳥居がとても美しく印象的でした。なんだか優しい感じのエネルギーです。

そして、いよいよ、九頭龍神社。
毎月13日は、月次祭りが行われ、多くの人出で賑わうようですが、この日は、ゆっくり参拝できました。すぐ近くに弁財天様もお祀りしてあります。

どこも、緑に囲まれて、雨で浄化されたばかりのさらに清らかな雰囲気の中の参拝になりました。
湖畔の遊歩道を森林浴しながら歩くのも気持ち良いものです。かなりの運動量になりました(^_^;)

しっかりと、日ごろの感謝を伝え、日本をお守りくださいますようお祈りしました。

レベル3コース終了

あっという間に7月短期集中のレベル3コースも終わりました(^_^;)

最終日には、ボトルを並べたMAPが出来上がり生命の木が完成しますが、コース中、自分の人生を客観的に見ることが出来ます。

今回の生徒さん方も、自分の人生の経験を通してワークなさっていました。

そして、毎回みんな、「昔の人の知恵ってすごいなぁ~」「オーラソーマシステムって凄いなぁ~」と感動するのです^m^
そう感じるような貴重な経験を出来ることに感謝(*^_^*)
自分らしく自分の旅を続けましょう!

過去の記事を見る 12

お楽しみのランチタイム♪

6月15日と16日に開催のオンゴーイングエデュケーションデイには、7名の方のご参加で楽しい時間を過ごすことが出来ました♪
毎年、冬の開催の方が参加人数多いのですが、今回は春にもかかわらず予想以上の参加人数でした。ご参加お疲れ様でした!
ご参加なさった生徒さん達からは、「充実した一日を過ごせました。今までのことが、自分の中で納得できて気持ちが晴れやかでした。」「自分の内側で感じていたことがどこからきているのか、なんとなくわかってきて途中で止めていたボトルをまた使い始めました」などの感想を頂きました。
ご参加くださった皆さんと私も一緒にシェアし学び、有意義な時間を過ごすことが出来ました。
ありがとうございます(*^_^*)

オンゴーイングエデュケーションデイは、探求することが大きな目的になっていますが、この機会が、皆さんが学んだことをさらに探求し統合するきっかけになれば幸いです。(*^_^*)

今回2日のコースでも興味深かったのは、コース受講は、シンクロニシティーで起こっているとがはっきり表れたということです。これまでも経験していて、当たり前と言えば、当たり前の事なのですが、休日と平日のそれぞれの日程で、今回も教室の雰囲気がまったく違いますし、共通のテーマも違っていました。でもそれは、当日になってからのお楽しみで、集まったメンバーで雰囲気が出来上がります。 その当たり前として知っていることに、今回、私の中で改めて焦点が当たりました。

その様子を拝見すると、人の持つエネルギーや質が影響し合うことの大きさを実感します。
そして、そのメンバーがお互いに、与えようと思わなくても、何かを受け取り、何かを感じ、内側で変化が起こっています。その結果、参加者一人一人の内側で化学変化が起こって、私たちがそれぞれ作り出す現実に変化が表れてきます。
もう既に、参加を決めたときから、そのシンクロニシティーは始まっているのですけどね。
コースに参加しようと決める内側の声は、ちゃんと自分を成長させるために何が必要なのか、どんなタイミングがいいのかをしっかり知っているってことですよね!

そんなシンクロニシティーに導かれて参加なさった皆さんと、ランチタイムにお出かけしたら、予定したお店がその日だけランチは、13:00からということで急きょ変更して、近くのホテルのレストランへ。
眺めはいいし、静かでゆったりとした雰囲気の中で、優雅なランチタイム。
デザートもワゴンに並ぶ沢山の種類の中から3種類セレクト!(^^)!

なぜ、この場所でのランチになったのか・・・。
それは、普段皆さんが、仕事に忙殺されるような環境にいて、ゆっくり食事を楽しんだり、自分のためにゆったりする時間を過ごせない環境にいらっしゃるメンバーだったからなのです。これもシンクロニシティーですよね。 普段忙しくしている皆さんへの天の計らいだったみたいです(*^_^*)
コース受講も自分のための時間ですが、美味しいものを頂いて、みんなと沢山笑って楽しく過ごす時間は、身体に入っている力を抜いて、自分の内側にスペースをもたらしてくれることを思いださせてくれます。程よくリラックスが大事ですものね!

時間的に忙しいときほど、自分の内側にスペースを見つけで、過ごすこと大事ですね。
そのスペースが、気づきをもたらす助けになりますよ(*^_^*)

ソースのハート模様がお皿ごとに全部違いました^m^
色や、数・形を変えて、楽しいプレートの出来上がりです♪

プチ旅行(*^_^*)

5日に、友人2人と水俣に日帰りプチ旅行してきました。

水俣に到着して、最初に向かったのは、お友達オススメの古民家を改装してオープンしている手打ち蕎麦のお店。
次から次にお客様がいらして、1時間くらいしてやっとテーブルに着けました^m^
注文してからお蕎麦を打つので、それから30分くらいまた待ちます。
普段なら、並ばなくてもよいお店にすぐに移動してしまうのですが、今回は、しっかりと並んで待ちました! 時間に制約がないので、たまには、待つのもいいものですね(^^ゞ
待つ時間もご馳走なのですよね。
営業は、14時30分頃までなのですが、既に品切れになるメニューも(・o・)
おろし蕎麦は、冷たくて、自然薯も粘りが強くて、のど越しつるつるです。大きなサイズの卵焼きも、ふわふわ柔らかく口の中で溶けてしまうくらいで、出汁も美味しく最高です!
長い時間待っても、いただく価値があります!

そして、お店を後にする時には、出発した時は小雨だったお天気も、太陽が顔をだしてましたよ。
風も爽やかで、柔らかな日差しの中、綺麗に咲き誇るバラの鑑賞。
ほとんどのバラの花に顔を近づけ、深呼吸して香りを堪能してきました(^^♪
風が吹く度に、ほんのりバラの香りの風に包まれて『幸せ~』な気持ちに。
一つ一つの花は、甘い香り、レモン系の爽やかすっきり系の香り、柔らかな香り、強い香りと様々ですが、合わさるとまた何とも言えない贅沢な香りです。
雨上がりのしずくが、花びらにのって、みずみずしい色と香りに満たされて幸せな時間でした。

バラにつけられた名前は、作者がその人を思って創りだしたものなのですよね。
花を見ながら、その名前の人は、どんな人なのか、想像しながら見ていくのも楽しいです^m^

潮風の吹く、海が目前の公園ですから、普段以上にバラのお手入れも大変ですが、そのお手入れに応えるかのように、美しい花を咲かせています。
やっぱり、愛は、大事ですね!
私たちも、まずは、自分で自分を愛し、自分の花を咲かせましょう(^o^)丿
あなたの咲かせたその花は、あなたの周りにいる人を、慰め、幸せな気持ちにしているはずです。

鹿屋のバラ園も満開を迎え、あと2週間ほどは楽しめるようですね。
まだの方は、お出かけしてみるといいかも(*^_^*)

1のパワー!!

連休もあっという間に終わりましたが、元気に毎日お過ごしでしょうか。
連休期間中はお仕事だった皆さんは、お疲れ様でした<(_ _)>

さて、私個人的には、今年の出だしはのんびりしていたのにもかかわらず、1月に新ボトルB111を使って、個人年も1で、なんだか1のエネルギーをひしひしと感じていたのですが、ここ最近になってさらに1のエネルギーパワー全開といったところです。
レベル2で数秘を学んだので、皆さん覚えていらっしゃると思いますが、ボトルは、ブルー/ディープマゼンタ、フィジカルレスキューのボトルになりますね。
そして、1は、1から9までの道のりを終え、次のステップ10の1+0=1でもあります。

まさに、その通りにステップアップのためにチャレンジが4月からスタートしました。
この先どうなることやらといった感じですが、目標を定めて、しっかり取り組みたいと思います!(口で言うのは、とっても簡単なのよね。)

お正月に桜島の月讀神社で頂いたお守り、“勝”と書かれた勝負のお守り。
見つけた瞬間、Yちゃんと二人で、「まずは“克己”よね~!」と揃って言っていました。
宮司様は、スポーツや受験にも“勝”ですよ、と言ってフォローくださったのですが、自分の内側をみると、“克己”しか思い浮かびません(^_^;)
面倒くさがり屋な私は、ついつい楽な方へと流され・・・。
これまでも、気になりながらもスタートを先伸ばしてきていました。
「でも、ここままじゃなんだか違うのよ」という、感覚に背中を押されて、一歩踏み出してみました。
さまざまな困難に打ち勝てるようにご祈祷されているお守りを目にするたびに、勇気が湧いてきます!
最終的には、自分で自分を信頼するしかないのですが、お守りの力を頂きながら進みます!

サロンのオープン以来、ずっと通っていらっしゃるクライアントの皆さんや生徒さんも、小さな成長を積み重ねて、人生の次の大きな舞台に向かってステップアップしている方が増えて、『みんな成長しているんだなぁ』って、嬉しくなります。

この春、新しく何かを始めた皆さん、目標達成目指して、頑張りましょう♪

目標がまだ見えない皆さんは、一生懸命毎日を過ごしていると、必要な時に目標が見えてきますよ。
既に、毎日を一生懸命、大切に生きるってことも、立派な目標ですけどね(*^_^*)

教室のカランコエが、次々にかわいい花を咲かせています。
私たちも、ぞれぞれ自分の花を咲かせましょう(^o^)丿

1のパワー
過去の記事を見る 12

タイミング

前回の記事に記載しました、声が出なくなってしまったときに、予約のご連絡をくださった生徒さん、あれから約1ヶ月後の2月初旬にコンサルテーションにいらっしゃいました。
そして、色々とお話ししていくうちに、「やっぱり、先月は、コンサルテーション受けなくて良かったかも(*^_^*) 今は、自分の内側も落ち着いてお話ししていることがよくわかるし、自分の気持ちもわかるけど、先月だったら、全然分からなかったと思います。」「やっぱり、タイミングって大事ですね~!!!」とのご感想^m^
まさに、コーラルとターコイズとの関連。
タイムラインのヒーリングと、個性化のプロセスとの関わり。
今回のこのタイミングは、ちゃんと自分の人生を歩んでいるって証拠ですね。
正しい時に、正しい場所で、正しいことをしている。それがシンクロニシティ(共時性)。

2月のレベル1を再受講なさった、生徒さんも「このタイミングで受けるようになっていたんですね~。今だから分かることや、今、必要なことが沢山ありました」とのこと。

そして、3月1日の午後にご予約くださっていた生徒さん。コンサルテーションを受けて、天使とハートのキーホルダーも作成なさったのですが、コンサルテーションが終わったのが、17時過ぎで、休憩のあと、キーホルダー作成をスタートしました。
3月1日の17時、実は、うお座で新月でした。
ボイドタイムを避けて、新月の願いごとに、もっとも効果があるのは最初の8時間、そして遅くとも48時間以内に願いのリストを作り新月のお願いごとをするとよいと言われていますね。
(ご参考までに、魚座には依存症傾向から解放されたいときに力を貸してくれるようです。)
生徒さん、コンサルテーションが終わり近くになってきた時には、これから先の目標を見出すことができて前向きな気持ちに切り替えが出来つつあるようになっていました。
その目標は、さらに成長するために設定されていて、とってもポジティブなエネルギーを持っていました。
そして、作成したキーホルダーは、ハートと天使。
その目標を応援するサポーターの天使と、思いやりと暖かさを象徴するハート。
なんだか、とってもわくわくする出来事です。
『このタイミングにしよう!』と、計画を立てたわけではなく、自然とそうなって起こった素敵なタイミング。
新月のこのタイミングでの、この目標は、達成されることでしょうね!(^^)!

