英国オーラソーマ社公認・JAA日本アロマコーディネーター協会加盟校

2009.8/23

過去の記事を見る 1 2 >>最新の記事を見る

お便り&再会

 

クライアントや生徒さんから、コンサルテーションを受けたり、スクール修了後のご報告&感想をよくいただくのですが、自分の人生を自分らしく前向きに歩んでいらっしゃる、皆さんからのお便り&感想、その後の再会は、私の栄養源になります。
先日も、自分らしく自分の人生を歩みだし、海外で活動されてらっしゃる卒業生の方とパートナーにお会いして、楽しい時間を過ごしました。 クライアントや生徒さんなど多くの方と接することで、私自身多くの気付きを得られ、何かを差し出しているようで、実は受け取っていることの方が多いことを、実感する日々です。

そして自分の目標に向かって着実に進まれていらっしゃる方々の、そのきっかけとなる瞬間に立ち会えたことをとても嬉しく思っています。

オーラソーマカラーケアシステムには、『無理強いしない』という理念があります。私たちは、ともすると自分自身でさえ自分を抑え込んでいることも多いのですが、オーラソーマカラーケアシステムを、心理学の側面からみると顕在意識の下にある潜在意識も認識することができるので、本当の自分が何を求めているかを認識することができるのです。私たちが本当の自分の人生を生きようとするとき、自己責任・自己選択は必然となりますが、だからこそ、自由があるのです。自由、それは自分の人生を引き受けた時に得られるものなのですね。ですから、オーラソーマカラーケアシステムは認識したものを尊重する『無理強いしない』各個人を尊重するシステムとなっているのです。
そして、大切なことは実際に自分の内側の声に従って行動していくこと。それはクライアント自身の意思でしか出来ないこと。それぞれ自分の成長のスピードは違います。動き出すタイミングも違います。でも、どのようにすればよいか、本当は自分の中にしっかりと皆さんが持っているもの。その際に、自分の可能性や才能を見出すお手伝いができることがとても幸せで、感謝の毎日です。
そして、多くの方と出会える瞬間瞬間を大切にしようと思う毎日です。

皆さんが、より豊かな自分の人生を歩めますよう、感謝と愛をこめてお祈りいたします。

2009.8/22

一生懸命は美しい!

 

8月22日は、錦江湾サマーナイト大花火大会でした。
命がけで花火を作り打ち上げてくださる花火師の方がいらっしゃるので、美しい花火を見ることができることに、感謝しながらみとれていました。
毎年、サマーナイト大花火大会が終わると夏も終わりに近づいていることを実感します。まだまだ暑い毎日ですが、それでも時々、秋の気配を感じる風が吹くようになりましたね。

暑いのは、気候だけじゃなく、世界陸上ベルリンでは、熱戦が繰り広げられていましたから、期間中は、夜更かし気味で、しかもTVに見入っちゃって興奮してるからすぐには寝つけない(笑)。そんな日々も23日で終わりました。
ウサイン ボルト選手の世界新記録すごかったですね!! そのあとのインタビューで、彼が「毎日練習していた結果をここで出せてうれしい」と語っていました。やはり、結果を出すために、見えないところで一生懸命練習を積み重ねてきたのですね。彼は、世界新記録を打ち立てましたが、その他の選手も、毎日一生懸命、精一杯練習してきたからこそ、ベルリンの世界陸上の場にいるのですよね。そんな多くの選手方の一生懸命な姿は、とっても美しく見えます。
ウサイン ボルト選手は、自分の記録を更新していますが、記録を残したから、自分は1位だからと言って手を抜くとそこから成長はなくなります。結果は、あくまでも今まで積み重ねてきた結果なのですから、新たな結果を残すためには、新たな積み重ねが必要になるのですよね。ですから結果を残した後は、次の為に既にスタートしている。結果とはいえ、長い人生では、その結果さえも途中経過でしかない・・・。

可能性は無限ですが、働きかけなければそれは発揮しにくいでしょう。生きている限り、過去にこだわらずに前を向いて諦めずに出来ることを一生懸命して成長していきたいですね! 未来は、自分の手で、切り拓くこともできるのですから。

自分の一番美しくみえる輝いている瞬間を知っていますか?

2009.8/7

ペルセウス座流星群☆〃

 

今年2009年は、ガリレオの天体観測から400年ということで世界天文年と、日本天文学会の創立100周年ということで、色々と宇宙に関するイベントもあちらこちらで開催されているようです。
つい先日も、若田光一さんが、宇宙から帰還されて、話題になったばかりですね。

昔の人も、宇宙への関心は高く、魅了され続けて少しでも謎を解き明かしたいと探求・観測・研究が行われてきたのですね。
観測用の望遠鏡や、その他にもデータ解析する技術なども日に日に開発されて、多くの発見があった歴史をみてもワクワクしてきますが、それでもまだまだ、宇宙には謎が多くて神秘的ですね。400年かかっても、宇宙の全容なんて、実際に見て確かめることができないし、私たちの力が到底及ばないくらい偉大な存在。だからこそ、惹かれるのでしょうね。

私たちが日常で、宇宙に関わっているのを実感できるといえば、太陽・月・夜空に見える星。7月22日の皆既日食は、記憶に新しいですね。2012年には、金環日食が見れるようで、今から楽しみです!
そして、今月8月12〜13日ごろ(日本時間:13日未明)頃に活発に活動している、ペルセウス座流星群を観ることができるそうです。詳しくはこちらから

レベル2で、惑星、星座等の関わりを通して自分自身を観ることで、宇宙の中の地球上に存在して、宇宙のエネルギーと多かれ少なかれ関わっていることを感じられたと思います。今度は、実際に星空を眺めて感じてみませんか?

