英国オーラソーマ社公認・JAA日本アロマコーディネーター協会加盟校

>>最新の記事を見る 過去の記事を見る 1 2

2011/12/21

お楽しみ♪

お陰様で、今日22日のアロマセラピスト上級コースで、今年の講座に関しては終了しました。
10月からは、レベル2、シェアリングデイ、レベル1と続き、なんだか、慌ただしく時間が過ぎていきました。毎年、10月頃になると、『今年もあと4分の1だね。早いね〜』となって、あっという間に迎える年末、そしてお正月。

世間は、クリスマスのイルミネーションで飾られ賑やか。
そんな賑やかな雰囲気の中、先日、コース中に生徒さん方とランチタイムで訪れたカフェで、頼んだカプチーノには、とってもかわいい絵が描かれていました。
眺めているだけでも、心がほっこりしてきます。
とっても上手に描かれていますよね。

生徒さんは、このキャラクターが大好き!
カフェのオーナーさん、生徒さんを見ただけで、このキャラクターが好きなことを、見抜いたのかしら(笑)身に着けていたものには、何もそれらしい物は、なかったけど・・・。
すごい、シンクロニシティだわ (^o^)/
この後、生徒さんは、この絵を壊さないようにして、そっとそっと飲み進めて、底の方は、顔よりカップの方が小さくなって、目と鼻だけに ^m^
それでも、かわいくて、面白い顔(笑)
美味しいランチを戴いたうえに、こんなお楽しみまで味わってきました。

遊び心と、おもてなしの心、大事ですね。
この絵を描くために、とっても練習をされたんだと思います。
そんな思いと一緒に戴いたランチは、お腹だけでなく、心も大満足させるものでした (*^_^*)

2011/11/29

「幸せ」について

ずっと、時間を遡って、2か月前の、10月に入ってからの出来事。
さわやかなお天気が続いていたので、
どこかにお出かけしたくなって、行ってきました!
移動手段がバスで、ちょっとお出かけの距離で…、
等と考えていたら、友人が、平川動物園に行きたいと言い出し、
『さて、いい歳の女2人で、出かけて違和感ないか?』と思いつつも、
隣の錦江湾公園は、バラ園もあるし、○十年ぶりだし、久しぶりにということで、決定。

友人の息子さんに、「お母さんたち、2人だけでいくの?!」と、
呆れられながら、お弁当持って、ピクニック。(笑)

平川動物公園行きのバスに乗るもの、○十年ぶり ^m^
幼い時は、平川動物公園って、とっても遠い感じがしていたのですが、
お世話になっている、カルチャーセンターの少し先の距離なので、
あっという間に、着いた感じがして、大人になると、空間も時間も、
なんだか、ずっと小さくなった(縮まった)感じです。

今、平川動物公園は、古くなった施設を改装中で、 ライオンは、お休み中でした。

キリンのまつ毛は、とっても長くて、
そして、とっても優しい目をしています。
全体を見ると、顔は小さく感じますが、
近くでみると、とっても大きくて、キリンの
背の高さを実感!

プレーリードッグは、今回初めて!
平川でも飼育されていたのですね。
子供も、しっかり立って食事していて、
とってもかわいいです。
他の動物は、同じエリアにはいないけど、
習性として、見張りも怠りなく。(右画像)

気候の良い中、動物公園の敷地を歩きながら、いろいろなことを考えて、話しをしていました。

「“幸せ”ってなんだろうね?」って。
動物園内にいたら、サバイバルの心配からは解放されるよね。
でも、自由に空をとんだり、大地を駆けたりは、できないよね。
でも、その中で、何を思うかは自由だよね。
じゃあ、サバイバルの心配から解放されたら、生きている充実感とかあるのかな?
動物たちにとって、“生きる”ってなんだろうね。
動物たちの“生きること”は、命を繋いでいくことなんじゃない?  etc

この日は、保育園の遠足や、研修旅行などの団体も多く、とっても賑やかだったのですが、
そんな中を歩いて、動物を観察しながら、色彩のメッセージのオンパレード&探求(笑)
幼いころには、想像もしなかった、動物園の歩き方。
変わらないのは、太陽の下で美味しく戴くお弁当!
ありがたいことに、毎日が幸せで、いっぱいだけど、『太陽の下で、お弁当持って、ピクニック』は、私が特に幸せを感じる時の1つ。

そして、最後に出会ったのが、シロクマ。
2頭とも、お昼寝タイム。そのうちの1頭の寝姿です。
何とも、脱力感満載な姿です。
これこそリラッ○マ。
寝ているだけなのに、多くの人が、ずっと見ていました。(笑)

最終的に「“幸せ”ってなんだろうね。」の結論は、
「それぞれの価値観で、 “幸せ”は、変わるよね。」ということで、落ち着きました。

みなさんにとっての“幸せ”は、何でしょうか?

2011/9/26

イベント報告&勉強会報告

前回の内容と、時系列が前後します。

9月10日は、産経学園 旭屋カルチャーセンター イオン鹿児島2Fで、オーラソーマコンサルテーションの体験イベントでした。
時間を掛けて、遠方からもいらしてくださり、ありがとうございました。
また、天文館のサロンでは、初めての男性のお客様は、ご紹介の方やペアコンサルテーションのみの受付になっているので、イベントを上手に利用されて受けにいらしてくださいました。

受けにいらして下さったみなさんが、自分の人生と向き合い、一生懸命に生きている姿を感じることができた、今回のイベント。 身を乗り出すようにして、一生懸命コミュニケーションをとるご様子に、皆さんの思いと、情熱を感じ、私も刺激を受けました。
お一人お一人とは、短い時間でしたが、出会えたことを本当に嬉しく思います。

皆さんの発展と幸せ、そして穏やかな心で毎日を過ごせますよう、心よりお祈りいたます。

その後、生徒さんと待ち合わせして、食事をして帰り、翌日11日は、朝から勉強会。
勉強会にも、県外や遠方から参加される生徒さんもいらして、毎回その情熱と行動力に頭の下がる思いです。
その思いに恥ずかしくないよう、私も気合いを入れます!

仲間と色々な話しをしながら支え合うこともできるので、生徒さんは、どんどん勉強会を活用してくださいね。
この日も、コンサルテーションの練習と質疑応答に熱が入り時間オーバー(笑)
予定のある方は、途中で返っても大丈夫なんですけど、みなさん熱心!
集中していると、時間が経つのは、“あっ”という間。
お腹が空いたところで、ランチに出発しました。

20日からは、レベル2がスタートし、ここでも、皆さんそれぞれに多くの発見があり、楽しい毎日です♪
そして、27日(火)からは、産経学園 旭屋カルチャーセンター イオン鹿児島2Fでカルチャーコースがスタートします。出会いが楽しみ!

2011/9/14

潜在意識を照らす月光

12日は、中秋の名月、そして、6年ぶりの満月の十五夜。
雲もなく、とても美しい満月が、桜島の山頂付近から顔をだしました。
明るく優しい月光は、私たちの潜在意識にも光をもたらしたことでしょう。
何が、内側に見えましたか?
見えたものを、否定することなく受け入れることが出来たでしょうか?
“あるがまま”を受け入れることが出来た時、そこに、未来のドアを開く鍵が見つかるはず。
自分の内側に見たものを否定や拒絶すると苦しみを生み出していきます。
みて苦しくなるのであれば、見なくて済むなら見ない方が良い事も。
でも、見えてしまったのなら、あるがままを受け入れることで、明るい未来へのドアを開く鍵にもなります。
内側に光をもたらすことで、多くのことに気づくことでしょう。なかったと思っていたものが、実は既に持っていたことに気づいたり、持っていのに要らないと思っていたものが、本当は必要だったことに気づいたり…。

本当の自分の美しさに気づきましたか?
未来への鍵を手に入れましたか?

2011/9/14

半年

東日本大震災そして、栄村の震災から早くも半年が過ぎました。
また、先日は大型台風による被害も大きく、心痛む出来事が多く、現地から物理的には遠く離れた所で生活される皆さんも、様々なことを感じ向き合うことになっていることでしょう。

東日本大震災、栄村の震災、また、先日の台風被害で亡くなられた皆様のご冥福をお祈りし、被災されました多くの方々の心が少しでも早く癒されますよう心からお祈り申し上げます。

被災された方が、「私は今、命があるから、生きていかなければならない」「震災が起こる前には戻れないし、進んでいくしかないから…。」「前に進むだけです。」と、おっしゃっていました。

生きるとは、そういうことなのかもしれませんね。厳しい現実があります。
あらゆる状況の中でも、それらを受け入れ、前へ前へと進んでいくこと。
命を繋いでいくこと。
その中に、少しだけでも歓びと希望を持って、皆の為によりよくするために前に進む。

「あなたは、後悔しない生き方を出来ていますか?」
「毎日を後悔することなく、今、この瞬間を大切に精一杯生きていますか?」

2011/8/25

夏はスイカと花火

今年は父が初めて作ったスイカが大成功!

丸ごと1個、教室に持ってきて、一口大にカット。
甘くて美味しいスイカを生徒さんのティータイムのデザートと、お水変わりにちょこちょこ摘んでいたら、あっという間になくなりました。

スイカは、育てるのも難しいけど、収穫するタイミングも難しいらしい。栽培と収穫に成功した父は、とっても嬉しそう。
さらに、喜んで食べる私たちをみて、また嬉しそう(*^_^*)

スイカは、紫外線を浴びて出来た有毒物質を解毒して血液を即座にサラサラにしてくれるとか。

紫外線の強い夏には、必需の作物です。
なんでも旬の作物を頂くのが、身体にも一番良いのですね!

そして夏といえば、花火!(私だけかしら?)
20日の花火大会、綺麗でしたね〜。
教室からず〜っと眺めていました。
今年は、大きな花火がいつもより多かった気がします。

花火の打ち上がった姿だけでなく、打ち上がる時の音や花が開いた時の音が好き。
お腹に響くようなあの音。そして開いた時の軽快な音。
音が無いと、花火を見ていても物足りない感じがします。

命を掛けて作成して打ち上げてくださる職人さんに感謝しながら夏を感じました。

23日は、処暑。夏の熱気も次第に弱まり、朝晩に冷気が入ってくるようになる頃。毎年。花火大会が終わると、「夏も終わり」と、ちょっと寂しい感じもします。
(夏の暑さには弱いのだけど。(^^ゞ)
夏が終わると、今年もあと4カ月、一年が過ぎるのが早いのよね〜。

とはいえ、今年は地震などの大きな自然災害が多く、地球も変化の時を迎えているようです。
気を引き締めて、毎日を大切に過ごしていきましょうね!

2011/8/25

新ボトルB109入荷!

皆さん、お盆はいかがお過ごしでしたか。
お墓参りをして、故人をお迎えして、賑やかに過ごされたのでしょうね。

お盆明け早々に新ボトルが入荷して、早速使い始めました。
何だか、ふんわり暖かな気持ちになって、なんとも心地よい感じです。

新ボトルは、リンゴのような色味で、見みんなの第一声が、「美味しそう!」。
美味しいものを頂くと、満たされた気持ちになるように、ボトルのエネルギーも私たち自身の内側の豊かさに気づきをもたらし、不安や恐れを手放し、穏やかで満たされた感覚を思い出させてくれるのでしょう。そして、新しい希望や展望を見出すスペースが出来、その希望が自分を信頼して自分らしく自分の人生を引き受けて進む力になるのかもしれませんね。
皆さんの使用した体験談をお待ちしています。シェアよろしくね♪

そして20、21日は勉強会。
今回も、2日とも時間オーバーする熱心ぶり。
21日の勉強会は、参加者全員のセレクトボトルが似たボトル。みんな見事にテーマが似ていて苦笑い。勿論、どのように取り組んでいるかは、違うけどね。
でもだからこそ、お互いを励まし合ったり支え合ったりすることが出来るのですよね。
あまりにも見事なシンクロニシティーでした。
その後、無事レベル1も終了して、ちょっとホッとしているところ。(*^_^*)

2011/8/9

月讀神社再び (2)

月讀神社境内の展望所からの眺め。

桜島から眺める鹿児島市街地の夜景は、綺麗は綺麗ですが、お昼にこうやって眺めると、山も削りとられ団地になり、平野部もマンションやビルで詰めつくされ見た目にも美しいとは言えない感じです。

私たちは、あまりにも目の前のことだけ、全体を見ずにポイントだけみてきたのでしょうね。
一時期は、団地造成による水害も問題になりました。
建物は綺麗だけど、調和していないことが多々。

遠くから客観的に見てみるとそれが良く分かります。
私たちの人生で経験していることを客観的に見る事と全く一緒。離れてみると良く分かる。

沖縄のシャーマンの方が、私たち人間は、自然があるから生きていけ、そして、生きていくことで自然を破壊している。

だからこそ、詫びる気持ち、感謝、そのあとに平穏と平和を祈るようにしているとおっしゃっていました。謙虚さも自然に対する感謝から生まれるのかもしれませんね。

地球も生きている。
生きているということは、私たちと同じようにエネルギーの流れるラインがあり、ある場所とある場所というように、つながっている。地球自体もバランスをとっているし、宇宙全体ともバランスをとっているのですよね。

私たちとも勿論つながっています。
宇宙の法則の共鳴。私たちのエネルギーともつながっている。

私たちの思いが自分の人生を築いていくのと同じように、それは地球全体、宇宙全体にも影響するもの。
一人では小さい力でも、それが集まれば大きな力になりますよね。

そうなることを信じて、ブルーの地球が美しい姿を保つことが出来るように、願わずにはいられません。
そして、私たちの住む日本が、穏やかに平和であるように、未来に続くように祈るばかり。
また、皆が心豊かな人生を過ごすことができるように…。

このあと、恒例の桜島小みかんソフトクリームを頂いて帰ってきました。(これは、忘れてませんでした(笑))
桜島を歩くのと、鹿児島市街地を歩くのとは、やはり足に伝わる感覚が違いますね。

桜島を歩くと、足がめり込みそうな感じで引っ張られる感じ。

と同時に、マグマのせいか、足の下で何か動くような感じもしました。

桟橋から歩いていくと、鹿児島水族館のシイラがお出迎えしてくれましたよ。
ターコイズブルーのヒレが、とても美しく太陽の光に反射していました。

2011/8/9

月讀神社再び (1)

7月30日、午前中コース開始前に、2日に訪れた桜島の月讀神社に再び参拝に伺いました。
前回、帰ってきてから何か心残りというか、引っかかるものがあったので、近いうちにまた詣でたいなぁと思っていたので、同月内に参拝。
なぜ30日になったのかといえば、2日に詣でた時に、拝殿に7月30日夏祭りと記載してあったのが記憶に残っていたらしく、なんとなく30日と決めたつもりだったのですが、違っていました。(^^ゞ
それも、手水舎のすぐ横に設置してあった、茅の輪を見て夏祭りに気づきましたし…。

拝殿前の案内みても気づかない私って…。
まあ、天然ボケも入っているのですが、私の記憶力かなり怪しくなってきてる?!

今年2回目の茅の輪くぐり。(今年は、夏バテ知らず!)

夏祭りだったので、前回は閉じられていた拝殿の扉が開かれていました♪
やっぱり、30日に参拝に伺うようになっていたのですね。とっても嬉しかったです!!

境内に入る前に、門守神社二社 (櫛磐間戸命 豊岩間戸命)にもしっかりお参りしましたよ。

そのあと、前回は、草が生い茂っていて断念した石段の先。
今回そこを上がってみると、なんと、竜神様や観音様方が鎮座されていらっしゃいました。
「何か引っかかる、心残りするって」、そうなるはずですね。

実は、何か引っかかっていたので、色々と調べてみたら、お祀りしていることが参拝前日に分かりました。

真っ先に、「前回は、ごめんなさい」と失礼を謝りました。お詫びをした後、感謝をお伝えして、平穏、平和をお祈りしました。

「写真を撮影してもいいですか」って、お伺いしてから撮影。

八大竜王様の左横には、溶岩を掘った竜の石像。
風化していて、時を感じます。

そして、その右手奥には、高濱虚子の自筆の揮亳を刻んだ石の句碑。
「溶岩に秋風の吹きわたりけり」
この溶岩は、大正3年の大爆発によって流失したもので、この下には幾つかの村が埋没しているが、今はただ秋風が吹くだけである。

この句から、東日本大震災の後だけに、色々なことを感じます。
月讀神社も大爆発で埋没してしまい、現在の地に変遷されました。
人は、火山の大爆発や大地震、ひいては戦争など、繰り返し経験しているのですよね。
それも、時とともに風化してしまうのでしょうか?
私たちは、経験から多くのことを学び、智恵として持っているはず。
目を瞑って、見ないふり知らないふりではなく、しっかりと目を見開いて現状を受け止めて、自分の責任を果たすときに来ているのでしょう。

イクイリブリアムボトルは、B107オーパレセントターコイズ/ディープマゼンタ、B108ミッドトーンターコイズ/ミッドトーンオリーブとターコイズが2本続きました。
今回の出来事では、ターコイズの、集合無意識との関連、自分の内側と繋がり、自然や動物との調和ということを強く感じています。

自分の責任。 難しく考えるよりもまず、命を大切にすること。
それは、しっかりと生きる事だと思います。
自分の命を大切にして、生き抜くこと。
与えられた命に感謝し、毎日を大切に生きる事。

そして、集合無意識とつながり、過去の経験を繰り返さない生き方をしませんか。
私たちは、未来を創造していくことができる力を生まれた時に与えられています。

大地にしっかりと、足をつけて、生きましょう!

2011/8/9

まとめて更新 (^^ゞ

残暑お見舞い申し上げます。
皆さん、夏バテされずに、お元気にお過ごしでしょうか。

更新もだいぶ間があいてしまいました。
なので、まずは7月のご報告から。

7月上旬に、震災サポートとして、皆さまからお預かりしたボトルを、千葉のアンジュパッセに発送しました。雅美さんから、到着後すぐに、震災でボトルを必要とされていた方に発送しましたとのご連絡を頂きました。とても喜ばれていらっしゃったとのこと。
ご提供頂きました皆様、いつもご協力ありがとうございます。

そして、7月24日は、シェアリングデイの開催でした。ご参加の皆さん、お疲れ様でした。
オーラソーマシステムのコースは、何度受講してもその時の自分の変容の状況によって、学ぶことがあったり、気づきが起こったりして面白い!
大切なことは「知っている」という思いを脇に置いて、改めて取り組むことかしら。
思い込みは、邪魔をすることが多いもの。素直なことって大切ですね。
そして、忘れていくのも早いもの、これは、繰り返し勉強することしかありません。

26日正午(イギリス時間)新ボトル誕生!
B109 マゼンタ/ミッドトーン オリーブ 大天使ザカリエル
追加メッセージが発表されましたので、次回8月の勉強会でお知らせ&考察します。

30日からは、レベル1土日コースがスタートしました。只今、楽しく開催中です〜♪
そして、日々、変容中!