ここ最近のこれらの出来事は、自然と流れに沿って、無意識的にしても必要なタイミングの中で動いていることが確認できて、まるで神様が、コンサルテーションにいらしたり、受講なさった皆さんに「今は、今の感じで心配しなくても大丈夫よ~。」って教えてくださっているようです。

みなさんの明日が、穏やかで幸せでありますように。

タイミング 水仙

今年はどんな年?

2月も半ばというのに、“今頃!?”な話題で、ごめんなさい(^^ゞ
今年は、お正月明けから、約2年ぶりに本格的な風邪をひき、寝込んでしまい、その後もなんだか体調がすっきりしない状況が続いていました。結果、気持ちも奮い立たず・・・な状態でした。
部屋には、ウィルス対策にティーツリーや、ペパーミントの香りをくゆらせながら、気持ちをしっかり落ち着けて自己ケアに集中した1月。

インフルエンザや、ノロウィルス感染も拡大しているようですが、皆さんはお元気にお過ごしでしょうか。

なんだか2013年の年末は、慌ただしくて年の瀬もまったく感じないままだったのですが、年明け早々、体調回復のために久々にゆっくり過すことになり、感覚的に1月が12月で、2月の今が1月のような感じがしています。 なんだか太陰暦のペースで進みつつある最近です。太陽暦が体に合わなくなった?
しかも、5年ぶりに声が出なくなり、コンサルテーションのご予約の電話をくださった生徒さんに、ひどい声で対応してしまいました。(初めての方ではなくて幸いでした(^_^;))

そして、2月3日の節分に、照国神社でお参りを済ませ気持ちも新たに踏み出しました!!
このタイミングで、B111大天使ダニエルが入荷して、早速、使用開始!(^^)!
使い心地も、香りも最高です!
わたしには、チャレンジというよりも、ギフトの部分が多く、深い部分で穏やかになるというか、静かになる感覚があります。
そして、大天使ダニエルの役目のエネルギーと共鳴して、自分の内側の感覚が整理され、新たな目標設定とそこに向かうための行動を促し、必要のないものを整理する感覚があります。
やるべきことに集中する感覚。チャレンジすることのエネルギーを見出した感覚です。
(※ ボトルの使用感は、個人差があります。)
個人年も共鳴して、また1からスタートです!

さて、遅くなりましたが、毎年恒例のものを掲載しておきます(^^ゞ

【平成26年】

B26オレンジ/オレンジ

去年は平成25年でした。あなたが行動することに、意識を向け、愛と思いやりを持って行動することで、道が開けていく可能性がありました。ただ、すんなりといくとは限りません。時には、一見しただけでは障害と思う出来事やうまくいかないことにも出会うでしょう。でも、そのこと自体に囚われずに、そして諦めずに未来を見続け私たちそれぞれが自分を信頼して自分の責任において出来ることを精一杯取り組んでいくことが求められている年でしたが、いかがでしょうか。
そして、今年のB26は、ショックを吸収し、再び元通りにすることを助けるエネルギーを持つボトルです。
2011年には、大きな震災を経験し、多くの人がショックを受けました。さらには、近々大きな地震が発生する可能性があると研究者の方が注意喚起をされている現状です。
その他にも、去年の25の年を生きることで経験したことなど、私たち個人でも多かれ少なかれショックやトラウマになる出来事などを経験している可能性が高いのですが、このボトルはそんな時に、再びもう一度本来の自分に戻り、経験したことから気づきを得るための助けをしてくれるボトルです。
東日本大震災の際、多くの方々が助け合い、分かち合う姿を私たちは目にしました。人は、一人では生きていけないと言いますし、実際にそうですね。私たちは、精神的に自立したうえでお互いに協力し、助け合って生きくことが望まれています。これまでの社会は、地球から資源を搾取し、お金に換えて生きるという、地球に依存して生きてきました。これからは、搾取するのではなく、自然と調和して、循環させ、お互いに助け合い、支え合う人間本来の生き方に戻る時期に来ていることに、気づき、社会を変革していく時期に来ているのでしょう。そうすることができれば、それは、人類全体の満足につながっていきます。過去の経験から学び、怒りや恐れを手放し、今この瞬間に、自分の役目をしっかり果たして行きましょう。それが、もう一度宇宙全体の流れと調和した生き方につながります。あなたの役目は、あなたが取り組んでいて『好き』と感じられる物事です。心の軽やかさを感じられることです。
今、あなたが置かれている環境に、思いやりと暖かさを持って、行動してみましょう。今まで気づかなかった良さに気づいたり、新たな発見があることでしょう。

【普遍年・2014年】普遍年は、地球全体を覆うエネルギーを示し、西暦年の数字を足した数になります。2014年は、2+0+1+4=7

B7 イエロー/グリーン

今年は、去年6の年で経験した「自分にも他者にも愛をもたらす」ことの確認の年になりそうです。そして、自分の人生のプロセスを信頼すると。自分自身をあるがまま受けいれることができたかどうか。自分に愛をもたらすように、周囲の人にも愛をもって接することがでているかどうか。自分や他者をそのまま受け入れることで、そこに今まで見えなかったものが見てくる可能性があります。自分の中にあって目をそらしていた自分の質や性格、また、自分が関わった出来事などをありのままに受け入れることで、自分と関わった人たちの中にある美しさ、その出来事の意味に気づくことができる可能性があります。また、愛をもたらし過ぎて、自分が動けなくなっている状況に対しても、あるがままを受け入れることで、自分がどのようにすることができるのか、自分の感覚に従うことで、道を切り開ける可能性があります。今年は、自分の内側にある、不安と恐れを手放して、喜びと希望を未来に見出しましょう。自分のハートの中にある大切なことに従って、進んでみましょう。
不安な気持ちや迷いや恐れは障害を呼びますが、不安や、迷いを断ち切り、自分の大事なものに従って道を歩むとき、それは強さに変わります。障害と思っていたものや人が応援やサポートに変わります。もし、諦めていたことがあるなら、もう一度チャレンジしてみましょう。あなたの心が感じていることを大事にして従いましょう。自分の心で感じているものに素直に従うことで、自分はどうしたいか答えがはっきり見えてくるでしょう。

B7 イエロー/グリーン

お正月飾り

今年も一年、お世話になりました。
出会えた皆様と共に学び成長する機会を与えていだだきましたことに感謝いたします。
新年も、気持ち新たにまた学び成長できますように。

あっという間に、今年もあと5日ですね。
新年を迎える準備は、万端でしょうか(*^_^*)

先日作成した、しめ飾りをご希望の方にプレゼントしました。
基本の形は同じですが、使う花材とアレンジを少しずつ変えています。
「好きなものを選んでね」とお伝えしたのですが、選ぶしめ飾りに使っている花材のメッセージと、選んだ方が共鳴していて、改めて植物の持つエネルギーを再確認。
お花のメッセージをお伝えすると、「まさにその通り!」ってお返事が・・・(^_^;)
共鳴を目にするたびに、『クライアントの方々や生徒さんの為にも、自己ケアして、自分が一番いい状態でいることって大事よね』と思うのです(^^ゞ

下の段の左端と、真ん中は、まだありますので、30日までの間に取りにいらっしゃれる方で欲しいとおっしゃる方は、お知らせくださいませ。

それでは、良い年をお迎えくださいませ。
そして、素敵なお正月をお過ごしくださいね。
新しい年が、皆さんにとって実り多い年になりますように。

シェアリングデイご報告

12月12日、22日と、シェアリングデイが開催されました。
ご参加お疲れ様でした(*^_^*)
終了時間も軽くオーバーして、熱心な皆さんでした。
レベル1・2の復習の機会となり、自分自身を、そしてお互いをそれぞれを理解する機会になったことと思います。
この機会が、これからの活動の助けになりましたら幸いです。

コース中は、両日とも楽しく、笑顔の絶えないコースとなりました。
ランチタイムやティータイムは、もちろんコース中も、沢山のことをシェアしあって、有意義な時間を過ごすことが出来ました。
それにティータイムは、ストレッチ講座のおまけつき^m^
皆さん、続けていますか~!
クリスマスプレゼントも喜んでくださってありがとうございます<(_ _)>

一緒に時間を過ごし、シェアできたことに感謝します。
また、お会いしましょう(*^_^*)

愛と感謝をこめて

愛着

12月中旬にサンキャッチャーとキャンドル作成にいらしたお二人。
キャンドルは、お取り置き分だったので、おひと方はイルカの夏っぽい雰囲気、もうおひと方は、聖なる夜を思わせる天使のキャンドルと、季節感も大きく違う作成となりましたが、寒い冬に、夏を思うのも楽しく、にぎやかで楽しい時間となりました(*^_^*)
また、参加者のうちのお一人は、サンキャッチャー作成は2回目。
前回作成して、『かわいいのでプレゼントにするかも』と再度ご参加くださいました。
でもでも、出来上がると、思いを込めて一生懸命作った分、愛着がわいちゃうんですよね。
プレゼントにするかどうしようか、迷う程です^m^
そして、出来上がったキャンドルも、「勿体なくて、すぐには火をつけられない~」と…。
「しばらくそのまま眺めて楽しんでから、火を灯して楽しみます!」って
手作りの作品には、作った人の思いがこもりますよね。
思いたが沢山つまったサンキャッチャーとキャンドルで、寒い冬も、暖かな気持ちですごせますね(^_-)-☆
日差しが恋しい時期ですが、太陽の輝く光を沢山浴びてお部屋にできるキラキラ光る虹を見て充電したら、お二人から幸せの光を放ってくださいね(*^_^*)