そうそう、流れ星がたくさん見れるから、願い事がいっぱい出来るなんて思っていないですよね(笑)

2009.8/7

お掃除♪お掃除♪

 

最近、色々と整理したくなって、先日も養成コースが終わってから、急に思い立って換気扇やエアコンのフィルターを掃除しちゃいました。
教室の換気扇なので、ひどく汚れているわけではないのですが、やはり気になるのですよ。 天然植物成分配合の洗剤を使い、換気扇やエアコンのフィルターがきれいになってくると、今度は、その他の細かいところが気になってきて、次々に手を広げちゃって大掃除っぽくなっていました。汚れが落ちて白くなっていくのをみていると、気持ちもスッキリしていくのを感じることができるのですよね。

次は、窓ガラス&網戸とベランダを磨こうと思います。今年は、桜島の噴火も多く、火山灰混じりの雨の後や、雨のしぶきの後等で汚れてきちゃっているので、某通販で購入した高圧洗浄機で楽しくお掃除します!
ちょっとモーター音がうるさいのですが、面白くらいに汚れが落ちていくので、掃除していて楽しくなります。去年の年末も、高圧洗浄機でお掃除してスッキリしました。
音や汚れが飛び散って、ご近所迷惑にならないように、雨で周囲の方が窓を閉めている日にする予定です。あっ、でも台風シーズンということを考えると、掃除しても、すぐ汚れちゃいそう・・・。

それが終わったら、山のようにある書籍の整理をしようかと計画中。あっ、それからそろそろ床のワックスがけもし直す時期です。
掃除をして、スッキリとした部屋にいると、気持ちもスッキリしてきて、エネルギーの流れも良くなるので、心地よいですよね。ストレッチも兼ねてワックスがけします!

磨きをかけた(笑)教室&サロンに、またお越しいただけるのを楽しみにお待ちしています!

2009.7/18

六月燈(ろくがつどう)


1

2

暑中お見舞い申し上げます。
7月15日16日は、照国神社の六月燈でした。サロン&教室から照国神社は歩いて2分ほどのところにあるので、友人と出かけてきました。

本当は、日が落ちて暗くなってからの方が、燈籠に灯が入って綺麗なんですけど、人ごみが苦手なので、人出の少ない夕方早目の時間帯にお参りして、茅輪(ちのわ)をくぐってきました! 
暑さと、人ごみが苦手なので、照国神社の六月燈へも久々のおでかけでした。

今年もみんなが健康で、無事に過ごせますように!!

六月燈があちらこちらで始まると、夏祭りも開催され始めますね。幼いころは、夜店が並んで、いつもと違う賑わいのある雰囲気にワクワクして、夏休みに入ったばかりなのにクラスメイトに会いたくて、暑さも気にせず校区内の夏祭りに何度か出かけて行った頃を懐かしく思いました。
つい最近の出来事のように感じるのに、実際はとっても昔のこと(笑)

新しいものを取り入れることも必要ですが、伝統や文化などといったものの中に、多くの知恵も隠されていたりしますよね。必要なものや、大切なものはそのまま引き継ぎ、新たなものも取り入れ融合させるバランスと成長。そんなことを思った六月燈でした。


2009.6/17

ブライダルフェア


梅雨に入っているのに、晴れの日が続いていますね。
そんなお天気の良い中14日は、イオン鹿児島店のブライダルフェアにお招きいただき、イベント参加してきました。

会場で朝、司会の方と顔合わせがあり、お会いしてびっくり! 私がサロンをオープンした当時に何度か取材にいらして、ラジオ出演を時々させていただいたフレンズFMパーソナリティの 福元ゆみ さんだったのです。思いがけない再会で、とっても嬉しくて、挨拶というより、同窓会でクラスメイトに再会した時のような状況(あっ、彼女の方が若いです♪)になってしまいました。 そのような顔合わせでしたが、過去に取材済みですから、打ち合わせもあっという間に終わっちゃいました。(笑)

今回は、ブライダルフェアのイベントということもあり、カップルカウンセリングも多かったです。カップルで、より良い関係を築くために向き合うことってステキですよね。
 パートナーとの関わりだけでなく、人との関わりでは、基本的には自分も相手も尊重し受け入れ、自分の思い込みではなく、そのままの相手をしっかりと見ることが大切になります。私たち人間は、とらわれる傾向があるので、先入観が本当の相手を見ることを邪魔したり、見たいようにではなく、現実を(ありのままを)しっかりと見るということが、なかなか難しかったりするのですね。

 でも、やはり適切に対応するためには、自分も相手もありのままを見つめることが大切になります。 自分の思い込みで相手を見ていると、相手が何を望んでいるかはわからないし、自分のありのままを見ることができないと、自分が何をどのように提供できるかは、わかりませんものね。

そんなときに自分たちを見せてくれて、助けてくれるのがオーラソーマカラーケアシステムなのです。そして、自分を認識・確認したら、自分の魅力・才能・質を使って動き出すことが大切ですね。どのようにすればよいかは、あなたの中にしっかりと答えを持っているのですから・・・。

みなさんが、愛にあふれた素敵な関係を築けますように!!

2009.6/17

ターシャ・テューダー(Tasha Tudor)展


土曜日のコース終了後、ターシャ・テューダー展を見に行ってきました。
彼女は、ほとんどの物を手作りして生活を楽しんだ絵本作家ですが、一番驚いたことは、バーモント州の山奥に家を建てて一人暮らしを始めたのが、56歳の時だったこと。
たぶん、一般的には、『もう、56歳で若くはないし、今更・・・』と諦めると思うのですが、彼女は何の迷いもなく、『求めていたものはこれ!』と、新しい計画に飛び込んだというのです。ご長男の住んでいた隣の土地を手にするチャンスが訪れ、長年の夢を実現するのは今!と、チャンスを逃さなかったのです。動き出した結果、亡くなるまでの36年間、自分の人生を充実させ、楽しむことができたのです。