2011/7/7

開花!

皆さんご存知の、教室に置いてあるセンセベリア(虎の尾)の花が咲きました!

6月下旬から急に成長し出した花芽とつぼみ。 花芽が伸びてきて、つぼみの段階から、付け根に蜜が水滴のようになって付いています。 舐めるととても甘いそうですが、私は舐めてません(笑) 舐めたい方は、どうぞ〜(^O^)/ ちなみに毒はないそうです。

7月5日に見た時は、つぼみが急に長く成長したなぁって、感じだったのですが、 6日の朝には、4つの内の1つだけが急に大きくなっていて、夜コンサルテーションが終わって、 片づけていたら花が咲いているのに気づきました!!(^^)!

夕方から明け方にかけて花が咲き、日中は閉じちゃって2・3日で落ちていくそうです。 夜行性?

リュウゼツランの仲間なので、蘭の花に似ているのでしょうが、彼岸花のミニチュア版という感じのお花です。 真っ白&淡いグリーンでとてもきれいなのですが、香は、かなり強目です。 カサブランカの香りのような感じなのですが、ずっと嗅いでいると香酔いしそうなくらいです。 花芽が1本で良かった〜!!  何本も出ていたら、外に出ていただくことになっているところでした(笑)

挿し葉からも、新しい芽が出てきたし、その他にも新芽が沢山。 鉢は、これ以上大きくしたくないから、そろそろ株分けだなぁ〜。

2011/7/7

大祓い

今年も、半分が過ぎましたね。
色々な出来事があって、皆さんそれぞれ、自分自身と向き合うことになった方も多いことでしょう。

先日、6月27日は、旭屋カルチャーセンターイオン鹿児島の、カルチャーコースのパート1の終了日でした。
またまた、受講中に大きな変化を迎えられた方もいらっしゃり、今回も、シンクロニシティーの現場に遭遇しました!
熱心な受講生のみなさんと、楽しい時間を過ごせたことに、感謝いたします(*^_^*)
ありがとうございます。

さて、6月30日は、大祓いでしたので、ちょっと遅くなりましたが7月2日の勉強会後に、照国神社にお参りに生徒さん方と向かいました。
今回は、「アヌビス」、「8」がエネルギーとしてずっと関わっていました。

2日は勉強会で、コンサルテーションの練習の後、「アヌビス」について考察して、勉強会終了後、すぐ生徒さん方と、照國神社へお参りに向かいました。(照国神社の住所は、 鹿児島市照国町19-35で3+5=8でした! 1+9+3+5=18ここにも8で9に繋がる)

大祓いでしたので、境内には茅の輪が設置してあり、禊と健康を願ってくぐりました。
まあ、禊のためには、茅の輪をくぐるだけでなく、自分の内側で、エゴを手放し、必要のなくなった思い込みや、その他、色々なものを手放していくことが必要ですけどね(^_-)-☆

茅の輪のくぐり方はまず真ん中からくぐって左に向かい、次にくぐると右に向かい、またくぐって左に向かって通り抜けますよね。

このくぐる形は、無限大のシンボル(∞)となります。
これは、「8」のエネルギーのシンボル。

そうそう、茅の輪をくぐる前に境内の駐車場から出てきた車のナンバープレートが「888」
びっくりしました(笑)

社殿では、丁度お祓いの最中で、お腹に響く太鼓の音をきいて、気を引き締めてきました。

ランチの後、今度は桜島にある月讀神社(ツキヨミジンジャ)へ。
こちらの住所は桜島横山町1722‐8で、また8が…。何だか、随分と昔に気になっていたのですが、ずっと忘れていたところに、ふとしたことから月讀神社に繋がりました。

桜島フェリーに乗っている時も、犬の鳴き声が聞こえていたのですが、姿は見えず。
しかも、聞こえていたのは私だけ…。
ずっと昔(○十年前)に、飼っていたワンコのなき声に似ていた気がするのよね。
(アヌビスは、犬・ジャッカルの顔をしたエジプトの神様)

<月讀神社>

御祭神:
月讀命(ツキヨミノミコト)
合 祀:
瓊瓊杵命(ニニギノミコト)霧島神宮
彦火火出見命(ヒコホホデミノミコト)鹿児島神宮
鵜草葦不合命(ウガヤウキアエズノミコト)鵜戸神宮
豊玉彦命(トヨタマヒコノミコト)海の神様
木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)

アヌビスは、オーラソーマでは、ハートの軽やかさと関連があります。
自分がしていることが好きではないと、ハートが重くなります。自分がしていることを愛しているかとも関連。ハートの真実に従って生きているか。
私にとって、今この地点で、確認作業を行っているかのようです。
勿論、答えは、YESですけど♪

とっても楽しく、2社を参拝しましたが、向き合うことの多い参拝になりました。
私にとって参拝は、日頃の感謝を伝えて、瞑想タイムになります。
目を閉じて、手を合わせる。この時間、自分の内側の静けさと向き合います。

この後、近くの桜島の道の駅に寄って、有名な『さくらじま小みかんソフト』を頂きました。
さっぱりした甘さで、あっという間に1本食べ終わりましたよ。
まだ、召しあがったことのない方は、是非お試しを!
お土産に、さくらじま小みかんジュースを購入。こちらは4倍希釈の濃縮タイプ。
小ミカンの爽やかな甘さが広がって、とっても美味しいです。
(店の回し物ではありませんのでご安心を!)

その道の駅の入口にツバメの巣を発見。
雛が1羽。
もうすぐ巣立ちでしょうか。

私たちも、ツバメのように、元気に自由に羽ばたきたいものですね。

そんなこんなの、小旅行のような大祓いでした。
蒸し暑い日でしたが、フェリーの上は、潮風が心地良くて、潮風でも浄化されたかも。

そして、締めくくりに後日、八坂神社へも参拝に詣でました。
八坂神社(清水町26‐1)ここも2+6=8なんですね。そして8+1=9で9に繋がります。

御祭神:
素盞鳴命(スサノオノミコト)、奇稲田姫命(クシナダヒメノミコト)、田心姫命(タキリヒメノミコト)、湍津姫命(タキツヒメノミコト)、市杵島姫命(イチキシマヒメノモコト)、天忍穂耳命(アメノオシホミノミコト)、天穂日命(アメノホヒノミコト)、天津彦根命(アマツヒコネノミコト)、活津彦根命(イクツヒノネノミコト)、熊野櫲樟日命(クマノクスビノミコト)、八衢比古命(ヤチマタヒコノミコト)、八衢比売命(ヤチマタヒメノミコト)

天照皇大神(アマテラスオオミカミ)の弟神が、月讀命で、その下の弟神が素盞鳴命と言われる説もあるそうです。

帰りは、潮風に吹かれて石橋公園を散歩しながらのんびりと帰ってきました。

桜島のエネルギーも直接、頂いてきたし、潮風にもあたって禊。
もっと、神社参拝の回数を増やそうと感じました。

自分の内側としっかり繋がって、自分の内側を穏やかに保つことは、日常生活で訓練できるし確認できるけど、神聖なエネルギーを補充することも必要ですよね。
ちょっと不思議な、大祓いの参拝でした。

地に足をしっかりと着けて、神聖なエネルギーを受け取り(自分の内側としっかりと繋がり)、宇宙の法則に従って生きて行きましょうね!

2011/6/18

ありのままの自分でOK!

もう今年も半分の折り返し地点になりましたね。
今月は、オーラソーマコンサルタント養成講座関連は、シェアリングデイとPPSコースの開催で、久しぶりにお会いする生徒さんもいらして、有り難いことに楽しい時間を共有しています。

さて、初めて「ありのままの自分でOK」と聞かれた殆どの方は、「それは自分勝手にならないですか?」と質問されます。そして、「それでは成長しないのじゃありませんか」と続きます。
自分勝手は、自分のことしか考えていませんが、「ありのままの自分でOK」の状態は、まずは、自分は唯一の存在として自分を受け入れましょう。そして、愛し大切にするからこそ、本当の意味で相手をも尊重することができるようになります。また、自分にも相手にも、思いやりと暖かさ優しさをもって接することができ、与えるだけでなく受け取る循環ができる状態になります。

私たちは、ありのままの自分を受け入れる事が出来た時から、真の意味で、真の自分を磨いていくことが可能になります。

そして、成長とは、ありのままの魂や意識が変化変容していくということ。
「こうありたい自分」を目指して頑張っているのに、途中で辛くなってきたりするのは、本当の自分・ありのままの自分をどこかに置き去りにしてくるからかもしれません。
「ありたい自分を目指して成長する」のではなく「ありのままの自分を変容」させていきましょう!

ありのままでOKだからといって、何もしなくていいと言っているのではなく、ありのままの自分で出来る事を精一杯取り組みましょう♪
そうすることで、宇宙の法則に従った、真の成長(変化変容)をもたらす可能性があり、また、それは魂の目覚めにも繋がります。

あなたの未来は、どんな未来が待っていますか。
自分がどんな未来を創造していくか、自分で選択ができます。
あなたらしい花を咲かせましょう。

2011/4/27

繋がり

11日から旭屋カルチャーセンター(イオン鹿児島2F)でのカルチャーコースがスタートして、早くも2回目が修了。今回の受講生の皆さんも明るくて一生懸命。和やかな雰囲気の中で進んでいます。受講生の皆さんの熱意にしっかりと応えられるように楽しく取り組みます♪

さて、震災サポート寄付製品の本当に沢山のご協力ありがとうございます。
皆さんの想いが届いて、心も身体も穏やかな日々を1日も早く過ごすことが出来ますようにと祈るばかりです。
皆さんから、ご提供頂きました製品は、連休中か連休明けには第1便として千葉の中継地点に向けて発送します。まだ、地震も収まったわけではなく震災中ですから、長期間のサポートが必要と思われます。発送までまだ募集中ですので、ご無理されない範囲でご協力宜しくお願い致します。また、募集期間につきましては、確認でき次第お知らせいたします。

震災後、それまで手を出さずにいた、twitterやfacebookに手を出すことになり、一気にターコイズのコミュニケーションが広がりました。でも、顔を見ずに声も聞かずにコミュニケーションとるのって何だか落ち着かない(苦笑。ここはアナログ派)。ただ、急ぎの情報を一度に大勢の人と分かち合うにはとっても良い手段だと思いました。今まではmixiも紹介されても踏み込めずにいたのに…。
ターコイズは自己責任の上での自由であったように、発信する側は、自分の発する情報に責任が必要。受け取る側にも自分の感覚を通して認識して自己信頼して良いものか判断する力が必要。このようなことが出来る人たちが増えてきたから、twitterやfacebookなどのコミュニケーションが出来てきたのかもしれませんね。
まぁプライバシーの保護は大事ですから、登録の際には注意して下さいね。

そんなわけで、今まで疎遠になっていた知り合いのティーチャーさんとまた繋がったり、震災後の動きを通して日本中が繋がっていることを再認識したり、大地の繋がりを感じたり、地震のメカニズムを深く知る度に、宇宙との繋がりを感じたり、なんだか色々な繋がりを再認識する最近です。

共鳴という宇宙の法則のお話しをレベル1でしたと思います。
私たちが、地震に恐怖を感じると、やはり地球に影響を及ぼす。
私たちは、恐怖ではなく、今を生きている感謝、地球や大地がバランスを取ろうとしていることへの感謝(そうじゃないかもしれないけど)、今まで私たちが好き勝手に地球にしてきたことへのお礼と感謝は、地球へポジティブな働きかけになることでしょう。(そうであることを信じて。)
地球のグリッドシステムと私たちのハートは共鳴していることを思い出してみましょう。

原子力発電に対しても、怒りや恐怖で拒絶するのではなく、今まで使用してきたことへの感謝、作業員の方たちへの感謝の気持ちが、作業員の方の力となり収束を早めるような気がしてなりません。

私たちは、同じ過ちの繰り返しをしないようにするための智恵を皆持って生まれてきています。
そのためにも、私たち一人一人が、自分の人生をしっかりと生きる事が必要になってきているのでしょうね。愛と感謝の気持ちをもって、関わって行きましょう!


私たちが今この瞬間に出来る事は、感謝しながら、実際に行動していくこと。 何かを変えていきたいのなら、私たちの行動をどのようにするかが大切になってきます。 私たちがどのように生きるかは、どのような日本にしていくかとも繋がっています。

2011/4/22

花かごしま

4月のレベル1コースの日程が一部変更になり、空いた時間で、友人と「花かごしま」に行ってきました。

十数年ぶりの吉野公園。
小学校のお別れ遠足で毎年訪れ、会社の組合主催のソフトボール大会や運動会で訪れ、それ依頼ご無沙汰だった吉野公園は、その時のままで、なんだかとっても懐かしく、友人と久々に童心に帰って楽しんできました。

入口で石像のグリブーがお出迎え。

その後は色取り取りのチューリップ。

この他にも可愛いチューリップ満開。

桜も満開で、花吹雪もきれい。

会場は、花の蜜の甘い香りや、フリージアの芳香に包まれていて、とても心地よい空間でした。
植物のエネルギーに触れて、自然の優しさや強さを感じ、震災後に元気がなくなっていたのですが、色々なことがあっても、淡々と自分のできる事を自分らしく一生懸命に行動していこうと、力を貰ったお出かけになりました。

4月下旬からバラが開花し始めるそうですよ。
開催期間中、時期によって違う花を楽しめるのでまた行ってみようと思います。

2011/4/11

お試しセット

 

8日は、また余震とは思えない余震がありましたね。
やっとライフラインが回復しつつあったところへの地震。
被災地の方々の心が折れちゃいそうになるし、恐怖感もあったかと思うと、胸が締め付けられます。
被災地の皆様には、穏やかな生活が少しでも始められますようにお見舞いと、お祈り申し上げます。

私たちも防災意識をしっかり持って、守るべきものはしっかり守れるように、物質的にも精神的にも準備をしましょう。そうすると余裕が生まれ、落ち着きがやってきます。

さて、8日のお昼は、晴天で暖かく桜も満開でした。
でも、今年の桜はいつもとかなり違う気持ちでみています。

 

今年は私にとって「お試しの年」。
と、いっても、今年しかテストが無かったわけではないけれど、自分の人生を生きる上での最も大事な部分のような、深い部分をお試しされているような感じです。
(表現力に限界を感じます(笑)なんて表現したらいいのかしら。)
やっと、ここに取り組めるようになったともいえます。
次のスタートの為に何かを手放して、本当に大切なものをしっかりと手にして、自由に動いていくスペースを作りだす最中。
お試しも楽しむ余裕が出来たら言うことなし!
試験が終わった後のあの、「やった〜、終わった〜!」という開放感と清々しさを楽しみに、お試しセットを楽しく取り組みます(^O^)/




被災地の皆さんの心にも春のような穏やかさが訪れますように。
日々の生活が穏やかになりますように。

2011/4/4

3月のご報告

 

3月のレベル1コースが終了して、3月26日は、アロマセラピー&プリザーブドフラワーアレンジレッスンでした。
3月は色々と忙しい時期ということもあり、13日と26日に開催して、他にもお取り置きで4月にレッスンということになりました。
26日は、全く初めてとおっしゃるお二人で開催。
楽しくかつ、真剣に進めて、見事に完成させました! 初めてとは思えない出来栄え。
ピンクのバラは優しい雰囲気に、イエローのバラは明るく爽やかに出来上がり〜。

 

エッセンシャルオイルを使用して作った、発泡入浴剤も気に入って頂けて嬉しいです。
簡単に作れるので、家でも作ってみられるとのこと。

好きなことをしている時間は、あっという間に過ぎていきますね。

何かを作る作業は、自己表現を助けます。
囚われから自由になって、自分自身を感じるままに表現してみませんか。

2011/4/4

生命力

 

今年のお正月に購入した八重咲きのカランコエ。
3月下旬までマゼンタ、ゴールド、イエローと色取り取りの綺麗な花を咲かせ続けました。先日、鉢も小さくなっていたので植え替えと、花も終わったので切り戻しをしたところ、沢山の新たな花芽と葉が伸びてきました。
ここ数日、気温が暖かくなったおかげで成長が早く、1日で随分と伸びています。小さな若葉と花芽が、どんどん大きくなって、とても愛おしいの!!
可愛らしい花が楽しみ♪

震災後、少し明るい話題がなかったのですが、カランコエの花に癒され、成長を見ていると、なんだかホッとして、『私も、がんばろう!』って思えてくるから不思議。
まあ、私の場合、気合いが入りすぎちゃうことが多いので、力まずに行きます!!