個性

12月1日は、イオンモール鹿児島店内、ジュウジヤカルチャーセンターのイベントでした。
イオンモールが23日にリニューアルオープンしたばかりで、すっごい人出(^_^;)
カルチャーセンターの教室は、これまでと変わらず、静かなエリアにあって落ち着けます。
午前中は、ナチュラルフラワーアレンジメントでクリスマス飾りの作成、午後からは、オーラソーマコンサルテーション。

お友達同士でのご参加で、花材は、同じなのに、出来上がりは違う形(*^_^*)
花材のもつ自然なカーブや太さの違いを活かすのは、私たちが自分の質を知って“どのように使うか”ということと同じ。
そして、その結果が違いを生み出すということが、作成を通してよくわかります。

また、アレンジする際に、何を意図するかによっても結果は違ってきます。
テーマが違えば、素材の活かし方も変わりますし、思いが素材に伝わります。

そして、出来上がった作品は、それらが形になって表現されます。
面白いくらいに、“アレンジした人らしさ”が、作品を見ると確認できます。
内側にあるものが、外側に表現されるし、投映されます。

参加者それぞれが、沢山のことに気づかれた、楽しい時間になりました。

ナチュラルフラワーアレンジメント、そして、オーラソーマコンサルテーションにいらしてくださった皆さん、ありがとうございました(*^_^*)<(_ _)>

お友達同士でご参加の方々の作品
玄関に飾って、香りを楽しまれるそうです(*^_^*)

いよいよ師走!!

レベル1のコースもとっても楽しく、無事に終わり、11月の暖かいうちに1年の感謝をこめて大掃除をしようと思ったとたんに、急に寒くなったある日。
ふと、外を眺めたら、綺麗な虹がかかっていました(^o^)
気温も低く、霧雨が降っていたので、空気も浄化されて色もクリアー!
両端は、城山の麓から、桜島フェリー桟橋あたりに繋がっていて、着地点まで、はっきり色が見える珍しい虹でした!(^^)!

城山の麓まですぐそこなのに~!! 歩いて向かっているうちに消えちゃうのが残念(^_^;)

冷たい澄んだ空気を吸って、気持ちもリフレッシュ! 心はワクワク♪、心も身体もホカホカに暖まりました。 虹のパワーは、強力です^m^

みなさんにも、虹のパワーが伝わって、ワクワク、ホカホカ幸せが伝わりますように(*^_^*)

贅沢な時間

ナチュラルフラワーセラピーのお話しです。 オーダーを頂いたオーストラリアに咲く固有種のプリザーブドフラワーを使ったアレンジメント。

ご希望は、優しくナチュラルな感じの色味ということで、パステル系でまとめ、アクセントにオレンジを使用。 オーダーをお受けする際に、沢山のお話しを聞かせて頂きました。

オーダーをくださったお客さまのことを思いながら、助けになってくれるお花を選んで、アレンジメント。

ハサミを入れるたびに、ユーカリとティーツリーの爽やかな香りが立ち上ります。
アレンジメントしながらアロマセラピーも!(*^_^*)
それに一生懸命に咲いている姿を見ているだけでも、元気をもらえます。
ご注文のお花なのに、私も心地よくアレンジさせて頂き申し訳ないくらいです。
沢山の種類のセラピーを同時に受けているような贅沢な時間です(*^_^*)

オーダー、どうもありがとうございました<(_ _)>

お花のパワーが届きますように(*^_^*)

【今回の花材】
バンクシア、デイジー、ティーツリー、ユーカリ、プッシーテール・ドライアンドラ・カシフォリア

お土産話し

急に気温が低くなって、東日本から北海道では、平年よりも早く初雪が降ったようですね。
体調管理に気をつけて、元気に過ごしましょう!
さて、時を遡って9月下旬のお話しです(^^ゞ
関東に住むボランティア仲間でもある友人が、東日本大震災の被災地を巡る旅に出かけたので、その時の、様子をシェアしてもらいました。

現地の方と会話をして初めて知ることや、被災地といわれる地域で生活される方々の思い、現状、今必要とされていることは何かなど、TVでは、放送されない話しを沢山シェアしてもらいました。

アロマセラピストとして活躍している彼女だからこそ、感じたことや思いなど、聞いていて共感することも多く、また、私自身学ぶことが沢山ありました。

ボランティアは、日本語では、奉仕となりますが、オーラソーマカラーケアシステムでは、一般的な認識の“奉仕”という意味以外に、もっと重要な意味がありました。
そのことに関連して、プラクティショナー、コンサルタントとして、とても大切なことを再度確認させていただく内容となりました。
詳しくは、シェアリングデイでお話ししますね。( シェアリングデイの詳細はこちらから

私たちが、どんな姿勢と思いで、クライアントと接していくことが大事なのかを深く考えさせられる内容で、それを現地の方からお話しを聞いた彼女と、沢山の話しをしました。

クライアントは、見ず知らずの私たちを、信頼して、自分の内側をオープンにして分かち合う機会を提供してくださいます。

オーラソーマカラーケアシステムは、無理強いしないシステムです。
もう一度、クライアントと接するときの姿勢を確認してみましょう。

ひでぼー天使の詩

心惹かれた絵本の紹介です。
北海道に重度の障害をもって誕生したひでぼー。耳が聞こえず、声が出せなくて、歩けなくて、口から食べることができなかったひでぼーが、心の中で詩を作り、その歌をお母さんが心で受けとめるように、いつのころからかなりました。
その詩は、純粋な宇宙意識のような、暖かく、深く、じんわりと心に響きます。
ひでぼーは、親神様からのメッセージを、私たちに伝えているようです。
そして、約9年間の命、お母さんの辛い看護の中で、ひでぼーから、お母さんが教えてもらったことは、「人が当たり前にしていることの有難さと、一人一人の人が奇跡の中にいあかされているのだという、命の神秘と尊さだと、あとがきに記しています。

絵は、葉 祥明さんが描かれていて、とても優しく、ひでぼーの詩と、葉さんの絵が心に響きます。

夜長の季節、静かに感じてみてはいかがでしょうか。
ひでぼーの笑顔から、皆さんは何を感じるのでしょうか。

書籍の印税と、売上金の一部は、世界の子供の基金などに寄付されます。

書籍名:ひでぼー天使の詩
著者:橋本理加
発行:明窓出版株式会社
価格:1365円(税込)

過去の記事を見る 1 2

ありがとうございました <(_ _)>

2013年8月末で、これまでお世話になった産経学園 旭屋カルチャーセンターが鹿児島イオンモールのリニューアルに伴い、閉講となりました。
これまで、受講された皆さん、スタッフのみなさん、大変お世話になりました <(_ _)>
受講された皆さんとは、今でも繋がっている方が多く、大切なご縁を頂いたことに感謝したします。
また、カルチャーセンターの講座や、コンサルテーションのイベントを通して、沢山の方とお目にかかれ、関わる機会を提供してくださったとこに感謝いたします。

旭屋カルチャーセンターのスタッフの皆さんは、毎回笑顔で迎えてくださり、心地よく対応してくだるので、訪れるのが楽しみでした。
長くお世話になっていると、担当してくださるスタッフの方が次々とご結婚されたり、嬉しい出来事もありました。(*^_^*)

これは、最初のころからずっと担当してくださったスタッフさんから頂いた手作りのアイピロー。
中身は、小豆が入っていて、夏は冷蔵庫で冷やして、冬は電子レンジで温めたりと、季節や身体の状態によって使い分けられる優れものです。
また、疲れ目の時は冷やしたり温めたり、凝った肩や冷えたお腹には温めて使ったり・・・。
使っていると、担当スタッフさんの優しさまで一緒にじんわりと伝わってきます(*^_^*)
そして、教室の設営や片づけをしながら、色々なことを沢山お話ししたことなどが思い出されます。

スタッフの皆さんが、ますます幸せで明るく毎日を過ごすことができますように。
そして、これから関わることになる方々も、ともに幸せになりますように。

思いやりのある素敵なスタッフの方々と関わり、仕事をさせて頂けたことに感謝いたします。
ありがとうございます(*^_^*)

過去の記事を見る 1 2

手放し

手放し・・・“ただそこにある”と、受け入れること。
忘れることとは違う。
忘れることとは、心を亡くすこと。
忙しくても、心を亡くす。
囚われないこと。

過去に経験したことは、無かったことにはならない・・・。
忘れることは、その時の自分を亡くすこと。
過去の経験は、これから歩む人生の栄養になるもの。
その時に、しっかりと心で感じることができたから、
今に続いているもの。
でも、過去に囚われるのとは違う。
過去の奴隷になって、今を失わないこと。

過去の経験があるから、今の自分が在る。
でも、過去の自分とは違う自分。
今を生きましょう!

カルマとダルマ

教室のカランコエ、今まで日当たりが弱く、間延びしちゃってかわいそうだったので、花が終わった頃を見計らって、挿し芽&切戻しして植え替えをしました。
最近、放置ぎみだったので、根っこも窮屈だったみたい・・・(^_^;)
これは、カルマ。原因と結果。

挿し芽&切戻しして植え替えをして一週間で、立派な芽をだし、その後、驚いたことに、たった3日間で、双葉のような幼い芽は、しっかりと成長して4枚も葉をつけ、さらには他にも新たな芽も伸ばし始めました。

カランコエを見ながら、「することを、どのように行うのか」という、ダルマについて思いました。

どのようにカランコエを育てるか。
必要な時に、水と肥料を与え、適切な日光をもたらすために、よく見ること。
そして、大事に育てたいという愛をもたらすこと。
それは、こちらの都合に合わせるのではなく、カランコエの質を知り、その質に適切に適切なものをもたらすこと。
そうすると、ちゃんと結果が出てくるんですよね!