まさに、自分の人生をクリエイトし、自分の直感に従って生きていたのですね。そして、彼女の人生・毎日の生活すべてが楽しみだったようです。『生きていることを楽しむ。』植物を世話し、動物を世話して自然と調和する楽しい生活。

また、彼女はユーモアにも溢れていて、人を楽しませることが好きだったようです。人を楽しませるためには、まずは自分が楽しむことが一番ですね。自分が楽しめないなら、人を楽しませることは難しいし、人を楽しませても、自分が苦しいならそれは続けられないし・・・。 彼女は、本当に自分の人生そのものを楽しんでいたからこそ、多くの人を惹きつけたのでしょうね。 そして、亡くなってからも多くの人を惹きつけ続けています。

彼女は92歳で亡くなりましたが、91歳にも絵本を出版していて、好きなことを仕事として、きっと書くことが楽しくて、書きたいから書いたものが、形になったという感じなのでしょうね。彼女を見ていると、本当に豊かさを感じます。好きなものに囲まれ、いつも満たされていて、幸せだと彼女が感じていたから、彼女を見た私たちもそれを感じることができるのですよね。

あなたは、彼女の人生から何を感じますか?
あなたは、自分の人生&今を楽しんでいますか?
あなたは、チャンスを逃がしていませんか?

2009.6/11

幸せを感じるとき


やっと梅雨入りしましたね。
紫陽花が咲いているのを見ると、梅雨のうっとうしさも忘れてしまいます。

さて、6月9日で、イオン鹿児島店2F 旭屋カルチャーセンターの講座も、早いもので、5回目となり、残すところあと1回となりました。
毎回、ボトルを選択して、自己探求していくので、この頃になると、受講生のみなさんに色々と変化が見られるようになります。雰囲気が軽くなったり、表情が明るくなったり。 毎回、大なり小なり様々な気づきがあるのですが、5回目6回目となると、自分の中で何かが整理されて統合されていくようで、講座を受講する前よりも気持が楽になったとか、自分を抑えていた何かが外れた感じがするというような声を聞くことができるのです。
そんな声を、聞けた瞬間、『幸せ〜!!』って感じる私です。 みんなと成長を分かち合っている喜びや、オーラソーマカラーケアシステムを通して少しでもお手伝い出来てよかったという、充実感などが合わさった感覚なのです。 お陰さまで、毎日幸せで、有り難く仕事をさせていただいているのですが、この瞬間がたまらなくて、またまた頑張っちゃうのです(笑)。

『受講生のみなさんが一生懸命に自分と向き合っているのに失礼のないように』と準備するのですが、久々にやっちゃいました! 天然ボケ。
今日の私の天然ボケを温かく受け入れてくださって、ありがとうございます。

受講生のみなさ〜ん! あと、残り1回ですが、楽しく進みましょうね!

2009.6/2

目に見えないもの (2)


先日の5月30日に、鹿児島市内の某ギャラリーに、アンディ・レイキーの絵画展を見に行ってきました。
彼の絵は、奇跡をもたらすエンジェルアートとして、世界的に知られていますが、今回の絵画展の主催者の方が、「この絵を買ったからといって、奇跡が起こるわけではなく、天使は、私たち自分自身が、気づいて成長していくために、気づきをもたらす助けをするだけで、自分の内側とつながることを助けます。」と話しをされていらっしゃいました。 「答えは、自分の内側にある」ということですね。 これは、オーラソーマカラーケアシステムも同じこと。お話しを拝聴していて、きっかけ・糸口は何であれ、気づきと成長をもたらすためのお手伝いをしている仲間に出会えたことが、とっても嬉しくなりました。
オーラソーマカラーケアシステムの製品も、買って使っているから奇跡が起こるのではなく、自分と向き合うこと、自分自身とつながることをサポートすることを助け、その結果、使用する方が本当の自分にもどり、そしてさらに、大きなエネルギーと調和することで、奇跡が起こります。本当は、その奇跡さえ、必然なのですが・・・。

実際に会場にいると、何かに包まれているような、穏やかな優しいエネルギーを感じましたが、とても力強いエネルギーも感じられました。
どの絵に惹かれるか、何を感じるかは、人それぞれで、見る方によって様々です。

それは、天使と会話しているようですが、本当の自分自身(自分の本質・魂などと言い換えられます)と会話してもいるのですよね。

あなたは、毎日、自分自身(本当の自分・自分の内側)と会話していますか?
今、あなたは、何を感じていますか?

あなたが、何を感じているのであれ、それをそのまま受け入れましょう。『私は、今、本当はこう感じているのね』って、それだけです。そうすると、本当の自分の声が、少しずつでも聞こえるようになってくるはずです。そして、外側の声なのか、自分の内側の声なのかも聞き分けることができるようになっていきます。

『本当に大切なものは、目に見えていない』と、星の王子様のお友達のキツネが教えてくれました。 あなたには、本当に大切なものが見えていますか?

2009.5/29

目に見えないもの (1)


そろそろ梅雨入りですね。

今日は、教室においてある観葉植物のサンセベリア(虎の尾)と、アイビー、ハートカズラを植え替えしました!
  イクイリブリアムボトル(カラーボトル)やクリスタル(アメジストやローズクウォーツ等など)のエネルギーのお陰か、ありがたいことに、どんどん成長していくのです。 ハートカズラは、紫の小さな花を咲かせて楽しませてくれたのですが、あまりに伸びすぎたので、挿し木にして増やすことにしました。 アイビーも相変わらず元気で、ますます増えて感謝の毎日です。

土やクリスタルは、大地のエネルギーをもたらし、地に足をつけることを助けてくれます。そして、グリーンは、自然体でいることを思い出させてくれます。 オフィスビルの中にある会社や、高層マンションに住んでいて、大地とちょっと離れている空間にいる時間が長いなら、観賞植物を置くことで私たちのエネルギーを助けてくれるでしょう。