桜の花も咲きだして、穏やかな気持ちになります。

被災地にも春が訪れますように。
被災者の心も穏やかに、そして1日も早く穏やかな日々が送れるようになりますように。
子供たちの笑顔が輝く未来に繋がりますように。

2011/3/30

サポート

 

震災から2週間経った今も、余震もまだ続き、原発による被害の収束めども立たず、不安な中での避難生活は、ストレスもたまり、疲れも想像以上のものだと思います。
1日でも早く、被災者と被災地の皆さんの生活が穏やかになりますように、祈るばかりです。

私も義援金という形で支援はしたけど、実際に被災者の方々の手元に届くのは、まだ時間がかかりそうです。
そこで、物資を直接現地に届ける活動をされているNPOがありました。

TASUKI PROJECT(タスキプロジェクト)
http://117kibounoakari.jp/tasuki_project.html

詳細(PDF)
http://117kibounoakari.sakura.ne.jp/sblo_files/117kibounoakari/image/TASUKIPROJECT_20110326.pdf

第二便は、小学生への支援品の受付になります。(受付終了日未定)
義援金も物資の提供も、至る所で行われていますので、無理される必要はないかと思います。無理のない範囲で、自分の出来ることをと思われる方は、お友達同士や職場の仲間で協力しても良いかと思います。
発送は、生徒さんやクライアントの方々がそれぞれ直接、各個人で上記NPOへ詳細に従ってお送りくださいませ。
ただ、沢山はできないけど、でも支援したいとおっしゃる方は、こちらでとりまとめてお送りすることも可能です。(プレゼントする方へのメッセージも添えてくださいね。)
その際は、上記のHPの詳細をよくご覧頂きご確認のうえで、当方にご連絡後、ご持参頂けますようお願いいたします。

被災者と被災地の方々にも春が訪れますように。

2011/3/15

その後

 

東日本大震災が発生した翌日、分かってきたあまりにもひどい状況にショック状態だった私。
被災したわけでも、現場にいたわけでもないのに・・・。
出来ることを遣ろうと行動しながらも、凹んでいました。
生徒さんや、多くの方がショック状態だと思います。
そして、生徒さん達と、やり取りをしながら、外側を見つつ自分の内側をずっと見ていました。
B26オレンジ/オレンジのボトルを使いながら。

今この瞬間も、自分の命を犠牲にしても放射能漏れを最小限に喰い止めようと頑張っている作業員や、自ら被災しながらも多くの被災者・避難されている方々の為に働いている人、ボランティアの方々がいます。
被災地で頑張っている人達がいます!
世界中で応援している人達がいます!

落ち込むのではなく、私たちが元気を出して、ポジティブに動き出すことの方がもっと大事なこと。
時間は確実に進んでいます。

迷惑にならずに本当に助けになるには?と、考えると、今は義援金を提供するしか、出来ることが思い浮かばなくて・・・。でも、まずは毎日を意識して大切に過ごしていこうと思います。
自分の人生の責任を果たすこと。

私たち一人一人が自分の今までの生活を見直ししたり、自分と向き合うことで生活や生き方を変えていくことが、将来の日本や自然と調和して生きる事など、何か大きな変化に繋がることと信じたいです。そして、そのように動き出した人がいることも確かです。

<義援金の窓口の紹介>

日本赤十字社

義援金窓口1
郵便局・ゆうちょ銀行
口座記号番号
00140-8-507
口座加入者名
日本赤十字社 東北関東大震災義援金
取扱期間
平成23年3月14日(月)〜平成23年9月30日(金)

※郵便局窓口での取り扱いの場合、振替手数料は免除されます。
※郵便窓口でお受取りいただきました半券(受領証)は、大切に保管してください。
※通信欄にお名前、ご住所、お電話番号を記載してください。

救援金窓口2

■クレジットカード・コンビニエンスストア・Pay-easyによるご協力
詳しくは、こちらをご覧ください。

※「寄付目的」の選択項目で、救援金名を指定してください。
※寄付金額は、2,000円以上から受け付けています。

[担当窓口]日本赤十字社 東北関東大震災義援金担当
Tel: 03-3437-7081  E-mail: info@jrc.or.jp

2011/3/14

東日本大震災

 

3月11日、想像をはるかに超える大地震が発生しました。
今回の地震の津波で、海外でも被災者が出ている模様。
被災された方々、関係者の方々の不安や心配、悲しみは計り知れないものでしょう。
亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
被災された方々、関係者の方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

コースを修了して、掃除も終わりホッとしてPCでみた映像。
目を疑いました。何が起こっているのか一瞬分かりませんでした。
心が痛く、悲しく、目を背けたくなりますが、背けてはいけないのですよね。
地球上に生存している限り避けられないもの。

放射能漏れの危機にも瀕しています。
私たちの、生活を見直す時期にきているのでしょう。
無駄遣いせずに、感謝して、必要な分だけ有り難く頂く。
そして、毎日を大切に生きること。

当たり前の日常は、とても有り難いもので、ただ在ることに感謝。
生かされていることに感謝。
その気持ちを忘れずに、生きること。

関東に住む友人たちも、かなりの揺れで物質的な被害はあっても、みんな無事でした。
その中のある友人の言葉、
「色々なことが人生であるけど、命さえあれば何でもできるし、やり直せる。」
なんと、力強い言葉なのでしょう!!
私たちは、本当の自分に目覚めて、人間本来・本来の自分自身を生きることを促されているようです。
私たちの中にあるけど、見ないふりをしていたり、忘れたふりをしている大切な生き方を生きる時なのかもしれません。

自然災害は、いつどこで起こってもおかしくありません。前回も書きましたが、関係ないと無関心でいるのではなく、防災意識を高めつつ、一生懸命に毎日を過ごしましょう。

これ以上、被害が広がりませんように。

2011/2/28

防災意識

 

最近、火山活動の活発化で新燃岳周辺の方は避難されたり、地震の発生が多くなってきていて、先日もクライストチャーチで大きな地震が起こったばかり。
多くの方が被災されて、今も救出作業は続き、ライフラインの復旧作業も始まっています。
被災者や関係者の皆様にお見舞い申し上げます。

被災していない私たちの日常は、いつも通りですが、自分は関係ないと無関心でいるのではなく、意識を向けて自分が今、出来ることをしていくことが大事なのだと感じます。
一番簡単なところでは、自分の身はある程度自分で守れるように準備したり、2・3日の生活は出来るように水や簡易トイレ、保存食の確保など色々とありますね。
もう、しっかり前から準備されていらっしゃる方も多いのでしょうが、私は、去年やっと準備しました。(遅いくらいですね(^^ゞ)
また、ボランティア活動をするにも、何の知識もないと余計邪魔になってしまうのであれば、その活動を支える為の資金提供、または、被災者の復興のための資金としての募金もできます。

私は、大型台風による停電と断水、8・6水害による断水を経験した際、自衛隊の給水車に水を貰いに通い列に並んだのを思い出します。水は重いので、一人暮らしの高齢者の方にとっては大変な作業になります。
この時の停電・断水は、復旧の見通しは早い段階で経ちましたが、それでもやはり普段の生活が便利であることの有り難さをしみじみと感じつつ、ストレスも感じました。
蛇口をひねれば水が出てくる・・・。スイッチを入れれば電気が通る・・・。
有り難いことです。 大切に使おう・・・。
便利なことに慣れると忘れていくのですよね。

これは防災に限らす、あらゆることに言えますが、「今出来ることから、今すぐに動き出すこと。」大事ですね。

2011/2/28

勉強会&アロマセラピー&フラワーアレンジレッスン

 

26日(土)は、午前中はオーラソーマ勉強会、午後からはアロマセラピー&プリザーブドフラワーアレンジレッスンといった、内容盛り沢山の充実した1日となりました。

勉強会は、オーラソーマコースを受講された生徒さん方のブラッシュアップの為の機会ですが、今回も熱心に取り組み自信をつけていました。

午後の最初は、アロマセラピーでセルフトリートメントレッスン。
毎日を心身共に健康に過ごすためには、セルフケアが大事ですよね。
しかも、少しずつでも続けることが大事。
無理せずに、コツコツと。
少しのセルフトリートメントでもその後はスッキリします。
植物の力を借りてバランスをとっていくので、自然と調和していくためにも助けになることでしょう。

そのあと、プリザーブドフラワーアレンジレッスンのスタート!
今回は、桜をメインに春らしいアレンジメントの作成です。
バラとカーネーションの好きな色を選ぶところから楽しくて仕方ありません♪
綺麗な色を見ていると幸せ〜な気持ちになります。その幸せな気持ちのまま、作成に突入!
アレンジしている時に個性があらわれますから、出来上がった作品も個性的。
作品を作製しつつ、自分の個性を受け入れる作業も行い、おまけに自己表現のために創造性も使い、集中しながらおしゃべりも楽しむということをこなします。 とってもエネルギーを使いますから、楽しいけどお腹が空きます(笑)
と、いうことで、出来上がったらまずはティータイム。脳に栄養補給をしながらお披露目。
一気に教室が春満開に!
お花を前にティータイムは、まさにお花見気分。
桜の開花が待ち遠しい〜。

次回のアロマセラピー&フラワーアレンジレッスンは、3月26日(土)10:30〜になります。

2011/2/28

10年目の変化

 

早いもので、2月も終わり。
3月に入ると、卒業式が始まりますね。
そして、4月には新たなスタート。
周囲も何かと気忙しくなりますが、新たにスタートを切るときは、清々しい気持ちになります。

先日、クライアントの方に、「オーラソーマ®の勉強を始められて何年になるのですか?」
「仕事を始められてから何年になるのですか?」と質問を受けました。
普段何年続けているか特に意識していなかったのですが、最初の場所にサロンをオープンしてから現在に至るまで、気が付いたら今年の2月で9年が過ぎ、10年目に入っていました。自分のペースで、自分らしく進んできた、あっという間の9年間。そして10年目。

オープンしてすぐの頃、凹んだこともあったのですが、そんな時、不思議なもので、思いがけずクライアントの方々からコンサルテーションのお礼のメールや電話をいただき、どんなに励みになったことか・・・。
どこかで見ているのではないかと思うくらいの絶妙なタイミング。

そして、気づけば10年目に突入していました。
今でも、クライアントや生徒の皆さんから頂く、あたたかい言葉や感想に元気を頂いています。 有り難い事です。
よく、『人は人を癒すことでしか、癒されない』と聞きますが、まさにそんな9年間でした。
クライアントや生徒の皆さんが、自分らしく元気を取り戻されていく姿を拝見する度に、私も元気になって行きました。本当に多くの方に支えられていることを感じ、皆どこかで繋がっていることも感じます。
エネルギーは、循環していることも。

ヌメロロジーでは、9は手放しの年。
思い返せば、去年は色々な整理をしたくなったのは、このためだったのね・・・。
10は、次の段階のスタート。
ちょっと、“ワクワク”しています♪
今年は、また新しいことにチャレンジしていきたいと思います。
そして、クライアントや生徒の皆さん、また、これから出会うであろう多くのクライアントや生徒の皆さんと楽しく成長していけたら嬉しいです。

今までありがとうございます。
そして、これからも宜しくお願いいたします。

感謝をこめて・・・。

2011/2/17

ポジティブ&ネガティブ

 

暖かくなったかと思ったら、急に真冬に逆戻りしたり変化が激しいですね。
それでも、木々は春の準備をしていて、花のつぼみが少しずつ膨らんできています。
春も、もう間近。

さて、春になると、何かを始めたくなったり、気持ちも明るくポジティブになってきますが、時々「ポジティブにならなきゃいけない!」と、ポジティブになる為に苦しんでいる人を見かけます。

ポジティブシンキングや、ポジティブになりましょうと、いつの頃からか、ポジティブが良い事と、擦り込みが出来てしまいましたね。
その為に、多くの人は、落ち込んだ時にも、『ポジティブにならなきゃ!』と頑張って、でもポジティブになれなくて、今度は『ポジティブになれない自分はダメだ。』とさらに落ち込んで、という繰り返しの悪循環のサイクルにはまっていく・・・。

 
本当に、ポジティブだけが良いのでしょうか?
明るい所があれば、暗いところがあるのは当然で、影が濃くなればなるほど、光も強くなります。
暗さがなければ、明るさに気づかないのです。
光と影、ポジティブとネガティブはセットです。
どちらかだけでは、バランスが崩れて危険になります。
例えば、明るい方がいいからと、空ばかりみて歩いていると、足元の落とし穴に気づかなかったり、暗く何があるか見えない状態では、どちらに進んでいいかも分からず、不安になって動けなくなります。

暗い所と、明るい所の両方があるから、進むことが出来るし、その際に注意深く観察したり、気をつけることが出来るのです。

ですから、まずは、『ネガティブはいけない!』という思い込みと概念と取り除きましょう。
ネガティブがあるから、ポジティブもあるのです。
ちょっと、視点を変えてみれば、ネガティブの反対側にはポジティブも同時に存在しています。
もし、ここでポジティブシンキングをするのであれば、『ポジティブに気づくために、今はネガティブを見ているんだ。』とか、あるいは、『まあ、こんな日もあるさ!』とただその状況を受け入れてみましょう。

そうすると、ポジティブになろうと思わなくても、心が軽くなり、自然とポジティブになっている自分に気づくはず!

やはり、何事もバランスですね。
身体に良いからといって、同じものばかりを食べていても、栄養素が偏って身体の調子がおかしくなるのと同じです。良いと言われているものも、そればかりだと毒になる可能性があります。
自分なりのバランス見つけましょう♪

2011/1/31

身体は正直(^◇^)@

 

新燃岳の大噴火は、大変なことになっています。
近隣にお住まいで、火山灰の被害に遭われていらっしゃる方に、お見舞い申し上げます。
去年は、桜島の爆発回数もかなりの物でしたが、1回の爆発の規模が大きいのも、対応が大変ですよね。早く穏やかになるとよいのですが・・・。
火山の爆発は、私たちの潜在意識の何らかの怒りのようですね。

さて、話しは変わって活動報告は、22日には、プリザーブドフラワーアレンジレッスンが賑やかに開催され、26日には、オーラソーマレベル1コースが終了しました。
この間に勉強会も3回開催され、熱心な生徒さん方と充実した1ヶ月を過ごせました。
皆さん!ありがとうございます!!

そんな充実した毎日を過ごせていることに感謝と、毎日の健康に感謝。12月に入って、体調を崩し、自己ケアの大切さを痛感しました。普段からのケアって大事ですよね。
12月に、スケジュールの調整を、ご迷惑にも関わらず快く引き受けてくださった生徒さん方に感謝です。

さて、体調が悪い時に、食べることが出来たのが、水分以外には御飯とお味噌汁、果物、野菜。揚げ物や、動物性タンパク質を受け付けなくなり、1週間くらいで身体がスッキリしました。
身体は、その時に必要なものや、本当に必要なものは、本能的に知っていることを感じます。

私たちは、頭で考えて、知識として理解したことを「知っている」と思い込みますが、頭以外が知っていることが沢山あることには、気づいていないことが多いもの。
頭で知っていることが『全て』ではないということですよね。そして、感覚が大事な答えを知っていることも多いもの。

「先のことをちゃんと考えて」とか「失敗しないように考えて」とか、今までに何度も耳にしているかもしれませんが、先のことが分かったら、面白味はなくなるでしょうし、何か成功した時の喜びも薄らぐのでしょうね。自信にもつながらないし・・・。

自分の感じる感覚を信頼して、頭と心と体とバランス良く生きたいものです。

2011/1/31

身体は正直(^◇^)A

 

セルフケアの為に通っているマッサージの先生と話しをした時のお話し。



「体調を崩す前、イライラすることが多くなったのですよね。」
先生「身体が精一杯頑張っていて、余裕がないから、ちょっとしたことに反応するのよ。
パンパンに膨らんだ風船みたいな状態だね。」
「秋頃からイライラし易くなったってことは、その頃から余裕なくなっていて、ついに限界を超えて動けなくなったってことね。」
先生「そうだね。 イライラは身体からのサインだね。」


こんな話しをしました。

レッドは、実際的、現実的とすると、肉体と見る事も出来ましたよね。
そして、レッドはホルモン系とも関連がありましたから、身体が無理をしているとイライラし易くなるのは当然のこと。
身体は、ちゃんと色々なことを教えてくれているのですね!!
(って、生徒さんには、お伝えしているけど、自分でも再確認の為に経験してみました(^^ゞ)
はい、言い訳です。 ってこんな確認しなくっていいのに・・・。)

そして、魂・精神・心(感情)・体は繋がっていることも再確認。

それから、大事なことは、病気の時は、早目に病院に行きましょう!!