自分や子供を育てるもの同じです(*^_^*)

今この瞬間

今年も、錦江湾サマーナイト花火大会終わりましたね。
毎年、花火大会が終わると、「夏も終わり・・・」と感じます(*^_^*)

花火をみて、いつも思うこと。
花火は一瞬だけ。
だけど、一瞬に変化するから美しくもあるもの。
写真に撮った花火も綺麗だけど、実際の花火のほうが、やはりさらに美しいと感じます。
花火師や、打上げ師や関わった方々の思いも一緒に輝きます。

その瞬間、精一杯に花を咲かす。
その瞬間に、精一杯輝く。
ただその瞬間に集中する。火の要素。

でも、集中しながらも、自己同一化しないことも大事でしたね(*^_^*)

皆さんは、打上げ花火を見ながら、何を思いましたか?

2013/5/20

やさしいハンカチ展

先日、ウェブサイトで知った、「やさしいハンカチ展」を見に行ってきました!
東北の子供たちの描いた絵を基に、デザイナーの方たちとコラボして、カラフルなハンカチが出来上がっています。
販売収益は、東日本大震災の被災地の子供たちが主体となって使い道を考え、被災地の未来の為に役立てられるとのことです。
何よりも、被災した子供たちが主体となって、使用されることが素敵です!
今回展示されている作品数は、一部ですが、展示作品以外のものも即売もされていますし、ネット販売もされています。
寄付も色々な形がありますから、自分の思いに沿った形でできるといいですね。
鹿児島での開催は、5月17日~5月22日 マルヤガーデンズ4Fガーデン4会場にはすべての作品が搬入されているわけではありませんので、確実にご購入されたい方は、ネットショップでご購入されたほうが確実です。

ネットショップ
http://handkerchiefs2.jagda.org/
または、
http://shop.jagda.org/group.php?id=3
両サイトとも画像をクリックすると購入画面になります。
やさしいハンカチ展の詳細
http://www.jagda.org/information/jagda/1627
JAGDAについて
http://www.jagda.org/about/

欲しかったものが、ネットショップ販売のものも多くて、4枚だけ購入してきました(*^_^*)。原案を描いた子供たちのことを想い、それをアレンジした会員の方の気持ちを想うと、なんだか幸せな優しい気持ちになれるハンカチです。

2013/4/22

マイクからのメッセージ

When you look at anything do you see what's right or what's wrong?
Do you view the world from the view of how you would like it to be or how it is?
Do your expectations or ideals leave you disappointed in what you see?
The three questions as the moon grows, letting go. The star child needs to let go, 20 13
Love mx

18日にFace bookにUPされたMikeのメッセージを、お友達ティーチャーの有希ちゃんが、下記のように訳してUPされていたのでシェアしますね。

物事を見るとき、善悪で見てはいないか?
世の中を見るとき、期待から見てはいないか?
希望をあきらめの中に置き去りにしてないか?
月が満ちるとともに手放すことができるもの。スターチャイルドが手放しを待っている。 20 13
Love mx

Yes, I do.

21日の勉強会での共通テーマは、まさにB59でした(^_^;)
シンクロしてますね~^m^
B59の色の組み合わせを上下入れ替えるとB61。
サナトクマラ&レディーヴィーナスクマラ。
上にあるものは、下にもある。
外側に起こっていることは、自分の内側の反映である。
自分の内側にあるものが、外側に現れる。
だからこそ、ジャッジされないためにもジャッジしない。
自分をジャッジする人は、他人からのジャッジを呼ぶことになります。
すべてがそうだとは限りませんが、多くの困難は、自分が作り出していることも多いもの・・・。
そして何より大事なことは、B59とB61両方にピンクが入っていること。
あるがままを受け入れて、ジャッジを超えて明晰性を持ってみるときに、識別することができます。

私たちは、物事を見るときに、こうであって欲しいと期待をしたり、こうありたい自分に目を向けていると、現実がそうではない時には、失望感を生み出し、やがて困難を生み出します。
それは、オリーブの苦みにもなります。
また、物事をありのままに見ることができませんから、識別することが難しくなります。

そして、そのうちに困難によって、諦めるようになり、それがパターン化されていきます。

もう、その繰り返しは、終わりにしましょう。
いま、手放すときです。手放して、自由になり、今を生きましょう!

皆さんは、Mikeのメッセージに何を感じましたか?

2013/4/18

9の年

レベル2でヌメロロジーを皆さん勉強されたと思いますが、誕生数だけでなく、個人年を出すことができることを以前開催したシェアリングデイでシェアしました。
今年の、私の個人年(パーソナルイヤー)は、18で9の年。
B18エジプシャンボトル:潮の変わり目
私にとっては、今年は、次のレベルへのステップアップのための整理の準備の時期のようです。
本当にこの数字のもつエネルギーそのものの経験を去年の夏くらいから経験し始めました!
色々なものを整理したくなったり、ここ10年くらいご無沙汰していた人たちから次々と連絡が入るようになったり・・・。 その連絡は、私の中で、なんだかこれからどのような関係性を持つかの確認作業のような感じです。自然と離れていく人、その連絡を機会に交友の深まる人と、本当に自然と選択されていく感じです。
先日のMike氏のコースでも、まさに10年ぶりくらいの再会があり、交友が深まりました。
そして、新しい経験として、先日、TVの収録がありました。ラジオで声だけの出演はあったのですが、映像まで!(ビックリ)
スタッフのみなさんのチームワークが素晴らしく、仲の良さが伺え、撮影の間だけですが、一生懸命に仕事に取り組むスタッフのみなさんの仲間に加えていただき、リラックスして雰囲気を楽しむことができました。
好きなことを仕事にできる幸せ、そして、している事を好きになることの大事さを改めて実感した時間となりました。
まだまだ、私個人の整理と準備は続きます~!!!
放送は、KKB鹿児島放送 4月20日(土)9:45~ ぶらナビ です(*^_^*)

2013/4/18

新幹線で福岡へ!

4月に本校校長のMike Booth氏のコースに参加してきました。
会場も素敵なところで、内側の静けさと共に穏やかな時間を過ごすことができました。
今回は、In This Momentというコースでしたから、今ここに在るために、真の自分自身と繋がるワーク中心のコースでした。

コース終了後は、久しぶりに会う福岡の友人とディナーを楽しんだり、お買いものを楽しみました♪
東京から参加された、お友達のティーチャーさんとも思いがけず嬉しい再会を果たしました^m^

2013/3/21

嬉しい出来事

これまでも、卒業生の皆さんが活動をしていましたが、今年に入ってから、本格的に活動を始め生徒さんがさらに増えて嬉しいです!(^^)!
これまで、勉強会に熱心に参加されて、練習を重ねて内側で準備が整った生徒さんが、羽ばたき始めます!

今まで、オーラソーマコンサルテーションを受けたことのない方や、知らなかった方々が、コンサルテーションを受ける機会も増えることと思います。

関わることになる皆さんが、幸せに自分らしく自分の人生の歩みを進めることが出来ますように!

画像のアレンジメントは、栃木県に住む友人が作成してくれたものです。
東日本大震災の後、福島県寄りの地域の為に放射能の対応や、色々と考えることも多い2年間だったはずなのに、夢をあきらめずに頑張り続けた彼女。
家族をケアしながら仕事と勉強を続けて、ついに3月12日に、念願のお花屋さんをオープン!
「面白いお花屋さんを目指します!」って言う、ユニークな彼女。
伝えたイメージにピッタリなアレンジメントを作成してくれます(*^_^*)
彼女のアレンジメントからは、お花が好きなことが伝わってきて、受け取った人を元気にしてくれるのです。
きっと、彼女が持つ、希望を見いだして人生を切り開いていく芯の強さが作品に表れるのでしょうね。
『私も一生懸命生きよう!』と思わせてくれるのです。

2013/3/21

ハートエンジェル

2月末に私のハートエンジェルのボトルをやっと使い終わりました^_^;
長かった~。
ハートエンジェル、ガーディアンエンジェル、インテレクトエンジェルと、3天使に一生サポートして頂くわけですが、気づけばいたるところ、あちこちで今までもサポートを受けていたことに驚きます。

修行のために、生まれてきていることを実感。 勉強は、どこまでも続きますね~!

ハートエンジェルボトルを使っている間、ハートエンジェルのエネルギーに焦点を合わせながら、自分が関わることに意識をもたらす。 そうすると、避けたいような状況でも、冷静に落ち着いていつもの自分らしく対応できることがしやすくなりました。 お蔭様で、ギフトとして受け取ることが出来ました(^^ゞ 感覚的に、一山超えた感じが・・・(笑) といっても、一生サポートして頂く天使ですから、その修行は一生続くわけですが…^_^; サポートくださる沢山の天使と、お護りくださる存在に、感謝!!!

2013/3/21

2月の幸せ

3月も下旬になりましたが、2月に感じた幸せ・・・。^_^;

2月のとある日、アーケード下のバス停でバスを待っていると、すぐ目の前に真っ白い羽根がふわふわと落ちてきて、なんだか幸せな気持ち(*^_^*)
風が強い日だったのに、その羽根だけは、ゆっくりゆっくり、ふわふわと優しく落ちてきました。
サインをしっかり受け取って、なんだか、益々とっても暖かい気持ちで過ごせる毎日。
世界の動きは激しくて、自然環境も気がかりではあるももの、毎日を恙無く(つつがなく)穏やかに過ごせることに感謝。

そして、ある夜、とっても大きな虹を夢の中で2回も見ちゃいました!
朝起きてからも幸せな気持ちのまま今も続いています♪
とても美しくて、夢の中でも写真を撮っていました(^^ゞ
カメラに収まりきれないくらいの大きな大きな虹で、夢の中で感動!(^^)!
不思議な夢・・・。

後半は、レベル2のコースで楽しく過ごしました♪
生徒さんのお誕生日と1歩前へ踏み出したお祝い。
生徒さんが、変容していく姿を拝見できる幸せ。
生徒さんからシェアして頂く幸せ。

幸せの輪が伝わって広がりますように・・・。

2013/1/18

アスチルベ

先日、お花屋さんで、ピンクの可憐な小花の花を見かけて購入しました。
名前は、アスチルベ。
由来は、ギリシャ語の「a(欠く・無い)」と「stilbe(輝き)」で、「輝きが無い」とい意味からきていて、花のひとつひとつが小さくて地味で目立たない花ということのようです。
自然では、写真の切り花状の花の房がいくつも密生して、優しい雰囲気のとてもかわいらしい花です。

名前の由来は、「地味で目立たない」からきていたとしても、花自体は、そんなこと関係ないのですよね(*^_^*)
ただ、一生懸命咲いているだけ。
一生懸命に咲いているアスチルベを見ていると、とっても安らかな優しい気持ちになります。
花言葉は、「恋の訪れ」、「繊細」、「控えめ」、「優雅」、「消極的なアプローチ」、「自由」、「気まま」、「心のまま」。
「繊細」「控えめ」「消極的なアプローチ」は、姿から、感じられますね^m^
ガツガツしていない雰囲気から、「優雅」なのかしら?
アスチルベの、ふわふわとした、風になびく感じから「自由」「気まま」、何にも縛られないという意味で、「心のまま」かな(^_^)

今回は、ターコイズに近いブルーで色づけされたカスミソウと一緒に飾ってみました。
ちなみに、カスミソウの花言葉は、「感謝」、「切なる喜び」、「清い心」「無邪気」などです。
B34ヴィーナスの誕生(ピンク/ターコイズ)カラーです(*^_^*)
自分と繋がり、自分の感覚を信頼して、「恋の訪れ」のような、思いやりと暖かさを注ぐことのできる、あらゆる事柄、人と多くのご縁を繋いでいきたいと思います。

このタイミングで、昨日17日には、大きな虹が出ていました!(^^)!
全てに感謝…。

P.S.ターコイズブルーのカスミソウは、咲いてきてホワイト(クリア)に、純化されつつあります^_^;

2013/1/8

2013年はどんな年?