私たちは、土に触れる機会がとても少なくなっていますよね。道路もアスファルトで舗装され、家も庭のないマンションが増えて・・・。裸足で公園を歩くことも少なくなりました。空を見上げる時間ありますか? 私たちは、自然の中で生きているはずなのに、自然をもとめて出かけるという行為が必要になっています。自然から離れた分、失ったものもありますよね。
先日、日常生活は都会で、週末だけは、農家の仕事を手伝う人のインタビューを耳にしたのですが、『田植えや畑仕事をして、太陽にあたり土に触れていると、都会では感じられないものを感じる。それは、生きている感覚だったり、何かエネルギーなのでしょうね。仕事では疲れるのに、自然に触れていると元気になって、また月曜日から頑張ろうと思えるのです。』ということでした。自然の力って偉大ですね。

時間に追われ、目の前のことだけに追われるだけでなく、ちょっと目線を変えたり、全体をみると、見えてくるものもあります。 忙しい毎日であればこそ、自然に触れてみませんか? 自然に意識を向けてみませんか?

2009.4/9

可能性


あなたは、あなたの能力をどのくらい発揮していますか?
そして、どのくらい秘めていると思いますか?

あるTV番組で、脳の働きに関する内容の放送をしていました。
たまたま合わせたチャンネルで、この日は、脳と神経に関する番組を2本もみました。

内容は、脳の可塑化(かそか)についての内容でした。
事故などで植物状態になったり、脳内出血やクモ膜下出血などで麻痺した場合などは、以前は、回復の見込みは低いと言われていたのですが、最近の治療と適切なリハビリで、驚くほど回復することができるというものでした。
そして、それが可能になったのは、脳の可塑化によるものとのことです。
可塑化とは、例えば、話しをするときは、脳のある部分が働いて(一箇所だけではなく、複雑に作用しています)、というふうに、意識して何かをしようとするときに機能する脳の役割は決まっていますが、その部分が機能しなくなった場合、他の部分がその役割も代わって行うようになるというものでした。

TVで拝見する限り、植物状態ではあっても、表現できないだけで、脳自体は考える機能も働いていたり、記憶もしていたり、その他の機能もちゃんと働いているのです。 そこで、電気信号を送る治療や、リハビリを通して、機能の回復を図っていました。 その結果、字を書くことができるようになったり、話をすることができるまでに回復されていらっしゃいました。看護される方も、諦めずに回復することを願ってケアされて、希望を見出されていました。

私たちの脳は、想像もつかない可能性を秘めていて、時間はかかっても可能にしていくことができる力を持っています。(実際に研究が進んでいる今でも、未だに謎は多いようです。)

それは、健康であってもそうでなくても、その無限の可能性は変わらないのです。
わたしたちは、意識があるが故に、いかに『自分は出来ない』と思い込んでいるかといことだけなのです。
『私って、こういう人間だから・・・』『これは出来ないから・・・』 などと誰が決めたのでしょうか? 私達が勝手にそうだと思い込み、自分の可能性を制限しているにすぎないのです。 

あなたは、自由ですか? 色々なものに縛られていませんか? 
あなたの、本当の美しさや、可能性はもっとたくさん隠れていますよ!

ついつい、感動のあまり熱く語っちゃいましたが、これは勿論、私にも当てはまること。 もっともっと、自分磨きをして、可能性を広げていきましょうね!

2009.4/4

新年度のスタートですね。


早いもので、今年ももう4月なのですね!
入社式や、大学の入学式も開催され、もうすぐすると小・中・高等学校の入学式ですね。 新しいスタートを迎えられた方は、おめでとうございます。

何でもスタートする時って、不安と期待で、複雑な心境なのですよね。
私は、昔はひどい心配症で、特に入学式の度に、不安にかられていました。『3年間やって 行けるのだろうか・・・?』なんて。
今思うに、自信がなかったし、自分の内側で色々なことが、とっても大きくなっていて、押しつぶされそうな感じがしていました。

そんな私でしたから、オーラソーマコンサルテーションを提供するサロンをスタートした時は、恐怖や不安でいっぱいでしたが、ここで行動しなければ後悔する感じがしていたので、思いっきって最初の一歩を踏み出しました。 そして、また次の一歩を踏み出して、今に至りました。その結果、今は、『なんとかなるさ』って、思えるようになって、お陰様でなんとかなってきました。 有り難いことです。

そして、本当に好きなことを仕事にすることができて、幸せいっぱいです♪
また、自分の目標に向かって一歩を踏み出す、多くのクライアントと、喜びを分かち合えることも幸せです。

3月27日から30日まで、神戸でマイクの コースを、とても楽しく受講してきました。 夜は、お友達のティーチャーと、観光&食事を 楽しんできました。
ここで学んだことを活かして、また皆さんと分 かち合うことを楽しみにしています! 春を迎えてワクワクしている私です。

愛と感謝をこめて・・・。

2009.3/27

今日から神戸です。


今回は、オーラソーマ(R)のスキルアップでコース受講のために神戸にきました。

ひかりレーススターで、新神戸まで一人旅です。九州新幹線も全線開通するのが楽しみです。途中、広島の福山駅で見事な福山城が、山陽新幹線のプラットホームから見事に見えたり、兵庫の姫路では、ビルに囲まれた姫路城を見ることができました。 普段は、飛行機で空を眺めての移動ですが、今回は、ゆっくりと(それでも、スピードは最高速度285キロですから、速いのです。)、色々な景色を楽しみながらの移動でした。 九州は、どこも桜が満開でとっても美しくてみとれてしまいました。 神戸は、今にも開きそうな蕾がたくさんついていて、これからという感じです。

コースは、明日からなので、今日は、ホテルの近くを散歩しました。

手前は、定期観光船の「海賊船ヴィラジオイタリア」 赤いタワーが神戸ポートタワー、その後ろのホテル の向かって右横に海洋博物館と、川崎重工業の博物館 「カワサキワールド」が見えています。