年齢的にもそろそろ無理が利かなくなりつつある今日この頃、まずは健康第一ということで、生活習慣&食生活を変えつつあります。知識は使う為にありますものね♪
そして、エッセンシャルオイルを使って、セルフトリートメントしたり、ゆっくりバスタイム、パンもお菓子も手作りetcなかなかセルフケアも楽しいです。

忘れたころに、繰り返す・・・。なので、忘れないように、ここに書きました(^^ゞ

お陰様で、色々なことを再確認したり、改善することが出来ました。
また、解剖生理学や精油の勉強もますます楽しくなり、皆さんと分かち合うことが出来そうです。

2011/1/16

寒中お見舞い申し上げます。

 

昨年は、多くの皆様と共に成長でき充実した一年でした。
皆様との出会いに感謝とお礼申し上げます。
今年も、共に成長し多くを分かち合える年になりますよう、宜しくお願い申し上げます。
皆様にとっても、明るく充実した年となりますように。

さて、今年のお正月は、めずらしく大雪でしたね。
あちらこちらでの家で、雪だるまが門番をしていましたよ。
私は、家に籠って大人しくしていましたが、皆さんのお正月は、いかがでしたでしょうか?
鏡開きも過ぎ、新学期も始まり、すっかり普段の生活に戻られたことでしょう。
5日から、オーラソーマレベル1コースがスタートして、新年早々やる気に満ちた生徒さん方と熱く楽しく過ごしています。

今年は2011年、ヌメロロジーでは4の年。
B4イエロー/ゴールド: 自分の土台を築く年。腹を据え確実に一つ一つ物事を積み重ね

ていきましょう。経験はやがてあなたの栄養となり、宝となり、あなたの自信へと繋がる可能性。
また、11は何か新しいことがやってくる門ともオーラソーマでは理解します。自分自身をしっかりと持って自分で選択し、喜びをもって関わっていきましょう。

            

今年も自分のペースで成長していきましょう♪

2010/12/23

フラワーアレンジレッスン報告

 

23日(木・祝)の13:30からスタートしたフラワーアレンジレッスン。
今回もお陰様で参加お申込み者多数で29日(水)の13:30からの2回に分けることにしました。

今日は、その1回目。

まずはオーラソーマミニコンサルテーションからスタート。
ミニコンサルテーションに加え、来年の個人年のリーディングも含めたミニコンサルテーション。
今の状況への気づきや、来年の目標設定にお役に立てましたら幸いです。


そして、次は、いよいよプリザーブドフラワーアレンジレッスンのスタート。
今までにない球体のアレンジだったので、ちょっと悪戦苦闘した感じかしら?
おしゃべりすることも忘れるくらい、集中して、とっても真剣に取り組みましたよ。
最後には、素晴らしく豪華なお正月飾りが出来上がりました。
皆さん自分でアレンジしたお正月飾りで、希望に満ちた新しい年を迎えられそうです。

年明け1月のレッスンは、1月22日(土)13:30〜になります。

2010/12/22

ほっこりバスタイム

 

この時期、冷えた体温をリセットする為にもバスタブにゆっくり浸かってリラックス♪
お気に入りのエッセンシャルオイルを落としたバスソルトを入れたバスタイムは、心地良い香りに包まれる至福の時。
上がった後も、しばらくバスルームから心地よい香りが漂ってきて、幸せを感じます。

そして、22日は冬至だったので、ゆず湯に入りました。
ゆずの爽やかでな香りと、少し甘い優しい香りでバスルームが満たされました。
日本の昔から使われている自然の香りは、やはり馴染みやすくて落ち着きますね。
そして、冬の寒い時期に、ゆずの丸い黄色い色を見ていると、太陽をイメージさせて、気持ちまで明るくなります。

昔からの冬を健康に過ごすための智恵。
カボチャを食べ、ゆず湯に入って健康管理。
5月は、菖蒲湯。
昔からアロマセラピーやハーブの活用は、生活に密着していたのですね。

皆さんが、心身共に健康で幸せな毎日を過ごせますように(^O^)/

2010/12/21

皆既月食

 

21日の夜は、皆既月食が見られましたね。
皆さんは、ご覧になりましたか?
12月にしては寒くなくて、観察には最適でした。

18:25頃、教室から北東方向になる桜島の向かって左側に三日月よりも細い月が見えていて、そこから約1時間、ずっ〜と月を眺めていました。

教室の大掃除も終わったので、ちょっと一息。ホッ。
1時間って、ちょっと一息という時間でもないですが (^^ゞ

皆既月食が終わるまでは、タイミング良く雲が途切れていて綺麗に見えましたよ。
約5分おきに撮影したので、その一部をご紹介します。

満月になった月は、眩しく輝いていて美しいものでした!
月光で、雲の様子もはっきり見えます。

この月の表情の変化には、太陽と地球の軌道、そして宇宙全体が影響しているのですよね。
そう思うと、『人間はとても小さな生き物で、一生命体に過ぎないのよね』と改めて実感しました。自然や宇宙と調和して生きる事を難しくしてしまったのは、私たち自身なのでしょう。

全体の流れと調和して生きたいものですね。

2010/12/03

11月の活動報告♪

 

10月末からの研修から戻ってすぐに、企業の勉強会の講師としてお招きいただき、約3時間の楽しいひと時を皆さんと過ごしてきました。
とっても、和やかな雰囲気で、20名の参加者の方々にも熱心に取り組んで頂き、とても嬉しく思います。知っているようで、気づいていない自分を発見する度に、笑顔と喜びに出会え、そして、人との違いを自分の個性として素直に受け入れることが出来る素敵な皆さんでした。仕事に真剣に取り組み、一生懸命に生きていらっしゃる姿勢を感じることが出来た約3時間でした。

そして、次の週からはレベル1(ファウンデーション)コースの開催。
今回は再受講の方や、遠方よりのご参加者も含め、楽しくあっという間の6日間を過ごしました。みんな色々なことと向き合って、頑張っていらっしゃって、私も元気を頂きました。
ご参加の皆さん、ありがとうございました!

 

27日と30日は、シェアリングデイでした。
今回のシェアリングデイは、お久しぶりの方も含め、大勢の参加者の方々で賑わいました。
知識と理解を深め、今後のコンサルテーションも深みを増すことでしょう。
ワーク中に多くの気づきがあったと、終了後に丁寧な感想のメールを沢山いただき、嬉しい限りです。
皆さんのご活躍をお祈りしています。
ご参加の皆さん、ありがとうございました!


翌日28日は、アロマセラピー&プリザーブルフラワーアレンジレッスンでした。

ちょっと早めのクリスマスツリーとデコレーションのアレンジメント。こちらも初めての方も含めて、賑やかな開催となりました。でも、作業中は皆、真剣な眼差しです。スケジュールの関係で、短い時間に2個作 成するチャレンジャーも!!
ホワイト&ブルーのツリーなのに、なんだか温かな雰囲気。そして、もうひとつのデコレーションアレンジメントは、レッドで華やか。出来上がったアレンジメントを並べたら、アッと言う間にクリスマス。
もう12月なんですね・・・。

2010/11/17

出雲神社巡り(出雲大社編)

 

3日間のマイクのコースを終えて、広島駅新幹線口から最終便18:45発の出雲市駅行きの高速バスに乗って、島根県の出雲市へ出発しました。約3時間のバス移動。そのままホテルへ。

翌日11月1日に、島根県益田市在住のオーラソーマティーチャーお友達のちなみちゃんに、出雲市を案内していただきました。約1年半ぶりの再会!
彼女は、中国山陰地方を中心に活動していて、1日に益田市→松江市→出雲市→松江市→益田市という移動と松江と出雲でそれぞれ講座をするというハードスケジュールをこなすパワフルレディ。
今回も、朝4時頃には益田市を出発して、7時頃にホテルに迎えに来ていただきました。
というわけで、必然的に活動量が高めの1日で神社を6ケ所と観光施設を2ケ所訪れるというハイペース。(出雲國神仏霊場(外部リンク)を基に巡りました)
神社を訪れる度にエネルギーを頂いているので、不思議と疲れた感じがしなかったのですよ。
それに、ちなみちゃんと笑いっぱなしでしたから、エネルギーチャージのスピードが加速。
神社で出会った方々とのお話も楽しかったです♪

天気も明け方までの雨がすっかり上がって、1日だったこともあり、月始祭を拝見することが出来ました。巫女さんの舞いも、何度も拝見できて有り難いことです。
そして行く先々で、太鼓の音を聴くことができ、とても大きな何かに守られている感覚がずっとありました。そして、訪れる先々で、手を合わせ、感謝することを何度も繰り返していると、これらは、瞑想しているのと同じと感じました。

 

まずは、大国主命を御祀りしている出雲大社へ。出雲大社では二礼四拍一礼ですが、何かをお願いするのではなく、ただ在ることに感謝。
あるがままを受け入れ、ありのままで生きていることが出来ることに感謝。
お参りすることは、感謝と共に、ありのままの我に返る為、我を見つめる為にするのですねきっと。

出雲大社の神在月は、旧暦の10月ですから、行かれる方は、お間違えなく。 約1ヶ月、現在のカレンダーと、ずれますよ。

本殿は、平成の変遷宮で平成20年から御仮殿が現拝殿になっています。平成25年には、新しい御本殿にお還りになられるそうです。その後も平成28年まで境内境外の摂社・末社等の御修造が続くそうです。
全ての規模が大きくて圧倒されそうでした。
御本殿は、御仮殿の背後の白いプレハブの中で御修造中。

偶然にも月始祭の祭事の為に神主の方々が御仮殿に入られる場面に遭遇。
月始祭は午前9時からなのですが、私たちが、出雲大社に着いたのは8時頃だったので、すでに1時経過しています。
でも、そんなに時間が過ぎていた感覚は全くなかったのですよね。摂社や末社等をお参りしているとあっという間に、時間が過ぎていました。その後も、月始祭を外から拝見しました。

神主の方々の袴の色が違いますね。
イクイリブリアムボトルB15と、B86かしら。(笑)
その他、沢山お仕えしている方がいらっしゃり、きっちりときれいに掃除がされていて、気持ちがよいでした。
そんな、気持ちの良さを感じたいなら、観光バスの到着する前の朝早い時間の方が良いかもしれません。

曇が多かった空も、帰るころには、青空になって、清々しくとても気持ちよかったです。
拝殿屋根に止まっていた鳩が、太鼓の音がする度に驚いて、青空を羽ばたいていました。その光景は、自由さと、なにか広がりを感じさせてくれました。

この後は、日御碕神社へ向かいました。
(Aへつづきます)↓

2010/11/17

出雲神社巡りA(弁天島・日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)

 

出雲大社を出てしばらくすると道の突き当たりに日本海と稲佐の浜が広がります。
その稲佐の浜(いなさのはま)の中央に弁天島があり、昔は弁財天をお祀りしていたようです。
今は豊玉毘古命(トヨタマヒメ)をお祀りしていて、豊玉毘古命は、山幸彦の后神です。
トヨタマヒメと海幸彦は、鹿児島では鹿児島神宮で、山幸彦のご両親は霧島神宮でそれぞれお祀りされていますね。
きれいな砂浜にぽつんと存在する弁天島も趣があります。

その後、海沿いに道を進むととてもきれいな景色を見ることが出来ます。
筆投島と呼ばれている島で、あまりにも朝夕の島の景色が美しすぎて絵に描けずに、筆を投げてしまったことからそう呼ばれるそう。

その先に日御碕神社はあります。
とても朱塗りが美しい神社で、心地のよさと懐かしさを私は感じました。

なんだか竜宮城のようにみえますね。
日御碕神社は、出雲大社の主神:大国主命の御先祖神の素盞鳴尊(スサノオノミコト)と、素盞鳴尊の姉神の天照大御神(アマテラスオオミカミ)を御祀りしている神社です。
伊勢神宮は「日本の昼を守り」、日御碕神社は「日本の夜を守る」との勅使をうけて、日沈宮(ひしずみのみや)の名の由来となっているそうです。

右の画像は、素盞鳴尊が祀られている神の宮での、月始祭なのですが、大きな白い丸いものが重なって沢山写っていますね。次に撮影した写真にも写っていました。
ちなみちゃんによると、こんなに沢山写ることは少ないのだそうです。

この時、天照大御神を御祀りしている日沈宮では、巫女さんが鈴を鳴らして舞いを舞っていました。

この後、日御碕灯台に足をのばしました。(Bにつづく)↓

2010/11/17

出雲神社巡りB(日御碕灯台・神魂神社・八重垣神社)

 

日御碕灯台は、海面から灯台の頭上までの高さが日本一の高さで、現在107歳の現役の灯台なのだそうです。
(107って、現在の一番新しいボトルのナンバーと同じですね。)
内側は、レンガ作りで、外側は硬質の切り出した石を使用した美し石造りの特殊二重構造の灯台。
白亜で手入れが行き届いているのが分かります。


日御碕は、流紋岩と言われる溶岩から出来ていて、切り口が5角形や6角形をした柱状の割れ目が見られます。

ちなみちゃんと、「これが全部、水晶だったらきれいだろうね〜。でも眩しすぎて近づけないかも」
なんて、おバカな話をしながら散策。
そして、日本海からの風がとても強くて、ちなみちゃんは、「潮風で浄化される〜」と喜んでいました。

次は、松江市の神魂神社(かもすじんじゃ)へ。

神魂神社は、伊邪那美神(イザナミノミコト)を祀っています。
社殿は、神々しく静寂と荘厳な雰囲気につつまれていました。
そして、女性の神様ですので、女性らしい雰囲気を感じられる神社でもありました。

以前は、色彩が施されていたのでしょうね、名残がありますね。

 

次は八重垣神社へ向かいました。
素盞嗚尊と櫛稲田姫の夫婦神を祀っています。
参拝した後、巫女さんが舞い始めて、鈴の音がきこえてきました。
ここは、素盞嗚尊が八岐大蛇(やまたのおろち)退治の際に、八重垣を作って櫛稲田姫を隠したといわれている場所です。身を隠していた際に、鏡や飲み水としていたと言われるのが、「鏡の池」で、占い用紙を池に浮かべて、御縁を占うことで有名です。

まだまだ続く↓

2010/11/17

出雲神社巡り(熊野大社・玉作湯神社と2日目の参拝)

 

まだまだ続きます(^^ゞ

次は、熊野大社へ向かいました。
加夫呂伎熊野大神櫛御気野命(かぶろぎくまののおおかみくしみけぬのみこと)と称える素戔嗚尊(すさのおのみこと)を御祀りしています。
鳥居をくぐると、隋神門の大きな注連縄と拝殿の大きな注連縄が連なって見え、荘厳な姿に目を奪われます。

神社は、白木造りが多いですが、白木は、素であること、ありのままの姿ということを表しているそうです。

境内はとても広く、本殿の左隣には、伊邪那美神社(御祀神:素戔嗚尊の御母神)、本殿右隣には、稲田神社(御祀神:素戔嗚尊の御后神の櫛名田比売命)を御祀りしています。
その他、荒神社(御祀神:素戔嗚尊)と稲荷神社(御祀神:素戔嗚尊の御子神の倉稲魂神)が祀られています。
木々に囲まれた静かな場所で、熊野大社は、荘厳な中にも穏やかな雰囲気を感じられました。

 

次は、玉作湯神社(たまつくりゆじんじゃ)へ向かいました。
ここは、玉造温泉の中にある神社で、櫛明玉神(玉作りの神様)、大名持神(温泉療法の神の大国主命)、少毘古那神(温泉の守護)を御祀りしています。
古代、勾玉の生産が盛んで、天皇にメノウや碧玉を献上していたそうです。

鳥居をくぐり、長い階段を上った左手の狛犬は、子供を足元に抱えていて、なんともかわいらしいのです。
子供を抱えた狛犬は、初めて見ました!
そして、子供は、玉を抱えています。

そして、何よりこの境内には、「願い石」という石があり、鳥居前の社務所で、購入した石を願い石につけて波動転写します。そして、セットになっている用紙に、お願いことを書いて指定した箱に入れると、読み上げて焚きあげてくださるそう。複写になっているので、もう一枚は願いを込めて波動転写した石と一緒に持っておきます。(意図設定するということになりますね。)
石は、何が入っているか皆それぞれ違っていて、私は、ソーダライトでした。
石の持つエネルギーにも納得でした。

 

1日でこれだけ巡り、次の日は、万九千神社(まくせじんじゃ)、須佐神社、長浜神社(勝利の神様、スポーツの神様なんですって。)を巡り、帰路につきました。

須佐神社は、須佐之男命(すさのをのみこと)、稲田比売命(いなたひめのみこと) 、稲田比売命の両親である足摩槌命(あしなづちのみこと)と、手摩槌命(てなづちのみこと)を祀っています。須佐之男命の御終焉の地として御魂鎮めの霊地といわれています。本殿裏と大杉のあたりは、なんだか不思議な空間で、時間がゆっくりと流れている感じがします。

今回は、1泊2日で駆け足での参拝だったので、また、ゆっくりと訪れてみたいものです。

島根県は、神社やお寺、古墳も多くて、古い歴史を感じられる町でした。
地名の読み方も、島根県ならではのものも多いでした。
神立川(かんだちがわ)は、神在月を終えて、神様が自分の國に帰られるところ、旅立つところだそうです。
その他、神在月に集まった神様の宿泊所になる神社や、会議場になる神社など色々あります。

調べてから訪れると、もっと深く感じることができそうですね。

私ったら、地図を頭に入れてなかったものだから、出雲市を出発して、松江市に行く途中、進行方向左手に水面が見えたので、ちなみちゃんに、「日本海が見えた〜」と言ったら、「宍道湖(しんじこ)だよ!」って、あっ湖でした。
どおりで、日本海にしては波が静かだと思いました。
大きい湖なので、海に見えちゃったのよ!
こんなところで、天然ボケしなくってもって感じです。
2回ほど、これを繰り返しました。(学習能力疑われる・・・。)
だって、湖が大きくて、どこまで湖なのか分からなかったのよ〜(^^ゞ(言い訳です)

まあ、ちなみちゃんが笑ってくれて、楽しんで貰えたので、良かったです。
珍道中にお付き合い、ありがとうございました(^O^)/

2010/11/8

広島デビュー(安芸の宮島:厳島神社)

 

10月29日から開催されるマイクのコースの受講為に、広島に行きました!
広島は初めて訪れます!
そこで、『せっかく行くので』ということで、厳島神社詣でと宮島観光をしようと1日早めに行きました。コースが終わった後は、島根まで足を伸ばして出雲大社詣での計画♪
今回は、厳島は気ままな一人旅〜♪

去年の今頃も、霧島神宮と東霧島神宮巡りしていて、どうも、近年この時期神社に参拝して、浄化してから新しい年を迎えるようになっているようです。(^^ゞ

 

お昼の時間帯は、宮島へ行きのフェリーが、鳥居の近くまで寄ってくれます。
風が強かった割には、フェリーは全く揺れずに快適!
客室もガラス張りなので、きれいに見えるのですが、外にでて、景色を楽しみました。
乗務員の方も親切で、私が写真を撮っていたら、「向こう側に回るから向こう側に行った方がよいよ」と教えてくれましたよ。

1時頃が満潮で、行った頃は潮が引き始めていました。

桟橋について、歩き始めるとすぐ、野生のシカがお出迎え。
散策途中に親子シカにも出会いましたよ。

広い回廊も朱の色が美しく、平清盛が創建した時代の雰囲気や生活を伺えるようなそんな感じさえしました。

回廊の床板は、釘を一本も使っていないそうで、板と板の間に少し隙間を開けてあり、台風や高潮などの力を逃すように工夫されているそうです。

暫く進むと、結婚式を挙げ記念撮影の為に新郎新婦が、回廊に出ていらっしゃいました。
(霧島神宮でも遭遇しましたが・・・。 またです。)
お二人は、十二単と束帯姿で、とても凛々しく美しい姿でした。
着物は、本当に雅ですよね。十二単の重ね目は、季節によって変わり、微妙な色の変化など敏感に感じ取っていて、感性が豊かだったことがわかりますよね。

そのあと、周囲のお寺や神社を巡り、お茶をして帰ってきました。

2010/11/8

タイミング

 

9月の更新から、間があいてしまいました(^^ゞ
お話しは、通りを歩いていると、キンモクセイの良い香りが漂っていて、香る度に幸せを感じている今日この頃の、10月下旬のお話から。(*^_^*)

23日の勉強会では、参加された生徒の皆さんが、コンサルテーションの練習をしながら多くのことに気づき、お互いにサポートし合い、感じの良い雰囲気に包まれていました。
そして、ほとんどの場合、コースや勉強会ごとに、参加されるメンバーの共通したテーマがあり、エネルギーは共鳴することを実感し、そして物事にはタイミングがあることも実感します。

成長のスピードは、それぞれ各個人で違うし、やはり自分の中で準備が出来た時に感じるタイミングがあります。
考えてもそれは分からないけど、心がちゃんと感じるタイミング。感じ方は人それぞれ違うので、説明できないけれど、それは、無意識・潜在意識からのサイン。
自分の感覚に従っていると、だんだんと共時性(シンクロニシティ)が起こってくる可能性が高まってきます。
だからと言って、自分にやってきたものすべてが、自分に必要とは限らないもの。(お試しされている時があるからね。)
何が自分に必要なのか、本当の自分と繋がって、自分の声を聞いて見分けられるかのお試し。それを見分けるのも自分の感覚が大事。
自分の声を聞いてみましょう!