寒中お見舞い申し上げます。
今年がみなさんにとって、
健康で歓びに満ちた年でありますように。
楽しく、元気に前進していきましょう♪

皆さん、穏やかなお正月を過ごされましたでしょうか。

さて、今年始まったばかりということで、色と数字のもつ普遍的なエネルギーを通して、これまでの経験を整理しつつ、今年をどんな年にしていくことができるか、全体的なテーマを探求してみましょう。
過去の経験は、未来のための栄養になります。未来に向かって、歩き出しましょう!
勿論、これは4本のボトルを選んでコンサルテーションした際の個人的なボトルとの解釈とは異なりますから、自分にとってはどうなのか、自分の内側で自分に問いかけてみてくださいね。

【平成25年】
B25パープル/マゼンタ

24年に引き続き、私たちが本来の「人間」として自然、動物、地球と調和して生きる生き方に立ち戻る時。そして、自分らしく本来の自分の人生を生きる時に来ているようです。
物質的な満足の為だけでなく、私たちが生まれてきた目的使命に対して責任を果たす、そしてそれを実際に行動していく時期に来ているようです。
また、私たち各個人がどのような役目を担ってきたのかを思い出す機会でもあるでしょう。
過去は過去としていったん整理して、これから自分の持つ質をどのようにもたらしていくのかを自分に問いかけ、前を向いて歩きだす時です。自分の一歩は、とても小さな一歩かもしれませんが、それが大きな一歩に繋がることに気づくかもしれません。その一歩が自分も周囲も幸せにする一歩になるでしょう。
あなたが行動することに意識をむけ、愛と思いやりを持って行動することで、道が開けていく可能性があります。ただ、すんなりといくとは限りません。時には、一見しただけでは障害と思う出来事やうまくいかないことに出会うでしょう。でも、そのこと自体に囚われずに、そして諦めずに未来を見続け私たちそれぞれが、自分を信頼して自分の責任において出来ることを精一杯取り組んでいくことが求められているようです。どのような未来にしていくのかは、私たち一人一人の役目をしっかりと果たせるかどうかに係っているのでしょう。
そして私たちが自分の内側としっかり繋がり、自分の人生を生きる時、それは気づいていなくても、誰かの、何かの役に立っているはずです。

【普遍年】普遍年は、地球全体を覆うエネルギーを示し、西暦年の数字を足した数になります。
2013年は、2+0+1+3=6
B6 レッド/レッド
2012年は5の年で、多くの経験とチャレンジの年でした。そこで経験したことにより、傷ついたり、エネルギーを使い過ぎてうまくいかなかったりしたこともあったかもしれません。2013年は、そんな状況にバランスと調整をもたらす年になるかもしれませんね。6の数字が持つキーワードは、調整、調和、バランス、愛と美です。平成25年のエネルギーと重なりますが、愛と美ということで、愛にも焦点が当たっています。競争や拒絶するのではなく、愛をもたらすこと。現実社会に生きている私たちにとっては、難しいチャレンジかもしれませんが、愛をもたらすことで平和が訪れます。愛をもたらすとは、相手に何かすることだけではなく、そのまま受け入れることでもあります。何かの状況や、誰かをそのまま受け入れる。そうすると、そこに今まで見えなかったものが見てくる可能性があります。また、やり過ぎないことも大事です。自己満足のために与えていると、相手をよく見ていないために、相手には必要のないものを与えていて、相手に迷惑になっていたり、相手を思い過ぎてやり過ぎると、自分が疲れ果ててやがては怒りに変わります。何事にもバランスが大事です。相手をありのまま受け入れ、その人が必要としているものだけを差し出しましょう。社会的にも、調整やバランスを取ることが必要な動きになるのかもしれませんね。そして、ここも平成25年のエネルギーと重なりますが、本来の自分に目覚めて、自分が果たすべき使命と目的を果たしていく時期に来ているようです。マヤ歴でも新しいサイクルの時代が始まりました。これから、私たちが宇宙と自然と調和した生き方、皆のためによりよくなるようにという生き方にシフトする時がきています。 本来の自分自身に目覚め、新しい人生を生きる時。今という瞬間に目を向けて、今できることを精一杯取り組んでみましょう。

2012/12/28

今年もありがとうございました!

2012年締めくくりのコースの、シェアリングデイも無事に終わりました。
ご参加されたみなさん、お疲れ様でした。楽しく開催することが出来ました、ありがとうございます!
お久しぶりのあなたも、毎月お目にかかるあなたも、締めくくりのコースで、元気な笑顔に会えて嬉しく思います!(^^)!
クリスマス前後だったこともあり、ティータイムでは、プチクリスマス会(*^_^*)

ケーキ選びをするのに、じゃんけん大会開催で、人数多くて、なかなか順番が決まりませんでしたが、コース合間の気分転換に最適でした♪
そして、食べている間は、とっても静か(笑) すべてに真剣です!^m^

今回のシェアリングデイも2回とも、皆さん予定時間を軽くオーバーして夜まで一生懸命に取り組まれ、とても頼もしく思いました。

皆さんが、得た知識をこれまでに経験から学んだことを通して、これからまた多くの皆さんと分かち合うことが出来ますように(*^_^*)

2013年も、楽しく共に学び、成長しましょうね♪

2012/12/6

クリスマスリース♪

急に寒くなりましたね。
皆さん風邪など召されていらっしゃいませんでしょうか?
今年は、爆弾低気圧の発生回数も多く、荒れ模様の天候が繰り返し襲ってきています。
寒さに負けずに、元気に過ごしましょう!
さて、12月に入り、なんだか世間は慌ただしくなってきました。
そんな慌ただしさの中、温かくホッとする雰囲気でクリスマスを過ごせそうなクリスマスリースをみなさんが作成しました(*^_^*)

使う花材もみんな違って、デザインも勿論様々で、楽しくなります♪
それぞれ、素敵なクリスマスを過ごしている様子が浮かんでくるリースになりました!
イメージを形にするのは、「最初はどこから手を付けていいのやら?」という感じですが、でも動き出したら、ちゃんと形になるんですよ(*^_^*)
そして、作成しながらも、素材をどう生かすか工夫をしたりしながら完成させます。
私たちの中にある質を、どのようにもたらすのかということと同じですね。
今回2回目の方は、初回と驚くほど変化していて驚きました!!!
アレンジする度に、何かに気づいているようですよ(^^♪

クリスマスリース作成アレンジは、あと2名様までの受付になります <(_ _)>

2012/12/6

地球を感じる その①

今年も残すところ、今月だけになりましたね。
みなさん、今年の目標を達成できそうですか?
1日が、「あっ」という間に過ぎていきますが、そんな中でも、大きく変化した方もいらっしゃるでしょうね(*^_^*)

さて、時を遡って10月は、研修でこんな景色をみました。
その一部をご紹介します(*^_^*)

まずは、9時間の飛行機移動。
成田を出発してからというもの、台風と気流の影響で、ずっと揺れっぱなしだった状態からやっと落ち着いた頃、着陸する約2時間前に機内から見た外の景色。
ブルー、イエロー、レッドの3原色。

飛行機の窓越しでしたが、とても美しくて、見とれてしまいました!
その後、また国内をさらに5時間飛行機移動となり、ここで既に国土の大きさにびっくり!
着いた先では、早速、様々な出会いがありました(^^♪

通常、家族単位で行動するので、あまり一度に沢山見ることは少ないそうですが、今回見かけたほとんどのカンガルーは、赤ちゃんカンガルーも含め10頭以上のグループでした。
朝、宿泊しているホテルのある街中を散歩中に、カンガルーに出会ったメンバーもいました。 ビックリしますよね!
写真に撮ることは出来なかったのですが、その他には、エミューにも出会うことが出来ました(*^_^*)

宿泊先のホテルに朝ごはんのおねだりに来た野生のカモと、オウム^m^

この野鳥は、夕方と朝やってきて、赤い花の蜜を吸っていました。優しいかわいい顔をしている鳥でした。

白とピンクのオウムもいるのですね。初めて見ました!!
この野生のオウムは、パース市内のキングスパーク植物園にいました。(ピンボケしてます(^^ゞ)

ここは、ユーカリの森。 ユーカリは、1000種類以上ありますが、この白い幹のユーカリはマリーで、黒っぽい幹が、カリー。今は、国立公園内ですからユーカリの伐採は出来ませんが、昔はパルプなどにしていたそうです。 右側の写真の奥には、落雷で斜めに倒れた幹から3本くらい新たなユーカリが成長しています。

ここは、何年か前にブッシュファイヤーが起こった場所。ブッシュファイヤー発生時には500℃を超すそうですが、ユーカリは表面だけ焼かれて、幹本体は枯れないそうです。(白い部分は、幹本体で、他の部分は黒く炭化しています。)凄い生命力ですね!

そして、焼き尽くされた大地からは、また多くの種類の植物の新芽が芽吹き、生き残ったユーカリの根元からは、新芽が伸び始め、新たなブッシュへと成長していきます。再生1年目、2年目とその年ごとに見られる植物も入れ替わりながら成長し続け、またある日ブッシュファイヤーが発生します。ブッシュファイヤーがある期間発生しない地域には、人工的に発生させて管理しているそうです。(国立公園内)

これは、国立公園内の高速道路沿いに設置してあるブッシュファイヤー危険度ランキング掲示板です。 研修期間中に訪れた国立公園は、すべてグリーンの安全レベルでした。夏になると、危険度が高くなりますから、要注意です!