こんなに、賑やかに栄えている神戸ですが、このエリ アも阪神大震災の被害を受けたところで、その時の 写真と説明が書かれた案内がありました。 みんな、希望を見出して再生していかれたのですよね。状況を受け入れつつも、希望を持って諦めないことがとても大切だと実感しました。

暫くベイエリアを歩いていると、海の風に吹かれて、とってものびやかな気持ちになりました。 気温も低く風も強かったので寒いはずなのに、寒さよりも清々しさしか心に残っていなかったのが不思議です。



鹿児島でも、歩いて15分から20分くらいのところにベイエリアがあるのですから、運動と浄化をかねて、海の風に当たりに行こうと思います。

ホテルからは、ライトアップされたベイエリアのはね橋(はねっこ)が、きれいに見えています。

今日は、観光気分で楽しくすごしましたが、明日からのコースも、楽しく過ごして、コンサルテーションや養成コースで 皆さんに多くを提供できるように、しっかり吸収してきます! 

2009.3/16

成長


春の陽気と、冬の寒さが交互にやってきますが、 桜の開花もみられ、だんだんと確実に春に近づいて いますね。

さて、2年前に友人から頂いたアイビーが、伸びすぎた ので、2月中旬に、蔓の途中から切って水にさしました。

本当は、もっと早く切ってもよかったのですが、せっかく 一生懸命に伸びているのにかわいそうになって、躊躇して いました。

でも、伸びすぎちゃって、切らざるを得なくなって仕方なく3か所くらいで切って、水にさしました。 さしてから2日目には、真っ白な小さな根が出てきて、新芽も蔓の途中から沢山生えてきました。 1か月たった今では、切り分けた親の方も、途中から枝分かれし、沢山の新芽と若葉が生えてきて、切る前よりも茂っています。

このアイビーを見ていて感じたのですが、愛情も適切に使うことが大切ということ。 愛情にも、色々な愛情があります。 一生懸命に伸びているから「かわいそう」と思った私ですが、実際は、切った方がより茂って元気になったし、あのまま、「かわいそうだから」とそのままにしていたら、成長のスピードは遅くなっていたかもしれないし、蔓の先端まで水が届きにくくて枯れていたかもしれません。

そして、アイビーは、切られたことで、サバイバルが始まり、生きていくために根を生やして、光合成のために葉を増やしと、生きるということを刺激されたようです。 成長するためには、なんらかの刺激が必要なのですね。 その刺激は、私たちには一見ピンチと思えるようなものもあるかもしれませんが、でもそれは、本当の自分に目覚め、ステップアップするために用意されたものなのですね。

それに、自分にも優しくあることは大切ですが、鍛練も必要ということ。 愛は、優しくすることだけではありませんね。愛情にも、時には厳しさとして、見守ることとして、表現されることもありますよね。愛情は、表面には見えていなくて、隠れていることも沢山あります。

あなたは、あなたの思いやりや優しさを適切に使えていますか?
あなたは、自分の周りにある本当の愛情にどのくらい気づいていますか?
あなたは、自分で自分を磨いていますか?

2009.2/25

野菜スープ


春のように暖かい日が続いたかと思ったら、冬に逆戻り して、急に寒くなったり、体調管理が難しい時季になり ましたね。

そんな時は、身体に優しく、野菜を沢山摂りたい、という わけで、父の趣味の家庭菜園で、収穫した大根やニンジン、 ブロッコリー、その他、色々な野菜を使ってスープを、 作りました。父の作った野菜は、無農薬で、安心できるし、 何よりも新鮮なのです。本当に瑞々しくて野菜がきれいなのです。

私たちの食事は、物質的な栄養素だけではなく、大地と太陽のエネルギーも一緒に取り入れています。植物の色も、私たちの身体に直接、色のエネルギーを取り入れる方法の一つですね。私たちが活き活きとするためには、新鮮なエネルギーを取り入れることも大切ですから、新鮮なものをいただけることは、とってもありがたいことです。

大根、人参、ゴボウなどの根菜類は、大地のエネルギーをとてもたくさん蓄えていますから、根気がない時など摂取してみましょう。
やる気が出ないときや、活力が欲しい時は、トマトやパプリカなどの赤い色のものを摂ってみましょう。

あなたは、毎日どのような食事をしていますか?
天と地と海に感謝。そして、エネルギーと生命をいただいていることを「いただきます」と感謝して、頂きたいですね。

2009.2/3

節分


今日(3日)は、節分でしたね。
季節の上では、明日(4日)からもう春!
皆さんは、豆まきしましたか?

幼いころ、周囲の家からも豆まきの声が聞こえて、朝、学校に行く途中のあちらこちらの家の前の道路に豆が転がっていたのを覚えています。
我が家も、幼いころは、家族で豆まきをしていました。
そして、部屋に撒いた豆を歳の数(数え歳で)拾い、その後、撒いた豆が踏まれないうちに、掃除が始まります。残りの豆を全部拾って、残った皮のかけらを掃除機で吸って…。それからゆっくりと、撒いた豆を数え直しながら、親が食べる豆の数を聞いて「うわっ。大変だね」と言っていましたが、今は、自分がその数を食べるようになっています。(笑) 歳を重ねるに従って、食べなきゃいけない豆の数が増えて、2日がかりで食べてます。 それでも健康で、年を重ねることができるって、ありがたいことですね。

そんな、家族の団欒を持てることは、とても幸せなことだと感じました。
その時は、その時なりに色々と楽しいことばかりではなかったとしても、今振り返ると、それらすべてを含め、幸せだと感じることができることに驚きです。
そしてそう思えること自体、本当には大変な状況はなく、きっととても幸せなことなのでしょう。

辛い時は、幸せな気持ちにもなれませんし、お先真っ暗な感じがしますが、それでも、自分のなかに、その状況を受け入れ、生き抜く強さを持っていることを信じることが大切だと感じます。そして、その中に希望を見出せるのではないかなと…。

2009.2/3

コデマリ(小手毬)


インフルエンザが大流行のようですが、皆さんはお元気にお過ごしでしょうか?