もちろん、自分の意思では選べないときも有るので、その時は、受け入れて一生懸命取り組むしかありませんね。

そして、24日(日曜日)の夕方、コンサルテーションが終わった時に、とっても大きくてきれいな満月(正確には23日が満月でした)が、東の空に姿を表しました。
クライアントの隠されていた才能や輝くような魅力が現れてくることを象徴しているかのような美しい月。 ステキなタイミング。

思考で、変にコントロールしようとしなければ、全体と調和していくことなんて本当はきっと簡単なのでしょうね。

2010/9/24

十五夜(中秋の名月)

 

9月22日は、十五夜でしたね。
皆さんは、お月見されましたか?

十五夜(中秋の名月)は、旧暦(陰暦)の8月15日のことになります。
旧暦では、8月は秋になりその真ん中の日で、その日にでる満月ということで、そう呼ばれるようになったそうです。

実際には、月と地球の軌道上、新月から満月までが15日とは限らないために満月と十五夜は、ずれることが多いそう。
参照「つるちゃんのプラネタリウム」

今年は、満月は、翌日の9月23日でした。

 

十五夜は、魔除けの力を持つと言われるススキを飾り、豊穣の象徴である満月に団子やクリ、その年にとれた里芋、その他果物をお供えして、農作と収穫を祈り感謝するお祭りをする大切な節目となっています。 我が家は、煮しめもお供えしますよ。
団子は、きな粉をかけて美味しく頂きました(^O^)/

子供の頃、十五夜の夕方には、小学校の校庭でケンケン相撲がありましたが、神事相撲は、農作物の豊凶を占い、五穀豊穣を祈り、神々の加護に感謝するための農耕儀礼なんだそうです。
そんな意味があるとも知らず、毎年、参加賞のお菓子と、勝った時の商品のノートや鉛筆欲しさに参加していただけだったなぁ〜。
(物欲だけですね(苦笑))
(ちなみに、ケンケン相撲ご存知ですよね?)


さて、今年はこの時期、木星と天王星が1度以内に接近していて、6等級で薄暗い天王星を見つけやすいそうです。写真を撮りましたが、木星は明るくてすぐ見つけられましたが、やはり天王星は写りませんね。天体望遠鏡があれば、はっきり天王星も見れただろうなぁ〜。

22日に撮影をしている間、南西方向では、稲光がして、翌朝まで雷が鳴り続けていました。
23日は、夜は雲が多く、濃い雲の切れ間から除く満月でした。
自然の驚異と宇宙の神秘と美しさ、そして、自分が宇宙の中の小さな生命体であることを感じた十五夜。

また、月は潜在意識と関連があり、潜在意識を映しだす光とも言われています。
自分の内側の豊かさに気づく為の十五夜でもあるかもしれませんね。

2010/9/8

笑う門には福来る!

 

8月下旬は、オーラソーマレベル1コース修了後、引き続き、プリザーブドフラワーアレンジレッスンの開催、次の日は、勉強会と賑わいました。

勉強会は、レベル1,2,3の復習を踏まえながら、コンサルテーションの練習や質疑応答を交え、参加者皆さん熱心に取り組んでいました。
年末にかけて、生徒の皆さんのフォローアップのための機会の設定や、シェアリングデイを開催予定です。決まりましたら、HPに掲載しますので、よろしければご利用くださいませ。

 

今回8月のプリザーブドフラワーアレンジレッスンは、前回参加したかったけど、日程の都合がつかなかった方も一緒にレッスン開催。
なので、出来上がった作品も2種類あります。
そして、28日にご都合が悪かった方は9月4日に開催しました。

皆さん少しずつ慣れたようで、余裕がでてきて、レッスン中は、手だけでなく口も忙しいのです(笑)。
真剣に取り組む中にも笑いあり!

今回は、私の天然ボケぶりを披露していまい、皆さんが楽しくレッスン出来て良かったのですが、生徒さんから一言「先生のイメージがどんどん崩れていく〜」と f^^;
注:ここでいう先生は、私のことで、お花の先生のことでは有りませんよ。(念のために)

きっとイメージそのままだから崩す必要はなくってよ!
(おほほほほっ。))
(「いや〜やっぱり違うでしょっ!」て、思うあなたは、スルーしてくださいませ。(^^ゞ)


そして、その後エッセンシャルオイルを使って作成したスキンケアローションは、使い心地がとても良く、次の日お肌がつるつるしている感じがするとの感想。
何より、自分の好みの香りだし、しかも余計なものは入っていなくて安心して使えるもの。

好評で嬉しい限り♪ 季節の変わり目は、身体も変化するので、自己ケアして秋のおしゃれを楽しみましょう!

毎回、とっても楽しいレッスンですが、笑った後は、心がほっこり和んでいるし、満たされてやる気が湧いていることに気づきます。笑うことは、免疫力の向上にもつながると言われていますが、楽しいと自然と笑顔になりますね。
辛い時は、顔の表情も暗くなりがちですが、本当につらい時こそ、笑顔で居ることが必要なのかもしれませんね。

あなたは、今日一日の中で思いっきり笑いましたか?

2010/8/25

デジタル&アナログ

 

TVの話しじゃありませんよ〜。

私は、文章を書くときは手書きより、タイピングした方が早いのでパソコンのワードで、つい文書作成しちゃいます。
(私書は、手書きにしますけどね。)

この文章もワードで作成していて、完成したら更新するだけなのですが、でも直ぐには更新しないのです。
作成する時は、読み手の方に私が伝えたいことが伝わるように、使用している漢字や語句の意味が適切かを辞書で調べながらで、一応全体が出来た時点で、何度も読み返します。
(それでも、時々入力ミスしているけど(^^ゞ)
そして、時間を置いてからもう一度確認してOKなら更新するようにしています。
(あくまでも、自分の中でのOKなので、やっぱり他の人から見たら読みにくい文章かもしれませんが…。)

ワードで文書作成すると、修正する度に名前をつけて保存しない限りは、上書き保存だといつも結果だけが残る。それまでの経過が見えなくなります。(だから、経過が分かるように保存することも大事)
一方、手書きでは、消しゴムで消さなければ、メモ書きから文章の構成までの変化がよくわかるのです。

これって、人生にも当てはまるなぁと思いました。
人生で嫌なことがあったりすると、無かったことにしたり、見ないように蓋をしてしまったりしがち。(消しゴムで消せたらいいけど、無理なのよね。)
表面的には無かったことになるかもしれないけど、そのようにしているのも自分自身がしていることを知っているので、心の中には記憶として残っている。
本当は、嫌な経験も経過として全部必要なこと。
その経験・経過をよく見ると、自分を知るヒントや可能性が沢山隠されている。
(そして、幸いなことに、それを良く見る為、栄養に変える為のオーラソーマRっていうツールを私は手にしているのよね。(*^_^*))

あなたの経験の中に、あなたの花を咲かせるためのすばらしい養分がありますよ。

2010/8/25

☆大切なこと☆

 

2週間前のお話しですが、お盆休み前にお墓参りに行って、お盆休みは、アロマコーディネーターライセンスコースとレベル1コースとコースの毎日でした。

コースが終わってからは、趣味の時間〜♪
色々とある私の趣味の中から、最近はお菓子&パン作り。
今回は、白玉入りきな粉ゼリーと白食パン作り。
白玉入りきな粉ゼリーは、初めて作って改良の余地あり。
甘味がちょっと足りなくて、とってもあっさりした、良く言えば『素材の味を味わえる』味。(^^ゞ
次回は、白玉に少しだけ甘味を加えてみます。

 

そして、白食パンの方は大成功!
先日購入したホームベーカリーで作ってみました。
今までは、パン生地をこねたり発酵させたりする時、毎回、調整しながらで、お店で買ったようなパンにするには、はなかなか大変だったのですが、これからは材料の分量をきちんと量れば後は自動。
しかも、米粉のパンも作れる!

食パンカットガイドできれいにカットして完成!
温かい焼き立ての香りとふわふわ触感に負けて、写真撮る前に、一番端っこを食べちゃいました (^^ゞ
出来たては、やっぱり美味しい〜!
次回は、生地だけ作ってロールパン焼こうかしら♪
生地のアレンジも楽しそう。

世の中、どんどん便利になっていきますね。
便利になっていくのはいいけど、大切なものは失わないようにしていきたい。
手間をかけることは、愛情を注ぐことにつながる。
便利になった分、手間をかけることが少なくなった近頃、自分のとる行動ひとつひとつに、もっと多くの愛情をこめていくことが必要になっているのかも。

私たちが触れたものには、触れた人の思いが残ると言われています。
物を大事に扱う人は、自分や他の人も大切に扱っている人。
あなたは、どんな思いを込めて行動していますか?

2010/8/25

タイムマシーン

 

もし、昔に戻れるとしたら、あなたは、いつ頃(何歳くらい)に戻りたいですか?

 

こんな質問をされたこと今迄に、皆さんありませんでしたか?

先日、レベル3コースが終わった後に残っていた生徒さん方とお話しをしていた時、この質問の話しになりました。
そして、みんな「戻りたいって思わないよね〜。」
ってことで一致。(笑)

なぜなら、過去は、みんな苦しかったり、辛かったり、悩んでいたから。
だからと言って、その頃を否定する気もないし、精一杯生きていたことは事実。
そして、今は『あの頃があったから今の自分がいる』と思えるようになった。

そして、みんなの思いは、「今迄の経験と、この教室で勉強して気付いたことや、智恵をもって、過去に戻るのであれば、戻ってもいいけど、だからといって、戻りたいとも思わない」ってこと。
そして、『いつも今が一番いい!』という結論になった。

この答えが出てくるということは、みんな今迄も精一杯、一生懸命生きてきたってことだね。
だから『いつも今が一番いい。』のよね。
そして、その続きが未来になって、未来になった「今」という地点から、今という「過去」を見た時も、思いは一緒だと思う。

出口が見えないトンネルに入ったような気分になることもあるけど、『今が一番いい』って、未来になった時に思えるように、今日を精一杯生きる。
そうやって築いてきた『今』。

そして、そんな道を歩む時に支えてくれる人やサポートしてくれる人がいることに感謝。
また、卒業生の皆さんが、これから多くの人の支えやサポーターになれますように。

2010/8/10

大丈夫!

 

不安になったり、心配になって自分がどうしていいか分からなくなった時、皆さんはどのようにされていますか?

私は、心の中で「大丈夫」「大丈夫」って、自分に言っています。
そうすると、あらっ不思議!
本当に「大丈夫」のような気がしてきて落ち着いて、心が穏やかになるのです。
言葉の持つエネルギーは、強力です。

自分に言っている「大丈夫」は、何の根拠もないのだけれど、
でも何か「大丈夫」なんです。(^^ゞ
それは、頭や感情では分かっていないけど、魂レベルでは大丈夫なことを知っているのでしょうね。
不安や心配も頭で作りだしてしまっていることが多いもの。
そんな時は、まず「大丈夫」って、自分自身に言って落ち着きましょう。

ただ、病気で心配な時は、速やかに病院に行きましょう!
先日、初めて結膜下出血を起こして、とっても小さい出血で、内心「大丈夫」と思いながらも、何かあったら大変と思い、検診も兼ねて病院に行ってきました。
そこで、先生から「これは大丈夫」と言葉をかけていただき一安心。
眼薬も出ませんでした。実際2日ほどで治まりました。

自分の身に起こったことは、自分でちゃんと対応出来るから「大丈夫!」
そう信じることで、心は穏やかになります。
そこで、出来ることを精一杯取り組むこと。
道は自然と見えてきます。

2010/8/10

2週間の近況報告

 

またまた、あっという間に8月。
しかも、もう2週目突入!
教室は、早朝からザビエル公園の、蝉の声で賑わっています。
夏バテせずに、元気にお過ごしでしょうか。

7月中旬からオーラソーマレベル3の土日コースがスタートし、7月24日はコース終了後に、フラワーアレンジレッスン開催でした。 ご参加の皆さんお疲れ様でした。\(^o^)/

今回も、皆さんそれぞれ素敵な作品が仕上がりましたよ!  皆さん、出来上がった作品を見ては、嬉しくって顔がにやけてきちゃうとこのと。家では気兼ねなく、にやけていいけど、帰る途中は気をつけてね。
参加される生徒さんの中には、遠方から毎回いらっしゃる方もいらして、その情熱と行動力に頭が下がります。

好きなことをして、エネルギー充電して、オーラソーマ®&アロマセラピーでセルフケアして、また元気に過ごしていただけたら嬉しい限り♪
次回は、8月28日(土)18:30〜です。
詳しくはこちら (定員まで、残り一名です)

そして、8月3日からスタートしたオーラソーマレベル3短期集中コースも8日で最終日を迎え、楽しく充実した毎日でした。
受講生の皆さん、お疲れ様でした。

5日の木曜日は、コース終了後に教室の掃除をしていると、窓から見える桜島の横に虹が見えました。日没直前のため、光が弱く、くっきりと見える虹ではありませんでしたが、それはそれで趣があり、夕焼けも美しく、「幸せ〜(*^_^*)」に浸りながら過ごしました。
虹を見ていると、ワクワクしてきて、ついつい見とれてしまいます。
火山灰でグレーになった空、虹のきれいな光、美しい夕焼け、夏の入道雲など、自然の美しさや偉大さと厳しさを感じますね。

いつまでも、きれいな透き通った空であって欲しものです。

2010/7/20

ブラッシュアップ

 

梅雨明けした途端、連日の降灰。
宇宙・自然のエネルギーは、計り知れませんね。
膨大なエネルギーは、どこから湧き起こるのかしら?

さて、7月18日は、アロマコーディネーター養成講座受講中の生徒さんと、福岡で開催されたJAA主催の特別講座に参加してきました。

免疫についてのお話しと、トリートメントの手技と、自己ケアの仕方についてでした。
やはり、自己治癒力に関わる自然抗体は自分の内側で作りだすことが必要で、外から取り入れる抗体・酵素とは、もともと私たちの身体にあるものとは別物。ワクチンなどは、罹患した時に重症化を防ぐためのもので、発病しないとは限らないもの。
そして、ワクチンで出来た抗体の人口免疫は、長続きしないそう。
病気を引き起こすウィルスを保持していたとしても、発病するかどうかは自己免疫次第。

自己免疫力を一番高める方法。
それは、自分が心地良い環境を作ること。自分が好きなことをすること。
これは、ストレスを溜めないために大切なこと。適度なストレスは必要な時もあるけど、溜まると免疫力の低下を招くことになります。
ストレスケアは、大事ですよね!

今回学んだ自己免疫を高めるサポートとしてのトリートメントの手技は、今後のトリートメントに加えながら展開していきます。

今回の参加で、知っていたけど本当かどうか自分の中で引っかかっていたことが確認できて安心しました。その他、鬱と薬の関係など、私がこれまでにセラピスト&コンサルタントとして経験してきたことが、裏付けされるような内容で、「納得!」「やっぱりそうよね!」って実感。

これからの時代は、色々な情報を鵜呑みにせずに、自分でしっかりと目を見開いて見て、感じて、聞いて、自分自身で選択していくことが大事な時代になってきています。
目覚めて、人任せにせず、自分で選択していくことが何よりも大切。

そして、選択したものが積み重なって道になる。
あなたの人生は、あなたが創れるのです。
これから先が、どのような道になっていくのか、楽しみですね♪

2010/7/5

本当の贅沢って?

 

梅雨入りしてから、スッキリしないお天気続き。
しかも大雨。被害も出てしまっていますね。
被害に遭われた方には、お見舞い申し上げます。
これ以上被害がありませんように。

さて、雨と曇り空続きで、太陽の日差しが恋しい感じすらする、今日この頃。
そこで、太陽の明るさを思わせる黄色の花の画像。
プランター植えのキュウリの花。
庭だけでなく借りた畑でも父が色々な野菜を栽培していますが、いずれも収穫が始まっています。

6月に入ってから、コーン、キュウリ、スイカ、マンゴー(これは、訳あり商品を購入したものね)等、様々な夏の味覚を味わっています。

採れたて新鮮なものは、瑞々しくて切った途端に水分が溢れてきますよね。
そして、夏に採れる野菜や果物は、身体を冷やしたり、紫外線で傷んだ身体の回復を助ける作用があったり、旬の物は栄養価も高くなるそう。
本当に自然って偉大です。
やっぱり、季節の野菜や果物など、旬のものを頂くのが理にかなっているのですね。

今は、季節はあまり関係なく頂くことができる物も多くなり、違う見方をすると贅沢になったのかもしれません。
でも、本当の贅沢って、食欲を満たすだけでなく、その他の環境など全体的な見方をすると、採れるはずの時期にちゃんと収穫でき、口にすることができることこそ有り難く贅沢かも。

太陽や大地そして色と光のエネルギーを手軽に取り入れる方法が食事。
毎日、多くの恵を有り難く頂けることに感謝\(^o^)/

2010/6/16

「はやぶさ」地球帰還!