今回の研修は、驚きの連続で楽しい経験となりました!
そして、地球の大きさと、強さと、美しさに感動!!!
地球も自然もとっても、不思議&大きすぎ(偉大すぎ)て、感動するばかり。
私にとっては、地球を感じることが出来る研修となりました。
研修参加も、予定外の流れだったのですが、その流れに乗ってみるのも面白いですね。
そして、参加できたことに感謝。
オーストラリアでしか見ることのできない動植物に出会い、地球の歴史を知ることのできた、充実した研修でした。

2012/09/26

芸術の秋!

台風通過後、急に涼しくなったと思ったら、あっという間に10月になりそうですよ^_^;
皆さんの秋は、どんな秋になりそうですか?
今回は高尚に芸術の秋をテーマにしてみたいと思います。
まずは、少しだけ芸術作品をご覧ください!(すぐ下の画像ですよ(*^_^*))

コース中の生徒さんとのランチのお好み焼きと、カプチーノ。
ちなみに、お好み焼きとカプチーノは、別のお店ですよ。
それにしても、美しい模様です。
貝のような模様で、見慣れたお好み焼きのビジュアルとは違います!
青のりと、削り節をかけたら、模様が隠れちゃうんですが・・・(^_^;) でも、ほんのわずかな時間でも、いつもと違うお好み焼きの雰囲気を、目でも見て味わうことも出来てお得な感じです。
見た目だけでなく、味も、とっても美味しいのです(*^_^*)

そして、カプチーノは、良く利用させて頂くカフェでのお楽しみ。
生徒さんがカプチーノを頼む度に、わくわくして待ちます♪
今回は、ウサギちゃんでした。
この絵を出来るだけ壊さずに、どこまで飲めるか、オーダー主は、皆の注目の的です。(笑)

あっ、芸術の秋の話しのはずが、食欲の秋になってしまいましたので、話しを戻します。
8月から、リニューアルした、オーストラリア・プリザーブドフラワーを使ってアレンジする、ナチュラルフワラーアレンジメントセラピーでは、これまでに多くの、トライアルレッスンを受けて頂き、とても美しいアレンジメントが出来上がっています。
皆さん、初めてとは思えない出来上がりの作品に、私も嬉しくなります♪

作品を作る前は、プレゼント用に作成するつもりだったのに、思いを込めてアレンジしたからこそ、出来上がった作品に愛着が湧いてきて、「プレゼントには別のものを用意して、これは自分用にします。」って、おっしゃって帰られたYさん・・・。

自然や植物が大好きで、花材をステム部分(茎部分まで)余すことなく全部使い切ったSさん。
感性が豊かで、お花と会話しながら見事にアレンジを仕上げました!

折角の作品ですから、全部お見せしたいのですが、これから皆さんが体験されるときのイメージを邪魔しないように、その中からほんの一部をアップで掲載しますね。

また、22日の産経学園 旭屋カルチャーセンター イオン鹿児島2Fでの、体験イベントにご参加くださった皆さん、ありがとうございました!
ご自宅で作品を飾り、花の香りと色、そして花自体がもつエネルギーに触れて、ドキドキわくわくを感じてみてくださいね♪

この秋、美しいものに、どんどん触れて、感性を磨きましょう!

2012/08/16

金星食

8月14日未明に、金星食を見ることが出来ました!
やはり神秘的ですね~。
カメラの望遠レンズで見る月は、またいつもの月とは違った雰囲気で、クレーターをうっすら確認できたときは、とってもリアリティがありました。
直接見ているわけではなくて、レンズを通して見ているのに、不思議な感覚ですけど(*^_^*)
なんだか、今まで絵で描く黄色くべったり塗る月ではなくて、衛星画像で拝見するようなクレーターの凸凹に、「おおっ」と感動しました(笑)
きっと、天文台で観察したら、金星の欠けてゆく様子をもっと細かくみることが出来たのでしょうね。

金星食

金星食のスタートは、月が出て30分程度しか経っていいませんでしたので赤い月でした。
次第にいつもの白い月にと思ったら、薄い雲がかかっていて、ほんのりと、ぼかしがかかったようになりました。

2012/08/16

残暑お見舞い申し上げます。

来週は、鹿児島湾の花火大会も開催され、終わると夏が終わった気分になりますが、まだまだ暑い日が続きそうですね。
夏バテされずに、元気にみなさんお過ごしでしょうか。

さて、こんな暑さにも負けずに、楽しく元気にレベル3が終了しました。
皆さんの感想が、『楽しくて、あっという間に6日間終わってしまった』ということでした。
コース中にも、気づきが起こったり、チャレンジを実践されて、自分の中でそれぞれ消化作業が進んでいきつつのコースで、参加者の皆さんの表情が活き活きと変化していくのを拝見でき、嬉しい限りです。
ゴールデンスレッドリーディングをしていくと、今までの自分の経験も整理できて、納得してスッキリ(*^_^*)

今回は、コース中に3回も虹を見ることもできました!(^^)!
それに、お誕生日を迎えられた生徒さんがいらっしゃって、プチ誕生会も開催。
受講生の皆さん、コース参加中お誕生日を迎えられる方は、自己申告なさってくださいね♪
皆でお祝いして、幸せをシェアしましょう!
「Kちゃん、お誕生日おめでとう!」
「一緒にお祝してくださった皆さん、ありがとう!」
参加された皆さんと、今ここをご覧になっている皆さんが幸せな毎日を過ごすことができますように♪

抹茶ムースとチョコレートクリームの和風ケーキ

皆で頂いた、抹茶ムースとチョコレートクリームの和風ケーキ。上に乗っているのは、栗と黒豆。
チョコレートと抹茶って合うんですね♪ とってもさっぱりしていて、美味しかったですよ!(*^_^*)

2012/07/12

優しい光

これまでのキャンドル作成のワークショップにご参加下さった生徒さんから送られてきた、キャンドルの優しい光を一部ご紹介します(*^_^*)

キャンドルから漏れる光も優しい雰囲気になります。

色々な表情を見せながら燃えるキャンドルの炎を見ていると、スッ~と心が落ち着いてくるのはなぜなのでしょうね。

作成するときに、想いを込めながら、一生懸命に取り組んだキャンドル。
出来上がった作品をみて、『次に作るときは、もっとこうしよう』『きれいな色が出せて満足』などと色々な感想を聞くことが出来ます。
でも、何はともあれ、自分の思いを込めて作った作品は、とってもかわいいし、愛おしいのです。(*^_^*)
火を灯した状態を想像してわくわくしながら、みんな、とっても大事そうにして持ち帰りました。
そして、家でその作品に火を灯すことは、自分の思いに光をもたらすこと同じこと。
これから歩む道にも優しい光がもたらされますように。
皆さんが、この優しい光のように、輝きますように。

2012/04/10

新田神社桜祭り

鹿児島は、5日が桜の満開宣言でしたね。
きれいなピンク色が広がっていて、見ているだけ幸せな気分になります。
お天気も良かった2日に一足早く、薩摩川内市の新田神社の桜祭りを訪れました。
JRと初めて乗る肥薩オレンジ鉄道を乗り継いでのお出かけです。
ちょっとした旅行気分を味わえました♪

肥薩オレンジ鉄道の上川内駅で降りて、そこから歩いて10分程。
調べたHP には、上川内駅から徒歩5分って書いてあったけど、ちょっと遠く感じました。

上川内駅から歩いていくと、手前に、可愛山陵(えのさんりょう)への登り口が見えてきます。
明治7年7月にニニギノミコトの墳墓と指定され宮内庁直轄で管理されているそうで、先ずはこちらからお参りです。

どこまでも続く長い階段。中央の写真の階段を登り切ったら、今度は左にまた階段が続いていて、登り切ったら次は右側に、そして、やっと頂上です。途中、大きな木が沢山あって、根も大きく張り出しているところもありました。木々の生命力と力強さを感じられる場所です。そして、とっても大きい何かに包まれている感じがして、爽やかな風も吹いて気持ちの良いこと!
階段200段くらいまでは数えることが出来たのですけど、きつくて数える余裕がなくなりました(^^ゞ
『多分400段超えるんじゃないかな』ってことでした。 こんどは、全部数えられるかな~^m^

昇っている途中で、社務所に繋がる筋から、宮司さんの飼い猫かしら?が出てきて、日向ぼっこ?
私が上り切るまで、階段の頂上付近でじっと待っていてくれました(*^_^*)
普段、運動不足の私を励ましに来てくれた?^m^

とってもかわいくて、人懐っこいネコちゃんです。
参拝者にもかわいがられているのでしょうね。

ネコちゃんの横と通り過ぎても、びくともしません。
まるで悟りを開いているようです。
それとも、日向ぼっこで、ほんわかしてるだけ?^m^

そこからあと少し階段を上ると、ついに可愛山陵です。
まだ、階段は続きます(笑)

上りきると、そこにはしっかり宮内庁の立札が・・・。
お参りをして、振り返ると、さっきのネコちゃん、まだそこにいました。

階段を下りて行って話しかけたら、「ニャン」って、返事をしてくれましたよ(*^_^*)

木々やネコに癒される贅沢な時間を過ごすことができます。

そして、階段脇の新田神社に続く道から新田神社へ。と言っても、脇道はすでに新田神社の境内です。

表参道から階段を上ってくると、入口の狛犬は、子だき狛犬(安産狛犬)です。
懐に、子犬を抱いています。
『安産を願って、狛犬の頭を撫でてください』と、案内がありました。
これから、ご予定の方は是非いらしてみてください。

この日は、お宮参りにいらしたご家族の方が、記念撮影をさていたので、神社の撮影は控えました。
実際に足を運んで、エネルギーに触れてみてくださいね。

御神木の楠の木も大木でしたが、とても沢山の大木が生えていて、森林浴もできます。

この階段を下る途中で、ランニング姿の男性に2度すれ違い、そのあともすれ違ったので、少しお話をしました。
この階段を週に3回くらい3往復半して体力作りをされているそうです。
夏は、木陰で涼しいしトレーニングには最適とか。
始めた当時は、上るのに10回くらい休憩しないと上れなかったけど、今は休憩なしで1時間くらいかけて3往復半されてトレーニングされているそうです。

階段を下り終えたら、降来橋(こうらいばし)と、二の鳥居が見えてきました。その先には、ほんのりピンク色の桜!(^^)!