先月は、教室の模様替えなどしていたら、早い もので、あっという間に2月の節分間近となって いました!
毎日を大切にと思いつつも、流されていたり…。

そんな中、話しは先月に戻って、お正月明けて から、花を活け換えようと花屋さんに行ったら、 もう、チューリップや、スイートピー、フリー ジアと色とりどりの春の花が沢山並べてありま した!お正月が明けるとすぐ、春の花が出回る ようになるとのこと。

花をみて幸せな気分に浸ってきました。 春は、一年で一番、花屋さんの店先に並ぶ花の種類が多いような気がします。
先月は、教室に活けていたフリージアの花が満開になり、とてもよい香りを放っていました。

今回は、コデマリ(小手毬)が、初入荷とのことで、コデマリとスイートピーを購入してきました。 コデマリは、小さな白い花が集まり丸い形を作って咲くので、花もかわいらしいのですが、枝ぶりにもひかれるのです。 しなやかに、撓む(たわむ)たわみ方。
  そして、風が吹けば、気持ち良さそうに優しい春の風になびき、春を思いっきり感じているようにみえるのです。

コデマリのように自由にしなやかに、たおやかに生きたいものですね。

そして、いつも花を見て思うこと。
ひとつひとつの花は、それだけでもきれいですが、花束にしてもきれいということです。

一人ひとりが自分を受け入れ、自立しているからこそ、相手を尊重することができ、協力して、より素晴らしい美しさを表現することができるのだと。
そこには、調和をもたらすグリーンが必要なのですが・・・。
それは、私たちのハートとも関連しています。

まずは、私たちが私たちらしく一生懸命に生きることが大切ですね。

2009.1/5

あけましておめでとうございます。


あけましておめでとうございます。

寒いお正月でしたが、良い年を迎えられた ことと、お慶び申し上げます。

お正月もお仕事だった方もいらっしゃること でしょう。 お疲れ様です。

今年が、皆様にとって、穏やかで幸せな一年でありますように・・・。

さて、おかげさまで当校も3日からセラピスト養成コースが始まり、充実した年となりそうです。 今年も、多くの皆様にお会いできることを楽しみにしております。

そして、ともに成長することができたら幸せです。



2009年を数秘学でみると、B11 クリア―/ピンクのボトル。 自分の考えることや行動に責任をもち、自分らしく歩み始める時。 自己受容からくる本当の謙虚さと内側の強さ。あなたが、自分に目覚めるとき、内側の愛は外に溢れ出すでしょう。また、愛は人を強くします。優しい愛の力。芯の強さ。人と比べることも必要なく、競争することも必要ありません。あなたが自分を受け入れるために、その愛をまずは自分に向けてみましょう。自信のなさや、弱さもすべて受け入れてみましょう。愛は、いつもあなたの内側にありますよ。その愛は、あなたがあなたの道を歩む時、大きな力となってくれることでしょう。

あなたらしく自分の道を歩み始める、第一歩を踏み出す年となりますように。 そして、あなたらしく充実した一年をすごせますように・・・。

2008.12/29

今年も一年ありがとうございました。


お陰様で、今年も多くの方との出会いがあり、そして、無事に一年を過ごすことができました。 ありがとうございます。

皆さんにとって2008年は、どのような一年でしたでしょうか?

私にとっては、多くの人に支えられていること、また、つながっていることを実感することができた一年でした。
知らないとことで、応援をしていただいていたり、お会いできたことを本当に喜んでくださったりと、とても多くのパワーをいただきました。
ありがとうございました。

来年も、そのパワーをもとに、向上して参ります。

2009年が皆さんにとって、穏やかで、幸せな一年となりますように、お祈り申し上げます。
良い年をお迎えくださいませ。

感謝をこめて・・・。

2008.12/25

あなたの魅力って?(パート2)


前回の更新からあっという間に、1ヵ月過ぎて しまいました。ごめんなさい!
そして、今年も本当に残すところあとわずかに なりましたね。

今年やり残したことは、ありませんか?

さて、パート1で自分の魅力についてのお話しを しましたが、あなたの中に眠っている魅力が、 まだあることに気づいていますか?

コンサルテーションの際に、いらした方のお話しを伺っていると、色々なことに気づいたり、自分自身の魅力に気づくことで、一瞬でその方の雰囲気が変わる瞬間があるのです。 そして、表情も明るくなって・・・。

そんな瞬間に立ち会えるから、このお仕事って楽しいのです。そして、私も元気をいただきます(*^^*)
ありがとうございます。

私たちは、みんな個性があります。その個性をどのように使うか・・・。
持っている個性を大切に使いませんか?
隠そうと思っても、あなたの個性は自然と外にでていますよ。
そのことに気づくことで、そして、その個性自体に気づくことで、周囲と調和しながらも自分らしく生きることや自分を上手に表現することが可能になります。
それは、あなたがそうしたいと思い、動き出した瞬間から可能になっていきます。

新たな自分自身に出会うための小さな一歩は、あなたの人生においてとても大きな一歩になることでしょう。
そして、自分らしく生きる責任をみんなが持ち、そのためにはどのようにすればよいかも、皆さんの中に答えを持っています。

自分の制限を取り外し、来年も、多くの新たな自分自身に出会えますように。

2008.11/25

あなたの魅力って?(パート1)


急に寒くなり、イルミネーションも雰囲気にピッタリになってきましたね。
風邪など召されていらっしゃいませんでしょうか?

さて、お陰様で本日、パーソナルプレゼンテーションスキルコースが修了しました。 3日間のコースで、毎回あっという間に終わってしまう感じなのですが、内容盛り沢山で、今回のクラスも、とっても有意義な時間を過ごしていただけたようです。
ご参加された皆さん、ありがとうございました。

このコースでは、自分の魅力を見出し、より発揮していくための取り組みがありますが、皆さんは自分の魅力を知っていますか?
最近、誰かに褒めてもらったことありますか?
最近、誰かを褒めたことはありますか?