 

6月13日に、「はやぶさ」が7年ぶりに地球に帰還しましたね。

大気圏に突入して強い光を放ちながら燃え尽きる姿は美しくもあり、切なくもありました。
「はやぶさ」が、大気圏突入直前に撮影した最期の画像の、モノクロの地球。
透明なガラスの地球儀のようで、とても美しい地球。
見ていて、自然と涙がこぼれました。

 

 

7年間の軌跡には、幾度かのトラブルと、その度に起こる奇跡。
それを繰り返しながらも、しっかりと役目を終えて燃え尽きる。
なんだか人生のよう・・・。

 

多くの人に支えられ、諦めずにいるから前進することもでき、最期に有終の美を飾る。
前進するために、最善の努力はするが、エゴではなくあくまでも宇宙の流れに従って、自分のするべきことをして時を経ていく。

人間って、本当に小さな存在ですよね。
でも、大きな宇宙の中で存在している、確かな光。
その光が、もっと輝くように磨いていこう。
抵抗を手放して、肩の力を抜いて、自分の人生を引き受け、自分を生きよう。

「はやぶさ」の地球帰還をみながら、そんなことを思いました。

2010/6/15

グリーンの力

 

やっと梅雨入りしましたね。
これは、梅雨入り前の先月末のお話し。
青梅をホワイトリカーに浸けました。

去年作った梅酒は、コハク色に成熟してまろやかな香。
胃腸の調子を整えたい時や、夏バテして食欲がなくなった時にアルコールの苦手な私は、とってもとっても薄めて飲みます。
水にちょっとだけ味がついている感じ、といった方がいいかもしれません。
アルコールが苦手なら、梅シロップという手もあるのですが、作る際に防腐剤としてアルコールを入れた方が簡単なので、梅酒にしています。

 

さて、私が幼い頃のでき事。
ある日、母が梅酒の中の梅の実を外に取り出して、そのまま母は出掛けてしまいました。時々、父に貰って梅酒の中の梅の実を食べて美味しい事を知っていたので、母が取り出しておいていた実を近所の子と一緒に食べました。そして、帰ってきた親は、顔を赤くしていた私をみて、『熱を出している!』と勘違いして大騒ぎに。でも実際に体温を測ると熱はなくて、不思議に思った親は、外に出て種が沢山、転がっているのを見てホッとしたそう。身体が弱くて、しょっちゅう熱を出して病院にお世話になっていたので、とっても慌てたと思います。
あまりにも幼かったから、酔うのは大人だけかと思って、自分も酔っぱらうんだということを知らなかったのよね〜。  知ってたら、加減して食べたのに…。 (って、そこじゃないね。)
黙って食べて、ごめんなさい。 (小さい頃のでき事で、謝ったのか覚えていない。)

 

話しは変わって、こちらは教室のグリーン。
買ってきた当時は、1鉢だったサンスベリアも、年々大きくなって、これまでに3回植え替え。
今年5月初旬に植え替えてから、また新しい芽が2つ出てきました。
色は、薄いグリーンで柔らかそうにみえるけど、土を掻き分けて出てくるだけの力を持っているので、かなり固い新芽。
そして、土の上に斜めに出てくるので、真っすぐ上に伸びるように方向を教えようと「そっちじゃないよ」っと、指でちょっと押してみた。
でも、そんな心配は無用。余計なお世話でした。(^^ゞ
新芽は、ちゃんと上に向きをかえながら、1週間で5cmほど伸びました。
(汗。来年からは株分けしなきゃ、これ以上鉢が大きくなったら、重くて動かせなくなりそう。)

 

グリーンの方向性。
自分がどちら方に進めばいいのか、どちらの方に伸びればいいかは、ちゃんと自分で知っている。

 

そして、先日のニュースで、植物は開花時期を決めるために過去6週間の気温を記憶していることが分かったとのこと。
過去6週間の気温の変化で開花時期を調節しているってことは、自分を信頼して分析して決断するって、まさにグリーン!

教室のハートカズラは、去年の10月頃からずっと次から次へと花を咲かせっぱなしですが、教室の室温が、開花時期の気温を保っているってことかしら?
おまけに、どんどん伸びちゃって・・・。
葉はその名の通りハート形。
可愛いけど、生命力強し! そして、ハート(愛)は強し!

そろそろ、また伸びた蔓を小鉢に挿し木して、整理が必要。
先日も、生徒さんに、分けた鉢を貰って頂いたばかり。
さらに、分けた鉢植えを育ててくださる方を募集中!

2010/6/8

近況報告\(^o^)/

 

またまた、あっという間に6月になりました。
その間、通常コースの開催とコンサルテーションなど、
充実した毎日を過ごしていました。

まず、29日は、アロマセラピー&プリザーブドフラワーアレンジレッスンの開催。
今回初めてご参加の方もいらっしゃいましたが、コツを掴むのが上手で、可愛く華やかな出来栄え。父の日のプレゼント用に、一人で2個作成する頑張り屋さんもいました!
その後、エッセンシャルオイルを使用して、エアーフレッシュナーを作成しました。調合した香は、どれもスッキリ爽やかな、梅雨時期も快適に過ごせそうな香。調合した作品の香りの嗅ぎあいで楽しみました。
次回は、6月26日(土)に開催です。詳細案内へ

 

そして、30日は、親子で楽しむオーラソーマシステムの開催で、こちらのワークショップも皆さんと楽しく充実した時間を過ごすことができました。
ご参加くださいました皆さんありがとうございます。
アートセラピーを取り入れて、感じるままに描きながら、いつもとは違う切り口で自分自身を見つめる機会になったかと思います。

参加された方より、『今日は、色々な気づきがあり参加できたことに感謝しています。子供達も、今日はとっても楽しかった〓と帰りに色んな事を話してくれました。私も「あるがまま」を受け入れて愛をもって接していこうと思いました。』との感想を頂きました。

最近、親子でのオーラソーマコンサルテーションをする機会も増えたのですが、少しでも親子のコミュニケーションの助けになり、お母さん方の不安が少しでもなくなれば、それは私にとって、とても嬉しいことです(#^.^#)

また、親子で参加できるワークショップを開催して参りますので、次回をお楽しみに♪

2010/5/8

恋愛講座

 

先日、あるテレビ番組で、恋愛について研究をして、恋愛講座を開催している大学の紹介がありました。
その中で、恋愛において大切なことが3つあるとのことでした。
1つは忘れちゃったのですが、まずは、コミュニケーション力、もうひとつは、自己価値(商品価値)とのことでした。

これは、恋愛に関わらず、あらゆる場所で大切ですよね。
コミュニケーション力が低ければ、意思の疎通ができませんし、自己価値(商品価値)が低ければ多くのものは期待できませんね。例えば、商品も価格の安い物はそれなりです。
商品の場合は、価格により機能が変わりますが、人に置き換えると、それはセールスポイントがどのくらいあるか、魅力的かどうかということになります。

自分の評価が低いのに、相手に求めるものばかりが高くて、うまくいくでしょうか?
やはり相手も、魅力的な人を求めるでしょう。
データとして、自分の評価よりも高い評価の人を相手に求めることは男女問わず同じようです。
そうすると、妥当なところで、同じような評価の人との関わりになり、その中でお互いに磨いていくことになります。

波動共鳴の宇宙の法則からも、似たものは似たものを引き寄せることになりますから、自分と同じレベル(同じくらいの評価)の人を引き寄せることになります。

 

素敵な人をパートナーに、と願っているなら、まずは、自分がその人にふさわしいかどうかが大事になります。
そして、理想のパートナーにふさわしい自分になるべく、自分らしく自分磨きが必要になりますね。

『玉の輿』もありますが、流れに乗ってつかんだとしても、その後の努力がとっても大事になりますよね。相手にふさわしい自分になるための努力が無ければ長くは続かないでしょう。

それに、意識では理想が高くなっていても、潜在意識ではそんな理想は求めていないってことも多々。それに自分が気付ければ、パートナー探しも簡単になることもあるんです。

自己実現のワークショップでは、こんな恋愛のお悩みも含めて自分磨きのお手伝いをいたします。

自分を楽しく磨き、素敵なパートナーや自分の未来を引き寄せましょう!

 

2010/5/7

ゴールデンウィーク初日♪

 

ついにゴールデンウィークに突入しましたね。
期間中お天気も晴れの日が続くようで、過ごしやすそうです。

そんなゴールデンウィークの初日は、オーラソーマ勉強会とプリザーブドフラワーアレンジレッスンとお勉強Dayでした。

今回は、母の日のプレゼントにも最適なアレンジで、一人で2個作成される方もいらっしゃり大盛況!
定員を超えてのお申込みで、追加日程での開催となりました。
大勢のご参加ありがとうございました。

出来上がった作品の一部です。
画像が小さくて見づらいのですが、同じ花材を使用していても、出来上がりは様々。
それぞれ個性が出ていて面白いです。

 

作成途中、一生懸命になるあまり、自然に静寂の空間が生まれました。
オーラソーマコースで、『集中…それは努力して得られるものではない』
と出てきますが、まさにそれを体感している状況。
楽しくて、一生懸命になっている状況から自然に起こる状況で、
集中しようとして出来るものではないもの。
まずは、楽しむこと、興味を持って取り組むことが大事ですね。

 

最後に、エネルギー調整をしてくれるインセンススティックを
挿してラッピングして完成〜!!
インセンススティックからとっても良い香りが漂い、
益々華やかなアレンジになりました。

楽しく一生懸命思いを込めて作った作品。
プレゼントを受け取られたお母様方の笑顔が目に見えるようでした。

次回は、5月29日(土)の13:30〜の開催です。詳しくはこちら

 

2010/5/6

鹿児島市在住?

 

先日、アメリカNYから一時帰国している、みず恵ちゃん(ブログ)とお出かけしてきました♪

二人とも天然なので、お互いに相手を見て笑っていますが、なんとかお互いにフォローしあって、そこが楽しく毎回化粧崩れも気にせず、笑いっぱなしです。そして、同時に腹筋の鍛錬にもなっています。(笑い過ぎて腹筋が痛くなります。)
笑って免疫力アップして、腹筋も鍛えて、おまけに楽しく一石二鳥、三鳥って感じです。
あっ、笑い皺には注意です!

話しに夢中になりすぎて、エレベーターに乗ったのに、行き先階を押さずに、ずっと同じ階で止まったままだった・・・。  とか、

待ち合わせの場所を決める時、NY在住のみず恵ちゃんが、「アミュプラザの○○○(店名)の前は?」って3か所ほど提案してくれたのに、私が何れも分からず仕舞い。(汗)どっちが鹿児島市在住なんだか??って感じになっちゃって、『じゃあ私が分かるところで』ってことで、しまいには、「中央駅とアミュプラザがつながっている2Fのアミュプラザ側ね」なんて、とってもアバウトな待ち合わせ場所に決定!
場所はすぐ覚えるけど、お店の名前は、その時の感覚で、覚えるか決めているので、場所は知っているのに(行ったことあるのに)お店の名前が分からないことが多々。
身体を使ったこと(行った場所)は、すぐ覚えられるのだけど、お店の名前は覚えようとしないと覚えないのよね・・・。

なので今回は、みず恵ちゃんがお姉さんのように仕切ってくれました。^_^;  ありがとう♪
ちなみに、実年齢は10歳以上離れてます。(勿論、私が年上です。)

アミュプラザと中央駅をぶらぶらと、ランチ&ティータイム含め約7時間。
この日は、お休みと決めていたので、ゆっくりしてきました。
みず恵ちゃんは、将来の為と自己実現の為に5月からNYで美容学校に入学。その為、ファッションや美容関係のお店をチェック! 日本国内だけでなくNYにも支店がある店も、置いてある商品が違ったりするので、鹿児島でも漏れなくチェック! 勿論、帰りの成田空港でもチェック!そしてお買い上げ(笑)。

オーラソーマコンサルテーションやコースの際はプラクティショナー&ティーチャーは、白い服着用となるので、どうしても白を手に取ることの多い私。職業病みたい…。 みず恵ちゃんの通い始める学校では、制服はないけど、私服の色は全て黒と決まっているらしく、『これからは黒を手にとってしまうようになるのかな〜?』と笑ってました。

前向きで、一生懸命なみず恵ちゃん。今回は、しっかり美容師の意識に変わっていました。
とっても気が早いけど、将来のみず恵ちゃんにVIP待遇での予約をいれましたよ。 楽しみ♪

その後、中央駅のお土産横丁で、黒酢の説明をみず恵ちゃんが熱心に聴いていたら、試飲を4杯も勧められ、説明を聞いている最中に、身体が温まり汗ばむくらいに熱くなりました。さっぱりしていて飲みやすかったので、シークヮーサー果汁入りの黒酢を購入しました。

目標目指して、一生懸命な姿は美しいもの。
そして、さらに磨きをかけて輝くのでしょうね。
この春、新しいスタートを切った皆さんが、大きく羽ばたきますように。

 

2010/4/16

スタートの季節は大忙し!

 

桜も葉桜になり、道路脇のツツジがきれいな花を咲かせていますね。

先月末より、アロマトリートメントコースが、スタートして、4月に入ってすぐに、10月のJAAアロマコーディネーター認定試験に向けての講座がスタートしました。
10月って、今年もあと少し・・・。
いやいや、まだ4月なのですけど、既に8月までのスケジュールも組んで先に先に行く感じですから、カレンダー上だけは、夏も終わり、秋に突入する勢いです。(汗)
でも、実際は寒の戻りがあったり、春の香りがするので、今は『春だ』『4月だ』と、ちゃんと現実に戻ります。

生徒さん方も、職場での異動、決算、お子さんの卒業式・入学式やなどで、3月4月はとってもとっても忙いしのに、空いた時間での受講で頑張っている状態。忙しい事も言い訳にせずに、「それはそれ」「これはこれ」と区別をつけて、メリハリのある時間の過ごし方をされていてステキです。そして、何よりも楽しそう。
特に、お母さんが勉強するようになって生き生きとしてくると、お子さんも応援して下さるそうで、出かけるときにお子さんに「頑張ってね」と声をかけられて出かけていらしたり、一人でお留守番出来るようになったりと、お子さんも一緒に成長していらっしゃるご様子。
一番近い関係ですから、影響も大きいですね。

やっぱり、口先ばかりではなく、実際行動して見せることが大事。
『親の背中を見て、子供は育つ』といいますが、本当にそうですね。
なので、子供に「勉強しなさい」って言うよりも、自分が勉強している姿を見せる方が早いかもしれませんね。そして、『勉強って楽しいね』ということを行動を通して伝えられたら最高かも!

やはり、何かを望むならば、まずは自分ができることを行動していくことが大事ですね。そして、それを見ている人に伝染して、その人も影響を受けていく。

こんな色々と思う、スタートの時期を過ごしていますが、新しくワークショップをスタートしました。詳細はこちらから
毎日が、益々とっても愛おしく思える今日この頃、私も次の目標に向かってスタートです!

 

2010/3/29

やってみないと分からない!

 

3月27日は、プリザーブドフラワーアレンジレッスン日。
画像は、私が作成した写真立てのアレンジメント。
実は、今回の作品は見た目簡単そうで、楽勝と思っていたのですが、実際アレンジしてみたら結構大変でした。

サハラ(アレンジする土台)が、とっても小さいうえに、アレンジする花材は、小物で数が多く、下準備も大変で、見た感じとは全然違いましたよ!

気をつけてアレンジしないと、サハラが崩れて土台が駄目になっちゃうし、そうなると最初からやり直しになるし…。かなり細かく注意深くする作業が続きました。
でも、楽しく取り組めました。(*^_^*) どんな写真を飾ろうかしら♪
出来上がった時の達成感と充実感は、行動したから感じられるもの。

あなたは、色々考えて、考えることにエネルギーを使ってしまい、疲れて結局動けなくなったり、熟考した結果、既に経験した気になってしまい、実際に行動しなかったりということを経験されたことはありませんか?
やっぱり、経験しないと本当の理解には至らないのですよ。
実際に行動すると想像していただけでは感じられない「多くの何か」を体感することが多いもの。
その時の経験や体感が自分の内側で消化吸収され整理整合されたときに、本当の理解に至るもの。
実際に経験することによって、「気づき」は起こるもの。
1歩踏み出すことで、次の新たな状況が見えてくるもの。
あなたの小さな1歩は、本当は大きな1歩になるかもしれませんね。
「でも、あの1歩が無ければ今の私はいない」と思えるような未来の為に、1歩踏み出してみませんか。

私は、1歩踏み出した生徒さんやクライアントの方々が、1歩踏み出すだけでなく、『1歩踏み出して良かった』と思えるように前進していかれる姿を拝見でき、とっても嬉しく思います。
そして、それは、私のパワーになります。
ということで、私も動きだします!
5月頃より単発&数回コーススケジュールのワークショップ&講座を以前より沢山開催して参ります。 詳細は決定次第、HPに掲載して参りますので、ご覧いただけましたら幸いです。

ちなみに、次回のプリザーブドフラワーアレンジレッスン 詳細はこちら

 

2010/3/29

奥深い折り紙

 

早いもので、3月ももうすぐ終わり。

桜の開花が例年より少し早いようですが、開花後に気温が低くなったので、花をいつもより長い間楽しめるようですね。

パーソナルプレゼンテーションスキル(PPS)コースも、無事に終了することができました。このコースは、内容盛り沢山で宿題もでるのですが、その分気づきも多く、受講して良かった、楽しかったとの感想を頂きます。今回も、楽しく進める事ができました。受講生の皆さん、お疲れ様でした。
そして、ご参加ありがとうございました。

 

右上画像のハートの天使は、PPSコースにご参加の生徒さんから、休憩時間やコース最終日終了後に、折り紙の折り方を教えていただいて折ったものです。1枚の正方形の折り紙から鋏なども使わずに作成されています。最近、折り紙も複雑で芸術的な作品(動物など色々)をよく見かけますが、考えた人って、創造性豊かで、幾何学が得意な人なのかしらと、折りながら色々と想像していました。 どうやって、折り方を考えるのでしょうね?

 

折り紙は、自動車のエアバックの折りたたみ方や医療器具にも利用されていたり、ミウラ折りなどは、人工衛星のパネル展開や地図の折り方などに利用されていますよね。「のし」も儀礼折り紙といわれ折り紙の一種。折り紙は、子供の遊びから、日常でも色々活用されていて、さらには宇宙開発にも利用されていたりと、利用範囲が多岐にわたり、奥深いですね。ただ、折りたたむというとてもシンプルな作業ですが、だからこそ応用が利くのでしょうね。

 

そういえば、ニューヨーク在住の友人のパートナー(カナダ人)が、折り紙が大好きといっていました。
日本大好きな方で、色々とニューヨークでも折り紙の本が色々と販売されているそうで、本を見ながらチャレンジしているそうです。折り紙も千代紙も、とても美しいですし、1枚の紙から様々な形に変化していく楽しみやワクワクした感じを、手軽に体験できるものって、そんなにはありませんものね。折り紙は、手先を使うので脳の活性化にも役に立つようですし、色々と折って楽しみます♪
子供の頃に、色々と折って楽しんでいたのを思い出して懐かしくなりました。

2010/3/8

変化って?