まだ、7分咲きという感じでしょうか。
翌日の3日は、台風のような天気でしたが、自分の寿命が来ていない花は、風が強くても散らないそうです。
自分の使命を全う(まっとう)するんですね。
自然の摂理ですね。

どんな悪条件の環境でも、忍耐強く地に足をつけて、自分の使命を全うする。
花は優しくて美しいですが、その芯の強さが凛として見させているのでしょうね。
自然から学ぶことばかりです。

そして帰りも、上川内駅から肥薩オレンジ鉄道にのって、川内駅で乗り換えてJRで帰ってきました。
よく見ると上川内駅のホームに、新田神社まで徒歩15分の立札が・・・。
行く時に、歩いて5分の距離より遠く感じたはずです^_^;
早歩きの私で10分程かかりましたから、通常は15分くらいかかるかもしれませんね。
でも、気候もちょうど過ごしやすいこの時期、出会いもあって、歩いて出かけるのも楽しいですよ♪

次は、どこにお出かけしようかなぁ~。

2012/03/29

神秘的な春の夜空

天気予報で桜の開花の報告を聞ける時期になりましたね。
花屋さんにも、春の花が沢山並んでいます。
スィートピーに、チューリップ、桃、桜、モクレン、こでまり、等々、花屋さんにいるだけで、幸せな気分(*^_^*)

今回は、ガーベラと、チューリップ2種類で、玄関も教室も春になりました♪
いつも花持ちするデンファレがメインですものね^m^
やっぱり、花があると雰囲気が明るくなります。
優しいピンクと元気で明るいイエローで、心もほっこり暖かくなります。

桜も満開になる頃でしょうし、散策するのもいいですね~。

さて、そんな春の夜空で、イベントが開催されていました。
みなさん、ご覧になりましたか?
とっても神秘的できれいな夜空でしたね!

3月26日は、上弦の月が、ちょうど受け皿のような形になって、その上に金星、月の下に木星と西の空に1列に並んで見えました。
(こういう時に、きれいに写せる撮影技術が欲しい・・・腕磨こう^m^)
木星は、金星よりも、少し明るさが弱いですよ。

金星は、ヴィーナスや女神アフロディーテに象徴される愛と美を司っています。
月は、私たちの潜在意識と関係しています。
上弦の月が受け皿の形になって、私たちの内側で愛と美の光を受け取り、満月に向かってさらに豊かにしてきます。
自分の内側の美しさに気づく光でもあります。
そして、木星は、拡大するエネルギーの象徴。
受け取った愛と美を、世界に向かって表現していきましょう!

実際の天体ショーは、神秘的で圧倒される美しさ。
やっぱり、プラネタリウムでみるのとは全然違います(^^ゞ
寒かったから、1回で長時間は見ることができなかったので、何度も見に外にでて、楽しみました。
こんな時間を持つことができると、心が豊かになりますね。

みなさんのハートが、愛で暖かく輝きますように。
その光が、周囲の多くの人を暖かく照らしますように。
Love&Light

2012/03/29

カラフルなキャンドル♪

先日開催した、キャンドル作成のワークショップ。
楽しく色の勉強をしながら、思い思いのキャンドルを作成しました!
作業中も、みなさんそれぞれ“自分らしさ”を発揮されていて、出来上がるまでのプロセスにも、出来上がった作品もしっかり自己表現されていました。

多くの人は、“自分らしさ”をどこかに探しに行きます。
でも “自分らしさ”は、日々行動している中に、沢山隠れています。自分の行動を客観的に見てみましょう! みなさん、自分らしさに自分で気づいていますか?

そして、その“自分らしさ”に囚われていませんか?
“自分らしさ”の枠にはめてしまわないで下さいね。“自分らしさ”にこだわり過ぎると自分を見失います。
また、可能性を制限してしまうことにも繋がりかねません。

いつの瞬間も、“あるがまま”ですね。

思考錯誤して出した色。
それでも、満足したり、しなかったり。
でもそうやって、経験を積み重ねて、思った結果(色)を出すコツをつかんだり、諦めずにチャレンジを繰り返して、やっと満足いく結果(色)をだしたり・・・。
人生と一緒ですね。

そして、キャンドルとして形にすることができたなら、それは今の自分が精一杯取り組んだ結果としてそこにあります。
出来上がった瞬間から、それは過去のものになります。キャンドルに火を灯して内側に光をもたらし、自分の可能性に光を当てたなら、今は必要のなくなったものを手放していきましょう。

私たちは、目に見えなくても、日々変容しています。
過去に経験したことは、私たちの知恵と滋養に変容させて、囚われずに、前に進んでいきましょう!

次回の詳細は、別途ご案内致します。

2012/03/08

キャンドル作成体験♪

あっという間に3月になりましたね。
桃の節句も終わり、1週間が過ぎようとしています。

2月のレベル2:インターミディエットコース受講生のみなさんお疲れ様でした。
参加者の皆さんそれぞれが、お互いをサポートしあい、自分と向き合い多くの気づきを得られる機会に共に時間を過ごせたことに感謝いたします。今回もまた、涙あり、笑いありの充実した時間を持つことができました。m(_ _)m
今後の日常生活で、みなさんが学んだこと、気づいたことを基に心豊かな毎日を送られることをお祈りいたします(*^_^*)

そして、25日の勉強会の後は、キャンドル作成体験を開催しました。
ゆったりとした時間を過ごしたり、イクイリブリアムボトルを使い、自分の内側と向き合うときに使うキャンドルを、『折角なら手作りしちゃおう!』ということで急遽開催決定!
今回は、急に決定したので、勉強会に参加された中でご都合の良かったお二人が特別体験。

初回ということもあり、簡単に作れるのに、おまけに色を楽しめるキャンドル。

キャンドル作成が初めてのお二人も、楽しみながらとっても上手に仕上げていました♪

色が調合具合で変化するのも楽しいところ。

出来上がったキャンドルを見て、「もったいなから暫くは飾っておきます!」ですって。^m^
火を灯して使ってみてね(^_-)-☆

次回は、バラのキャンドルを作成します。 詳細はこちら

優しい光が、あなたの内側に光をもたらしますように。

2012/02/16

霧島市神社参拝 その②

そして、次は霧島神宮に向かいました。
移動中にだんだん雨がひどくなり、霧島神宮に到着したときは、本降りになっていました。
雨が降った日の霧島神宮参拝は初めて。霧に包まれた霧島神宮もとても神秘的で美しいものです。

霧島神宮参拝のあと、前回から心残りしていた山神社へ。
この時かなり雨が降っていて、水溜まりができていましたが、気にせず進みます!
杉の香りが心地よく薫る山に入り、ほんの少しだけ自然遊歩道を歩いて到着!
天然のアロマセラピーで癒されます !(^^)!
私にとってここは、力強く大きく暖かい感じがする場所でした。
立っていると、足が大地に吸いつく感じがして、身体も暖かくなりました。
ここを参拝できることが嬉しかったのに、参拝をして、この場所で初めて撮影したら、これまた、とっても幻想的な美しい瞬間をプレゼントして頂きました。

他にあと1枚同じような感じで撮影されていていますが、そのあとは何度撮影しても、このように写すことができませんでした。『もう一度撮りたい』という邪心が邪魔をしたみたいね(^^ゞ とっても大切なことを教えて頂きました。やっぱり、その瞬間、瞬間が大事。そして手放しと浄化。そのための雨ね。
この山神社は、個人的なことのお願いをする場所ではなく、ただ、自分自身の内側と、そして自然と繋がり日々の感謝とお礼を伝える場所というような感じです。

今回の参拝は、雨で浄化されながらの参拝で、色々な気づきがありました。
少しだけでも何かを変えることで、今まで気づかなかったことに気づくことができるチャンスがありますね。雨の日の参拝も、晴れの日の参拝では気づかないことに気づけました(^_-)-☆
その瞬間の美しさ。大切さ。今に意識を向けて生きること、手放し。
神社で引いたおみくじは、1枚は中吉で、他は大吉。でも、書かれている内容の本質はどれも同じこと。大吉を引いた時こそ、気を引き締めていくことも大切。
泰平の“ひょっとこ”のように、おみくじの結果にもとらわれずに、内容の本質を意図設定して、その瞬間、瞬間を生きること。また今日からスタートです!

内側をクリアにして落ち着いたら、お腹が空いたのでランチにGo!
今日は、Eちゃんおすすめの、霧島神宮近くの『器cafe オリーブの木』でランチ。
ご飯もおいしく、雰囲気も素敵なところで、幸せな時間を過ごしました!(^^)!

器も全部手作りで、各セットそれぞれ全て違った器に盛り付けられています。
器の形も、絵も楽しめる、そして雰囲気もほっこり、ゆっくりできる場所でした。

この後、Eちゃんから国分の物産館『国分じょうもん市場』のシフォンケーキをお土産に頂いて感激!ここのシフォンケーキ、とってもふわふわで、さっぱりとした甘さで美味しいんです。
今日は動いたから、食べても大丈夫!^m^
甘い誘惑に負けずに、節制しながら美味しく頂きます。
Eちゃん、1日お付き合いありがとうございました。
とっても幸せな1日でした。(*^_^*)

みなさんも是非足を運んでみてくださいね♪

2012/02/16

霧島市神社参拝 その①

13日は、昨年年末に心残りしていた霧島神宮の山神社に、どうしても参拝したくなってお出かけしてきました♪

朝9時少し前の特急で国分駅まで行って、Eちゃんと合流。
雨の天気予報でしたが、この時は止んで薄日も射していて楽しくなりそうな予感。

先ずは国分の天御中主神社(アメノナカヌシジンジャ)へ

御祭神

  • 天御中主命(アメノミナカヌシノミコト)
  • 大日孁貴命(オオヒルメムチノミコト)
  • 月読命(ツクヨミノミコト)
  • 伊邪那伎命(イザナギノミコト)
  • 伊邪那美命(イザナミノミコト)
  • 阿遍突智神(アクツチノカミ・カグヅチノカミ)
  • 経津主神(フツヌシノカミ)
  • 武甕槌神(タケミカヅチノカミ)
  • 源頼朝(ミナモトノヨリトモ)
  • 島津忠久(シマヅタダヒサ)
  • 丹後局(タンゴノツボネ)
  • 北斗七星

大勢の神様を祭っている神社です。
天御中主命の神名は、天・高天原の中央に座する主宰神という意味で、宇宙の根源の神様で、宇宙そのものであるともされています。この世界が確定する天孫降臨以前の万物の創造を天御中主神=至高の神、高皇産霊神(高御産巣日神)=統治の神、神皇産霊神(神産巣日神)=生産の神の造化三神によるものとしたそうです。その中で天御中主命は最高位の位置にいらっしゃる神様です。

六十六代一条天皇の御代、寛弘元年甲辰の創建。清水城の南側に七カ所の突き出たところがあり、それが丁度北斗七星を象ってみえることから北辰大名神と称されて、国土の安泰と長寿と繁栄、武運長久の神として崇敬されているそうです。
3月1日には、女性だけが舞う五穀豊穣と長寿を祈る田の神舞の神舞も神事であるそうですよ。

色々と調べてみたら、この神社の背景には、神道の流れによる歴史的な背景もあるようで興味深いです。北極星・北斗七星は、シリウスですよね。今もシリウスは大切な関わりが私たちとあります、昔も北斗七星を祀っていたことは集合無意識では繋がっているんだってことを実感しました。(分かる人には分かる文章の書き方になってしまいました。ごめんなさいm(_ _)m 説明すると長くなるので、今回は省きます。)
それに、源頼朝と丹後局、島津忠久ってなぜ?って思ったのですが、調べてびっくり(^^ゞ
まあ歴史は色々と言い伝えも変わってきたりもするので、研究するのが面白いのでしょうが、それにしても知らないことだらけです!