何かの本で読んだことがあるのですが、『パートナーとのより良い関係を続けたり、より良い関係を作るためには、相手を褒めること』と書いてあったのを思い出しました。
相手の良いところを口にして褒めるのだそうです。
「今日もきれいだね」「あなたはいつも素敵だわ」「いつも気遣ってくれてありがとう」「あなたの笑顔は素敵だね」等など・・・。

慣れていないと、なかなか口にするのが恥ずかしかったり、照れくさかったりしますが、その言葉を送られた側は、嬉しいはずです。いや、嬉しいんです!(笑)心がじんわりと温かくなります。 今まで、相手を褒めたりすることがなかった方は、「どうしちゃったのかしら?」と思われるかもしれませんが、そんなことは気にせず、自分が感じた相手の魅力を伝えてみませんか。

そして、褒める言葉を受け取ったあなたは、『いつもそうでなければならない』と気負う必要はありませんよ。 いつも通りあなたらしく居て、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えてみましょう。

また、自分自身にも、鏡を見たときに「あなたの笑顔は素敵ね。今日も良い感じよ!」などと自分を褒める声をかけてみましょう。

実際、お試しされた方は、ご報告のメールお待ちしています!! f-color@fillcolor2002.com

2008.11/25

当たり前のこと


早いもので11月も下旬ですね。
気温もぐっと下がり、一気に冬らしくなりました。

その気温変化と、乾燥に耐えられなかった私は、不注意から喉を傷めてしまいました。 『喉が痛いな〜』と感じた、翌日には声が全く出なくなってしまいました。風邪以外の他の理由で声が出なくなったのは初めてで、ちょっと心配しましたが、お陰様でどうにか回復しました。 加湿器も手配しました!
その間、受講生とコンサルテーションをご予約くださった皆さんにはご理解とご協力ありがとうございました。

この出来事で感じたのは、「当たり前のこと」は「当たり前ではない」ということでした。 いつも当たり前に起きて、当たり前にご飯を頂いて、当たり前に話しをして、当たり前に話しを聞く・・・当たり前と思っていることは何一つ当たり前ではないこと。

私たちは、慣れてしまって当たり前と思っているだけで、そこには当たり前のことは何もなく、毎日を無事に過ごすことができていること自体が奇跡なのかもしれません。
日々、感謝ですね。

そして自分が今生かされていることに感謝の気持ちをこめて毎日を過ごしたいと改めて感じました。
感謝をこめて・・・。

2008.10/27

地に足つけて


皆さんは、いつも通っている道に何があるか意識していますか?
いつも通っていたはずなのに、突然更地になっていたり、新しいお店になっていたりすると、前は、そこに何があったのかわからないことがありませんか?
 私たちの脳って、見ているようで見ていないこと、記憶に残っていないことって沢山ありますよね。 そんな風にいつも何気なく見ているものも、ちょっと視点を変えると色々なことに気づくかもしれませんよ。

そんな訳で、今回はよく利用するバス停 にある、
街路樹に目を向けてみました。 樹齢は、わかりませんが、スペースが足 りなくなってアスファルトを突き破って 根を張りだしています。 そして、しっかりと新しい芽も何本も 伸ばしているのを見ると、とても強い 生命力と、しっかりと大地に足をつけた 安定感と、あきらめない強さを感じます。 きっとこの下は、もっとしっかりと根を 張り巡らしていることでしょう。

人工的なものに囲まれ、決して環境に恵まれているとは言えない状況でも、生きることを諦めずに、精一杯自分の出来ることをしているのですよね。どんな困難にも負けない強さ。自分の置かれた環境を受け入れる受容性。 そして、この木は大きく茂っていて、日差しの強い時には木陰を提供してくれます。レッドのサバイバルとグラウンディング以外にもこの場面から色々な要素を感じ取ることができます。

皆さんは、この木から何を感じますか? 
自分の出来ることを精一杯していますか? 
不平不満を言うことも、置かれた状況でより良くするために、できることを精一杯行動することも同じ時間をつかっています。あなたは、どちらを選びますか?
でも、頑張り過ぎることは必要ありませんので必要な時に頑張り、 バランスをとりながらあなたらしく地に足つけて生きてみませんか。

2008.10/16


金モクセイの花の香りが、ただよう季節になりましたね。 コスモスも秋の風にゆれていることでしょう。通りを歩いていると、道路沿いの庭先から風に乗ってやってくる金モクセイの良い香りに包まれて、心地よくなります。


皆さんは、季節の移り変わりを何で感じますか?
食べ物? ただよう香りの変化? 日差しの変化? カレンダーの日付? 

 

 

感覚器官の発達は、個人によって違うので、季節の感じ方も様々ですよね。 その発達した感覚器官も才能・能力の一つです。そして、その感覚器官を組み合わせて、色々なことを経験しています。 カレンダーの日付で季節を感じる方は、身体でも季節を感じてみることで、新たな発見があるかもしれませんね。



今日は久しぶりに雲の掛かっていない桜島を 見ることができました。
ちょっと霞んではいましたが、雲ひとつない空は、 澄み切っていて吸い込まれそうでした。

ブルーの平和。
何事にもとらわれずに自由なマインド、思考。 見ているだけで、穏やかになって、開放感に 浸っていました。そして、このブルーに見える大気圏に私たちは守られています。

夕方になると、きれいな夕焼けになり、ブルー・イエロー・レッドの3原色を 自然界で見ることができました。(画像 ではちょっとイエローが見えにくいか も知れません。) この10分後にはすっかり暗くなり、 桜島の向かって左側に赤い満月に近い 月が昇っていました。
時間に追われる毎日の方は、時々空を眺めるのもいいものですよ。忙しさに追われて、見失った何かに気づくかもしれません。


あなたの心(空)模様は、どうでしょうか?