 

春ですね〜!
暖かくなったり寒くなったりを繰り返していますが、雰囲気は春の気配。春の香りがしますね。

ちょっと時間を巻き戻して先月の話しになりますが、2月に春をイメージしたアロマセラピー&プリザーブドフラワーアレンジレッスンで、春を先取りして、明るい色に囲まれて、とっても楽しく過ごしました。レッスン中にハーブで作成したサシェも大好評! 各々、好みに合わせてハーブをブレンドして、どれも、素敵な個性的な香りに仕上がっていました。
遅くなりましたが、参加された皆さん、お疲れ様でした、そしてありがとうございました。
今月は、3月27日(土)18:30〜の開催です。詳しくはこちらから

 

さて、春になると、多くの花が咲きますが、そのためには、寒い冬に栄養を蓄え、準備を内側でしっかりとして新芽や花芽を少しずつ少しずつ大きくしていっていますよね。
そして、時期が来たら花開き、新しい葉を伸ばし外側に目に見える変化として表現しています。
私たちの成長や変化も同じですね。
「『自分を変えたい!』『変わりたい!』そのきっかけが欲しい」と、思われる方も多いでしょうが、変化は、まず内側で起こるもの。小さな気づきの積み重ね、ちょっとした成長の積み重ね。ある地点とある地点と比べると大きな変化だと、認識しただけで、ある日突然そうなったわけではないことが多いもの。突然の大きな変化も、実は自分の内側では既に変化が始まっていたけど、気づいていなかっただけのことも多いもの。(中には、そうでないものもあるけどね。)

 

植物をみても、花や葉もない時期と、花をつけているときの変化は大きいけど、よくよく見ると、気づかないくらいの小さな変化の積み重ねが、プロセスとして存在しているもの。
ただ、環境だけ変えてもそれは、見せかけの変化。
ちょっと難しい言い方をすれば、ものごとの本質を知り、本当の自分(本質・魂)を成長させることが大事。

『自分を変えたい!』『変わりたい』と思っているなら、小さなことでも構わないから、今できることから実行してみませんか。
内側の変化は、今すぐ大きく変化させることも可能。
今この瞬間のあなたの内側の変化を認識してみませんか。
内側の変化は、あなたの現実にも変化をもたらすでしょう。

あなたが、あなたらしく成長してあなたの花を咲かせるお手伝いができることを嬉しく思います。

2010/2/19

おめでたラッシュ!

 

先日、アロマコーディネーター認定試験も無事に終了して、ホッとしたのもつかの間、レベル2コースがスタートしました。

さて、昨年から立て続けに、クライアントや受講生の皆さんの『おめでた』が続いています。
有り難いことに、クライアントや受講生の皆さんから、よくコンサルテーションやコース受講修後にご感想をメールやお手紙でいただくのですが、その度に、皆さんそれぞれがご自身の内側の答えに従い、ご自分の人生を切り開いていかれる瞬間に立ち会うことが出来る幸せと喜び、そしてそれを分かち合う喜びと幸せをひしひしと感じています。そして、この仕事をしていて良かったと思う瞬間でもあります。

 

そんな中、最近増えたのが、結婚や妊娠などの報告です。
コンサルテーションやコース受講で内側のバランスが取れた結果として、現実世界で結婚や妊娠として表現されたのですが、結果としてあると当時に、次のステップへのスタートでもあるのですよね。
ゴールではなく、新しいスタート。

 

そして、それは、シンクロニシティ。正しい場所で正しい時に正しい事をしている時に起こるもの。自分の魂を成長させるために用意されたタイミング。
そのタイミングは、人それぞれ異なっていて、シンクロニシティもポジティブなシンクロニシティか、そうではないシンクロニシティかの見分けも大切。
それは、本当の自分に問いかければ知っていること、ちゃんと感じられるもの。
自分らしくなればなるほど、ポジティブなシンクロニシティが起こって来るもの。

 

私たちは、頭を使うように教育されて、『どのようにすればいいのか』と方法にとらわれる傾向がありますが、方法にばかりにとらわれると大切な物が見えなくなる可能性があります。
『シンクロニシティを起こすためにどうすればいいの?』と考えるのではなく、自分の内側の声に耳を傾けてみましょう。
こうありたい自分ではなく、ありのままの自分の声を聞きましょう。

 

本当のあなたは、何と答えていますか?

2010/1/20

新春神社巡り

 

先週は、鹿児島では珍しいくらいの大雪になりましたが、今週は、暖かくで過ごしやすいですね。

さて、そんな先週の大雪の日、千葉県から友人でもあり先輩のオーラソーマティーチャーの雅美さん(カラーサロン アンジュパッセ)と、霧島方面の神社巡りをしてきました。 雅美さんは、宮崎県でコース開催後に、鹿児島県にお立ち寄りで、私と13日しか日程が合わなくて、大雪にもかかわらず決行。

 

案の定、電車は、約1時間30分遅れて出発。
何とか霧島神宮駅までたどり着け、前の日から霧島入りしていた雅美さんと、霧島神宮駅で合流して4か所の神社巡りをしてきました。たぶん、こんなことでもない限り、雪の日に霧島まで出かけようと思わないですから、結果的には、大満足で、貴重な体験の1日になりました。

まずは、雪の中の霧島神宮。
この時も雪が降り続いていて、いつも見慣れている景色も、また違った雰囲気でとってもきれいでした。

 

 

この後、高千穂河原に行く予定でしたが、道路凍結で危険なために、途中で断念。
ダイヤモンドダストのようなキラキラと光る雪の舞う中を引き返してきました。
幻想的で、鹿児島にいることを忘れそうでしたよ。

次に、11月にも行った、霧島東神社。
こちらは、手水場の水が、寒さのあまり氷っていました。
先に参拝された方が割った後にも、さらに薄い氷がはっていて、その氷を割って、下のお水をすくいました。
勿論、水は、とっても冷たくて、痛かったです!

さらに次は、狭野神社へ向かいかいました。
(画像中の細い白い線は、雪です。)
狭野の地は、初代天皇である神武天皇の生誕の地とされています。神武天皇(カムヤマトイワレヒコノミコト)は、幼き頃にサノノミコトと名乗っていました。
周辺には、神武天皇縁の地や伝承が残る地名が数多くあるそうです。

 

この鳥居の奥の杉並木の先に社殿があります。
樹齢400年以上の美しい狭野杉並木は圧巻。
人間の小ささを感じさせる杉並木。
その並木を歩いていると、田んぼと笹に囲まれ、近くに湧水のあった、祖母の家を思い出し、どこか懐かしい感じがしていました。
そして、その並木の途中には、次の世代へと繋ぐ為の苗木が植樹されていて、時間や空間の流れを感じることが出来ました。

たぶん、この並木を歩いている時に、B10の「Go Hug a Tree」の私の中にあるエッセンスに触れていたのでしょうね。
どんな年月や空間を過ぎようとも、生きるということは、その瞬間の出来事であり、過去や未来にとらわれることなく、瞬間、瞬間に意識を向け生きるということ。
大地にしっかりと根を張り、大きな自然の流れと調和しながらも、自分らしく自分のペースで成長し、どんなことにも「とらわれず」、動じず、落ち着いて先を見通す。そして、光に向かって成長していく。・・・・こんなことを感じていました。

 


この並木を歩かれたら、皆さんは何を感じるのでしょうね?

社殿や拝殿は、霧島神宮や霧島東神社とは色使が違いますね。
事始めの神、開運、交通安全の守り神とのことです。

高千穂河原に行けなかった代わりに、最後は、東霧島神社へ。
東と書いて「つま」と読むのですね。
「つま」には霧島の東の端という意味があるそうです。
東霧島神社では、神石や鬼磐階段など、昔からの言い伝えの神話に触れることが出来ます。
鳥居の奥から神門までの999個の岩を積み重ねて作られた鬼磐階段は、遠い昔天台宗・真言宗の僧侶が一心に呪文を唱えながら修行したそうで、「振り向かずの坂」とも言われているそうです。
下から見ただけでも、かなり急勾配です。上ることはできても、下るのはちょっと危険かも。
横に、裏参道の入り口(上り、下り口)がありましたが、こちらもかなりの急勾配で、やっぱり注意が必要です。

 

上がり切る頃には、息切れと、足が上がらなくなってきて、かなりきつい!
日ごろの運動不足を実感。
雅美さんが、今度は高千穂峰登山したいと言っていますので、体力作りしないと・・・。
もう○十年も登ったことないけど、大丈夫か私?って感じです。
いやいや、そんなこと言ってる間に、体力作り開始です!

 

鬼磐階段の左手には、大クスが祀ってありました。
根元の空洞になった部分に立ってみたのですが、私の身長よりも高い空間で、中にいると、何かに守られているような、温かさを感じられました。

そんなこんなの、修行のような(何の修行?)神社巡り。
当日話しをして分かったのですが、面白い事に、雅美さんも私も、前日に腹痛をおこし、同じような時間に『明日いけないかも』って思っていたのです。でも、行く為に浄化していた感じです・・・。
お陰様で、翌日は身も心もスッキリと、楽しく巡ってきました。

今回は時間契約のタクシーで観光したのですが、ドライバーさんもとっても親切で、楽しく過ごせ、素敵な一年になりそう!♪
神聖な空気を思い切り吸ってきた新年、今年一年、気を引き締めて精進したいと思います!

2010/1/9

寒中お見舞い申し上げます。

 

皆さん、どのようなお正月を過ごされたのでしょうか。
今年も皆さんが健康で、幸せでありますように。
今年も、お互いに成長していけますように。
よろしくお願いいたします。

さて、今年もスタートしてからあっという間に1週間が過ぎましたね。
11日は、鏡開きで、本格的に通常モードになりますね。

一年の全体的なエネルギーを数秘学の観点からみると、去年2009年は、
B11 クリア/ピンク:あなたが、言うこと、行うこと、感じていること全てに責任を持つ事。愛を持って自分自身を受け入れることで、その内側にある愛は、本来の自分自身を目覚めさせ、自分が自分の道を歩む為の力となるもの。

 

今年は、2010年ですから3の年。
B3 ブルー/グリーン
ハートの開放。ハートからのコミュニケーション。創造性。
去年、目覚めたあなたは、どのような道を歩みだしますか?
あなたが、自分自身を受け入れることでハートは開き、自分を信頼して自然体でいること。
創造性を発揮して、自由に道を歩む(勿論そこには、自己責任が伴います)。
あなたは、色々な状況に振り回されてはいませんか?
もしかしたら、あなたは既に、頭で考えていることと、心で感じている事が違っていることに気づいているのかもしれませんね。あなたが、感じている事、思っていることは、本当にそうなのでしょうか?「感じているつもり」「誰かに言われたからそう思ってる」、「思い込んでいる」だけではありませんか? そして、あなた自身の感情にとらわれる必要もありません。
ハートの安らぎを感じてみましょう。本当のあなたのハートは何を感じていますか?自分に問いかけてみましょう。色々な囚われから自由になり、楽しく遊び心をもって道を進むこともできます。内側が静かになれば、奥に潜んでいる真実が見えてくる可能性があります。
あなたの中の本当のあなたを呼び覚ましましょう。

そして、平成22年。
B22 イエロー/ピンク 再誕生のボトル。 
自立して、自分の為だけでなく他の人の為にも、自分の今できることを自分らしく行動にうつしていく力。自分の人生は自分で切り開く力。

2010年1月1日は、満月でした。
月は潜在意識の象徴です。
今年は、今迄に隠れていたもの・隠されていたものが、去年以上に表に出てくる年になるのかもしれませんね。それは、本当の自分の内側の豊かさに気づくことにもなるでしょう。
内側を満たすものは、外側にあるのではなく、既にあなたの中にあるということを知る年になるかも知れません。

あとは、一人ひとりそれぞれが持っている資質を使い、自分らしく進むこと。
私も、今年をどのような一年にしていけるか楽しみです!

2009/12/22

体感!

 

しばらく真冬の寒さでしたね。
皆さん体調崩されていらっしゃいませんか。

さて、20日に私用で外出した際、たまたま通りがかったところで、和太鼓演奏のイベントが開催されていました。(画像で、どの辺りを歩いていたか、すぐ分かりますね(笑))

 

和太鼓について調べてみたら、
『和太鼓は、縄文時代には既に情報伝達の手段として利用されていたといわれており、日本における太鼓の歴史は非常に古い。日本神話の天岩戸の場面でも桶を伏せて音を鳴らしたと伝えられている。田楽などの発達などによってお囃子太鼓が隆盛した。戦国時代になると、戦国大名達が自軍の統率をとるために太鼓を利用した陣太鼓が興る。人間の心臓の鼓動に太鼓の鼓動が「シンクロ」することによって自らを鼓舞する性質があるという説もあり、戦における太鼓の使用はこの説に従えば有効な活用法であったと言える。近年までは、時刻を知らせる為にも太鼓が使用されていた。今日では、盆踊りの主役として演奏されたり、神と意思を伝達する手段、呪具として神社や寺院に置かれるなどしている。』『和太鼓は、一般的に残響が非常に良く響き、余韻が残る音を特徴とする。和太鼓は、使用する太鼓の胴の長さと面の直径によって音が微妙に変わってくる。これは、物理学的には一般的なことであるが、これにより日本の伝統音楽は、世界で唯一、太鼓演奏を中心とする音楽となった。』(ウィキペディア(Wikipedia)抜粋)
とありました。

 

太鼓の歴史って古いのですね。
そして、太鼓は、身近な楽器だったのですね。
そういえば、神社でお祓いする際に太鼓を打ち鳴らしていますね。私は、打楽器といえばアフリカなどがすぐ浮かんできますが、以外にも、太鼓演奏を中心とする伝統音楽は世界で唯一日本だけなのですね。

 

しばらく立ち止まって聴き入っていたのですが、その間ずっと、お腹だけでなく身体全体に太鼓の音(波動)を感じていました。途中で、涙が出そうになって、自分でびっくり!浄化の涙ではなかったのですよ。 たぶん何かに共鳴した感じ。何に共鳴したんだ〜?! 
う〜ん。 涙が出そうになった時に演奏されていたのは、大きな太鼓。力強くて美しい音色。
たぶん、これからも自分の人生に責任をもって、堂々と胸を張って力強く歩いていくことを勇気づけてくれたのかもしれない。 

だってね、奏者の方が小学生や若い方なのに、皆さん凛々しくて、とっても恰好良いのです!
それも、女性や女の子が多い。そんな彼女たち、かわいらしさも、ちゃんと持ち合わせている。

私も、女性であることを楽しみ、自分の人生に責任をもって、堂々と胸を張って力強く生きる元気をいただいた、年末の出来事でした。 

2009/12/22

待つ時間

 

先月末から今月初旬にかけて、年賀欠礼挨拶のハガキが今年も届きました。
本当は、届かないことを願っているのだけど、生きているからこそ、その内容の出来事は、どうすることもできないこと。自然の法則。
そして、ハガキ内容にショックを受ける。
毎年の事です・・・。
頭では、向こう側の世界へ旅だったと分かっていても、やっぱり、ご家族の思いを思うと、心が痛む。

 

そんな出来事があって、何度かお手紙のやり取りをしました。
電話やメールだと、あっという間に済むことなんですよね。
でも、手紙には、それ以上のものを感じてしまう私です。
手紙を書くには、時間と手間がかかっているはず。
私なんか、パソコン使うようになってから、漢字は読めても度忘れして書けなくなっていたり、使う言葉に失礼はないか、伝えたいことが相手に伝わる言葉かと確認するのに、辞書が手放せないのです。

もちろん、急ぎの仕事や、急用のときは、メールや電話はとっても便利!
でも、その分、メールが来たら、早く返信しなきゃとか、焦ってしまいます。
よく、『メールを出したらすぐ返事が来なきゃ嫌(いや)!』と感じるというのを耳にしますが、メールにしても、相手の都合もあるもの。

今は、色々なことがスピード化されて、時間がかからないことが利点となっていますが、ときには、待つ時間も大切なことも。
待つ時間は、そこに見えない空気、エネルギーや思いが存在しているように感じます。
TPOに合わせて、メール、電話、手紙を使い分けできる女性になりたいと思います。

あなたは、最近、待つことをしたことがありますか?
その時に、どんなことを感じましたか?

2009/12/18

近況報告!

 

今年もあと2週間、なんとなく慌ただしくなりました。
みなさんは、新年を迎える準備、着々と進んでいますか?

今回は、近況報告まとめてします!
教室では、11月下旬に、来年2月の受験に向けたアロマコーディネーター養成講座も終了し、既に来年6月の認定試験受験に向けたコースがスタートしました。スタートした時は、『15レッスン(毎回、約2時間半)って、長いな〜、最後まで続けられるかな〜』、『内容についていけるかな〜』と皆さん心配されるのですが、いざ始まってみると、必死になっていること自体楽しく感じながら、一生懸命に取り組んで、最終日には、「あっという間に終わっちゃいました。」
「楽しかったから、終わるとなんだか寂しいですね。講座がなくても遊びに来ます。」なんて、感想を残してくださいます。心配して悩んでいるよりも、行動を起こしてみると色々なことや自分の可能性に気づきます。『こんなに一生懸命になれる自分がいること』や『自分の感覚に従って行動して良かった』って、思うことや色々とね。それが、自分の自信に繋がります。
2月に受験される生徒さん、受験勉強応援しています! 質問があれば遠慮なくどうぞ。

 

そして、11月29日、12月18日には、オーラソーマ®でお正月飾りの講座が開催され、真剣に取り組みながらも、楽しく笑いも交えながら約2時間半後に、華やかなお正月飾りを完成!
嬉しいことに、早くも来年もお正月飾り作成の講座のリクエストもいただき、賑やかなうちに終了しました。

1月は、バレンタインにちなんだアレンジです。
詳細は、こちらから

12月に入ってからは、パーソナルプレゼンテーションスキル(PPS)コースが修了しました。オーラソーマコースのレベル1・2の復習を含め、自分自身とより繋がり、より深く見つめていくことで、新たなるたくさんの可能性と自分の魅力を発見されたようです。
このコースは、内容盛りだくさんで楽しく、しかも実際に自分自身の質、魅力を見出していく作業もあるので、私もワクワクしてきます。
今回のコース修了後に、やっと自分らしさを受け入れ、自分を認めることが出来るようになったとの嬉しい感想メールをいただきました。これから、もっと成長していかれることでしょう!
と、同時に可能性も広がっていくと思います。受講生の皆さんが、どんな未来を創造していくのか、楽しみです♪

なりたい自分ではなく、ありのままの自分を受け入れ、ありのままの自分を成長させていくことって大事ですね。
あなたは、「あなた」なのですから。
もし、あなたに理想の自分がいて、そのようになりたいと頑張っているなら、ちょっと問いかけてみませんか。
『その理想の自分は、真の自分が成長した姿なのか、それとも、人と比較した結果や、いろんな条件の寄せ集めで出来た理想の自分なのか、どちらかしら?』と。
どちらなのかは、あなたが答えを知っているはず。

本当のあなた、真のあなたを成長させていきましょう!
とても美しいあなたの輝きを、自分で感じてみましょう。それは、ワクワクする体験ですよ。

長くなっちゃいましたね。
以上、近況報告終わりです。

急に寒くなりました。
皆さん健やかにお過ごしくださいませ。

 

2009/11/10

ツリーの完成〜!