境内には、湧水があり水の流れの音が響き、とても細やかに手入れがなされていることをうかがえる清らかな雰囲気が漂い、なんだか私には懐かしい雰囲気を感じることができる神社です。
その湧水でホタルを育てていて、初夏にはホタルが舞うのを楽しめるそうです。

拝殿は、畳が敷いてあり靴を脱いで近くまで失礼して参拝しました。
おみくじも拝殿の畳の上においてあり、なんだか、ホッと落ち着く雰囲気です。

普通のおみくじと、蒔絵シール入りの2種類のおみくじを引いたら、どちらも大吉(*^_^*)
そして、蒔絵シールは、“ひょっとこ”のお顔 ^m^ “泰平”の象徴のようです。
お顔を拝見すると、確かに笑えちゃって、内側が解放されます。内側の穏やかさは大事です!
外側と内側の自由。ブルーのメッセージですね。“ひょっとこ”シールどこに貼ろう・・・。^m^

とっても素敵な神社で、嬉しくなりました。
参拝を終えたら雨が降り出し、浄化の雨。恵みの雨。

次は、鹿児島神宮へ。
前日の12日、初午際が執り行われ、その片づけを業者の方がされていました。

まず、鹿児島神宮内の樹の大きさに圧倒されます。
御神木も樹齢800年、境内のほとんどの樹も大木です。
鹿児島神宮本殿は、県内最大の木造建造物として、県の有形文化財として指定されています。
拝殿の天井には、沢山の花や野菜などがとても美しい色で鮮やかに描かれています。拝殿内撮影禁止だったので、実際に参拝に足を運んで、その目で確かめてくださいね(^_-)-☆

2012/02/13

目の保養

先日、気分転換に、某百貨店が開催している加賀の物産展に足を運びました。
食品売り場は、相変わらず大混雑 (>_<)
お煎餅や、お寿司、つくだ煮、海産物と、美味しそうなものがずらりと並んでいて、見ているだけでもとっても楽しいです。

中でも目を引いたのは、加賀友禅のブース。
美しい加賀友禅の着物に見とれて、目の保養にと拝見させていただきました。
お店の方が色々と加賀友禅についてのお話しをしてくださいました。
加賀友禅は「加賀五彩」とよばれる臙脂・藍・黄土・草・古代紫の五色で構成され、京友禅より沈んだ色調が特徴、一方、京加賀友禅は多色で金糸銀糸なども使用するそうです。
加賀友禅は、色の濃淡で立体感を出すそうで、派手さはないけれど、とても繊細で上品で凛とした雰囲気。
また、天然の草木染なので、年月とともに色が変化して、着る人と同じように年を重ねていくのだそうです。だから、いつ着ても新鮮に感じるのだと、居合わせたお客様もおっしゃっていました。

今は、自分で着る機会を作らないと着る機会が少なくなった着物。
でも、美しい着物や帯は、着用しなくても、掛け軸やタペストリーとしても使用する人が増えているそうです。
職人さんも、もう少なくなっていて、本来の加賀友禅に出会う機会も減っているそうです。
日本の伝統が姿を消していくのは残念です。

着物の奥深さと、伝統工芸・伝統技術の素晴らしさを実感したひと時でした。

呉服売り場や、呉服屋さんは敷居が高いので、イベントを利用して本物に触れてみるのも楽しいかも(*^_^*)

ちなみに、最初に「目の保養に拝見させてください」って、お断りしたのですが、結局1時間くらい色々とお話しをお聞きして、本当に目の保養だけで会場を後にしました(^^ゞ
説明が終わらず次第に営業トークになる中、帰るタイミング掴めずで、1時間くらい経っていてびっくり!
私ったら、きっと心臓に毛が生えているわ・・・^_^;

2012/01/06

新年がスタートしました。

昨年は、多くの皆様との出会いの機会をいただき、また、共に成長する機会をいただきましたこと、とても嬉しくお礼申し上げます。
今年も、また皆様と共に成長、変容していけますよう、よろしくお願い申し上げます。
皆様の未来に、真の豊かさと光がもたらされますように。

さて、2012年がスタートしましたね。
今年の大きな全体的なエネルギーは、どうでしょうか。
個人のボトルとは、解釈が変わりますが、今年の全体的なエネルギーとしてみてみましょう。
今年は、5の年、B5 イエロー/レッド・・・変化の年です。チャレンジの年でもあります。昨年は4の年で、基盤を築く年でした。その基盤を基に、外に働きかけて多くの経験をすることができます。パワフルなエネルギーをどのように使っていくかということの学びの年、気づきの年でもあるでしょう。持てる力を、障害を乗り越え、自分の設定した目標へ到達する力として使い、最終的には自信と知恵、喜びとなる可能性があります。溢れんばかりのエネルギーを建設的に使うことが求められる年です。

そして平成24年。B24バイオレット/ターコイズ・・・今までは、『物質主義で利益優先、自分のために』という流れがあったものが、物質主義と精神的なものの融合の可能性があり、また、『 自分のためだけでなく、みんなのためにも』という思いから行動していくことが求められるようになる可能性があります。私たちのあり方に、何か変化を求められる時にきています。環境や人間関係において、調和とバランスをとる必要性。私たちは、宇宙の一部として存在し、地球という大地の上に存在しています。今までは、地球から搾取する生き方をしてきましたが、自然と調和する生き方に転換していく時期に来ているのでしょう。そして、経済成長によって失われてきたといわれる、本当の幸せと豊かさに気づき、それを現実的に実現していく可能性とチャンス。昨年から、『絆・愛・思いやり』といたる所で目にするようになりました。今年は、さらに自分らしく生きることで実際に表現していくことの可能性です。愛と思いやりをどのようにもたらすのか、どのように表現していくのか、それが自分らしく生きることになり、それは、「誰かのために、みんなのため」に繋がる可能性があります。

あなたは、この大きなエネルギーの中で、どんな年にしますか。

2011/12/29

お礼参り

いよいよ、今年もあと少し。
と、いうことで、御礼参りに霧島神宮と照国神社へ。
今年一年無事に過ごせたことのお礼と感謝。
26日に霧島神宮、29日に照国神社へ。
霧島神宮へは、特急電車とバスでちょっとした旅行気分を味わいながら友人と向かいました。寒かったけど、霧島上空は雲一つない、とっても良いお天気で、清々しい爽やかな気持ちの参拝となりました。

車で行くと、拝殿に一番近い駐車場に止めるのですが、今回はバスでしたので、一の鳥居、二の鳥居、三の鳥居と下から順番にくぐりました。
『霧島神宮って、こんなに階段多かったかしら?』って感じるくらい遠い記憶になっている、久しぶりの参拝コース。
手水のお水は湧水で、気温の低かったこの日には、嬉しい暖かさ。
いつ訪れても、凛々しくて美しい御社殿ですね。

毎年大晦日に催される夜神楽と初詣の準備が着々と進んでいましたよ。
今、補修工事中で、今回は、いつもの勅使殿から奥に進んだ拝殿で参拝。
渡り廊下の壁には、とても鮮やかな色で描かれた見事な鳳凰が舞っています。
春は、しだれ桜がきれいなのでしょうね。

参拝してから、おみくじを引いたら、びっくり!
最近、気にかけていた状況に対するものと、ほぼ同じ内容のことが書かれていて・・・。
引き寄せちゃったみたいです。(>_<)
それも二人とも。
まだまだ修行が、足りませぬ。
まあ、良くも悪くも、ちゃんと引き寄せる力があることは、確認できました。
センタリングして、気持ちを新たに精進します!

どこに意識を向けて、どのようにエネルギーを注ぐかが大事ですよね。
これから、また新たな実践です。

そのあとは、旧参道(亀石坂)を通って下りました。
こちらは、自然遊歩道の一部になっているようです。途中に、山神社、風穴、亀石とあり、下りついたところには、霧島六社権現(六社権現社)を開いた性空上人のお墓。そして、鎮守神社と若宮神社。その脇を御手洗川が流れています。

途中の山神社でお参りしている時、急に風が吹いてきて、そのあと静かになったとたんに、とても暖かい雰囲気を感じました。なんだか、何かに包まれて守られているような感じです。
不思議な感覚でした。
ただ、帰るときに、何かとっても名残惜しい気がしていて、何でそのように感じるのかわからなかったのですが、御本殿左手奥に、もう一つ山神神社があるようで、帰ってきてから知りました。
何か帰りたくない気持ちで、もう一度、霧島神宮を参拝しようと思ったくらいだったのですが、こちらの山神社だったようです。年が明けてから、訪れようと思います。

御手洗川は、とっても清らかで、光が反射していてきれいでした。
光の反射と流れの音がないと、水がないように見えるくらいに透き通っています。
風に揺れる木々の葉音と清らかに流れる川の音、そのなかでじっと流れを見ていると、とても心地よく、自然の音はしているのにもかかわらず、自分の内側の静けさの中にいました。

そのあとは、道の駅霧島で、のんびりと景色を眺めながらランチタイム&ティータイム。
自然のエネルギーを身近で感じた1日となりました。

過去の記事を見る 1 2

copyright fill color all right reserved.