2008.10/01

生きることと死ぬこと


9月に入ってからから、立て続けに台風がきていますが、皆さんには大事ありませんか?

先日、某テレビ局の番組(再放送でした)で、とある病院内のホスピスでターミナルケアに20年余り携わっていらっしゃる、看護師の方について放送していました。

その方が、おっしゃっていた内容に、「希望を見出すことが生きる力になる。」そして「最期まで希望を捨てずに、悔いることなく精一杯生き抜く強さを人間は持っているということを患者さんから学びました。」とありました。

また、「患者さんが亡くなることは、やはり悲しいですが、亡くなった患者さんから、生きる強さをもらいます。そして、その頂いた生きる力を次の患者さんに渡すことをしています」「患者さんが、心とスピリットが満足するように悔いなく精一杯生きようとすることをサポートすることが、私の役目です。」ともお話しされていらっしゃいました。

悲しい気持ちを感じられるからこそ、生きることを大切にできるのでしょうし、その看護師の方の涙は、生き抜いた患者さんへの思いだけではなく、感謝や多くのものを感じさせる深い涙に感じられました。そして、心とスピリット(魂)までケアする看護師の方が存在したことにも感動でした。
生きることは、確実に死に向かっています。訃報を耳にする度に、『あなたは、本当に悔いのないように自分の人生を生きていますか?』と問いかけをされているのだと聞いたことがあります。『生きること』それは、ただ呼吸をして時間が過ぎていくのではなく、自分の使命・目的をしっかりと果たしているかということ。

あなたは、自分の使命・目的に気づいていますか?
そして、本当の自分を生きていますか?

私も、その看護師の方と働く場所や状況は違いますが、悔いなく精一杯生きよう(自分の使命・目的を果たそう)とされている方のサポートを精一杯していこうと再確認した出来事でした。



2008.9/17

蓮の花


九州本土にも台風が近づいていて、雨の日が多いですね。 大雨で警報が出されているところもあります、台風の被害も少ないとよいのですが…。

そんな、雨続きの空模様が怪しい中、17日に鶴丸城跡のお堀脇を歩く機会がありました。 多くの蓮の花が最盛期を過ぎて実をつけている中、数本だけきれいなピンク色のつぼみを持っていました。 きっと明日、咲くであろうつぼみも2・3あり、とてもきれいで、『つぼみも凛としていてきれいなのだから、咲いた花ももっときれいなのだろうな』と思いながら立ち止まって見ていると、向い側からいらした年配のご婦人が、「きれいですよね」って声をかけていらっしゃいました。 「昔、主人が入院しているときに、ここの蓮の花が病室から見えて、どなたからか咲く瞬間にパンッと開く音がするらしいということを聞いてね、主人がその瞬間を見たいって言って、朝早く何度か見に来たんだけど、なかなか見れなくてね…。」とお話ししてくださいました。

実際に見ることができたのかどうかは、わからないままですが、お二人で、花が咲くのを静かにじっと待っていらっしゃる姿を想像して、穏やかな優しい気持ちになりました。

あのつぼみは、明日どんな花を咲かせるのでしょうか。きっと凛とした素晴らしい花を咲かせることでしょう。そして、実をつけて、来年もまた花を咲かすのでしょうね。

台風が来る前に、残りの花も咲き終わると良いのに…。と思ってしまいました。 「あるがまま」なんですが…。

今回、蓮の花を写真に撮ろうとも思ったのですが、あえて写真に撮ってきませんでした。 
皆さんそれぞれイメージしていただけたら幸いです。
その、イメージされた花は、皆さんご自身とも言えるかもしれませんね。

それは、どのようなつぼみでしたか? どのような花でしたか?

2008.8/21


8月のアロマセラピーとオーラソーマカラーケアシステムのイベントに 大勢の方のご参加ありがとうございました。楽しく、有意義な時間となったとのご感想ありがとうございます。皆さんの今後のヒントになれば幸いです。

さて、最近のお天気の影響で、にわか雨が増えて虹を見る機会が増えています。

桜島を取り囲むように、大きな虹や、片方の端しか見えない虹など、様々ですが、 それにしてもあの7色はいつ見ても、うっとりしてしまいます。 (同時に雨の被害はないかと心配でもありますが・・・。) 自然の力は偉大ですね〜! 人間の力は遠く及ばぬパワーを自然は秘めていることを実感します。

ありがたいことに研修で行った各国でも様々な美しい虹を見る機会に恵まれています。 その度に、美しさに感激し、同時にわくわくしながら、虹を見ることができるのも、タイミング、シンクロニシティ(共時性)だなぁと感謝の気持ちが湧いてきます。
  

見ることができる場所で、見ることができる時に、見ることができる状況にいなければ見ることができないのです。(当たり前ですが。) もし、その状況にあっても、違うところを見ていては、美しい虹に気づくことはないかもしれませんよね。 そう考えると、私たちが経験していることはすべて貴重な体験・経験なのだと思います。

私たちは、当たり前と思っていることが色々とありますが、変化し続けていることを考えると、当たり前のものは何一つありませんよね。 そのことに気づいてからは、今自分が経験していること、自分のまわりに居てくれる人、環境そのものすべてに自然と感謝の気持ちが湧いてくるようになりました。みなさんは、とっくにそのことに気づいていらっしゃると思いますが、私が意識するようになったのは、オーラソーマカラーケアシステムの勉強を始めてからでした。

虹は、祝福のシンボルといわれていますが、7色=多くの可能性がそこにある(自分の中にある)祝福。 

今は虹を見る度に、自分の中の可能性を信頼して、自分の出来ることを精一杯しているかと自分を確認し、そして、そうあることができることを幸せなことだと感じています。

皆さんは、何を感じていらっしゃいますか?