 

7日の夕方から、『アロマでプリザーブドフラワーアレンジ』のコースで、私が作成した30pくらいのかわいいサイズのクリスマスツリーです。

幼い頃は、鉢植えのモミの木に雪のように綿を飾りつけ、その後に、星やサンタクロースの人形をデコレーションして電飾をかけてイルミネーションを楽しんでいました。
その為、実家の庭には、成長して鉢が小さくなった歴代のモミの木が何本か植えられていました。

でも成長するにつれ、いつの間にか、ツリーの飾り付けもしなくなっていたので、今回25年ぶりくらいのツリー作成でした。作成しながら、なんだかそのころ感じていたワクワク感と懐かしさを感じることができました。また、学生のころは、毎年クリスマスのミサがあって、神聖なクリスマスの過ごし方も経験していたので、アレンジしながら聖歌も頭の中で流れていました。(でも、キリスト教信者じゃないのですよ。)ただ、その頃の経験は貴重な経験でしたし、勉強以外の多くのものも学べました。

そんな、クリスマスツリーも11月に入るとあちらこちらで目にするようになりますが、クリスマスが終わった途端に、街中のデコレーションがお正月に早変わり!
もう年賀状の販売も始まりましたね。商業界の変化は慌ただしいですよね。お正月が終わると、バレンタインデー。周囲に振り回されていると、あっという間に時間は過ぎていっちゃいますね。

と、いうわけで、プリザーブドフラワーアレンジも次回はお正月飾りです。 詳しくはこちらへ
思いっきり、世間の流れに乗っかっています(笑)。

でも、しっかりとセンタリングして、世間の流れに乗っかっているのを自覚して流れに乗りましょう!ただ乗っかって流されているなら、ちょっと立ち止まり、落ち着いて、自分の立ち位置と心がどこを向いているかを確認してみましょう。
あなたが求める答えは、あなたの中にあるはずですよ。

次回は、11月29日14:00からです。ご参加お待ちしています♪

2009/11/06

気分転換! Part1

 

11月2・3日は、おはら祭りの夜祭りと本祭りでしたね。2日は、とっても寒くて踊る方も、見る方も大変だったかもしれませんが、3日は、雲ひとつない秋晴れの空で、風もなく賑わっていました。毎年11月3日は、教室にもおはら節やはんや節が聞こえて賑やかです。

そんな、行楽日和に霧島にお出かけしてきました。
途中、登録有形文化財の嘉例川駅舎に寄ってから、霧島神宮に参拝。
いつ訪れても、厳粛な気持ちになりますね。
そして、社殿の美しい彫刻と色彩の鮮やかさ、建物の美しさ特に曲線の美しさに見とれます。とても多彩なのに、調和しているのですよね。宮大工の方々の素晴らしい技術の高さにも魅了されます。宮大工の方の技術は、昔から伝えられて繋いてきたものですよね。
そこにも歴史を感じます。


参拝が終わって、おみくじ引いて参道を歩いているとこれから結婚式に向かわれる新郎新婦とご家族に偶然出会いました。お顔をお見せ出来ないのが残念ですが、みなさん、とてもすてきな笑顔をされていらっしゃいました。花嫁さん、とってもきれいでしたよ〜!

そのあとは、御池の近く、標高500mに鎮座まします霧島東神社に参拝。高千穂峰の山頂に立つ天の逆鉾が、霧島東神社のご神宝とのことです。
鳥居の前から御池(みいけ)を望むことができるのですが、社殿は、この鳥居の奥に続く階段で、さらに登ったところにあります。

階段を登りきると、鳥居の原型のような注連縄(しめなわ)がかけられた2本の真っすぐにのびた杉が目の前に現れ、その奥に社門、そしてその奥の階段を上ったところに社殿。
周囲は木々に覆われていて、柔らかな日差しが降り注ぎ、とても不思議な感じを感じました。
空気がスッキリしているというか、凛とした感じがあり、霧島神宮と同じように、何かエネルギーが違いました。

神社の参拝に行って、参道を歩いてすれ違いの際に「こんにちは」って挨拶をすることは、今までなかったのですが、霧島東神社では、すれ違うときに、自然に挨拶を交わせるのです。
参道が狭く、近距離ですれ違うということもあるかもしれませんが、なんだかそれとは違う、感覚がありました。登山のマナーとしても、すれ違う際には『挨拶を交わす』というのがありますが、登山に関する情報交換の為のコミュニケーションとして生まれたそうで、それとも違う感じですね。
そして、この神社は、高千穂登山ルートで登山口もあるのですよ。
ただ、道が険しく、高千穂河原からの方が登りやすいので、現在では高千穂河原から登り始める方が一般的になっているそうです。神社の中に登山口って珍しいですよね。そして、登山ルートの高千穂峰のその先は高千穂河原に続いていて、霧島神宮が噴火により焼失して、今の場所に鎮座されるまでは、高千穂河原に霧島神宮があったそうで、霧島東神宮は、東御在所霧島権現で、霧島神宮は、西御在所霧島権現となります。高千穂河原の霧島神宮跡では、毎年11月に御神火祭がおこなわれているそうです。

霧島周辺に霧島を取り囲むように神社が並んでしますが、神社を六社権現として整備したのは十世紀、村上天皇の頃 天台法華仏教を奉じ、修験道の信仰を確立した性空上人(しょうくう上人)で、霧島山信仰を体系づけたといわれていますが、この霧島東神社は、社門のマークなどからして神社と仏教が融合しているってことかしら?なにか不思議な雰囲気の神社でした。

 

境内前にあった金柑の木に、まだ青いけど、実がたくさんついていました。これから少しずつ黄色くなっていくのでしょうね。

長くなるのでAに続きます。

2009/11/06

気分転換! Part2

 

霧島東神社を後にして、生駒高原へ向かいました。 本当は、10月に「コスモス見に行きたいね。」と話しをしていたのですが、友人と11月3日しか日程が合わず、コスモスも終わりだけど行ってみようということになりました。 案の定、コスモスはちらほら咲いているかんじで、秋も終わりを感じました。
来年は、満開のコスモスを見にこよう。

そのあとは、湧水町の丸池へ清らかな水の流れを見に向かいました。
全部水中なのですが、光の具合で水が無いように見えるくらいに透明でした。

空も澄み切っていて、紅葉も始まり、とてもきれいな自然の色。
これから、寒くなるにつれさらに紅く色づきもっと美しくなるのでしょうね。

 

最後は、錦江湾に月の光が反射している画像です。
車窓からガラス越しで撮影した割にはきれいに写っているかな。今日は満月でしたから、月明かりも明るく、美しい月の光を浴びてきました。

一日で、森林浴や月光浴をして、美しい自然を感じてきました。色々と地球に激しい変化が起こっていますが、美しい地球・自然をこれから先も感じていけるように、自分ができることをして地球に、自然に、働きかけていきたいと思います。
自然のエネルギーを受け取ってきて、エネルギー充電完了!
明日からもまた、元気に楽しくいきま〜す!!

2009/10/27

この1カ月

 

すっかり、更新が止まっていました!!(汗)
何にも感じていなかった訳ではなく、いつも以上にいろんなことを感じていたのです。

先日からインフルエンザのワクチン接種が始まりましたが、色々な情報もあるようですので、情報に振り回されずに、自分の感覚と考えを基に自分の意思(自己責任)で接種するか判断して、出来る限りの予防に努めることも大切ですね。
そして、自己免疫力の向上も必要になりますね。バランスのとれた食事と充分な睡眠と、ストレスをためないことというか、ストレスをうまく解消していくことでしょうか。

ここの教室も、生徒さんが出入りされるので、ティーツリー、ベルガモット(FCF)、ラベンダー、オレンジ、レモンユーカリ、ペパーミントなどその日の気分でアレンジして、拡散させています。香りが心地よさをもたらし、頭もスッキリしたり、免疫力を向上させてくれるので、ストレスにも強くなります。また、抗ウィルス、強力な殺菌に有用性があるので、この時期大活躍です。あと、うがいと手洗いも必要ですね。

アロマセラピーといえば、9月下旬から、2月のJAAアロマコーディネーター試験にむけての講座もスタートしました。自分のものにしようと、本当に一生懸命必死に取り組んでいる生徒さん方で、やる気と行動力で自分の人生を切り開こうとしている姿を拝見していると、こちらも精一杯失礼のないようにサポートしようと思います。そして、その一生懸命さも楽しんでいる素敵な生徒さん方です。

さて、話しは変わりますが21日(水)の午前中に、メールでサツマイモ料理が掲載されている本の紹介があり、ウェブで拝見していたら、『美味しそうで食べたいな〜。久々に作ってみようかな〜?』って、フッと思ったのです。そして、その日の夜に、実家から、『スイートポテト作る時間ある?』と連絡がありました。(笑)

『スイートポテト食べる?』ではなく『作る時間ある?』
です。ちょっと笑えたシンクロニシティ。と、いうことで、ちゃんと実家で作りました。紫芋の生スイートポテト。
シナモンシュガーが効いて美味しく作れました。(自画自賛)
画像は、美味しそうに見えないけど。f^^;
そして、作っただけでなく、ちゃんと、頂きました。(笑)
今から、サツマイモのレモン煮を作ろう!♪

 

この1カ月をとおして、自分の周りに起こっていることにしっかりと目を向けながらも、色々な情報に振り回されずに、自分と繋がり、自分で選択し、自分に今できることを一生懸命すること(それしかできませんからね)、実際に行動することがとっても大切で、そして、その際には、共鳴の法則がありますから、問題解決された状況をイメージしながら活動することがとっても大事ということを再確認しました。

2009/10/1

まったり〜(*^_^*)

 

鹿児島市内は、久々のまとまった雨で、ちょっと一息といった感じですね。

9月29日は、旭屋カルチャーセンター イオン鹿児島店で開催のカルチャーコースの最終日でした。
とっても良い雰囲気のまま、最終日を迎えることが出来て、嬉しく思います。
皆さんありがとうございました。

参加された方の感想に、私の『まったり感』が良かったとありました(笑)。
今回のコースは、私の天然ボケ炸裂でした。気を抜いている訳ではないのでご安心を!
本当に、いつも一所懸命なのですよ!! 直接講座に関係ないところで発生する天然ボケです(笑)
規定の養成講座では、カリキュラムが決まっているし、将来のセラピスト(コンサルタント)の養成に関わっていますから、ついつい熱く語っていたりと、情熱的(笑)なのですが、カルチャー講座は、自分でカリキュラム決められるから楽しくって♪

また、カルチャー講座は、セルフケアと個人の成長に焦点を当てているので、どちらかというとコース全体がコンサルテーション(カウンセリング)のような、自分で自分に気づくサポートの要素が強いので、ここで熱く語ってもねぇ。と、いうわけで、コンサルテーションモードで、ついつい「まったり」とした感じになっていましたね〜。

ほら〜、今は、ゆるキャラが流行っているじゃないですか。と、いうことで。
私は、ゆるキャラみたいに、可愛くないけど、「まったり」感を感じていただけてよかったです。 (^_-)-☆

講座でワークしたときに、共鳴をみなさんが実際に感じることができてステキでした。色々なものは、繋がっているのです。人と人、人と物事、色々なものが繋がって全ては一つ。

その他、掲載しきれないくらい感想を沢山書いてくださってありがとうございます。
私のパワーになります。ご希望いただきました、パート3の講座も準備したいと思います。

講座中に色々と、気づきがあり、内側、外側ともに変化を迎えていたり、すてきなエネルギーの流れを皆さんが感じていることが感動です。
これから、さらにより豊かな自分らしい人生を築かれますことをお祈りしています。

2009/9/29

楽しい特別レッスンご報告!

 

9月26日、27日と連続で、特別レッスンが開催されました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。

26日は、今秋ご結婚される生徒さんからの『似合うドレスの色を知りたい』というご希望から、自分に似合い、なおかつ自分の質も表現するための探求をしました。

今まで、なんとなく『自分に似合っているかな〜』という感じで選んでいたけど、比べてみるとはっきりと違いが分かったご様子で驚かれていました。内面の美しさもとっても大事だけど、見た目の美しさもやっぱり必要ですよね。 今回、色々と感じられたこともあったようで、これからさらなる魅力アップ作戦に取り組まれるとのこと。ドレスもデザインと色だけではなく、着たときにしっくりくる素敵なものを選ぶことが出来たとのことでした。報告の写真が楽しみ〜♪

 

そして、27日は、午後からオーラソーマRでフラワーアレンジレッスン。
今回は、ハローウィンにちなんで、カボチャもプラスされて秋らしいアレンジ。
笑顔のなか、みんな真剣&必死にアレンジしていました。ちょっと細かい作業が多かったせいか難しく感じたようですが、その分、出来上がった時は嬉しさ倍増です。

作品は、その人らしさを表わしていて、華やかだけど優しい感じだったり、落ち着いているけど可愛かったり、見ていてどれもステキと感じます。
なので、その作品の制作者もステキなのです!! というより、魅力的な制作者さんが作成したから作品がステキなのですよ(力説)。作成工程を拝見していて、皆さんのワクワク感や、楽しさを感じられて、私もとっても楽しかったのです。
作品は家で、目にする度に意図を確認する良い機会になることでしょう。お花と色のエネルギーそして、ご自身に意識を向けて、質を感じてみてくださいね。
皆さんの毎日が楽しく幸せでありますようお祈りします。

2009/9/25

9月レベル1修了しました!

 

シルバーウィークは、いかがお過ごしされましたか?
お仕事だった方もいらっしゃるでしょうね。
あっという間に9月も終わりそう・・・。

鹿児島は、秋の気配は感じられるものの、日中はまた気温30度越えです。
冬も暖冬との予想が出ていましたね。地球の変化を感じずにはいられない毎日です。

さて、そんなお天気の中、開催されたレベル1のコースも無事に終了しました。
お疲れ様でした。 楽しんでいただけたようで幸いです。
コース毎に、参加される生徒さんのカラーがあるのですが、毎回、共鳴&シンクロニシティーで、参加される生徒さん方が前から決まっていたのを感じます。偶然に集まったように思える生徒さん同士も、共鳴&シンクロニシティーで繋がっていたりしますしね。
参加者の方々それぞれが、見事にベストタイミングで参加されて、自分のペースでしっかり自分にとって大切なものに気づかれて、自分の未来を切り開いていかれています♪ 
今回も、コース中に皆さんの成長を感じられて嬉しかったですし、楽しませていただきました♪♪ ありがとうございます \(^0^)/
またお会いしましょうね。

前回の、イルカさんの画像が、あまりにも(???)って感じでしたので、
以前、横浜八景島シーパラダイスに行った時に撮影した白イルカさん登場です(笑)。
遊び心を持って楽しく成長しましょう!

2009.9/7

ドルフィン

 

土曜日は午前中に仕事を終わらせて、福岡から来鹿していた友人と、かごしま水族館に遊びに行ってきました!

このところまた、なんだかドルフィンが気になりだしていたところに、前日の夜に食事した福岡の友人が、ドルフィンボトル(B33)のペンダントをしていて、ドルフィン続き。『ドルフィンに会いたい!』と、思い立って即行動!

かごしま水族館では、『いるかのショー』ではなく、イルカについての説明と、イルカをきっかけに、身近な環境である鹿児島湾(錦江湾)の生き物、そして海の生き物に興味を持ってもらうこと、ひいては、地球上の生き物に意識を向けてもらうことを目的として、『いるかの時間』となっているとの説明があります。

会場で私たちの目の前に座った、2歳くらいの女の子とも、いるかの時間が始まると同時にお友達になれて、幸せ・・・。

時々、指示通りにチャレンジしたけど失敗しちゃうイルカさんもいて、でもそれがかわいいのです。 なぜって、一生懸命チャレンジした結果の失敗だから、そして、無邪気だから、ご愛敬で温かい笑いを誘うのです。そして、それをその場にいる、みんなが温かく見守っていて、人もイルカさんたちも失敗も楽しんでいる感じですね。
そこには、たくさんの愛があるのを感じました。

そして、失敗とも思っていない。
なぜなら、失敗と成功の基準や概念がないから・・・・。
また、一見、失敗に見えたとしても、みんなが和んで、笑顔になったのなら、それでOK。
大切なものは、表に見えていないのです。

囚われや、概念から自由になり、肩の力抜いて、楽しみませんか?

『いるかの時間』が終わった後は、地下2階の出会いの海空間へ。プールのガラス越しでしたが、ガラスがなければ、手に触れる距離、いやいや抱きつける距離まで、イルカさん達がこちらに向かって何度何度も泳いできてくれて、楽しく遊んでもらいました。
幸せ、ほっこり時間を過ごしてきました。
イルカさん、ありがとう〜! 福岡のお友達もありがと〜!
スタッフさんはじめ、水族館に存在するそれぞれの存在(魂)すべてにありがとう〜!

明日からも、楽しいぞ〜!!